ジャンル:刀剣乱舞 お題:恋の春 必須要素:コショウ 制限時間:1時間 読者:646 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
[削除]

【刀剣乱舞】光忠さんの陰謀【燭にか注意】

ふえっくしゅ!
その音にビクッと反応し後ろを振り返ると、めずらしく“かっこよく”ない音を立てて盛大にくしゃみを連発する燭台切がいた。いつもと違うその姿に笑がこみ上げてくる。

「どうしたの、君にしては気の抜けた顔をしているね…ぷっ、くくっ…」

あ、笑っちゃった。

「…うるさいよ、青江」

そんなに恥ずかしかったのか、顔を真っ赤にして憎まれ口をたたき背を向ける彼。
あーあ、拗ねさせちゃったかな。

「笑ったりしてごめんね。ほら、これあげるから機嫌直して?」

「これ、何だい?」

「薬だよ」

「それは見ればわかる、そうじゃなくて」

「花粉症の薬だよ、さっき主の部屋の前で拾ったんだ。」

彼は一瞬ポカン、という表情を浮かべた。
それから、さも面白そうにケラケラと笑い始めた。

「花粉症?刀が?そんなわけないじゃな…ふ、ふえっくしゅ!」

どうしよう、ちょっとかわいいかも。
…じゃなくて。

「君、それは明らかに花粉症の症状だよ。この植物溢れる春の時期、くしゃみや鼻水に目の充血、どれを取っても否定できる要素はないね。」

「ぐっ…でも、薬を飲むほどではないんじゃないかな……」

「苦いの苦手なの?」

「なっ…?!!」

あ、図星か。
はー、しょうがないなぁ。

「ほら、大人しく口開けて。」

必死にぶんぶんと首を振り後ずさる燭台切。
そんな彼をジリジリと追い詰め、ついに壁際まで寄せた。

そして、そのまま自分の口に水と薬を含み、燭台切の口に自分のを押し付ける。

「ん、…っ」

無理やり舌で口をこじ開ける。そして隙間が開いた瞬間に薬を流し込んだ。

「ほら、飲めた」

「いやいやいやいやちょっと待ってよ青江!??!!?!意味わかんないからね!??なんで僕がいきなり君に接吻されてたのかな!??!!!!!?」

「なんでって、君が大人しく薬を飲まないから」

なにかおかしいことをしただろうか?

なんてボケはもちろんしない。

そんなの、わざとに決まっているじゃないか。燭台切に接吻を仕掛けられる機会なんてそうそうない。まぁ、こんなことをして僕が尻軽みたいに思われるのも癪だけど、今回に限っては…ね。

ふと燭台切を見遣ると、なにかブツブツ呟きながら頭をかかえてその場に立ち尽くしている。

さすがに悪いような気がして、僕は彼に声をかけた。

「えーと、大丈夫?なんか悪いことしたみたいでごめんね?」

「結婚しよう」

「は?」

どうしてそうなった。

「えーと、燭台切?なにがどうしてそうなった?」

「君は僕に接吻した。僕も君が好きだ。これで十分だろう?」

(あっ、こいつ童貞だ)

こころのなかで失礼なことを思い浮かべながら過ごす午後は、今日も平和だった。











「あ、薬研ちょっといいかい?」

「おう、どうした燭台切の旦那」

「花粉症の薬って、健康体で飲んでも害ってないよね?」

「あ、あぁ…少量なら特に問題はないが…なにかあったのか?」

「いや、ちょっと愛猫に噛み付かれてね」

「…?」

(胡椒でわざと花粉症の症状を偽った、って知ったら君は怒るかな?)



ぜーんぶ、俺の掌の上。
早く俺のものにならないかな、ねぇ青江?



同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:さなえ ジャンル:刀剣乱舞 お題:壊れかけの世界 必須要素:コショウ 制限時間:15分 読者:138 人 文字数:538字 お気に入り:0人
明日、本丸が解体される事になった。8億の歴史修正主義者が全て倒され、この戦争に終止符が打たれたからだ。必然的に俺とあの人も離れ離れになる。別に寂しくはない。むし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:YMD ジャンル:刀剣乱舞 お題:元気な何でも屋 制限時間:1時間 読者:64 人 文字数:1481字 お気に入り:0人
さいきん兄は恋人をつくった。すこし前に知ったことで、もうずいぶんそういったことは音沙汰なかったからけっこう驚いた。兄は多少陰気じみたきらいがあるが、背は高いし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りの笑顔 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:90 人 文字数:3342字 お気に入り:0人
【とある宗教の撲滅】明石国行は決意した。必ず、必ず、この宗教は消し去らなければならないと。「……ヒツキさん……」「主、おはようございます」審神者のプライベートス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:君のクリスマス 制限時間:1時間 読者:77 人 文字数:3491字 お気に入り:0人
「じんぐるべーる、じんぐるべーる・・・」小さく歌いながらすっかり見慣れたアパートの自室のドアを開ける。すっかり陽が落ちて、空気が冷たい。なんていったって、今日は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:運命の魔物 制限時間:1時間 読者:158 人 文字数:3912字 お気に入り:0人
足早に廊下を歩く音が遠のいていき、彼女はため息を吐いた。大事になると非常にやりづらい。長谷部なんかにばれればまた布団で養生しながらのお説教コースは免れないし、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和久は備州de乱舞 ジャンル:刀剣乱舞 お題:汚れた団欒 必須要素:1000字以内 制限時間:1時間 読者:185 人 文字数:921字 お気に入り:0人
固い麺に、かやくをいれて、3分待つ。「あれ、長谷部くん、昨日も同じもの食べてなかった?」店長兼計算係の光忠が、内実はこれっぽっちも心配していないのに、そうである 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:刀剣乱舞 お題:意外!それは借金 制限時間:1時間 読者:197 人 文字数:2295字 お気に入り:0人
耳に届いた微かな音は、恐らく、人の声をしていて、なんで恐らくなのかと言うとそれを声と呼んでいいのかどうかわからないほどの小さな、それは小さな、歌のようなものであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:刀剣乱舞 お題:僕と子犬 制限時間:1時間 読者:211 人 文字数:2516字 お気に入り:0人
(審神者とある会話)【】上はと言うと初心者審神者を鍛える方向にシフトしたというか、英雄の居ない時の政府らしきものを作ろうとしていると審神者の少女は聞いた。特化型 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:刀剣乱舞 お題:左の錬金術 必須要素: 制限時間:1時間 読者:192 人 文字数:2341字 お気に入り:0人
【大事なのは】「使うところに使って出すところには出す。緊急時に出るお金もそれなりに残しておくと!」「博多、お前が極の修行を終えたことがこんなに頼もしいとは……」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:YMD ジャンル:刀剣乱舞 お題:難しい友人 制限時間:1時間 読者:279 人 文字数:1346字 お気に入り:0人
店内はいつにもまして騒がしかった。隣席の客は揃って早くも泥酔しているらしく数十分前から互いに何を口走っているか判然としない。上司が、部下が、妻が……顔も知り得な 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:26 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉