ジャンル:RiseOfTheGuardians お題:誰かは巨人 制限時間:1時間 読者:797 人 文字数:1809字 お気に入り:0人

黒の夢

 それは、さながら夜ごと語られるおとぎ話のような夢や希望が詰まったものでは決してない。
 ベッドの隅の暗がりに潜むのはもううんざりだ。
 いるのに信じてもらえない苦行はいつ終わるのか見当もつかず、ピッチがまた諦めの滲む溜息を吐いた。

 「ためいきばっか吐いてると幸せが逃げてくよ?」

 うつ伏せでマンガを読んでいた少年ことジェイミーが首を捻り、ベッドサイドに腰掛けているピッチを見遣る。
 彼の手元を照らすロボットは去年のクリスマスに貰ったプレゼントでジェイミーの大切で大事なものベスト3に堂々ランクインしている。
 読みかけのマンガをナイトテーブルに置き、きちんと向き合ったジェイミーに対しピッチの顔付きは頗る凶悪だ。

 「ほう?君はささやかな悪夢しか見させられず、溜息を吐くしか能の無い私からやる事を一つ奪おうというのか」
 「そ、そういうことじゃなくて……」

 ピッチの子供相手なのに大人気なく歯を食い縛り凄む迫力に押されたジェイミーは毛布で顔半分を隠した。

 「怖いか」
 「――怖くなんかない」
 「ハッ。強がっているようだが、その体の震えは何だ?怖いから震えているのだろう?違うか?」
 「…怖くないってば…」
 「抗うな。恐怖こそ純粋な感情であり、誰の心の中にあり消えないものだ。そうであろう……、非力で無力な少年よ」

 ピッチのシルバーゴールドの瞳に自分の情けなく震えた姿が映る。ギリギリまで詰められた距離は相手の楽しげな息遣いがハッキリ聞えるくらいに近く。折角誤魔化すために顔半分を隠していた毛布はとっくに剥がされている。
 値踏みをするような、同情するような温かみを一切感じない瞳が緩やかに諭す。お前を守ってくれるガーディアンは近くにいない。誰もお前のベッドの暗がりにブギーマンが潜んでいる事を知らない。助けを求めても無意味だ。お前はただ震えて怯える小さな子供でしか無い。
 不健康な白い指先がそっと丸みの帯びた耳の縁をなぞり口許を寄せた。

 「怯え、震え、恐怖せよ。それが私の糧となる」

 ウィスパーボイスが耳の中に吹きこまれジェイミーの体を竦ませる。歯の付け根が噛み合わないわけでもない。背筋が寒くなったり、寒気を感じ身ぶるいしたわけでもない。だが、確かに小さな子供は恐怖を感じていた。
 胸の奥が締め付けられ痛くなる恐怖。
 
 「……っ」
 「嗚呼、いいぞ。それでいい恐怖に身を委ねろ」

 ピッチが恍惚した眼差しを送る。
 ジェイミーは視線を床下に落としたまま、彼の黒い服を握った。払われればすぐに取れてしまうような、でも確り掴んで離さないように握った。
 訝しげに思ったピッチが握られた箇所を見、握っている当人を眇める。

 「君が見えるから、まだジャック達がいるって信じられる。…でも、君まで見えなくなっちゃったら――ぼくは、ぼくは…っ。それが、こわい。見えなくなるのが、信じられなくなるのが……、とてつもなくこわい」

 噛締めた唇。震える指先が黒い服越しに伝わる。
 己の存在が忌々しいガーディアン達の存在に繋がるのは甚だ遺憾である。しかし、縋る少年の手を振り解けないのもまた事実。
 擦り抜けず通り抜けず。確り掴んでいる憎き手にどれだけの安心感が宿っているのだろう。

 「――眠れ。今宵もヤツが良き夢を見せてくれる」

 ジェイミーの哀しげな目元をそっと掌で覆えばすっと力の抜けた子供の体がベッドに沈む。それを甲斐甲斐しく毛布を被せ、頭を枕の上に乗せれやれば途端来る金色の砂。いっそ闇色の染めてしまおうかと頭を過ったが結局やらなかった。
 眠る子の頭上に浮かぶ楽しげな夢。サンタクロース、歯の妖精、イースターバニー、サンドマン、ジャックフロスト、そして――ブギーマン達が夢を見ているジェイミーと一緒にいる夢。希望と感動、楽しい事しか無い夢のような、夢。
 
 「信じている、ただ怖くないだけ――、か」

 何時ときか。ジェイミーがピッチに言った言葉。不意に口に出た言葉がピッチ本人を驚かせ、溢れ出そうな想いを必死に抑え付けた。
 込み上がる想いが目頭を熱くする。目元を掌で覆うピッチは天井を仰いだ。

 「……守ろう。与えるものが恐怖でしか無かろうとも君が胸に秘める想いを守ってみせよう」

 ジェイミーの夢に触れながらピッチはまたベッドの暗がりに身を潜めた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:大好きなぬくもり 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1019字 お気に入り:0人
すっかり温くなったジュースの缶を両手で握りしめ俯き項垂れる子供を見下ろす内に此方の溜飲が下がるというもの。叱られた子供よろしく肩を竦め時折上目遣いで様子を窺う様 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:今日の妻 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:2359字 お気に入り:0人
忘れたことが分かるならまだいい。忘れたというのを理解できているから。問題は忘れたこと自体忘れてしまって分からなくなってしまうこと。きっと今自分の身に起きているこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゼルダの伝説 お題:哀れな祝福 制限時間:1時間 読者:77 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
そう遠くない、なるかもしれない未来。と、いったところでそれが一体何百年、何千年後なのか、もしかしたらすぐ近い未来なのか、はたまた別次元の過去なのか分からない。皮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ONE PIECE お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:181 人 文字数:487字 お気に入り:0人
どこまで本気で、どこまでが冗談なのか。ふざけているとしか思えない行いは常に割り切っていなければ振り回されるのがオチだ。今更ながら掻いた胡坐の中で高いびきをして眠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:黄色い接吻 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:627字 お気に入り:0人
くすみ切った白い夢がひたひた足音を立てやってくる。熱が入り過ぎて役になり切っているのか。それとも別の何かが憑依して体を操り心を支配しているのか。撮影の合間。次の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW2 お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:1226字 お気に入り:0人
朝露滴る緑の絨毯が屋根一面を覆い隠し、朽ちるか朽ちないかの瀬戸際で鬩ぎ合っている石柱の間を潜り抜け、昔は人の活気で賑わっていただろう廃れた町並みを歩く。耳を澄ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:遠いガール 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:604字 お気に入り:1人
白い手袋が頬を包み撫ぜる感触はどちらかと言えば嫌いじゃない。少し毛羽立った布地が耳の縁をなぞる。こそばゆくて首を竦めようとすればその隙間に白い手袋が先回りして肩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:振り向けばそこに深夜 制限時間:1時間 読者:87 人 文字数:908字 お気に入り:1人
足元で蠢いていた黒い靄がビルの感情に共鳴して彼に群がり纏わりついた。憎悪、怒り、果たせなかった無念が糧となり勢いを増した黒い靄が白銀色の衣装を真逆の色で覆い隠す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:約束のネバーランド お題:彼が愛した快楽 制限時間:1時間 読者:69 人 文字数:1109字 お気に入り:0人
変わり映えのない日々、手応えの全くない日々をたった一瞬で塗り替える鮮烈と期待に心が躍る。突如現れた一人の子供。その的確な指示が手緩い狩猟の終わりを告げる。待ち望 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:清い壁 制限時間:30分 読者:108 人 文字数:709字 お気に入り:1人
糞尿が入り混じった汚水の匂いと屍肉が放つ腐臭のブレンドは一度服に染み着いたら中々取れない。触っただけで火傷するネバネバした糸に触れぬよう一定の距離を保つ。一本で 〈続きを読む〉