ジャンル:ハピネスチャージプリキュア! お題:強い秋 制限時間:1時間 読者:309 人 文字数:2011字 お気に入り:0人

【オレめぐ】尊い願い17

ヒトならざるオレスキーと、何ら変哲のない人のめぐみ。その⑰



在り来りな言葉でそれを運命と呼ぶ。

触れた箇所を黒い指先が撫で、緩慢な動きで目の前にいる娘を見下ろせば勝ち気に胸を張っていた。
「きさ、きさきさきさ貴様ァア!」
回転速度の上がる思考回路。沸き立つ激情に任せめぐみの華奢な肩を強く握り締めた。
「一体何をしでかしたのか分かっているのかあ!!」
「うん」
緊張感の無い一言が再び唇を塞ぎ離れてる際、鼻先を作為的にオレスキーの鼻先に押し当てる。
ちょんっと触れ合い笑うめぐみ。
猫同士の挨拶だよと軽いノリで言うのがオレスキーの怒りを爆発させた。唾が飛ぶ距離で憤怒し咆哮す。
「全然分かってはいないではないかあ!?」
「分かってるよ」
「いいや分かってない!どうせ後から≪ちょっとした悪ふざけでした≫って言うに決まっている!!」
腕を組み顔を思いっ切り逸らす。これ以上顔を合わせたくないと云わんばかり。
もし、此れ以上顔を見てしまったら、温もりとやわらかさを感じてしまったら、幻影みたいに手を伸ばしてしまう。そうオレスキーが危惧しているにも関わらず、めぐみの顔付きは穏やかなままだ。
頑なに視線を合せず、堅く腕を組む黒い手に自身の手を添える。
やっと、目を合せてくれた赤い瞳に桜色が咲き誇り言葉を紡ぐ。




少し前までいたのにもう懐かしさを感じる城内。
決まった席に着いためぐみは向い側に腰を下ろすオレスキーを見て一つ咳払いをした。
「じゃあ、ちゃんと今度は最後まで聞いてよね」
何てことない。先程の真意を知りたくば話を聞いて欲しい。ただそれだけだった。
賭け事に近かった願いが現実のものとなる。めぐみは内心ハラハラドキドキしていたが、それ以上にオレスキーの動悸は凄まじかった。抱き抱え跳んでいる時、相手に聞えてしまうではないかと懸念するぐらい鳴り響く鼓動。不幸中の幸いとして久方ぶりの流れる光景にめぐみが浸っていたお陰で特に問われやしなかった。
注意散漫なのを指摘されオレスキーの意識がめぐみに戻される。それを確認してから自身の胸に手を添え、息でもするような自然な声色でめぐみの舌に想いが乗せられる。
「わたし、オレスキーのこと好きになっちゃったみたい」
時間差ではにかみ笑い、そこからつらつら其処に至るまでの経緯を語り始めたものだからオレスキーの頭の中は真っ白になった。

初めの印象はとても自分大好きの周囲を下に見ている性格の持ち主なのだと思い
一緒にいる時間が長くなるに連れ分かり難い親切心にが見えてきて
多寡だが一瞬だけ垣間見た物悲しい眼差しに惹かれ
もっと知りたい もっと分かりたい
そんな想いが心に産れた

「もちろんさ、わたしだって本当はもっと前に言いたかったのに――。オレスキーがあの時いじわるしてきちんと言わせてくれなかったから随分遅れちゃった」
舌を出しおどけるめぐみであったが、テーブルに置かれた黒い拳がわなわな震え出した時点で舌を引込めた。
「もしかして、また迷惑掛けちゃったってやつ…?」
親に叱られた時のように肩を竦め上目使いで向い席を見遣る。
不安に揺れる大きな目。それを一瞥してからオレスキーは大きく長い溜息を吐き、どっかり背凭れに身を預けずり落ちた。
「オレ様が今日までしてきた苦労とは何だったのだ?杞憂にも程がある」
軍帽のつばがいい塩梅に目元を隠し顔色が窺えない。
そんな中、場違いにも程がある声が張り上げられる。
「腹が減ったぞ!」
「うえ?」
「腹が減ったと言っている!」
「え?あ、じゃあちょっとご飯作ってくるね」
急かされ席を立たされる形になっためぐみが駆け足で台所に向い駆けていった。
そして、着くなりめぐみも声を張り上げるのだった。
「ちょっとオレスキー!台所ちゃんと片付けてないでしょー!?あっちもこっちもごちゃごちゃー!!」
「うるさい!とっとと片付けて飯を作らんかあ!」
遠くから「後で覚えておいてよぉ!」なんて不満たっぷりの声を聞いているオレスキーは己自身の顔を両手で覆い俯いた。
隠しきれていない耳に至っては蒸気が上がっている。

「馬鹿かあいつは…馬鹿か…」

目が口が頬が緩むのを抑え切れない。
諦めていた想いが積み上げられた壁を超え溢れ返る。涙に似た込み上がる気持ちを如何表していいか分からない。
呼んで返って来なかった声が帰ってきた。それだけで適当に理由をこじつけた空腹が現実のものとなってオレスキーの腹の虫を鳴らす。
腹が鳴っては何とやら。馬鹿正直に訴える空腹を擦り天井を仰ぐ。
「久しぶりのまともな飯だ」
美味しいものを誰かと食べればより美味しく。それが傍にいても良いと思うものなら尚の事。
今度は無期限で居付くという根拠も確証も無い考えが頭の中を埋め尽くしてはオレスキーの顔に上機嫌で傍から見れば悪顔でしか無い笑みを作るのであった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:黄色い接吻 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:627字 お気に入り:0人
くすみ切った白い夢がひたひた足音を立てやってくる。熱が入り過ぎて役になり切っているのか。それとも別の何かが憑依して体を操り心を支配しているのか。撮影の合間。次の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW2 お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1226字 お気に入り:0人
朝露滴る緑の絨毯が屋根一面を覆い隠し、朽ちるか朽ちないかの瀬戸際で鬩ぎ合っている石柱の間を潜り抜け、昔は人の活気で賑わっていただろう廃れた町並みを歩く。耳を澄ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:遠いガール 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:604字 お気に入り:1人
白い手袋が頬を包み撫ぜる感触はどちらかと言えば嫌いじゃない。少し毛羽立った布地が耳の縁をなぞる。こそばゆくて首を竦めようとすればその隙間に白い手袋が先回りして肩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:振り向けばそこに深夜 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:908字 お気に入り:1人
足元で蠢いていた黒い靄がビルの感情に共鳴して彼に群がり纏わりついた。憎悪、怒り、果たせなかった無念が糧となり勢いを増した黒い靄が白銀色の衣装を真逆の色で覆い隠す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:約束のネバーランド お題:彼が愛した快楽 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:1109字 お気に入り:0人
変わり映えのない日々、手応えの全くない日々をたった一瞬で塗り替える鮮烈と期待に心が躍る。突如現れた一人の子供。その的確な指示が手緩い狩猟の終わりを告げる。待ち望 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:清い壁 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:709字 お気に入り:1人
糞尿が入り混じった汚水の匂いと屍肉が放つ腐臭のブレンドは一度服に染み着いたら中々取れない。触っただけで火傷するネバネバした糸に触れぬよう一定の距離を保つ。一本で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:許されざる夜 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:1154字 お気に入り:0人
27年の休息期間から目覚めた時、まず初めに感じたことは――胸の内に広がる空虚感だった。意識をデリー町中に張り巡らせ隈なく探し回る。募る焦燥感につられ指先が悴み呼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:恥ずかしいブランド品 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:1293字 お気に入り:0人
鏡に映し出される気合入った格好。首を捻り後方も念入りに確認。鏡に顔を寄せ前髪を撫で整え、更に角度を変え左右もチェック。窓辺から差し込む陽光に照らされキラキラ輝く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:臆病な伝承 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:350字 お気に入り:0人
故郷から遠く離れた土地でよもや再会するとは思わなんだ。賑やかに窓ガラスに当たる雨粒。忙しなく窓が風に煽られ音を奏でる。台風と何ら大差ない豪雨。昼間から降り続いた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:かゆくなる殺し 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:570字 お気に入り:0人
人間にとってそこそこ永い眠りの期間。眠る前の記憶と目覚めた時の誤差が大幅にズレる時もあれば殆ど変わっていないのもある。寝ていた間、空白時間の埋め合わせは気が向か 〈続きを読む〉