ジャンル:戦勇。 お題:愛と死の天国 制限時間:15分 読者:574 人 文字数:943字 お気に入り:0人
[削除]

紙一重

 例えば、あなたを抱きしめながら眠りにつくことが出来たならば。
目覚めを知らない死という名のそれであっても、しあわせだろうと思う。

 無論、そこにあなたの意思はないわけで。
ついでに言わせてもらえば、自分に神や仏に願うような純粋な心もないようなので、天国なんてものがあるとも思えない。

 それでも、どうでもいいと投げ出してしまえるような存在ではないのだ。
あなたはいつの間にか一人でふらりと存在を消してしまえるほどの魔法を手に入れてしまった。
引き換えにオレは何もかもを失って、ただのつまらない人間になってしまった。
遥かな時を超えて何故か息をしているだけの、ただの時代遅れの人に成り下がった。
けれど、この現実は別段悪くないとも思っている。

 なぜかって。
そんなもん、オレのその大層つまらない「ただの人間」であることを、誰より何より喜ぶバカ勇者の所為だ。
何も出来ないからぐーたら寝て過ごせるのかと思えば、あなたは事あるごとにオレを戦士と呼んでは存在理由を与えようとする。
押し付けがましくもないから逆にイライラさせられるほど。

 いつか本当に生きることに疲れても、あなたはオレをいつまでも戦士と呼んで求めてくれるのだろうか。
魔力で引き伸ばされた寿命を呪わずに、あなたは孤独を背負ってオレを見送るのか。

 なんだかな、なんだかなあ。
それって、実はすごく贅沢なことなんじゃないだろうか。

 生きている間中求められて、居場所をもらって、オレはとっとと寿命を終えて眠りについても。
あなたはきっと永遠に、その心の中に愛を巣食わせてくれるのだろう。

 なるほどそれが天国か。

 待ちぼうけの共に適当に手に取った堅表紙は魔術書じゃなく哲学書であった。
家庭教師用の教本の中に紛れていたらしい。
難しいことを考えていたら腹が減ってきた。あんみつ食いたい。勇者さんも欲しい。

 当の待ち人は牢から魔界へ直行任務に行ったまま帰って来ていないときたもんだ。
まあ、なんにせよ。あれだよなあ。

「オレって勇者さん好きすぎるよなあ」

ぼんやりと呟いた言葉は寝そべったアルバの堅いベッドにバラバラと音を立て鎖の形状を伴って落ちた。
さて、今夜は遅くまで課外授業と行きましょうか。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:いよや ジャンル:戦勇。 お題:冷たい天使 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:652字 お気に入り:0人
ここ最近で、とても冷えるようになった。そういう時期に限って街に辿り着けず、野宿続きの日々。夜中は特に寒いので、焚き火の火だけではとても耐えきれない。「…戦士、大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いよや ジャンル:戦勇。 お題:穢された馬鹿 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:696字 お気に入り:0人
俺が貴方にどう思っているのか知らないから、貴方はやりたい放題だ。「友達だから」って、俺にからかわれても何だかんだ許してくれるその無垢な笑顔を見るたび、俺はどうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いよや ジャンル:戦勇。 お題:おいでよ恋愛 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:726字 お気に入り:0人
「…アルバさんがサッカー部に?」「…ああ」「……本気なんですか?」アルバは強く頷いてみせた。「いやいや、無理でしょ」語尾に草が生えそうなほどロスは吹き出して、腹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いよや ジャンル:戦勇。 お題:でかい男の子 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:768字 お気に入り:0人
その背中は、故郷のお父さんを思い出すほどに大きい。だけど振り向くと、ボクよりも無邪気な笑顔を向けて、子どものようなイタズラをして来る。やっぱりボクよりもずっと大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みこと ジャンル:戦勇。 お題:10の死 制限時間:15分 読者:560 人 文字数:342字 お気に入り:0人
初めは試し撃ちのときだった。次は追いついたときだった。初めて相対した魔王の魔力に足が竦んだ。しかしそれではダメだと刀を握り直した、その瞬間にはもう腹が穿たれてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤櫛 ジャンル:戦勇。 お題:フニャフニャのオチ 制限時間:15分 読者:660 人 文字数:1369字 お気に入り:0人
よくわからない空間にいた。確立した空間といえば床ぐらいで、終わりの見えない左右だとか白くてどこまで高いのか判別出来ない天井だとか、そのうち果たしてこの空間は"白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろさく ジャンル:戦勇。 お題:苦しみの地獄 制限時間:15分 読者:588 人 文字数:938字 お気に入り:0人
外は雪がちらつく程寒かった。部屋の中は暖房器具ですっかり暖かくしているし、先程までの行為の為に寒さは特に感じない。窓の近くに行かない限りは暖かいだろう。となりに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろさく ジャンル:戦勇。 お題:明るい死刑囚 制限時間:15分 読者:540 人 文字数:750字 お気に入り:0人
事態を理解できぬまま、鮫島は上部を見上げた。空が丸く切り抜かれたようだった。手を伸ばしてもジャンプをしても半分にも到達できないだろう、深い深い穴に鮫島は落ちてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろさく ジャンル:戦勇。 お題:無意識のヒロイン 制限時間:15分 読者:586 人 文字数:716字 お気に入り:0人
そこにいたのは、彼女一人のはずだった。その道を知っているのは彼女一人のはずだったし、それまでその道で魔物に出会うこともなかった。しかし、今彼女の目の前には、出会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いつる ジャンル:戦勇。 お題:たった一つの償い 制限時間:15分 読者:633 人 文字数:1235字 お気に入り:0人
『勇者』ってなんだろう。多分、それの答えは人それぞれで、価値観によって違うんだろう。 ただ、ボクに限って言うなら、『勇者』とはただひとり、『勇者クレアシオン』 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:A3! お題:夜と深夜 必須要素:400字以内 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:400字 お気に入り:0人
鶯色の瞳が不思議そうに私を見つめている。今日は厄日か?そう思わずにはいられない。 今日の酒は不味かった。仲良くもない同僚と楽しくもない陰口。それらと共に飲む好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉