ジャンル:スラムダンク お題:どす黒い四肢切断 制限時間:2時間 読者:705 人 文字数:136字 お気に入り:0人
[削除]

きりとりせん

これから惨劇が始まるとも知らずにのんびりと横たわっている。バカな男だ、目の前の餌に惑わされて…
ゆっくりと刃物を握る。震えなど起きなかった。
刃物をざくりと足にいれた。バタバタと暴れる腕も鬱陶しくて切り離してしまう。

「越野ー!海老まだー?」
「いま捌いてるから待てよ」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ちりめんじゃこいわお@オリジ連載中 ジャンル:スラムダンク お題:うへへ、熱帯魚 制限時間:2時間 読者:586 人 文字数:3409字 お気に入り:1人
桜木は南郷の様子がおかしいことを気にしていた。最近おかしくなったのではなく、だいぶ前からおかしいのだが。 具体的に何がおかしいのかというと、寝言が激しいのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ちりめんじゃこいわお@オリジ連載中 ジャンル:スラムダンク お題:明日の旅行 制限時間:2時間 読者:687 人 文字数:2663字 お気に入り:1人
青田はぐったりとしていた。近頃の仕事が長引いてこの時間までろくな休みが取れず、遂には明日が旅行という晩、ようやく休息を得られたのだ。また座布団を半分に折って頭 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おび ジャンル:スラムダンク お題:フニャフニャのアパート 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:440字 お気に入り:0人
三日間泊まることになったアパートには先客がいた。 俺は見知った顔が一つの部屋から出てきたので声をかけた。「牧さん」「なんだ、仙道。お前もここに泊まりかフニャ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ちりめんじゃこいわお@オリジ連載中 ジャンル:スラムダンク お題:不本意な窓 制限時間:1時間 読者:393 人 文字数:2644字 お気に入り:0人
休日を迎えた桜木は珍しく、一人で熱燗などを飲んでいた。太陽が沈みきった午後の九時、気の知れた主人と二人でいる居酒屋は心地好くて、ともすれば酔いの為に眠ってしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サムゲタン将軍@T/B ジャンル:スラムダンク お題:これはペンですか?違うわ、それは酒 制限時間:1時間 読者:615 人 文字数:1381字 お気に入り:0人
Is this a pen? No! It's an alcohol透きとおるような青い空とからりとした空気、秋も深くなり少々肌寒くはあるが、健康優良児たちは本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東堂みく ジャンル:スラムダンク お題:あいつと墓 制限時間:30分 読者:878 人 文字数:1262字 お気に入り:0人
カーテンの隙間から入り込む日差しが、チリチリと顔を刺す。目を覚ますと、いつもの天井が視界いっぱいに広がった。シングルベッドに、シングル用の布団。あぁ、もうこの天 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東堂みく ジャンル:スラムダンク お題:素晴らしい反逆 制限時間:1時間 読者:1478 人 文字数:1427字 お気に入り:0人
暫くワシャワシャとタオルで髪を拭かれる。水戸は世話好きだと思う。オレの世話も焼きたがるし、桜木の世話もよく焼いている。陰で桜木の保護者と呼ばれているのを、コイツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東堂みく ジャンル:スラムダンク お題:1000の妄想 制限時間:1時間 読者:1128 人 文字数:2295字 お気に入り:0人
「じゃあ、泊まってく?」その水戸の誘い文句は、どんな言葉よりも魅力的だった。映画とかドラマとかで俳優が言う甘い台詞よりも甘くて、トキメイて、胸がいっぱいいっぱい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:rena@常勝!! ジャンル:スラムダンク お題:裏切りのデマ 制限時間:15分 読者:927 人 文字数:658字 お気に入り:0人
鳴り響く警報の音は、いまや鳥の囀りと然して変わらぬ日常の音響になった。しかし、それでも彼は耳にする度一瞬、怯えにも見える表情の変化を見せる。気付かれていること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ちりめんじゃこいわお@オリジ連載中 ジャンル:スラムダンク お題:狡猾な恨み 制限時間:4時間 読者:592 人 文字数:5252字 お気に入り:0人
先日、黛のアパートが火事になった。幸い死人もケガ人も出なかった。しかし黛の精神的なショックは計り知れない。何せ目の前で黒い骨組みとなっていく我が家の様子を見詰 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:間違った夕日 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:3009字 お気に入り:0人
「──夕日をお前に見せたかったんだ」オレンジの太陽の光を背にして、男がそう言った。男の纏う黒の鎧、表情は見えない。けれど己には──パーシヴァルには、男が決して険 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉