【カゲハル】魅惑的なその味





金色砂丘に建てられた部屋へ向かう一本の道。火の粉か砂金か煌めき輝く雨を潜り抜け。朱色の扉を開けた。
斜に構えた態度。奇抜なファッション。自ら腰を屈め相手を見上げる動きから滲みでる抗えようのない不良感。
ガラの悪い表情、独特な髪型も相俟って、四天王特有の覇気に飲まれ膨らんだ闘志が萎む挑戦者は少なくないだろう。
「よう、チャンピョン」
他の四天王と違い黒い椅子に坐して待っていたカゲツが久方ぶりの挑戦者を出迎える。
典型的に見た目で十中八九誤解されること間違い無し。ポケモン勝負も勝敗より、いかに楽しめるかを重要視している点もそこはかとなく狂気を匂わせる。
ギラつく眼差しにガンを付けられるのは慣れっこで。
「…んー。やっぱりいい顔してやがる。今日も楽しいバトルが出来そうだっ」
口角を歪につり上げ、一般人から見れば怖い人が獲物を見付け笑っている顔にも慣れた。
そして――。
「ちょっと待ってろな。椅子退かすから」
真ん中に置かれた椅子を律儀に退かすのも慣れた。挑戦当初、呆気に取られていたハルカも今となっては一緒に椅子を退かしてフィールドを整えていた。
「ワリィな」
二人で椅子を端に避け、決められた場所に其々向かう。
(この人って見た目で損しちゃってるんだろうなー…)
ポケモンを道具のように使っているわけじゃない。雑なような指示だってしっかりポケモンとの間に絆が築かれているからこそ、ポケモン達が荒々しく豪快に技を繰り出せるもの。
(また一緒にバトルリゾート内のカレー屋さんに行きたいなー)
ホウエンチャンプであるダイゴでさえ挑戦者になるバトルリゾートでカゲツに会ったのも驚きだが、一番そういう関係には好き好んで首を突っ込まなそうな人がダイゴを迎えに来たのが一番驚いた。
ああ見えて案外面倒見がいいのかもしれない。というか面倒見がいい。
(あそこのカレー美味しいんだよねー)
ふらふら出来るチャンプと違い、四天王であり一番手のカゲツには休みを取る暇が余りない。隙を見てはリーグを出るが、長いは出来ない。
もしかしたら其れもあってダイゴを迎え、…連れ戻しに行ったのかもしれない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア お題:黄金の青春 制限時間:15分 読者:371 人 文字数:866字 お気に入り:0人
彼と過ごす時間はあっという間だ。どこからともなく聞こえてくるのはヤミカラスの鳴き声だろうか。野生のカクレオンも夜ごはんのきのみやポロックをを強請りにきたら、もう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア お題:打算的なテロリスト 制限時間:15分 読者:408 人 文字数:4037字 お気に入り:0人
【少々大人向のテイストです】『オレに手出さないのって遠慮とかコドモだから、じゃなくてさぁ、ダイゴさんが不能なんじゃないの』悪戯っ子の顔だった。言ってやった~!だ 〈続きを読む〉

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:早い太陽 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:848字 お気に入り:0人
朧げで曖昧。夢か現か。輪郭がぼやけ不鮮明な色しか認識できない世界はとても味気ない。「(さて…どうしたもんかな……)」見上げるほどに高い柱には見覚えがある。杳とし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:危ない別れ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:607字 お気に入り:0人
地面を覆い尽す緑の絨毯。少しばかりのっぽな白い模様が春の陽気に撫ぜられ揺れていた。ふかふか絨毯の上に腰を下ろして、近くにある白い模様を引っこ抜く。それは見る見る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:シンプルなぬめぬめ 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:1451字 お気に入り:0人
以前からあったちょっかいという名の嫌がらせ行為が此処最近過激さを増してきた。自室のイス背もたれでは止まらず、その内通ってる学校や荒れ地、行く先々でふわふわ浮いて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:殺された痛み 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:702字 お気に入り:0人
恐怖に染まった顔。恐れ慄き怯えるしか出来ない無力で美味しい子供。絶望の淵に立たされ可愛い抵抗する様は実に嗜虐心を擽られる。脳裏に恐怖する子供らの顔と悲鳴を思い浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:俺の何か 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:498字 お気に入り:0人
物理的攻撃で砕け空に舞う欠片を一つ摘んだ白い指先。自傷行為ではない。ビルが抵抗するように、反撃するように仕向けた。意図的に差し向けた敵意はものの見事に頭蓋を砕く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW お題:すごい木 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:542字 お気に入り:0人
生ぬるい雨が髪を濡らし頬を伝い顎先から落ちていく。さながら涙でも流しているみたいな姿を仰ぎ見ていれば片目しかない赤色が眩しいものを見るみたいに細くなった。水分を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:記録にない人々 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:617字 お気に入り:0人
恐怖が具現化して町を彷徨い歩き回っていた夏休みがもうすぐ終わる。もう一回やり直せるならばもう一回恐怖が目覚める前に戻れるならば悪夢に喜んで身を投じよう。何も出来 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:蓋然性のある痛み 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:815字 お気に入り:0人
不変を崩壊させる足音がすぐ傍までやってきた。耳を澄まさなければ聞こえない微かな音。その音は近付くにつれ耳を塞いでも聞こえてしまうくらい大きくなり、挙句脳を直接揺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:群馬のクリスマス 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1148字 お気に入り:0人
単純なこと。相手が挑発してきたから乗った。それまでの話。吃音症で馬鹿にされるのは日常茶飯事。別に慣れたわけじゃない。いい思いなんて全然しない。でも、親しい仲間内 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:ゆるふわ愛され神様 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1234字 お気に入り:0人
君がそれでいいって言うならそれで構わない。なんて言うと思ってんの?冗談じゃない!こっちの気持ちなんか考えないで振り回すだけ振り回して。いざ、自分のことになると呆 〈続きを読む〉