【カゲハル】魅惑的なその味





金色砂丘に建てられた部屋へ向かう一本の道。火の粉か砂金か煌めき輝く雨を潜り抜け。朱色の扉を開けた。
斜に構えた態度。奇抜なファッション。自ら腰を屈め相手を見上げる動きから滲みでる抗えようのない不良感。
ガラの悪い表情、独特な髪型も相俟って、四天王特有の覇気に飲まれ膨らんだ闘志が萎む挑戦者は少なくないだろう。
「よう、チャンピョン」
他の四天王と違い黒い椅子に坐して待っていたカゲツが久方ぶりの挑戦者を出迎える。
典型的に見た目で十中八九誤解されること間違い無し。ポケモン勝負も勝敗より、いかに楽しめるかを重要視している点もそこはかとなく狂気を匂わせる。
ギラつく眼差しにガンを付けられるのは慣れっこで。
「…んー。やっぱりいい顔してやがる。今日も楽しいバトルが出来そうだっ」
口角を歪につり上げ、一般人から見れば怖い人が獲物を見付け笑っている顔にも慣れた。
そして――。
「ちょっと待ってろな。椅子退かすから」
真ん中に置かれた椅子を律儀に退かすのも慣れた。挑戦当初、呆気に取られていたハルカも今となっては一緒に椅子を退かしてフィールドを整えていた。
「ワリィな」
二人で椅子を端に避け、決められた場所に其々向かう。
(この人って見た目で損しちゃってるんだろうなー…)
ポケモンを道具のように使っているわけじゃない。雑なような指示だってしっかりポケモンとの間に絆が築かれているからこそ、ポケモン達が荒々しく豪快に技を繰り出せるもの。
(また一緒にバトルリゾート内のカレー屋さんに行きたいなー)
ホウエンチャンプであるダイゴでさえ挑戦者になるバトルリゾートでカゲツに会ったのも驚きだが、一番そういう関係には好き好んで首を突っ込まなそうな人がダイゴを迎えに来たのが一番驚いた。
ああ見えて案外面倒見がいいのかもしれない。というか面倒見がいい。
(あそこのカレー美味しいんだよねー)
ふらふら出来るチャンプと違い、四天王であり一番手のカゲツには休みを取る暇が余りない。隙を見てはリーグを出るが、長いは出来ない。
もしかしたら其れもあってダイゴを迎え、…連れ戻しに行ったのかもしれない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア お題:黄金の青春 制限時間:15分 読者:451 人 文字数:866字 お気に入り:0人
彼と過ごす時間はあっという間だ。どこからともなく聞こえてくるのはヤミカラスの鳴き声だろうか。野生のカクレオンも夜ごはんのきのみやポロックをを強請りにきたら、もう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイア お題:打算的なテロリスト 制限時間:15分 読者:461 人 文字数:4037字 お気に入り:0人
【少々大人向のテイストです】『オレに手出さないのって遠慮とかコドモだから、じゃなくてさぁ、ダイゴさんが不能なんじゃないの』悪戯っ子の顔だった。言ってやった~!だ 〈続きを読む〉

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:いわゆる逃亡犯 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:1425字 お気に入り:0人
以前、頭の中にどっかの誰かが勝手に話し掛けていた頃をシドーはふと思い出していた。本格的にからっぽ島開拓に着手し始め毎日楽しそうに物作りをする姿は見ていて飽きない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:孤独な復讐 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:631字 お気に入り:0人
心の奥底から沸き立ち枯れることの無い破壊衝動。何もかも跡形すら残さず壊したい欲望のまま身を委ねた。全てを破壊しつくせよと頭の中で声が響く。振るう腕が何かを破壊す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:猫の殺し 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:519字 お気に入り:0人
どうして設定した通りにならない。どうして思い通りにならない。この世界は私が作ったものなのになんでも思い通りに作り替えられない。勝手に動いて邪魔してどうしてどうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:隠された彼女 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:609字 お気に入り:0人
とくに動物の類が苦手というわけではない。見た目も中身も猫に懐かれれば満更でもなかっただろう。ただ見た目が、見た目の方が裕太にとっては大問題だった。ソファに座った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:素朴な駄作 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
「にゃあ」それはとても可愛げが無さ過ぎて逆に可愛く思えると見せかけてやはりそうでもない成熟した男の声色だった。キャリバーの口から発せられた猫の鳴き声でよく表現さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:純粋な正義 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:1373字 お気に入り:0人
記憶喪失になってから身に着いた習慣は常々侮れない。六花と内海と一緒に六花の母親が経営している喫茶店にとりとめない話をしながら店内に入った瞬間、裕太は何か違和感を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:殺された性格 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1661字 お気に入り:0人
日が暮れ夕食時に怪獣が現れたお陰で店に集まるのが大分遅い時間帯になってしまった。閉店時間が差し迫っているにもかかわらず店内は明るく裕太達が戻ってくるまで全員待っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:燃える彼女 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:931字 お気に入り:0人
その時、燦々と降り注ぐ太陽を反射させ扇状に広がる海水を頭からかぶった。「あんまり人魚を見くびってほしくないものね」頭からずぶ濡れになった元凶がおちょくるように空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:最弱の小説合宿 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:964字 お気に入り:0人
微かなさざ波の音が段々とはっきり聞こえ始め意識が浮上する。目を開けようとした刹那、あまりにもの明るさに眩暈が起き目元を手のひらで多い庇を作った。軽く瞬きをくり返 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:思い出のもこもこ 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:638字 お気に入り:0人
柔らかで優しい月の光、星の光を容易く遮り覆う分厚い雲から降り注ぐ大粒の雨冷たく、不規則で暴力的な閃光と轟音を轟かす雷すら蠢く暗闇化した海が飲み込みうねる。巨大な 〈続きを読む〉