ジャンル:アクエリオンEVOL お題:愛の表情 必須要素:ギター 制限時間:15分 読者:419 人 文字数:854字 お気に入り:0人
[削除]

インテルメディオ ※未完

音楽は愛を語るに言葉より有効だよ。白と黒の鍵盤を撫でるように器用に指先で叩いてゆきながら、そう言ってシュレードはゆったりと甘やかなメロディを紡ぎだした。君も活用してみるといい。しかしそう言われたところで、同じように鍵盤が弾けるわけでなし、ジンはふてくされた顔を隠そうともせず、不満を口にする代わりに人差し指を伸ばして、ピアノ右端の白い板をそれで勢い良く叩いた。ピンッと高くて軽い最高音が、メロディに不釣合いに鳴って曲を濁す。シュレードは片眉を器用に上げただけで、何事もなかったかのように演奏を続けた。
「……何が言いたい」
わざわざ人を呼びつけておいて。言外にそう問うと、やっぱり演奏の手は休めないままに君の曲が濁るのは忍びない、そういう。
「曲? 何か勘違いしてやしないか。僕はアンタと違って楽器は一切引けないんだが」
ピアノだろうが、ギターだろうが。クラスメイトらがジュニアスクールの教材だったとか言う縦笛でさえ、触れたこともない。
「楽器なら誰しも、知らず持ってるものだ。自分自身という人生を奏でている」
しらっとそんなことを言う。こいつのこの発想にはつくづくついていけない、と、ジンはさらに苦虫を潰したような面持ちになった。
とはいえ、耳に流れ込むピアノの音色が美しいことまでは、ジンも否定はしない。
「アンタの人生はさぞや名曲なんだろうな」
皮肉たっぷりにそう言うと、そうでもないさと目の前の青い瞳は陰を見せた。
「でも、友を得てからは悪くなかったかな」
君もそうじゃないのかい。続く言の葉に誘われるようにメロディが変わる。
それはアクエリア舞う空の主題歌を歌ったシルフィの、アルバムに収録されていた又別の曲だ。
「この歌を贈ったんだろう」
何故それを、言葉に詰まっていると、ジンよりも濃い色の金の髪が愉快そうに揺れた。
「彼女が探していたのさ。歌詞を突き止めて、曲を知らないか聞いてきたよ」
くるりと反転して、ジンはその部屋を出ようとした。その前に立ち止まり振り返る。
「礼は言わないよ!」
あr

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:空つぶ@3D小説bell参加中 ジャンル:アクエリオンEVOL お題:未熟な惑星 制限時間:15分 読者:544 人 文字数:703字 お気に入り:0人
赤い星はその表面を人工物で覆われていた。地下深くから地上遙か高みまで、幾層にも続く重層構造の街は機能性に富み、それが進んだ文明の証のようにずっと信じていた。星の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不機嫌の嵐 ※未完
作者:SORA@ジンユノ愛 ジャンル:アクエリオンEVOL お題:難しい嵐 制限時間:15分 読者:813 人 文字数:1146字 お気に入り:0人
【ジンユノ前提、ジンくん生きてる世界の未来パロです】ジンは困っていた。ユノハの機嫌がすこぶる悪いのだ。これは実に珍しい事なのである。彼女は常に人辺り良く控えめ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SORA@ジンユノ愛 ジャンル:アクエリオンEVOL お題:何かは町 制限時間:15分 読者:790 人 文字数:1091字 お気に入り:0人
「欲しい物?」「はい。何かないですか?」それは、自分の誕生日が近付いた、ある日の事。でも、正直自分の誕生日とか、自分で忘れてた。彼女の方が、よく覚えていたものだ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:984字 お気に入り:0人
これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:growth。【腐】 お題:鈍い木 必須要素: 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字 お気に入り:0人
まもちゃん、誕生日おめでとう!涼→?衛****『空が渋滞してる。』現場は違えど、偶々二人での帰り道だった。綺麗な臙脂色の髪で目元を隠してポツリと呟いた一言に、不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:hrak(腐) お題:君と暴力 必須要素:会話劇 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1082字 お気に入り:0人
※ホー炎を目指したかった、はず 隣からケタケタと笑い袋のような声がする。 自由自在に飛べるようになりましょうよ、とか、やっぱエンデヴァーさん凄いですね、とか馬鹿 〈続きを読む〉