ジャンル:アイドルマスターsideM お題:憧れの階段 制限時間:30分 読者:484 人 文字数:1261字 お気に入り:0人

幕張にそんな場所があったような×あくつづ

「ここ、ここなんだよ」
 もう自分が生まれる前のバブル期に建てられ、年月を重ねて白茶けてきた『近代的なビル』に囲まれた、これまた白茶けた石張りの広場。遊歩道に上がるための一面が、広く大きな階段になってる。
「映画でオールスター大戦とかになると、この階段に歴代ヒーローがズラって並ぶんだ。それがすごいかっこよくって、ワクワクして……」
 思わず夢中でまくしたててしまった。おずおずと振り返れば、圭さんはいつも通りのニコニコ笑顔だ。
「……圭さん知らないよね、スーパーヒーローとか」
「うん、知らない」
 だよなぁ。握野にとっては子供の頃から慣れ親しんだ特撮番組だが、圭さんはそんなもの見たこともないだろう。
 自分がテレビのヒーローに憧れておもちゃのベルトを腰に巻いてはしゃいでた頃、きっとこの人は見たこともない遠い国でピアノの練習をしていたのだ。
「あ、でもね。知らないけど知ってるよ」
「……どういうこと?」
「あのね、僕の曲でミュージカルやってくれた子が、出演決まったって連絡来れたんだよ。見てくださいって言われたけど、いつやってるのかよく分からなくて……まだあの子、出てるのかな?」
「何年前の話?」
「四年くらい前かな」
「出てないと思う」
「そうか、悪いことしちゃったなぁ……英雄さんの出るお話はちゃんと見ないとね」
「……別にいいよ、悪役だし」
 きょとん、と小首を傾げる。
「よくないよ。出れて嬉しいんでしょ?」
「そりゃ……ずっと見てた番組だし」
「じゃあ、見なきゃ」
 圭さんはそう言って、階段を一段二段上がる。
「英雄さんも映画に出るの?」
「出ないよ、多分。言っただろ、俺悪役だから……」
「でもね、あの子が言ってたよ。悪役からヒーローになる役もあるって。そうなるといいね」
「ならないって。こう言う番組ってさ、ちゃんと役のスケジュールが決まってて、おもちゃの発売とかに合わせて……」
「絶対なれるよ。英雄さん、かっこいいもの。きっと、もっとかっこいい役をやってくださいって言われるよ」
 圭さんにそんな理屈は通じないのだ。何せサンタクロースの実在を信じている人だ。世のお父さんが年末商戦でどんな苦労をするのかなど、この人が知るわけがない。
「……そうだな」
「英雄さんがヒーローになったらすごくかっこいいね。僕に何かあっても変身して助けに来てくれるね」
「いや、だからそれはぁ……」
 だから、そんな理屈は通用しない人だ。
 本当にただ純粋に、そう言ってるだけで。
「……変身なんかしないよ」
「なんで? 変身したかったんじゃないの?」
「そんなことしなくても、圭さんは俺が守るよ」
 階段をひとつふたつ。ただでさえ頭半分大きい計算を、一段下から見上げる。跪くかのように。
「俺がヒーローになれなくても……悪役でも、この階段に並んだヒーロー全部敵に回しても、俺は圭さんを守るよ」
「……それでいいの?」
「うん、いいんだ。そうなっちゃったらその時だから」
 うふふ。圭さんはそう、嬉しそうに笑った。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:捨てられたパイロット 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:773字 お気に入り:0人
漂流してから52時間が経過しようとしていた。否、正確には、通信機の不調で母艦の座標が特定できなくなり、訓練生時代に座学で習った漂流時マニュアルを思い出して内蔵ラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説家たちのサーカス 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:688字 お気に入り:0人
冬馬の家には恋人の伊集院北斗が暮らしているが、翔太の家にも、御手洗家の次女の婚約者として北斗が暮らしている。二重生活ではない。それぞれの家の伊集院北斗は、それぞ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:かゆくなる夕飯 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:891字 お気に入り:0人
天ヶ瀬冬馬の得意料理はカレーだが、いつもそれしか作らないわけではもちろんない。「……おなかすいたなぁ……」夜中に二公演、仮眠を挟んで明け方からアンコールをもう一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:見憶えのある怒り 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:895字 お気に入り:0人
グラスの中で、氷が溶けていくのを見詰めている。何がきっかけでそうなるのか、氷は均一に溶けていくのではなく、氷の山のてっぺんに窪みを作って液体となってそこに貯まり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:ゆるふわ愛されダンジョン 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1131字 お気に入り:0人
ゆるふわ愛されダンジョンと、ピンクのふわふわした看板が掲げられた迷路の入り口で、冬馬は途方に暮れていた。「早く入ろうよ。冬馬」なんとなく。すごくなんとなく、北斗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:生かされたヒロイン 制限時間:30分 読者:119 人 文字数:867字 お気に入り:0人
カットの声がかかって、地に倒れ伏した俺は目を開いた。飴で湿ったコンクリートの上。頬に小石が喰いこんで落ち着かない。スタッフの「OKです」という言葉に、身体を起こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:箱の中の恋 制限時間:30分 読者:115 人 文字数:1237字 お気に入り:0人
仕事が終わって、報告の為に事務所に向かう。任された仕事は無事こなしたと、忙しそうにデスクに向かう番長さんにそう告げるために。そんなこと電話の一本入れてしまえばそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:純白の職業 制限時間:30分 読者:147 人 文字数:433字 お気に入り:0人
くるくると巡る毎日の中、衣装を変え、表情を変え、視線を変える。進む先はいつだって自分の正面。真っ直ぐに前へ、前へ。胸を張って顔を上げて、時に人を魅了する笑顔を浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:走る失敗 制限時間:30分 読者:328 人 文字数:536字 お気に入り:0人
【雨クリ】満天の星々を見上げながら葛之葉は小さく息を吐く。溜息と呼ぶには軽く、呼吸と呼ぶには重い息が一瞬視界の端を白く染めて消えた。何か起きたら星を見上げるのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターsideM お題:空前絶後の小説 制限時間:30分 読者:325 人 文字数:1623字 お気に入り:0人
先生はいつも本を読んでいる。読 んでいない時もないことはないが、基本的には本を読んでいる。 先生は熱心な読書家だ。いつだって本を手放さない。手放さ過ぎて、たまに 〈続きを読む〉

まつえー@つづキチ全盛期の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:まつえー@つづキチ全盛期 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:憧れの階段 制限時間:30分 読者:484 人 文字数:1261字 お気に入り:0人
「ここ、ここなんだよ」 もう自分が生まれる前のバブル期に建てられ、年月を重ねて白茶けてきた『近代的なビル』に囲まれた、これまた白茶けた石張りの広場。遊歩道に上が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まつえー@つづキチ全盛期 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:冷たい大雪 制限時間:2時間 読者:656 人 文字数:1154字 お気に入り:0人
「すごいね、雪ってこんなに積もるんだ」 四季は最初、夏来は冗談を言っているのだと思った。彼でも冗談をいう時はあるのだ。平素通りの無表情故、見た目からそうとは判別 〈続きを読む〉