ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:自分の中の善意 制限時間:30分 読者:446 人 文字数:966字 お気に入り:0人
[削除]

譲る ※未完

 今年度一度目は大地から――部長からの振る舞いだった。なら二度目は副部長からだろ、と自ら申し出て坂ノ下商店の中華まんをありったけ買った。閉店間際、あの店はおばちゃんの方が店番をしている時は余りだからと言って値引きをしてくれる。その値引きに心底感謝しながら(俺の懐だって別段あったかいわけじゃない、)中華まんがいっぱいにつまった紙袋を三袋受け取って、店先に出る。そこにはすでに着替えを早く済ませた二年生たちがやってきていたので、一つ紙袋を田中に渡してやった。礼を言って勢いよく礼をするので、その坊主頭を撫でて遊びながら、他の連中を待つ。
(鍵閉めてからくる大地には牛肉まん残すとして、ピザまんは二年にあげちゃったし旭は豚でいいや)
 待ちながら中華まんの残りと部員の顔を思い浮かべる。さすがに丸二年つるんでいる3年生たちの好みは分かっている。彼らの分を差し引いた残りが、自分と一年生の分。五つのラインナップはあんまんが二つと、豚まんが一つ。牛肉まんが一つと、カレーまんが一つ。

「菅原さん!」
 思考を巡らせていたところへ、息を切らせて走ってきた影山がかけこんできた。肩で息をしている。部活終わりになお全力疾走する体力は一体どこからきているのか。憧れ半分呆れ半分でいるところへ、日向の叫ぶ声が聞こえてくる。
「俺自転車押してるのに勝負になるかよバ影山!」
「うるせぇよハンデやっただろうが!」
 どうやら自転車を押す日向と走る影山で、どちらが先に着くか勝負していたらしかった。そして先に菅原の下へ着いた影山が勝利した、と。このどうしようもなく単細胞な後輩に何を言うべきか、菅原はしばし考えた。自転車と並走するのは危ない? 店の前で騒ぐな? --いや、そんな説教よりも今は。
「カレーまん、今日は一個だけあったよ」
 にやり笑って、紙袋の一番上にあった黄色い皮のそれを取出し、まだぜえぜえと言っている影山へ差し出した。全速力で走ってきた理由には、もちろん日向に勝負で勝つこともあるにはあっただろうが、きっと一番はお腹が空いていたことだ。一番欲しているだろうものを渡してやるのが先だった。
「……あざす! カレー味好きなんです」
「うん、知ってるよ」
 知っている。正確には前に大地が中華まんを振舞った時、影山がカレーまんを所望したのを

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:白城美香@零泉沼 ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:緩やかな遭難 制限時間:30分 読者:643 人 文字数:752字 お気に入り:0人
影山サイド「うわぁ•••。」俺は日向と月島と山口で登山しに来たはずだ•••けど。「何で遭難してるんだよ?!」「影山落ち着いて!」落ち着けるかぁ!好きなやつと二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:穏やかじゃないですね雪弥さん ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:禁断のお茶 制限時間:30分 読者:637 人 文字数:524字 お気に入り:0人
※ヤンデレ気味の赤葦×木葉※年齢操作してる「木葉さん、久し振りに会いませんか?」突然、赤葦からそんなメールが届いた。珍しいな、と思いつつも『おう、了解』と返事を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:珠月 ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:薄汚い野球 制限時間:1時間 読者:231 人 文字数:594字 お気に入り:0人
俺は、ずっと一人でコートに立てると思ってた。そう言うと、「九メートル四方の我世界、って奴だね。」と言われた。最近いよいよ油断ならなくなってきた眼鏡のセリフである 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なのかまど ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:名前も知らない夏休み 制限時間:2時間 読者:351 人 文字数:4069字 お気に入り:0人
及影(+及岩?)「及川さん?」目を覚ました時、そこにいるはずの人がいなかった。本当にいなくなってしまったら? と考えて急に不安になる。「どうしたの、飛雄」当人は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白城美香@零泉沼 ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:愛、それはにわか雨 制限時間:1時間 読者:484 人 文字数:286字 お気に入り:0人
しとしとと降る雨。傘を持ってきていなかった人には苦痛である。「あっちゃぁ•••傘持ってきてないよ•••。」「俺は•••あった!」「影山•••持ってきてたんだ。意 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白城美香@零泉沼 ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:苦し紛れの昼 制限時間:2時間 読者:763 人 文字数:422字 お気に入り:0人
今はお昼。ここは、お昼真っ盛りの梟谷学園高校。今日も今日とて、梟谷学園高校バレー部は騒がしい。「昨日さー、駅でなんか•••背の高い男二人が恋人繋ぎしてたんだよ• 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:くだらないテロリスト 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:434字 お気に入り:0人
私は仕事の要領がすこぶる悪い。そのため、よその審神者であれば昼から始めて夕方までには終わるような仕事はもちろん終わらない。その終わらなかった仕事はどうするのかと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:仮面ライダー剣 お題:君と時雨 必須要素:コーラン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:913字 お気に入り:0人
ゴッソサン!!だれもいないはずのへやから、こえがきこえました。「けいたろう、だれかいたっけ?」 「けんざきくん、だれもいないよ。」「あれ?そういえばきのうきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:弱い君 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:610字 お気に入り:0人
紫陽花組。少し腐向け注意かも。こいつは馬鹿だ。こんな時間に森に出歩くなんて。何も持たずに。家に居た私に内緒で。「気が付いて良かった…」何となく半身の部屋を見に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:急な春 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:366字 お気に入り:0人
紫陽花組。腐向け注意。春は好きだ。けど夏も、秋も、冬だって好きだ。冬はムシに会えないけど。いつの季節だって、君に会えることには変わりなんてないから。「もうすぐ春 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:僕の嫌いな私 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:291字 お気に入り:0人
今日も日課のムシ捕りに今日も半身を探しにナーエの森に向かう。木にハチミツを塗っていると森を歩き回っているとサクリ と草を踏む音がして振り返る先には半身が居た「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダンガンロンパ お題:不幸なあそこ 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
「ねぇ、苗木君…」「どうしたの、霧切さん。」「あの…」私は彼に『あの事』を告げようとするが、言葉を詰まらせる。「いや、やっぱりいいわ。じゃあ、私は自室に戻るから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉