ジャンル:ハピネスチャージプリキュア! お題:煙草と罪 制限時間:1時間 読者:303 人 文字数:1284字 お気に入り:0人

【オレめぐ】尊い願い11

ヒトならざるオレスキーと、何ら変哲のない人のめぐみ。その⑪



包帯を崩さず痛みを庇いながら歩くのは中々難儀なものだ。
壁に手を付き蝸牛の歩み。月が昇っても来る気配が無く実際に来てくれないオレスキーの部屋に訪れるのは始めてだった。
扉をノックしても返事無し。一言掛け扉をゆっくり開けた。
小さなテーブルセットでお酒を一人嗜むオレスキーが其処にいた。めぐみもお酒の類は見た事あれどあんな琥珀色見た事無い。透明なガラスに入った液体はオレスキーの手に合わせ月明かりを受けとめ輝いている。
カラン。涼やかな音が鳴る琥珀色をオレスキーが呷る。
「ちょっと話がしたいの。大事で大切な話を」
タンッ。乾いた音がテーブルに軽やかに叩きつけられた。
視線だけ向ける相手に近付く。
歩くたび産れる痛み。そんな痛みを堪え顔には出さない。痛みなど浮かべる暇も余裕も無い。
覚悟を決めためぐみの強い眼差しがオレスキーの笑いを誘う。
小馬鹿にしていて待っていたと云わんばかりの笑い。
「さて。では聞かせてもらおうではないか」
体を向け大仰に足を組み頬杖を付くオレスキーを前に一回めぐみは息を整えた。



育った村の事
一緒に暮らした家族の事
仲良しだった友や幼馴染の事

降りかかった災難の事
幼馴染を助けたくて身代わりになった事

オレスキーに近付いたのは事の大元は村の為、幼馴染の為である事

めぐみが話せる事は徹頭徹尾話した



上手くない説明に対しオレスキーは頷きもせず只管耳を傾け聞き入っていた。
そして、めぐみが此れ以上語らないと見るや新しい琥珀色をガラスに注ぎ込む。めぐみの鼻にも届く芳醇な香り。八割方注がれた其れをオレスキーが一気に飲み干し酒臭い息を吐き出した。
「やはり、この世界は最悪だ」
皮肉に嗤い口端から零れる琥珀を手の甲で拭い去る。ゆらゆら揺れる手元にあったガラスがめぐみの頬を掠めた。
やにわの出来事、後方の壁から綺麗過ぎる音が聞えたかと思ったらめぐみの手組に黒色が巻き付いていた。
「変な老婆心、情を移さなければ裏切られずに済んだものを。オレ様も木から落ちとは随分焼きが回ったものだ」
足を解きその間にめぐみを跨がせるように座らせ。腰を抱き寄せ力づくで顎を上向かせる。
濡れ濁る双眸。血の色に似た瞳が嗜虐的に歪み、めぐみの視界から消えた。
「貴様は…、その少年が好きなんだな…」
直接吹き込まれる言葉。全身の肌が立つ。首を捻り腕を押したところで頑丈な枷は外れない。
「好きとか嫌いとか、誠司はそんなんじゃなくてわたしの大切な、ん…っ」
「大切な、なんだ?」
悪意に満ちた舌先が耳の縁を舐め、やわく耳たぶを吸い巻き付いた。
めぐみが幾度まじめに聞いて欲しいと説得を試みてもオレスキーは我知らず関せず気に留めず。
返す気などない事をオウムかインコのように繰り返しては吐息ごと吹き込んだ。
「よわっちい耳だな」
「おれ、スキー…、やっ、ちゃんと、はな、…し、きいひゃっ」
生理的に涙声になり始めためぐみを抱き捕えて離さないオレスキーの目は未だ闇を称え鈍く輝いていた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:早い太陽 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:848字 お気に入り:0人
朧げで曖昧。夢か現か。輪郭がぼやけ不鮮明な色しか認識できない世界はとても味気ない。「(さて…どうしたもんかな……)」見上げるほどに高い柱には見覚えがある。杳とし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:危ない別れ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:607字 お気に入り:0人
地面を覆い尽す緑の絨毯。少しばかりのっぽな白い模様が春の陽気に撫ぜられ揺れていた。ふかふか絨毯の上に腰を下ろして、近くにある白い模様を引っこ抜く。それは見る見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:シンプルなぬめぬめ 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:1451字 お気に入り:0人
以前からあったちょっかいという名の嫌がらせ行為が此処最近過激さを増してきた。自室のイス背もたれでは止まらず、その内通ってる学校や荒れ地、行く先々でふわふわ浮いて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:殺された痛み 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:702字 お気に入り:0人
恐怖に染まった顔。恐れ慄き怯えるしか出来ない無力で美味しい子供。絶望の淵に立たされ可愛い抵抗する様は実に嗜虐心を擽られる。脳裏に恐怖する子供らの顔と悲鳴を思い浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:俺の何か 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:498字 お気に入り:0人
物理的攻撃で砕け空に舞う欠片を一つ摘んだ白い指先。自傷行為ではない。ビルが抵抗するように、反撃するように仕向けた。意図的に差し向けた敵意はものの見事に頭蓋を砕く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:すごい木 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:542字 お気に入り:0人
生ぬるい雨が髪を濡らし頬を伝い顎先から落ちていく。さながら涙でも流しているみたいな姿を仰ぎ見ていれば片目しかない赤色が眩しいものを見るみたいに細くなった。水分を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:記録にない人々 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:617字 お気に入り:0人
恐怖が具現化して町を彷徨い歩き回っていた夏休みがもうすぐ終わる。もう一回やり直せるならばもう一回恐怖が目覚める前に戻れるならば悪夢に喜んで身を投じよう。何も出来 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:蓋然性のある痛み 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:815字 お気に入り:0人
不変を崩壊させる足音がすぐ傍までやってきた。耳を澄まさなければ聞こえない微かな音。その音は近付くにつれ耳を塞いでも聞こえてしまうくらい大きくなり、挙句脳を直接揺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:群馬のクリスマス 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1148字 お気に入り:0人
単純なこと。相手が挑発してきたから乗った。それまでの話。吃音症で馬鹿にされるのは日常茶飯事。別に慣れたわけじゃない。いい思いなんて全然しない。でも、親しい仲間内 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:ゆるふわ愛され神様 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1234字 お気に入り:0人
君がそれでいいって言うならそれで構わない。なんて言うと思ってんの?冗談じゃない!こっちの気持ちなんか考えないで振り回すだけ振り回して。いざ、自分のことになると呆 〈続きを読む〉