ジャンル:アイドルマスターsideM お題:女の旅行 制限時間:30分 読者:701 人 文字数:873字 お気に入り:0人

プロデューサーちゃんとS.E.M


 前日に準備はしていた。朝は朝食の一時間前には目覚めて、身支度もある程度整えておいた。それでもシーツを整え、歯を磨いて髪を纏めなおした頃には時間ぎりぎりだった。まずい。一分も時間を無駄にはしたくない、と硲さんの冷ややかな言葉が脳裏によぎる。慌ててボストンバッグをつかみ上げ、キャリーバッグを転がして一目散に廊下を駆けた。

 ホテルのロビーにはすでに、荷物を纏めた三人の姿があった。予定時刻までまだ三分あったが、待たせてしまったことに変わりはない。
「ッ遅くなりました、すみません!」
「Don't Mind! 気にすることないよ、プロデューサーちゃん」
「でも……!」
 舞田の明るい笑顔を見ても、今ばかりは心が晴れない。
「ここで話し込んでも仕方がない。ひとまずはチェックアウトを済ませてしまおう」
 硲さんの意見はもっともだった。口ごもる私を制して、硲さんは四人分の手続きに向かう。
「あ……」
 本来は、プロデューサー以前にマネージャーとしての役割が強い私の仕事だった。それを、アイドルにやらせてしまうだなんて。
 ショックを受ける私の横で、山下さんが柔らかな笑みを浮かべている。
「ほんとに、気にすることないと思うよ。プロデューサーちゃんも女の子なんだから、身支度に時間かかるだろうし」
 そうそう、と舞田が頷く。「Make upとか、Dress upだとか……あと…………」
 舞田の声が遠のいていく。胸が痛い。このささやかすぎる膨らみさえ、彼らとの距離を隔てる十分な壁になりうる。どうしたって私は、彼らと同じにはなれない。
「プロデューサー」
 事務処理を終えた硲さんが、不思議そうな顔で戻ってくる。「どこか、具合でも悪いのか」
 胸元を抑えたまま固まっている私に、硲さんは奇妙なほど優しい。
「え、プロデューサーちゃん大丈夫?」
「少し休んでから出たほうがbetterかもしれないね?」
 舞田も、山下さんも、どうしてそんなに私に気を遣ってくれるのだろう。優しさを払いのけるように、大丈夫ですと首を振ったところで送迎バスが来た。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:生かされたヒロイン 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:867字 お気に入り:0人
カットの声がかかって、地に倒れ伏した俺は目を開いた。飴で湿ったコンクリートの上。頬に小石が喰いこんで落ち着かない。スタッフの「OKです」という言葉に、身体を起こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:箱の中の恋 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1237字 お気に入り:0人
仕事が終わって、報告の為に事務所に向かう。任された仕事は無事こなしたと、忙しそうにデスクに向かう番長さんにそう告げるために。そんなこと電話の一本入れてしまえばそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:純白の職業 制限時間:30分 読者:89 人 文字数:433字 お気に入り:0人
くるくると巡る毎日の中、衣装を変え、表情を変え、視線を変える。進む先はいつだって自分の正面。真っ直ぐに前へ、前へ。胸を張って顔を上げて、時に人を魅了する笑顔を浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:走る失敗 制限時間:30分 読者:257 人 文字数:536字 お気に入り:0人
【雨クリ】満天の星々を見上げながら葛之葉は小さく息を吐く。溜息と呼ぶには軽く、呼吸と呼ぶには重い息が一瞬視界の端を白く染めて消えた。何か起きたら星を見上げるのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターsideM お題:空前絶後の小説 制限時間:30分 読者:275 人 文字数:1623字 お気に入り:0人
先生はいつも本を読んでいる。読 んでいない時もないことはないが、基本的には本を読んでいる。 先生は熱心な読書家だ。いつだって本を手放さない。手放さ過ぎて、たまに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミドリ ジャンル:アイドルマスターsideM お題:ゆるふわな行動 制限時間:30分 読者:505 人 文字数:824字 お気に入り:0人
あたたかい小春日和の昼下がり、事務所のソファでうとうとしていたら、るいがピンクに色づいた梅の花を持ってきた。事務所近くのフラワーショップで売ってたから買ってきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まつえー@つづキチ全盛期 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:憧れの階段 制限時間:30分 読者:463 人 文字数:1261字 お気に入り:0人
「ここ、ここなんだよ」 もう自分が生まれる前のバブル期に建てられ、年月を重ねて白茶けてきた『近代的なビル』に囲まれた、これまた白茶けた石張りの広場。遊歩道に上が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミドリ ジャンル:アイドルマスターsideM お題:うへへ、博物館 制限時間:30分 読者:392 人 文字数:1219字 お気に入り:0人
「虹が綺麗っすねー」事務所から見える広い青空に、鮮やかな虹がかかっている。都会にある事務所から見える虹の存在は珍しく、四季は外を見て思わず声を上げた。視線を落と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青葉 和 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:幼い消しゴム 制限時間:30分 読者:588 人 文字数:1268字 お気に入り:0人
ボロッと消しゴムの一部が欠けるのを見て、山下次郎は苦笑した。「力入れすぎですよ、はざまさん」 山下はコロコロと、自分の座っているところまで転がってきた消しゴム 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青葉 和 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:緑の宇宙 制限時間:30分 読者:536 人 文字数:1013字 お気に入り:0人
【sideM やまはざやま】 教育バラエティの一環で、俺たちS.E.Mはちょっと遠出のロケに出ていた。 どちらかというとフィールドワークの要素が多く、三人の中で 〈続きを読む〉

ざくPの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ざくP ジャンル:アイドルマスターsideM お題:女の旅行 制限時間:30分 読者:701 人 文字数:873字 お気に入り:0人
前日に準備はしていた。朝は朝食の一時間前には目覚めて、身支度もある程度整えておいた。それでもシーツを整え、歯を磨いて髪を纏めなおした頃には時間ぎりぎりだった。 〈続きを読む〉