ジャンル:バトル・ロワイアル お題:大好きな帝王 必須要素:スラム街 制限時間:15分 読者:917 人 文字数:1267字 お気に入り:0人

あるいは、スラム街―ワルの世界―


桐山和雄(男子6番)は、絶対的な王だった。
それは桐山に心酔する沼井充(男子17番)のみならず、桐山ファミリーのメンバーなら――――否、一度でも桐山和雄というカリスマに触れたことがある者なら、誰もが抱く感想だった。

では――彼を帝王と称するのなら。
はたして彼の支配する帝国は、どれほどの規模となるのか。

城岩中学校?
いいや、そんな狭い井戸の中で終わる男じゃあない。

では、城岩町か?
そうかもしれない。
少なくとも、城岩町は既に桐山和雄の支配下にあると言えよう。
ワルの世界では彼自身の戦闘力で、そして表の世界では桐山家の権力によって。

しかし――もっとデカい帝国を統べる力すら有しているのではないか。
そんなことを、ふかした煙草の煙を眺め、充は思う。
きっと、桐山和雄という男は、もっともっとデカイ世界の王になれる。
城岩町という小帝国から始まって、最後は諸外国を支配し世界を統べる王にでもなれる。
そう思わせる程のカリスマが、桐山和雄にはあった(勿論、充自身に学がないため、簡単に世界統一だの侵略だのが出来ると思い込んでいるというのもあるが)

「なあ、ボス」

丁度(と言っていいのかはわからない。少なくとも、このタイミングが丁度と表現するのは、この場において充だけだろう)桐山が沼井達がタバコを吹かす屋上の扉をあけた。
たまに桐山は興味を惹かれた“何か”をするため別行動し、そして飽きた頃こうして合流するのだ。

飽きたといっても負け犬のように辞めたわけじゃない。
いつもそれを極めきって――戦争漫画や映画に影響されつつある今の充に言わせれば『侵略』して、誇らしい戦果と共に帰ってくるのだ。
その戦果を決して誇示することはないが、戦果を上げたことを疑う余地などない。
それほどの男なのだ、桐山は。

「ボスは、どこを目指してるんだい?」

桐山ほどの男なら、望んだ何者にでもなれるだろう。
それこそ、ワルの世界以外でも居場所は山ほどある。
充の口から、ついついそんな言葉が漏れた。

「別に、どこも」

返されるのは、淡々とした言葉。
別に気分を害したというわけではないだろう。
元々こういう淡々としたやりとりばかりだ。

「どこに行きたいとか、ないんですかい。あんなに普段、目についたことに手を出しては制覇してるのに」

貴方なら、どこにだって行けるだろうに。
目的がないなら、なんでそんなどこまでも突っ走れるんですかい。
そんなニュアンスを混ぜて、もう一度聞き返す。

「気が向いたときに、試しに足を動かしているだけだ」

ああ、なるほど。
この人は、突っ走ってるつもりですらないのだ。
ただ気の向くまま足を動かしているだけで、凡人をぶっちぎり、行きたいところまで駆け抜けているように見えるだけなのだ。

「……やっぱりさすがだよ、ボスは」

だから付いて行きたくなるのだろう。
『ただ純粋に、だらだらと歩く』
ワルっぽくないのに、そんなある種ワルのお手本のような人が、最後にたどり着くその先を共に見たくて。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

すかい「文章」ギオンの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:裏切りの道のり 必須要素:スラム街 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:1178字 お気に入り:0人
『ネリー、あたしね』そう切り出す彼女の顔は、いつも太陽のように輝いていた。ドブ川の底に溜まった泥のようなこの街で、あんな笑顔が出来るだなんて。素直に感心するし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:彼のところてん 必須要素:《算数のたかし》 制限時間:15分 読者:169 人 文字数:1154字 お気に入り:0人
「大変よアリサ、貴女の愛するタカシくんがゲイビデオに出演していたわ!!」「!?」乱暴にドアが開け放たれる。驚いて振り返ると、そこにはサンダース大学付属高校戦車道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル: お題:興奮した処刑人 必須要素:じゃがいも 制限時間:30分 読者:233 人 文字数:2382字 お気に入り:0人
「ほう……」深夜のコンビニエンスストアで、戸叶は一人雑誌を眺めていた。お目当ては、雑誌のグラビアページだ。ストリートファイトの賞金があるため雑誌を買う余裕くらい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:馬鹿な借金 必須要素:予想外の展開 制限時間:30分 読者:240 人 文字数:2304字 お気に入り:0人
「なるほど、美味いな」ペペロンチーノを口に運び、辻垣内智葉が素直に賞賛の言葉を述べる。世辞でも何でもないらしく、皿に乗せられたスパゲッティは見る見る智葉の口へと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:商業的な消費者金融 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:30分 読者:267 人 文字数:1825字 お気に入り:0人
「roof-topか……なるほど。いい店だな」染谷まこの頬を、冷たい汗が伝った。「どうする」などという思考は、すでに放棄したはずなのに、それでも何か活路はないか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:バトル・ロワイアル お題:凛としたフォロワー 必須要素:山田が犯人 制限時間:30分 読者:347 人 文字数:2256字 お気に入り:0人
そういえば、集団下校というものが、ランドセルを背負ってる頃にはまだあったような気がする。相馬光子(女子11番)だって、まだ9つの誕生日を迎えるまでは、無邪気に集 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:俺は犯人 必須要素:《英語のクミ》 制限時間:30分 読者:290 人 文字数:1575字 お気に入り:0人
「わあ」思わず言葉が漏れた。すっかり手狭になってきた勉強机。その大掃除をしていたら、プリントをまとめたファイルの中に、英語の教科書が紛れこんでいた。「懐かしいな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル: お題:暴かれた会話 必須要素:会話劇 制限時間:4時間 読者:312 人 文字数:4750字 お気に入り:0人
「こんな格言を知ってる?」カップを口元に運びながら、金髪の少女――ダージリンが口を開く。「10のダンベルが全て揃った時。10人の始祖及び超人閻魔は――――」くい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:女のカリスマ 必須要素:靴の中敷 制限時間:30分 読者:359 人 文字数:2149字 お気に入り:0人
「亦野先輩にはカリスマ性がないんだよねえ」ヘラヘラ笑い、大星淡が口にゼリービーンズを放り込む。先輩である宮永照が常に置いていたお菓子の一つだ。もっとも、彼女達が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル: お題:凛とした成熟 必須要素: 制限時間:30分 読者:311 人 文字数:2486字 お気に入り:0人
「来るなっ……!」「それは出来ない相談っすよォ……だって、約束したっすもん……」ひたひたと、嫌な足音が響く。だらんと垂れた黒髪が、恐怖心を掻き立てた。「どこに行 〈続きを読む〉