ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:安い芸術 制限時間:1時間 読者:462 人 文字数:2037字 お気に入り:0人

答えなど無い

「あのクソ神父本当に連れて行く気かよ徐倫」
心底嫌そうに顔を歪ませたF.Fが後方から借りてきた猫よろしく大人しく付いてくるプッチを指差した。
「仕方ないじゃない。それもこれもあんたのアイディアじゃない」
「あーっ!そういうのって責任転換って言うんだぜ!!」
「”閃いたっ!ねえ徐倫の父さんなら見付けられるんじゃない!?ほら引かれ合う感覚ってヤツでさ!!”って言って一番近場のヤツ目指して歩いてみたら何だ。一番会いたくないのに出会っちまった。――それに何だこの空間。其処ら中から気配醸し出しやがって…、父さん、ウェザー、プッチの野郎以外あたしは知らないってのに。いち、に、さん……少なくとも似たような感覚が十近くあるってのがそもそもおかしいのよ」
「ねえ、それってあたしの真似?真似なの?全っ然似てない!つかさ、とっとと始末するなり置いてくなりすりゃあ済むハナシじゃん!何であいつを殺させてくれない!?」
「・・・。まあ初っ端からプッチ神父に出くわしたのは想定外だったわ。でも、今のこいつは目も見えねえ、耳も聞えねえ、口も利けねえ。おまけに幽波紋だって出せない(単純に出していないだけかもしれないが)」
「で。攻撃を仕掛けて来ないから連れてくって?お前なあ…」
「いや、攻撃はその内してくる。恐らくあいつの手に絡んでいる糸であいつもあたしの正体が分かったはず。最後まで大人しく付いてくる保証は無い」
「じゃあ――、殺るか。いま、ここで」
「待って」



「伝わるのよ。あいつの心情があたしの糸を伝わって。あいつは戸惑ってる。さっきのあたしみたいに。そして、……試している。あたし達がどんな行動を起すのか見極め、判断しようとしてる」
やおら立ち止り、プッチが来るのを待っていた徐倫は彼の手を取り文字を綴り始めた。

『今日はここで休む。身体への疲労は無いが、心を休める為にここで休む。分かったな』

最後の文字を書き終えたのと同時にプッチが浅く頷き、何も無い闇に腰を下ろした。
徐倫はプッチから距離を置き、終始威嚇態勢をとっているF.Fの隣に屈み膝を抱えながら座った。
闇の中に浮かぶF.Fとプッチを見比べる。どちらも同じくぼんやり浮び上るように見えるだけで鮮明には見えない。だが、此方を見る眼差しだけはっきり見えた。意思そのものに比例して鮮明に見えるのかは定かでない。少なからず視力を失っているプッチの瞳は色が濁っていても徐倫の目にははっきり見えていた。
肩膝を抱き寄せ、腕を枕がわりにして真向いに座るプッチを何となしに眺める。
視点が合わない目はズレた方向をずっと見続け、たまに目が合ったとしてもやはり虚空を仰ぐようにズレていた。
知らない内に寝息を零すF.Fの頭を撫でていれば、不意に何かを感じ、F.Fに向けていた顔を正面に戻した。
徐倫のいるであろう方向に真直ぐプッチ神父の視線が注がれていた。
「(まただ。またこっちを見てる…)」
視線を絡ませ対峙する。無意識に生唾を飲んだ。とっくに止まっている心臓が勢いよく鳴り出し、乱れる息遣いを無理やり押し込んだ。
寝ているF.Fを庇い戦闘態勢をとれば徐倫の背後に幽波紋が音も無く顕現する。
このままプッチに絡ませている糸を引き寄せる勢いのまま拳を振り抜くことだって容易い。
だが徐倫は躊躇った。
プッチが絡めている手とは逆の手で手招きしている。何度も何度も何度も。いるかも分からない場所に向って徐倫を呼んでいる。
下手な芝居。乗るも乗らないも徐倫次第。でも知っている。糸を手繰れば何時だって本体の場所に辿り着けれるのに、あえて酔狂なことをするプッチ神父に徐倫は躊躇った。
「…いいわ。誘いに乗ってあげる」
強気に言うが額に汗がにじみ出る。
休んでいるF.Fを何時でも逃がせるように守れるように背で隠し、プッチの傍に近寄る。
寸分の動きすら見逃してはならない。緊張した面持ちでやっと真向いに近寄れば流れる空気で分かったのかプッチの招いていた手が前方に伸ばされ。反射的にその手を掴んでしまった。
攻撃されるかもしれない。そんな疑念を頭の隅に抱いている間にも徐倫の手であることを確認したプッチは徐に掌を仰向けにさせ、先程まで徐倫がしてくれていたように黒い指先が徐倫の掌に文字を綴り出す。

『空条徐倫。何故私を殺さない』

間を置いて徐倫がプッチの掌に綴る。

『その質問そっくりそのままお返しするわ』

プッチの指先が小さく跳ね、緩やかに綴り出す。

『なら何故置いていかない。関わらないという手もあっただろう。同情でも抱いているのか』
『それなら、あたしだと分かっていて何でお前はあたしを殺さない。糸で大体の位置が分かっているにも関わらずに、だ』

徐倫の綴った言葉を最後にプッチは文字を綴らなくなった。
黒い指先はただ徐倫の白い掌に置かれ続け、その内自分自身の中にある疑問を問い掛けるように徐倫の手を握り締めるだけであった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:蒼宮雄太 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:フニャフニャの音 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 読者:754 人 文字数:1249字 お気に入り:0人
「ねぇエルメェス…」「ん?どうした?」暗い廊下を歩いているのは徐倫とエルメェス。FFがトイレに行ってから数時間帰ってこないため不安になり探しに来たのだ。そしてこ 〈続きを読む〉

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:燃える彼女 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:931字 お気に入り:0人
その時、燦々と降り注ぐ太陽を反射させ扇状に広がる海水を頭からかぶった。「あんまり人魚を見くびってほしくないものね」頭からずぶ濡れになった元凶がおちょくるように空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:最弱の小説合宿 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:964字 お気に入り:0人
微かなさざ波の音が段々とはっきり聞こえ始め意識が浮上する。目を開けようとした刹那、あまりにもの明るさに眩暈が起き目元を手のひらで多い庇を作った。軽く瞬きをくり返 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:思い出のもこもこ 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:638字 お気に入り:0人
柔らかで優しい月の光、星の光を容易く遮り覆う分厚い雲から降り注ぐ大粒の雨冷たく、不規則で暴力的な閃光と轟音を轟かす雷すら蠢く暗闇化した海が飲み込みうねる。巨大な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:犯人はヒーロー 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:937字 お気に入り:0人
市販のチョコレート。買ったままの状態であからさまな追加包装も何もしていないただの板チョコ。「あげる」手作り感から程遠い特別でも何でもないお店によく置いてある板チ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゆめにっき お題:苦し紛れの超能力 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:521字 お気に入り:0人
時たま馬鹿馬鹿しいことを考える。彼女の持つ効果は効果を得られる相手の力、もしくは分身に近しい存在であり一か所に留まることしか出来ないこの世界の住人たちにとって唯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゆめにっき お題:肌寒い暗殺者 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:901字 お気に入り:0人
何の前触れもなく彼女は此処にやって来た。無言のまま入り口付近から周囲を見渡す素振りをしたあと、希薄ながら期待を抱いている面持ちに微笑ましさを感じるのもつかの間─ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:大好きなぬくもり 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1019字 お気に入り:0人
すっかり温くなったジュースの缶を両手で握りしめ俯き項垂れる子供を見下ろす内に此方の溜飲が下がるというもの。叱られた子供よろしく肩を竦め時折上目遣いで様子を窺う様 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:今日の妻 制限時間:2時間 読者:19 人 文字数:2359字 お気に入り:0人
忘れたことが分かるならまだいい。忘れたというのを理解できているから。問題は忘れたこと自体忘れてしまって分からなくなってしまうこと。きっと今自分の身に起きているこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゼルダの伝説 お題:哀れな祝福 制限時間:1時間 読者:92 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
そう遠くない、なるかもしれない未来。と、いったところでそれが一体何百年、何千年後なのか、もしかしたらすぐ近い未来なのか、はたまた別次元の過去なのか分からない。皮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ONE PIECE お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:214 人 文字数:487字 お気に入り:0人
どこまで本気で、どこまでが冗談なのか。ふざけているとしか思えない行いは常に割り切っていなければ振り回されるのがオチだ。今更ながら掻いた胡坐の中で高いびきをして眠 〈続きを読む〉