ジャンル:さかな先生 お題:裏切りの境界 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:870 人 文字数:906字 お気に入り:0人
[削除]

さかな先生って何


「さかな先生って何」
 私はある日、ソーシャルネットワーキングサービスの一つ、『ツイッター』でツイートをした。
 それが何かはわからないが、インターネットで流行している文章だ。
 数分後、そのツイートは誰かの手によって『お気に入り』に登録された。
 友達でも、知っている人でもない。見ず知らずの他人。しかしそんなことは、よくあることで、私は何も気にしていなかった。奇特な人がお気に入りをくれたんだろうなあと思ったのだ。そのまま私は布団に入って、ぐっすりと眠った。通知音が鳴ったことも気づかず。

 普通に学校に行き、普通の授業を受けた。
 何事もない、退屈な日常。

 そういえば、ツイッターの通知を見ていなかったと思った私は、スマートフォンのアプリを起動。
 確認すると、怪しげなメッセージが届いていた。
「『ころすぞ』って、なんなのこれ、脅し?」
 メッセージを送ってきたのは、『さかな先生って何』のツイートをお気に入れた人だった。
「なんなのこれ、スパム報告……」
 スパムボタンを押そうとした。

 突然のことだった。

「どうも」
「はい?」
「さよなら」
 瞬間。
 鋭い痛みが走った。
「がっ……、あなたは……」
「さかな先生です。殺しにきました」
 背後から声が聞こえる。
「さかな、先生っ……! くっ……!」
 
 脇腹が熱い。
 振り向く。

 顔に狂気を浮かべる少女の手に握られているのは、銀色に輝く凶器。
 私は後ずさりして、『さかな先生』と名乗る少女に向かった。
「どうして、こんなっ! どうしてっ!」
 すると、『さかな先生』はもみあげを弄り、嘲るように言う。
「ちゃんと、殺すぞって言ったよね?」
「でも、そんなっ……!」
「殺すぞって言ったら殺すんです」
 一歩一歩、彼女が前に出てくる。
 背中に冷たい汗が伝うのがわかる。
 心臓が張り裂けそうになる。きゅう、と締め付けられる。
「さよなら」
 そして、激痛と共に、私の意識は途絶えていく。

「さかな先生って何」
 インターネットにその言葉が書き記されるたび、彼女は画面を見つめながらにたりと笑う。
 そして、また一人……。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:りんすずり ジャンル:さかな先生 お題:刹那の経歴 必須要素: 制限時間:15分 読者:475 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
「ねぇ、さかな先生って知ってる?」 数拍の空白の後、履歴書を眺めていた彼は徐ろに顔を上げると視線を僕に据え、こう答えた。 それはどういう意味か緊張に締め付けられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:平山ひろてる110kg ジャンル:さかな先生 お題:僕の好きな内側 制限時間:15分 読者:479 人 文字数:937字 お気に入り:0人
「さかな先生って、知ってる?」 それは、おまじない。「ううん、知らない」 これも、おまじない。 けれど、もしも。「さかな先生って、知ってる?」 そう尋ねられたと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:3g ジャンル:さかな先生 お題:もしかして湖 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:545 人 文字数:242字 お気に入り:0人
「ねえさかな先生って知ってる?」「もしかして湖?」「違うよ」「もしかして「より良い作品を創れるようになるのに最も効果的な方法は、一度生み出したものを大事にするこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユーリン ジャンル:さかな先生 お題:かっこいいロボット 必須要素: 制限時間:15分 読者:633 人 文字数:778字 お気に入り:0人
いつものように出社のために駅へと向かう。そして、いつものように電車へと乗り込む。――何も変わらない日々。そんな日々に僕は刺激が欲しかった。ほんの些細な変化でいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 ジャンル:さかな先生 お題:意外な雑踏 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:603 人 文字数:662字 お気に入り:0人
「ねえ、さかな先生って知ってる?」 肌寒くなってきた頃の話です。 学校から帰ってきてすぐパソコンを立ち上げ、日課であるSSサイト巡りをしていました。 私は普通に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:3g ジャンル:さかな先生 お題:誰かと夕飯 制限時間:15分 読者:560 人 文字数:598字 お気に入り:0人
「ねぇ、さかな先生って知ってる?」「知らねえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 ジャンル:さかな先生 お題:愛すべきコンサルタント 必須要素:マクガフィン 制限時間:15分 読者:486 人 文字数:488字 お気に入り:0人
「ねえさかな先生って知ってる?」 もう何回この言葉を言ったのか、何度知らないと言われたのか。 既に若者は覚えてはいなかった。 ちっちゃい頃親は言っていた、お野菜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ=D・U=WWE夫=脱衣拳 ジャンル:さかな先生 お題:たった一つの反逆 必須要素:アルパカ 制限時間:15分 読者:483 人 文字数:587字 お気に入り:0人
「ねえ、さかな先生って知ってる?」 精霊歴2541年、世界はアルカパに支配されて何年経ったであろうか誰も覚えていない。 海面は上昇し、山は枯れ、大気汚染が激しす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:さかな先生 お題:とてつもない、と彼女は言った 必須要素:トランプを武器にして戦いそうな男 制限時間:15分 読者:544 人 文字数:799字 お気に入り:0人
「さかな先生って何」 そんな言葉が、威圧的に発せられる。言葉の主は、なんとも形容しがたい人間だ。頭部がさかなの形をしているようにも見えるが、まばたきした瞬間にそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:3g ジャンル:さかな先生 お題:右の土地 制限時間:15分 読者:572 人 文字数:1066字 お気に入り:0人
「ねぇ、さかな先生って知ってる?」「知らん」唐突に僕の隣を走る石渡が声をかけてきた、唐突ついでに言っておくと僕達は動物園から脱走したライオンの群れ百匹に追われて 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:弱い君 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:610字 お気に入り:0人
紫陽花組。少し腐向け注意かも。こいつは馬鹿だ。こんな時間に森に出歩くなんて。何も持たずに。家に居た私に内緒で。「気が付いて良かった…」何となく半身の部屋を見に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:急な春 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:366字 お気に入り:0人
紫陽花組。腐向け注意。春は好きだ。けど夏も、秋も、冬だって好きだ。冬はムシに会えないけど。いつの季節だって、君に会えることには変わりなんてないから。「もうすぐ春 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:僕の嫌いな私 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:291字 お気に入り:0人
今日も日課のムシ捕りに今日も半身を探しにナーエの森に向かう。木にハチミツを塗っていると森を歩き回っているとサクリ と草を踏む音がして振り返る先には半身が居た「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダンガンロンパ お題:不幸なあそこ 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
「ねぇ、苗木君…」「どうしたの、霧切さん。」「あの…」私は彼に『あの事』を告げようとするが、言葉を詰まらせる。「いや、やっぱりいいわ。じゃあ、私は自室に戻るから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉