ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:見知らぬ伝承 制限時間:1時間 読者:679 人 文字数:1093字 お気に入り:0人

【プチ徐】あくむ

見知らぬ男、覚えの無い指先が頬を撫でてくる夢を見た。
大地の色を称える指先が頬を撫で包み込まれる度、なんともいえぬ気持ちになる。

(優しさとは何かちがう…)

前髪をかき分け、耳の輪郭をなぞり、間近まで覗き込む男の顔は背から差し込む光の所為でよく見えない。
眩しさもあり、緩やかに手を払っても自分とは違う色の手が伸びてくる。
強めに拒絶すれば今度は手首を掴み抑え込んできた。此処までくれば苛立ちさえ覚える。
手を振り払う。掴まれる。また振り払う。再び掴まれる。そのくり返しがずっと続くのか。根拠の無いことが俄かに浮かぶ直前、あれだけ抑え込もうとしていた腕の猛攻が止まった。
不審に思い、此方から顔の見えぬ男に向って手を伸ばした。
されたからやりかえす。なんて幼稚なものでも律儀なもんでもない。

(あなたは…誰)

頬を撫で包み。親指の腹で目元を擦る。
濡れた感触に目を俯かせ、そして見上げた。

「泣いているの…?」
「その愚直なほど輝かしい眼差し…。憎しみしか抱かぬ瞳でこの私を見るな…見るんじゃあない…」
「身が竦むくらい、――あたしが憎いのか」
「忌々しい声で話しかけるな…口を閉じろ…」

「あんたが何者か知らないが。あたしに命令すんじゃねえ。命令するのはあたしであんたじゃあない」

前に佇む男の雰囲気が一瞬で変わる。滲み立ち昇る怒気。小刻みに体が震えているのは寒さが原因ではない。
それでも屈託なく恐れる事無く見上げていれば、不意にフッと周囲の空気が軽くなった。
布地の擦れる音が耳の中に入り込む。
黒い壁となった男の胸に頭が緩やかに押し付けられ。首の後ろを今まで以上の滑らかな動きで指が這う。
微かに香る匂い。香水とはまた違う高尚な香木の匂い。何故かこの男にはぴったりな匂うだと独りごちた。

「やはり貴様達血族を根絶やしにするべきであった…」

ぞくり。身の毛のよだつ艶のある声。肩を思わずビクつかせるほど、官能的な指先が星型の痣を掠め。
悲哀に満ちた吐息に目蓋を浅く閉じる。
目蓋裏に広がる暗闇。そして自ずと暗闇から現れる映像の懐かしさに同じ溜息を吐いた。

「…いつまであんたの悪趣味な遊びに付き合えばいいのかしら」
「ようやく思い出したか…、空条徐倫」

まっさらなページ。やっと新しい人生を歩めると思っていたら無理矢理誰かに眠りを妨げられた。
不完全に目覚め、あやふやな世界を彷徨い、辿り着いた先は。

「宿敵の腕の中だったなんて。やれやれだわ」
「さあ。私が歩む新しい世界の礎になるべく、お前の存在を抹消させてもらおう」
「出来るものならやってみなさい」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:蒼宮雄太 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:フニャフニャの音 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 読者:754 人 文字数:1249字 お気に入り:0人
「ねぇエルメェス…」「ん?どうした?」暗い廊下を歩いているのは徐倫とエルメェス。FFがトイレに行ってから数時間帰ってこないため不安になり探しに来たのだ。そしてこ 〈続きを読む〉

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:燃える彼女 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:931字 お気に入り:0人
その時、燦々と降り注ぐ太陽を反射させ扇状に広がる海水を頭からかぶった。「あんまり人魚を見くびってほしくないものね」頭からずぶ濡れになった元凶がおちょくるように空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:最弱の小説合宿 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:964字 お気に入り:0人
微かなさざ波の音が段々とはっきり聞こえ始め意識が浮上する。目を開けようとした刹那、あまりにもの明るさに眩暈が起き目元を手のひらで多い庇を作った。軽く瞬きをくり返 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:思い出のもこもこ 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:638字 お気に入り:0人
柔らかで優しい月の光、星の光を容易く遮り覆う分厚い雲から降り注ぐ大粒の雨冷たく、不規則で暴力的な閃光と轟音を轟かす雷すら蠢く暗闇化した海が飲み込みうねる。巨大な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:犯人はヒーロー 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:937字 お気に入り:0人
市販のチョコレート。買ったままの状態であからさまな追加包装も何もしていないただの板チョコ。「あげる」手作り感から程遠い特別でも何でもないお店によく置いてある板チ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゆめにっき お題:苦し紛れの超能力 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:521字 お気に入り:0人
時たま馬鹿馬鹿しいことを考える。彼女の持つ効果は効果を得られる相手の力、もしくは分身に近しい存在であり一か所に留まることしか出来ないこの世界の住人たちにとって唯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゆめにっき お題:肌寒い暗殺者 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:901字 お気に入り:0人
何の前触れもなく彼女は此処にやって来た。無言のまま入り口付近から周囲を見渡す素振りをしたあと、希薄ながら期待を抱いている面持ちに微笑ましさを感じるのもつかの間─ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:大好きなぬくもり 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1019字 お気に入り:0人
すっかり温くなったジュースの缶を両手で握りしめ俯き項垂れる子供を見下ろす内に此方の溜飲が下がるというもの。叱られた子供よろしく肩を竦め時折上目遣いで様子を窺う様 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:今日の妻 制限時間:2時間 読者:19 人 文字数:2359字 お気に入り:0人
忘れたことが分かるならまだいい。忘れたというのを理解できているから。問題は忘れたこと自体忘れてしまって分からなくなってしまうこと。きっと今自分の身に起きているこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゼルダの伝説 お題:哀れな祝福 制限時間:1時間 読者:92 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
そう遠くない、なるかもしれない未来。と、いったところでそれが一体何百年、何千年後なのか、もしかしたらすぐ近い未来なのか、はたまた別次元の過去なのか分からない。皮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ONE PIECE お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:214 人 文字数:487字 お気に入り:0人
どこまで本気で、どこまでが冗談なのか。ふざけているとしか思えない行いは常に割り切っていなければ振り回されるのがオチだ。今更ながら掻いた胡坐の中で高いびきをして眠 〈続きを読む〉