ジャンル:さかな先生 お題:裏切りの境界 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:803 人 文字数:906字 お気に入り:0人
[削除]

さかな先生って何


「さかな先生って何」
 私はある日、ソーシャルネットワーキングサービスの一つ、『ツイッター』でツイートをした。
 それが何かはわからないが、インターネットで流行している文章だ。
 数分後、そのツイートは誰かの手によって『お気に入り』に登録された。
 友達でも、知っている人でもない。見ず知らずの他人。しかしそんなことは、よくあることで、私は何も気にしていなかった。奇特な人がお気に入りをくれたんだろうなあと思ったのだ。そのまま私は布団に入って、ぐっすりと眠った。通知音が鳴ったことも気づかず。

 普通に学校に行き、普通の授業を受けた。
 何事もない、退屈な日常。

 そういえば、ツイッターの通知を見ていなかったと思った私は、スマートフォンのアプリを起動。
 確認すると、怪しげなメッセージが届いていた。
「『ころすぞ』って、なんなのこれ、脅し?」
 メッセージを送ってきたのは、『さかな先生って何』のツイートをお気に入れた人だった。
「なんなのこれ、スパム報告……」
 スパムボタンを押そうとした。

 突然のことだった。

「どうも」
「はい?」
「さよなら」
 瞬間。
 鋭い痛みが走った。
「がっ……、あなたは……」
「さかな先生です。殺しにきました」
 背後から声が聞こえる。
「さかな、先生っ……! くっ……!」
 
 脇腹が熱い。
 振り向く。

 顔に狂気を浮かべる少女の手に握られているのは、銀色に輝く凶器。
 私は後ずさりして、『さかな先生』と名乗る少女に向かった。
「どうして、こんなっ! どうしてっ!」
 すると、『さかな先生』はもみあげを弄り、嘲るように言う。
「ちゃんと、殺すぞって言ったよね?」
「でも、そんなっ……!」
「殺すぞって言ったら殺すんです」
 一歩一歩、彼女が前に出てくる。
 背中に冷たい汗が伝うのがわかる。
 心臓が張り裂けそうになる。きゅう、と締め付けられる。
「さよなら」
 そして、激痛と共に、私の意識は途絶えていく。

「さかな先生って何」
 インターネットにその言葉が書き記されるたび、彼女は画面を見つめながらにたりと笑う。
 そして、また一人……。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:りんすずり ジャンル:さかな先生 お題:刹那の経歴 必須要素: 制限時間:15分 読者:445 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
「ねぇ、さかな先生って知ってる?」 数拍の空白の後、履歴書を眺めていた彼は徐ろに顔を上げると視線を僕に据え、こう答えた。 それはどういう意味か緊張に締め付けられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:平山ひろてる110kg ジャンル:さかな先生 お題:僕の好きな内側 制限時間:15分 読者:434 人 文字数:937字 お気に入り:0人
「さかな先生って、知ってる?」 それは、おまじない。「ううん、知らない」 これも、おまじない。 けれど、もしも。「さかな先生って、知ってる?」 そう尋ねられたと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:3g ジャンル:さかな先生 お題:もしかして湖 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:493 人 文字数:242字 お気に入り:0人
「ねえさかな先生って知ってる?」「もしかして湖?」「違うよ」「もしかして「より良い作品を創れるようになるのに最も効果的な方法は、一度生み出したものを大事にするこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユーリン ジャンル:さかな先生 お題:かっこいいロボット 必須要素: 制限時間:15分 読者:582 人 文字数:778字 お気に入り:0人
いつものように出社のために駅へと向かう。そして、いつものように電車へと乗り込む。――何も変わらない日々。そんな日々に僕は刺激が欲しかった。ほんの些細な変化でいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダイナマイト・ダツ・D・W・アンデッド ジャンル:さかな先生 お題:意外な雑踏 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:555 人 文字数:662字 お気に入り:0人
「ねえ、さかな先生って知ってる?」 肌寒くなってきた頃の話です。 学校から帰ってきてすぐパソコンを立ち上げ、日課であるSSサイト巡りをしていました。 私は普通に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:3g ジャンル:さかな先生 お題:誰かと夕飯 制限時間:15分 読者:530 人 文字数:598字 お気に入り:0人
「ねぇ、さかな先生って知ってる?」「知らねえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダイナマイト・ダツ・D・W・アンデッド ジャンル:さかな先生 お題:愛すべきコンサルタント 必須要素:マクガフィン 制限時間:15分 読者:459 人 文字数:488字 お気に入り:0人
「ねえさかな先生って知ってる?」 もう何回この言葉を言ったのか、何度知らないと言われたのか。 既に若者は覚えてはいなかった。 ちっちゃい頃親は言っていた、お野菜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダイナマイト・ダツ・D・W・アンデッド ジャンル:さかな先生 お題:たった一つの反逆 必須要素:アルパカ 制限時間:15分 読者:448 人 文字数:587字 お気に入り:0人
「ねえ、さかな先生って知ってる?」 精霊歴2541年、世界はアルカパに支配されて何年経ったであろうか誰も覚えていない。 海面は上昇し、山は枯れ、大気汚染が激しす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:さかな先生 お題:とてつもない、と彼女は言った 必須要素:トランプを武器にして戦いそうな男 制限時間:15分 読者:513 人 文字数:799字 お気に入り:0人
「さかな先生って何」 そんな言葉が、威圧的に発せられる。言葉の主は、なんとも形容しがたい人間だ。頭部がさかなの形をしているようにも見えるが、まばたきした瞬間にそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:3g ジャンル:さかな先生 お題:右の土地 制限時間:15分 読者:551 人 文字数:1066字 お気に入り:0人
「ねぇ、さかな先生って知ってる?」「知らん」唐突に僕の隣を走る石渡が声をかけてきた、唐突ついでに言っておくと僕達は動物園から脱走したライオンの群れ百匹に追われて 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:高崎ナル お題:今日のゲストは薔薇 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1012字 お気に入り:0人
「ふう…」真っ赤な椅子に居座るのは少し身分不相応なまるでスラム街の孤児のような男。ギィ…となんとも立派なドアが開き、そこから1人の可憐な少女が顔を出す。「おや。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:愛のヒーロー 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:612字 お気に入り:0人
愛故に守りたいと思うのは、普通の考え方だと思う。 ましてや、その愛が向かう先が成年になる最終段階を踏み始めたばかりの少女ときたら、尚更。どんな輩が牙を剥くとも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:楽しい爆発 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:737字 お気に入り:0人
遠くから、きゃーっ、と誰かが叫ぶ声が聞こえた。それも複数。ただその声音は、切羽詰まった助けを求めるようなものではなく、元気で楽しげなもの。それなら気にしなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:かたい雑草 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「狛枝!今日はお前は草むしり当番だ!」いきなりコテージの扉を開け日向クンがそう言い放ったのは約15分前。昨日ボクはなにかやらかしただろうか。もしそのバツなのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イケメン戦国 お題:天才の死 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:769字 お気に入り:0人
知らなかった。こんな世界があること。うだるような暑さの中、家康は人里離れた山奥を一人で歩いていた。あたりに人影はなく、ただ波のような蝉の鳴き声だけが一面を覆い尽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
母との約束 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ミイラの飼い方 お題:昔の母 必須要素:生理 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:473字 お気に入り:0人
こ「空良いこと空が幼少期の時?あなたが女の子って言うことは誰にも言ってはいけないわ」空の母ひまわりは悲しそうな顔で最愛の愛娘空にそう告げた。「どうして?」空は不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
家路 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:A3 お題:茶色い「えいっ!」 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2973字 お気に入り:0人
プツン、と音がした。それは、心が切れる音だった。目の前ではバツの悪い顔をした姉。唇を噛み締めて顔を歪めている。今にも泣き出しそうだ。「アンタが悪いんじゃないっ! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
賞味期限 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:D.Gray-man お題:許せない悪魔 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:407字 お気に入り:0人
誰かを愛する心に賞味期限があるように、「憎しみ」という感情にも賞味期限があるんだよ。 チャオジーがまだアニタの元で水夫の仕事をしていた頃、年老いた先輩の水夫が 〈続きを読む〉