ジャンル:刀剣乱舞 お題:恋の春 必須要素:コショウ 制限時間:1時間 読者:562 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
[削除]

【刀剣乱舞】光忠さんの陰謀【燭にか注意】

ふえっくしゅ!
その音にビクッと反応し後ろを振り返ると、めずらしく“かっこよく”ない音を立てて盛大にくしゃみを連発する燭台切がいた。いつもと違うその姿に笑がこみ上げてくる。

「どうしたの、君にしては気の抜けた顔をしているね…ぷっ、くくっ…」

あ、笑っちゃった。

「…うるさいよ、青江」

そんなに恥ずかしかったのか、顔を真っ赤にして憎まれ口をたたき背を向ける彼。
あーあ、拗ねさせちゃったかな。

「笑ったりしてごめんね。ほら、これあげるから機嫌直して?」

「これ、何だい?」

「薬だよ」

「それは見ればわかる、そうじゃなくて」

「花粉症の薬だよ、さっき主の部屋の前で拾ったんだ。」

彼は一瞬ポカン、という表情を浮かべた。
それから、さも面白そうにケラケラと笑い始めた。

「花粉症?刀が?そんなわけないじゃな…ふ、ふえっくしゅ!」

どうしよう、ちょっとかわいいかも。
…じゃなくて。

「君、それは明らかに花粉症の症状だよ。この植物溢れる春の時期、くしゃみや鼻水に目の充血、どれを取っても否定できる要素はないね。」

「ぐっ…でも、薬を飲むほどではないんじゃないかな……」

「苦いの苦手なの?」

「なっ…?!!」

あ、図星か。
はー、しょうがないなぁ。

「ほら、大人しく口開けて。」

必死にぶんぶんと首を振り後ずさる燭台切。
そんな彼をジリジリと追い詰め、ついに壁際まで寄せた。

そして、そのまま自分の口に水と薬を含み、燭台切の口に自分のを押し付ける。

「ん、…っ」

無理やり舌で口をこじ開ける。そして隙間が開いた瞬間に薬を流し込んだ。

「ほら、飲めた」

「いやいやいやいやちょっと待ってよ青江!??!!?!意味わかんないからね!??なんで僕がいきなり君に接吻されてたのかな!??!!!!!?」

「なんでって、君が大人しく薬を飲まないから」

なにかおかしいことをしただろうか?

なんてボケはもちろんしない。

そんなの、わざとに決まっているじゃないか。燭台切に接吻を仕掛けられる機会なんてそうそうない。まぁ、こんなことをして僕が尻軽みたいに思われるのも癪だけど、今回に限っては…ね。

ふと燭台切を見遣ると、なにかブツブツ呟きながら頭をかかえてその場に立ち尽くしている。

さすがに悪いような気がして、僕は彼に声をかけた。

「えーと、大丈夫?なんか悪いことしたみたいでごめんね?」

「結婚しよう」

「は?」

どうしてそうなった。

「えーと、燭台切?なにがどうしてそうなった?」

「君は僕に接吻した。僕も君が好きだ。これで十分だろう?」

(あっ、こいつ童貞だ)

こころのなかで失礼なことを思い浮かべながら過ごす午後は、今日も平和だった。











「あ、薬研ちょっといいかい?」

「おう、どうした燭台切の旦那」

「花粉症の薬って、健康体で飲んでも害ってないよね?」

「あ、あぁ…少量なら特に問題はないが…なにかあったのか?」

「いや、ちょっと愛猫に噛み付かれてね」

「…?」

(胡椒でわざと花粉症の症状を偽った、って知ったら君は怒るかな?)



ぜーんぶ、俺の掌の上。
早く俺のものにならないかな、ねぇ青江?



同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:さなえ ジャンル:刀剣乱舞 お題:壊れかけの世界 必須要素:コショウ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:538字 お気に入り:0人
明日、本丸が解体される事になった。8億の歴史修正主義者が全て倒され、この戦争に終止符が打たれたからだ。必然的に俺とあの人も離れ離れになる。別に寂しくはない。むし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和久は備州de乱舞 ジャンル:刀剣乱舞 お題:汚れた団欒 必須要素:1000字以内 制限時間:1時間 読者:104 人 文字数:921字 お気に入り:0人
固い麺に、かやくをいれて、3分待つ。「あれ、長谷部くん、昨日も同じもの食べてなかった?」店長兼計算係の光忠が、内実はこれっぽっちも心配していないのに、そうである 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:音無 ジャンル:刀剣乱舞 お題:意外!それは借金 制限時間:1時間 読者:78 人 文字数:2295字 お気に入り:0人
耳に届いた微かな音は、恐らく、人の声をしていて、なんで恐らくなのかと言うとそれを声と呼んでいいのかどうかわからないほどの小さな、それは小さな、歌のようなものであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:刀剣乱舞 お題:僕と子犬 制限時間:1時間 読者:106 人 文字数:2516字 お気に入り:0人
(審神者とある会話)【】上はと言うと初心者審神者を鍛える方向にシフトしたというか、英雄の居ない時の政府らしきものを作ろうとしていると審神者の少女は聞いた。特化型 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:刀剣乱舞 お題:左の錬金術 必須要素: 制限時間:1時間 読者:110 人 文字数:2341字 お気に入り:0人
【大事なのは】「使うところに使って出すところには出す。緊急時に出るお金もそれなりに残しておくと!」「博多、お前が極の修行を終えたことがこんなに頼もしいとは……」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:YMD ジャンル:刀剣乱舞 お題:難しい友人 制限時間:1時間 読者:179 人 文字数:1346字 お気に入り:0人
店内はいつにもまして騒がしかった。隣席の客は揃って早くも泥酔しているらしく数十分前から互いに何を口走っているか判然としない。上司が、部下が、妻が……顔も知り得な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:女同士の帰り道 制限時間:1時間 読者:99 人 文字数:1060字 お気に入り:0人
「女人、入山を禁ず。その掟を破ることはとうとう叶いませんでした。姉と妹は山の頂に見える寺を見上げ彼の健勝を祈り、当てのない旅路を進むことになるのです」「そんな! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和久は備州de乱舞 ジャンル:刀剣乱舞 お題:あいつの悪人 制限時間:1時間 読者:119 人 文字数:2135字 お気に入り:0人
良心からくる躊躇いは、罪悪感の中に最後には消えてしまった。何もしないでいることはできなかった。それこそが罪のように、俺には思えてしまったから。「──敵が、多すぎ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和久は備州de乱舞 ジャンル:刀剣乱舞 お題:あいつの狼 制限時間:1時間 読者:214 人 文字数:2654字 お気に入り:1人
「これは、一体どういうことだい?」その声音は静かな怒りをたたえている。紫の長い前髪の中から覗く、翠色の瞳もまた同様であった。それらの持ち主、歌仙兼定が現在の主で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和久は備州de乱舞 ジャンル:刀剣乱舞 お題:右の巨人 制限時間:1時間 読者:123 人 文字数:1992字 お気に入り:1人
恐怖の部屋から退散した六振りは、主が普段仕事に使っている六畳程度の和室に来ていた。もっと広い部屋はあるにはあるのだが、主いわく、この大きさが一番落ち着く広さとい 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:たった一つの悪魔 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:491字 お気に入り:0人
頬杖をつき、ぼんやりと窓の外を眺めていた。風に花が揺られている。白い花の中に、ひとつだけ真っ黒な花を見つけた。ふわふわと揺れる花の中で、その黒い花だけは凛と咲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:冷静と情熱の間にあるのは心 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:696字 お気に入り:0人
僕が覚えていることを、ここに記しておこうと思う。 今年は麻が貴重だから、無駄にするなとペリドットに釘を刺されているけれど。それでも今から記す内容が、きっと無駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
氷のこえ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:絵描きの食堂 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:552字 お気に入り:0人
「さぼってるんじゃないよ」 手袋をした冷たい指が、こつりと僕の頭を叩く。 本当に冷たいのかどうかはしらない。直に触れたことなんてないもの。触れればたちまち細かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真夏の夜の淫夢 お題:3月のコウモリ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「オオン、アオオ」「先輩!何してんです!」「遠野ー、俺、コウモリになっちまった」哺乳類レイ○! コウモリになった先輩う○こみたいなステロイドハゲが羽をバサバサさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お題:イギリス式の終身刑 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:512字 お気に入り:0人
「イギリスだって?」「ええ」雪ノ下が俺のつぶやきに答える。何がイギリスかというとこの紅茶がイギリス製だと言うことだ。やはりうまいと思う。「でさ、ゆきのん、私の作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:かっこ悪い孤独 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:406字 お気に入り:0人
小さい頃の話だ。 小さい頃は、里を縦横無尽に遊び回っていた。里には子供がたくさんいて、当たり前だが色んなやつがいた。だから、たくさんの子供と、色んな関係があっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:春のあいつ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:360字 お気に入り:0人
ざくざくと、表面が固まった雪を踏み割りながら山道を進む。「お、シンア、見てみろ」 道中で下を指して声を掛ければ、あいつは素直に振り向いた。俺が示したのは溶けか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:589字 お気に入り:0人
電車とは…?なんだ?私、霧雨魔理沙は思った。この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:同性愛の反逆 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:390字 お気に入り:0人
反逆の狼煙をあげろ。「なぁ、エクボ。俺がお前の事好きだって言ったらどうする」 詐欺師らしく読めない表情で放たれた言葉に顔を顰める。暇つぶしの冗談にしては悪質で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夫婦漫才 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:来年の夫 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1061字 お気に入り:0人
「浮気かっ!死なすど!」「もー。心配せんでも、アタシにはユウくんだ・け・よ」「小春ぅ!」お決まりのセリフが部室に響く。今日は小春が金ちゃんにたこ焼きを食わせたの 〈続きを読む〉