ジャンル:イナズマイレブンGO お題:愛と欲望の殺人犯 制限時間:30分 読者:485 人 文字数:761字 お気に入り:0人

きょう、あいをころしました。


随分とあっけなかった。肉に沈むナイフを見てただ呆然と立ち尽くした。
悪い気はしなかった。いけないことをした。まずい事をした。そんなことは微塵も思わずただ、ああ、死んでしまったのだと理解した。
人間にしては軽くナイフが刺さっていくなぁ、なんて他人事で、これからの事も思いつかない。
ただ、はらはらと涙はこぼれ落ちた。
「起きて」
ナイフを抜くと顔にべっとりと血しぶきがかかる。そんなことよりも早く起きてよ。
「てんまくん。起きてって」
揺すってもその閉じられた瞳が開くことはなかった。
仕方無しに転がっているナイフを握り、思い切り彼に向かって突き刺した。
「刺さってるのに痛くないの?」
痛みで起きると思ったのに的外れで、もう一回別の場所を刺してみる。
もう死んでしまったからかな。血も滲むだけで出てこない。なんでだろう。
起きない彼を見つめ、俺は口を開く。
「よくぼうって、こわいね。ね、そうおもうよね」
「でもさ、あいのほうがもっとこわいとおもうんだ」
「俺がてんまくんを殺しちゃったのはなんでかな」
「欲望かな、それとも、愛だったのかな」
「てんまくんが答えてくれないからわからないや」
答えも返事も帰ってこない。
何かがぽっかりと空いてしまった。
「愛だったらいいね。てんまくんと相思相愛ってやつになれるし」
じゃあね。俺は立ち上がって、改めて血の池の中倒れる彼を見つめる。騒がしい彼が静かに眠っているのは不思議な感覚だった。
「あーあ、こんなとこで寝ちゃって...」
いつもと変わらずに俺は馬鹿にしたように笑う。
だってこんなとこで寝るなんておかしいよ。だって今夜中の3時でお昼なんだから。七月の雪が降る日に何もかけずに床で寝ていたら大変なのに。
「こんなところで寝たら風邪引くよ、てんまくん」


ねぇ、起きて

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:杉ノ音ミュ☆ ジャンル:イナズマイレブンGO お題:小説のパラダイス 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:761字 お気に入り:0人
夜。僕の手元を照らす月明かり。TMキャラバンの上で僕はちょこんと座っている。そこには、穏やかな時間が流れていた。「フェイ、それは何を書いているんだ?」ふいにワン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七色ちさと ジャンル:イナズマイレブンGO お題:僕が愛したぐりぐり 制限時間:30分 読者:110 人 文字数:1545字 お気に入り:0人
剣城は真面目だ。俺が宿題やるの忘れてきたから見せて!って言っても見せないし、自分の責任だろって怒るし、ねーお願い!ってしつこく言ったら折れてくれるかな、って思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七色ちさと ジャンル:イナズマイレブンGO お題:危ない血液 制限時間:30分 読者:114 人 文字数:1540字 お気に入り:0人
この世は地獄の形をしている。それはどうやったってきっと変えられないことで、こんな自分が考えていることだから、変化することがないという話なのだけど。 寝不足で虚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七色ちさと ジャンル:イナズマイレブンGO お題:とびだせ嫉妬 制限時間:30分 読者:162 人 文字数:1597字 お気に入り:0人
「剣城!」 名前を呼んで、そうしたら彼が力強く頷いて、力を纏ったボールがそらを舞う。せかいでいちばんかっこいいシュートを決めてくれる。それが雷門中サッカー部エー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:透弓(とうみ) ジャンル:イナズマイレブンGO お題:反逆の魚 制限時間:30分 読者:628 人 文字数:1597字 お気に入り:1人
きっとそこは地獄だったのだろう。頭上を光の差し込む水が覆うこの場所でひたすら上を眺めていれば、なんだか自分がいる場所が信じられなくなってきた。いつもは下に見てい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イナズマイレブンGO お題:スポーツのぷにぷに 制限時間:30分 読者:1050 人 文字数:621字 お気に入り:0人
「つーるぎ! おはよう!」「…お前、突然抱きついてくるなといつも言ってるだろ」眠いなかいつものように朝練に向かうと、また日課のように松風天馬があいさつと言う名の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イナズマイレブンGO お題:見憶えのある武器 制限時間:30分 読者:1059 人 文字数:781字 お気に入り:0人
「世界の平和は、この俺たち雷門イレブンが守る!」雷門イレブン、それはフィフスを始めとする様々な悪の組織に対抗するために結成された正義のヒーロー組合のことだ。今日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かよちんのさくらんぼ ジャンル:イナズマイレブンGO お題:知らぬ間の男祭り! 制限時間:30分 読者:2000 人 文字数:887字 お気に入り:0人
ある日井吹は俺を祭りに誘った。もちろん答えはノーだ。だが井吹は諦めが悪かった。なぜだが知らないが俺は既に天馬と行く約束をしていた。だから井吹の誘いも断ったしもち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:knzk ジャンル:イナズマイレブンGO お題:地獄のドロドロ 制限時間:30分 読者:1548 人 文字数:1311字 お気に入り:2人
「地獄ってさあ、あるんだよね」 夜の静かなまどろみに息を顰めながら、ふたり。 広い部屋に二人っきり、明かりもつけずに、その真白い身体を見下ろしていた。特に驚い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
突き進む想像 ※未完
作者:絶命 ジャンル:イナズマイレブンGO お題:夏の計画 制限時間:30分 読者:624 人 文字数:1569字 お気に入り:0人
「暑い……」 そうボソリと真下から声が聞こえた。 何となく二人で木陰で休んでいる。 「どうしたの?君がそんな事言うなんて珍しいよ、疲れ知らずって感じなのに。」 〈続きを読む〉

ヘナ弧の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ヘナ弧 ジャンル:うたの☆プリンスさまっ♪ お題:小説家の探偵 制限時間:1時間 読者:514 人 文字数:727字 お気に入り:0人
珍しく読みごたえのある本だと思った。神宮寺に借りたなんてことはない推理小説。まず神宮寺が本を読むことについての方が興味が湧き、試しにと借りてみたのだ。ごく平凡な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヘナ弧 ジャンル:イナズマイレブンGO お題:愛と欲望の殺人犯 制限時間:30分 読者:485 人 文字数:761字 お気に入り:0人
随分とあっけなかった。肉に沈むナイフを見てただ呆然と立ち尽くした。悪い気はしなかった。いけないことをした。まずい事をした。そんなことは微塵も思わずただ、ああ、死 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヘナ弧 ジャンル:SKET DANCE お題:とてつもない小説トレーニング 制限時間:1時間 読者:377 人 文字数:721字 お気に入り:0人
記憶は、なくならない。少なくとも俺そうだ忌々しい。そう思う。「なぁ、スイッチ」『なんだボッスン』「お前、笑わねーの?」正直、もう笑いたくも、生きていたくもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヘナ弧 ジャンル:イナズマイレブンGO腐向け お題:蓋然性のある悪意 制限時間:1時間 読者:364 人 文字数:617字 お気に入り:0人
それは数値では測れない。強いていうなら可能性とか、蓋然性(がいぜんせい)とか、もっと飛躍するなら夢の話。「狩屋!」ああ、まただ。頭の中で反響する声。嫌だ嫌だ聞き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヘナ弧 ジャンル:ハイキュー!! お題:12月の作品 制限時間:1時間 読者:1130 人 文字数:857字 お気に入り:0人
12月といえば、なんだろうか。様々なものがあるが、個人でこだわりがあるのも然り。俺、菅原孝支は、断然辛いものである。12月だからこそ食べるのも、いいものだ。さて 〈続きを読む〉