ジャンル:さかな先生 お題:裏切りの境界 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:838 人 文字数:906字 お気に入り:0人
[削除]

さかな先生って何


「さかな先生って何」
 私はある日、ソーシャルネットワーキングサービスの一つ、『ツイッター』でツイートをした。
 それが何かはわからないが、インターネットで流行している文章だ。
 数分後、そのツイートは誰かの手によって『お気に入り』に登録された。
 友達でも、知っている人でもない。見ず知らずの他人。しかしそんなことは、よくあることで、私は何も気にしていなかった。奇特な人がお気に入りをくれたんだろうなあと思ったのだ。そのまま私は布団に入って、ぐっすりと眠った。通知音が鳴ったことも気づかず。

 普通に学校に行き、普通の授業を受けた。
 何事もない、退屈な日常。

 そういえば、ツイッターの通知を見ていなかったと思った私は、スマートフォンのアプリを起動。
 確認すると、怪しげなメッセージが届いていた。
「『ころすぞ』って、なんなのこれ、脅し?」
 メッセージを送ってきたのは、『さかな先生って何』のツイートをお気に入れた人だった。
「なんなのこれ、スパム報告……」
 スパムボタンを押そうとした。

 突然のことだった。

「どうも」
「はい?」
「さよなら」
 瞬間。
 鋭い痛みが走った。
「がっ……、あなたは……」
「さかな先生です。殺しにきました」
 背後から声が聞こえる。
「さかな、先生っ……! くっ……!」
 
 脇腹が熱い。
 振り向く。

 顔に狂気を浮かべる少女の手に握られているのは、銀色に輝く凶器。
 私は後ずさりして、『さかな先生』と名乗る少女に向かった。
「どうして、こんなっ! どうしてっ!」
 すると、『さかな先生』はもみあげを弄り、嘲るように言う。
「ちゃんと、殺すぞって言ったよね?」
「でも、そんなっ……!」
「殺すぞって言ったら殺すんです」
 一歩一歩、彼女が前に出てくる。
 背中に冷たい汗が伝うのがわかる。
 心臓が張り裂けそうになる。きゅう、と締め付けられる。
「さよなら」
 そして、激痛と共に、私の意識は途絶えていく。

「さかな先生って何」
 インターネットにその言葉が書き記されるたび、彼女は画面を見つめながらにたりと笑う。
 そして、また一人……。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:りんすずり ジャンル:さかな先生 お題:刹那の経歴 必須要素: 制限時間:15分 読者:461 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
「ねぇ、さかな先生って知ってる?」 数拍の空白の後、履歴書を眺めていた彼は徐ろに顔を上げると視線を僕に据え、こう答えた。 それはどういう意味か緊張に締め付けられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:平山ひろてる110kg ジャンル:さかな先生 お題:僕の好きな内側 制限時間:15分 読者:455 人 文字数:937字 お気に入り:0人
「さかな先生って、知ってる?」 それは、おまじない。「ううん、知らない」 これも、おまじない。 けれど、もしも。「さかな先生って、知ってる?」 そう尋ねられたと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:3g ジャンル:さかな先生 お題:もしかして湖 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:513 人 文字数:242字 お気に入り:0人
「ねえさかな先生って知ってる?」「もしかして湖?」「違うよ」「もしかして「より良い作品を創れるようになるのに最も効果的な方法は、一度生み出したものを大事にするこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユーリン ジャンル:さかな先生 お題:かっこいいロボット 必須要素: 制限時間:15分 読者:609 人 文字数:778字 お気に入り:0人
いつものように出社のために駅へと向かう。そして、いつものように電車へと乗り込む。――何も変わらない日々。そんな日々に僕は刺激が欲しかった。ほんの些細な変化でいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダイナマイト・ダツ・D・W・アンデッド ジャンル:さかな先生 お題:意外な雑踏 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:580 人 文字数:662字 お気に入り:0人
「ねえ、さかな先生って知ってる?」 肌寒くなってきた頃の話です。 学校から帰ってきてすぐパソコンを立ち上げ、日課であるSSサイト巡りをしていました。 私は普通に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:3g ジャンル:さかな先生 お題:誰かと夕飯 制限時間:15分 読者:548 人 文字数:598字 お気に入り:0人
「ねぇ、さかな先生って知ってる?」「知らねえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダイナマイト・ダツ・D・W・アンデッド ジャンル:さかな先生 お題:愛すべきコンサルタント 必須要素:マクガフィン 制限時間:15分 読者:471 人 文字数:488字 お気に入り:0人
「ねえさかな先生って知ってる?」 もう何回この言葉を言ったのか、何度知らないと言われたのか。 既に若者は覚えてはいなかった。 ちっちゃい頃親は言っていた、お野菜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダイナマイト・ダツ・D・W・アンデッド ジャンル:さかな先生 お題:たった一つの反逆 必須要素:アルパカ 制限時間:15分 読者:465 人 文字数:587字 お気に入り:0人
「ねえ、さかな先生って知ってる?」 精霊歴2541年、世界はアルカパに支配されて何年経ったであろうか誰も覚えていない。 海面は上昇し、山は枯れ、大気汚染が激しす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:さかな先生 お題:とてつもない、と彼女は言った 必須要素:トランプを武器にして戦いそうな男 制限時間:15分 読者:533 人 文字数:799字 お気に入り:0人
「さかな先生って何」 そんな言葉が、威圧的に発せられる。言葉の主は、なんとも形容しがたい人間だ。頭部がさかなの形をしているようにも見えるが、まばたきした瞬間にそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:3g ジャンル:さかな先生 お題:右の土地 制限時間:15分 読者:564 人 文字数:1066字 お気に入り:0人
「ねぇ、さかな先生って知ってる?」「知らん」唐突に僕の隣を走る石渡が声をかけてきた、唐突ついでに言っておくと僕達は動物園から脱走したライオンの群れ百匹に追われて 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:984字 お気に入り:0人
これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:growth。【腐】 お題:鈍い木 必須要素: 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字 お気に入り:0人
まもちゃん、誕生日おめでとう!涼→?衛****『空が渋滞してる。』現場は違えど、偶々二人での帰り道だった。綺麗な臙脂色の髪で目元を隠してポツリと呟いた一言に、不 〈続きを読む〉