【カゲハル】魅惑的なその味





金色砂丘に建てられた部屋へ向かう一本の道。火の粉か砂金か煌めき輝く雨を潜り抜け。朱色の扉を開けた。
斜に構えた態度。奇抜なファッション。自ら腰を屈め相手を見上げる動きから滲みでる抗えようのない不良感。
ガラの悪い表情、独特な髪型も相俟って、四天王特有の覇気に飲まれ膨らんだ闘志が萎む挑戦者は少なくないだろう。
「よう、チャンピョン」
他の四天王と違い黒い椅子に坐して待っていたカゲツが久方ぶりの挑戦者を出迎える。
典型的に見た目で十中八九誤解されること間違い無し。ポケモン勝負も勝敗より、いかに楽しめるかを重要視している点もそこはかとなく狂気を匂わせる。
ギラつく眼差しにガンを付けられるのは慣れっこで。
「…んー。やっぱりいい顔してやがる。今日も楽しいバトルが出来そうだっ」
口角を歪につり上げ、一般人から見れば怖い人が獲物を見付け笑っている顔にも慣れた。
そして――。
「ちょっと待ってろな。椅子退かすから」
真ん中に置かれた椅子を律儀に退かすのも慣れた。挑戦当初、呆気に取られていたハルカも今となっては一緒に椅子を退かしてフィールドを整えていた。
「ワリィな」
二人で椅子を端に避け、決められた場所に其々向かう。
(この人って見た目で損しちゃってるんだろうなー…)
ポケモンを道具のように使っているわけじゃない。雑なような指示だってしっかりポケモンとの間に絆が築かれているからこそ、ポケモン達が荒々しく豪快に技を繰り出せるもの。
(また一緒にバトルリゾート内のカレー屋さんに行きたいなー)
ホウエンチャンプであるダイゴでさえ挑戦者になるバトルリゾートでカゲツに会ったのも驚きだが、一番そういう関係には好き好んで首を突っ込まなそうな人がダイゴを迎えに来たのが一番驚いた。
ああ見えて案外面倒見がいいのかもしれない。というか面倒見がいい。
(あそこのカレー美味しいんだよねー)
ふらふら出来るチャンプと違い、四天王であり一番手のカゲツには休みを取る暇が余りない。隙を見てはリーグを出るが、長いは出来ない。
もしかしたら其れもあってダイゴを迎え、…連れ戻しに行ったのかもしれない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア お題:黄金の青春 制限時間:15分 読者:416 人 文字数:866字 お気に入り:0人
彼と過ごす時間はあっという間だ。どこからともなく聞こえてくるのはヤミカラスの鳴き声だろうか。野生のカクレオンも夜ごはんのきのみやポロックをを強請りにきたら、もう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア お題:打算的なテロリスト 制限時間:15分 読者:437 人 文字数:4037字 お気に入り:0人
【少々大人向のテイストです】『オレに手出さないのって遠慮とかコドモだから、じゃなくてさぁ、ダイゴさんが不能なんじゃないの』悪戯っ子の顔だった。言ってやった~!だ 〈続きを読む〉

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゼルダの伝説 お題:哀れな祝福 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
そう遠くない、なるかもしれない未来。と、いったところでそれが一体何百年、何千年後なのか、もしかしたらすぐ近い未来なのか、はたまた別次元の過去なのか分からない。皮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ONE PIECE お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:487字 お気に入り:0人
どこまで本気で、どこまでが冗談なのか。ふざけているとしか思えない行いは常に割り切っていなければ振り回されるのがオチだ。今更ながら掻いた胡坐の中で高いびきをして眠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:黄色い接吻 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:627字 お気に入り:0人
くすみ切った白い夢がひたひた足音を立てやってくる。熱が入り過ぎて役になり切っているのか。それとも別の何かが憑依して体を操り心を支配しているのか。撮影の合間。次の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスターBW2 お題:栄光の殺し 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1226字 お気に入り:0人
朝露滴る緑の絨毯が屋根一面を覆い隠し、朽ちるか朽ちないかの瀬戸際で鬩ぎ合っている石柱の間を潜り抜け、昔は人の活気で賑わっていただろう廃れた町並みを歩く。耳を澄ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:遠いガール 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:604字 お気に入り:1人
白い手袋が頬を包み撫ぜる感触はどちらかと言えば嫌いじゃない。少し毛羽立った布地が耳の縁をなぞる。こそばゆくて首を竦めようとすればその隙間に白い手袋が先回りして肩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:振り向けばそこに深夜 制限時間:1時間 読者:64 人 文字数:908字 お気に入り:1人
足元で蠢いていた黒い靄がビルの感情に共鳴して彼に群がり纏わりついた。憎悪、怒り、果たせなかった無念が糧となり勢いを増した黒い靄が白銀色の衣装を真逆の色で覆い隠す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:約束のネバーランド お題:彼が愛した快楽 制限時間:1時間 読者:53 人 文字数:1109字 お気に入り:0人
変わり映えのない日々、手応えの全くない日々をたった一瞬で塗り替える鮮烈と期待に心が躍る。突如現れた一人の子供。その的確な指示が手緩い狩猟の終わりを告げる。待ち望 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:清い壁 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:709字 お気に入り:1人
糞尿が入り混じった汚水の匂いと屍肉が放つ腐臭のブレンドは一度服に染み着いたら中々取れない。触っただけで火傷するネバネバした糸に触れぬよう一定の距離を保つ。一本で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:許されざる夜 制限時間:1時間 読者:62 人 文字数:1154字 お気に入り:0人
27年の休息期間から目覚めた時、まず初めに感じたことは――胸の内に広がる空虚感だった。意識をデリー町中に張り巡らせ隈なく探し回る。募る焦燥感につられ指先が悴み呼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:恥ずかしいブランド品 制限時間:1時間 読者:60 人 文字数:1293字 お気に入り:0人
鏡に映し出される気合入った格好。首を捻り後方も念入りに確認。鏡に顔を寄せ前髪を撫で整え、更に角度を変え左右もチェック。窓辺から差し込む陽光に照らされキラキラ輝く 〈続きを読む〉