ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の雑草 必須要素:コショウ 制限時間:15分 読者:445 人 文字数:806字 お気に入り:0人

愛についての雑感 ※未完

裸で抱き合うことは嫌いだ。
体温の、あの、纏わりつくような温度が私は嫌いなのだ。
私が好きなのは、清涼な冷たい、山の河川の味だ。
それは私が河童であるからしてしょうがないことだ。
他に私が好きなのは、金属の冷たさだ。
それは私がエンジニアであるからして最もらしいことだと思う。


生き物の、身体の、肉のやわらかくてぷにぷにとした温かい感触に、私は我慢ならなくなるときがある。
自分の身体ですら、皮膚から脱ぎ出して肉を取り去ってしまいたいと衝動に駆られることだってある。
主に、徹夜で機械いじりをしているときだけれど。
そういうとき、機械をいじっていた私は武骨で堅い金属からその手を離し、自分のやわらかい肉の身体を掻きむしるのだった。


だけれど、嫌いだからといって人肌が恋しくない訳では無い。
河童は寂しがり屋だからだ。
他の河童たちは種族内で他の雄や雌の尻を追いかけて遊んでいるけれど、私にはどうもそれは向かない。
しょうがないので、外に相手を探すことになる。


その点で言えば、最近のお気に入りは鍵山雛だった。
まず何よりも彼女に近づく事は非常に畏れ多いことだ。
身に纏った種々の厄は目に見えて黒々と身体の周りを渦巻いていて、近寄り難さを演出している。

「ああ、危険なのだ」

だけれど私は好奇心旺盛な河童だから、危険と言われると気になってしまう。

「ああ、不幸なのだ」

けれど私は寂しがり屋だから、同調して彼女に寄り添ってしまいたくなる。


人肌が嫌いな私にとって、それはスパイスに他ならない。


彼女は多種多様な厄を、不幸を、えんがちょを、山のいろいろな所から拾っては溜め込んでいるから、沢山の味を私に教えてくれるのだ。



雛と語ることは愉快だ。
抱き合うことも、それに付随して私は好きなのだ。
恋ではない。
ただ、愛しいかと言われれば、今は、そうだと云えると思う、。
すぐにあきt

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:走る人々 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:792字 お気に入り:0人
「今日はいい天気だねぇ」「お前、いつもそればっかだな」魔法の森の入り口近く。そこには謎の古道具屋があった。店主の名は森近霖之助。彼は一人で店を開き、生活している 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:地獄発言 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:769字 お気に入り:0人
ここは旧地獄。その旧地獄の奥。そこには地霊殿と呼ばれる館が立っていた。「はぁ、今日の晩御飯どうしようかしら」地霊殿の主、古明地さとりは呟いた。「昨日の残り物でい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:春の百合 必須要素:バツ印 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:794字 お気に入り:0人
春である。 陽はさんさんと幻想郷を全域に渡って柔らかに照らしており、小鳥たちは朝っぱらから元気いっぱい飛んで鳴いており、凍えるような寒さを耐え抜いた植物たちが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:去年の宿命 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:573字 お気に入り:0人
去年、やり残したことがあった。宿命の相手に勝つことができなかった。私は十六夜咲夜。普通の高校生だ。普通の、のはずである。ある日彼女とあってから私の人生は大きく変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:小説家の青春 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:697字 お気に入り:0人
魔理沙はよく本を読む。それは魔法書に限ったことではない。小説も読む。これは魔理沙がまだ実家を出る前の話だ。「魔理沙ちゃん!一緒に帰らない?」寺子屋の友達だ。あま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月橋夜乃 ジャンル:東方Project お題:オチは儀式 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:639字 お気に入り:0人
「フランス?何?フランのこと?」そう魔理沙は聞く。「いや、外の世界の国のことです。」咲夜がいう。へえ…とその場にいた全員が頷くが、誰1人わかっていない。「で、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:589字 お気に入り:0人
電車とは…?なんだ?私、霧雨魔理沙は思った。この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:求めていたのは本 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:678字 お気に入り:0人
「探しているものがあるんだけど」そう言ってやって来たのは同じ天狗の姫海棠はたて。なんとも珍しい来客である。なんたって彼女はほとんど家から出てこないのだから。「あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りこきなこ ジャンル:東方Project お題:知らぬ間のお茶 制限時間:15分 読者:146 人 文字数:911字 お気に入り:0人
「んー、少しお手洗いに行ってくるわねー」「おう!じゃ待ってるわ」今日は白玉楼に魔理沙が来ている。さっきまで、お茶と和菓子で一服しているところだった。そこで私はト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:苔地蔵 ジャンル:東方Project お題:今の人体 制限時間:15分 読者:173 人 文字数:578字 お気に入り:0人
「ふうん…こんな感じになっているのね、外の世界の人間の身体は」首の中、脊髄の辺りに埋め込まれていたであろう小さなチップを取り出しながら、永琳が呟く「なにかしらね 〈続きを読む〉

高松可菜の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:高松可菜 ジャンル:東方Project お題:軽い秋雨 制限時間:15分 読者:415 人 文字数:1182字 お気に入り:0人
お地蔵様の前で待ち合わせをすることになっていた。きっとメリーの思いつきだった。昨日歩いていたら可愛いお地蔵様を見つけたとか、そんな理由だろう。そんなだから、蓮子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高松可菜 ジャンル:東方Project お題:肌寒い結末 制限時間:15分 読者:436 人 文字数:927字 お気に入り:0人
人魂を見たのは、寒い晩の事だった。私は毎夜の様に寝床で外来本を読みふけっていたのだが、某<ボウ>、と何かの声が聞いたのだ。うん? と本から顔を上げて、耳を澄ます 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高松可菜 ジャンル:東方Project お題:怪しい太陽 制限時間:15分 読者:393 人 文字数:937字 お気に入り:0人
雪原が昼の光に輝いていた。見渡す限りの光の海。それだけで美しいものだったのに、冬にはあり得ない色が海に生彩を与えていた。ひまわりだ。活き活きとした黄色の大輪を咲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高松可菜 ジャンル:東方Project お題:免れた銀行 制限時間:15分 読者:397 人 文字数:917字 お気に入り:0人
欲しい物に手を伸ばすか、それともやめてしまうのか。私だったら、やめてしまうフリをする。「正邪、本当にいらないのー?」「いらないよ。そんなもの、欲しくもなんともな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高松可菜 ジャンル:東方Project お題:簡単なぷにぷに 制限時間:15分 読者:466 人 文字数:960字 お気に入り:0人
「魔理沙の髪、やーらかいのね」びっくりして目が覚めた。頭ががんがんとしていて、「うえ」と思わず呻く。くすくすと笑い声は上から降ってきた。ぷにぷにとしたものが頬に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高松可菜 ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の雑草 必須要素:コショウ 制限時間:15分 読者:445 人 文字数:806字 お気に入り:0人
裸で抱き合うことは嫌いだ。体温の、あの、纏わりつくような温度が私は嫌いなのだ。私が好きなのは、清涼な冷たい、山の河川の味だ。それは私が河童であるからしてしょうが 〈続きを読む〉