ジャンル:テンミリオン お題:黄色い孤島 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:360 人 文字数:757字 お気に入り:0人

黄色い孤島 ※未完

 目が覚めるとマゼンダは黄色い砂浜に寝そべっていた。起き上がると、隣に黄色い男が座っている。
「ここはどこ」
「ここは黄色い孤島さ」
 問いかけには黄色い答えがかえってきた。別にきいきい声だったわけじゃないけれど。
「どうして、黄色い孤島なんておかしな名前なの?」
「この島が黄色いからさ」
「そんなはずないわ、あっちには緑と茶色のヤシの木が生えていたもの」
「本当にそうかな」
 にやにや笑う男に腹を立てたマゼンダはぷいっと顔を逸らしてしまった。けれどすぐにぽかんと口をあけた。
「あら? あれ? どうしてあのヤシの木、黄色いの?」
「ここが黄色い孤島だからさ」
「そんなはずないわ、だって、だってだってさっきまで緑と茶色だったもの」
「本当にそうかな」
 そう言われると、マゼンダだって自信がなくなってくる。さっきちらっと見ただけだもの、見間違えたのかもしれない。
 ぐるっと辺りを見回してみても、そこいらじゅう黄色黄色黄色なのだから、ちょっと見間違えても不自然じゃない。黄色い砂浜、黄色いヤシの木、黄色い石に黄色いカニ。うんざりするほど黄色ばかり。
「あなたは誰なの?」
 うんざりしたマゼンダは隣の男に問いかけた。
「ぼくはブルースさ」
「ブルーっていうにはあなた、黄色すぎるわ」
「本当にそうかな」
 だってあなたどこもかしこも黄色じゃない、と言いかけて、マゼンダはやっぱりぽかんと口を開けた。男の髪は海よりも深い青になっていた!
「さあ、僕はこれでさよならだ」
「なにを言っているの? どういうこと?」
「ここは黄色い孤島だからさ」
 言うが早いか男は砂を蹴って海に飛びこんだ。浅瀬のはずが、男の姿はどこまでも沈んでいく。
「待って! 私はどうしたらいいの!」
 マゼンダは叫んだ、その顔にかかったのは

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:正しいふわふわ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:656字 お気に入り:0人
「雪がすごいですね! ジャングル育ちの私はもうドン引き! 股引き! 虫の息ですよ!」 そういう割にはルファは元気にはしゃいでいた。雪が珍しいのだろう。借りた防寒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:黄色い境界 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:502字 お気に入り:0人
ブロント // テミ 平 行 線 黄色いボーダーライン。なぜなら金髪がトレードマークだから。 みんな、どちらかで呼んだけれど、総称は誰も持ち合わせていなかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:商業的な恋 必須要素:ガン保険 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:957字 お気に入り:0人
すごく。。。耳が凝ってますね。。。。 とマッサージ店で言われた。耳が凝るってなんだって思ったけど、どうやら本当に耳が凝っているらしい。 やっぱり。。。。討伐っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:走る太陽 必須要素:主人公が誰かを愛す 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:512字 お気に入り:0人
あの光は眩しかった。直視していたら目が焼けちゃいそうなほどに。でもほんとに焼けるなんてことはなくて、彼女の発する光は、ただ、照らす。包み込むように。ぼくを世界 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:素人の口 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:327字 お気に入り:0人
雄弁は銀、沈黙は金。 黙ってばかりじゃわからないぞ、と両親に言われた。 両親は金よりも銀のほうが好きだった。 魔法は呪文を求める。 だから魔法では金は錬成でき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:いわゆる道 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:889字 お気に入り:0人
「マゼンダさん、ちょっとそこにお座りなさい」 テミさんに言われたのでマゼンダは座布団に座った。テミが口うるさく言うので、正座ならもう立派なものだった。「ひとつな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:すごい昼食 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:662字 お気に入り:0人
「スライムをー! 食べたいかー!」 さてさてやってまいりましたテンミリゲテモノ料理選手権のお時間です。司会はわたくし、何を食べても沈丁花、ルファがお送りいたしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:地獄大地 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:648字 お気に入り:0人
大地の精霊は魔王城のカタコンベを進んでいた。勇者たちが魔王を討伐した後の、主のいない世界。しかしそこには魔王が残した財宝と、それを守る殺人機構が所狭しと張り巡 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮 ジャンル:テンミリオン お題:難しいサーカス 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:910字 お気に入り:0人
まるでサーカスのようですね、と彼は言った。雪原に向かう途中の村での出来事であった。ジャングルの戦争を調停したお礼として、エルフのルファとアマゾネスのミドリが新た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:かゆくなる部屋 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:833字 お気に入り:0人
気づいたら見知らぬ部屋にいた。扉は外側から鍵がかかっていて開かなかった。「お、おいここはどこだ」「私も気づいたらここにいて……」『クロウさん、マゼンダさん、ご 〈続きを読む〉

りゅうの即興 二次小説


ユーザーアイコン
君の惑星 ※未完
作者:りゅう ジャンル:テンミリオン お題:君の惑星 制限時間:15分 読者:313 人 文字数:388字 お気に入り:0人
「うわ、すげーな」 戸が勢いよく開いたと思ったら、すぐに驚嘆の声が飛び込んできた。この声はミドリだ。見なくてもわかる。「なんだこれ? 作ってんの?」 声は右に左 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りゅう ジャンル:テンミリオン お題:どうあがいても彼方 制限時間:15分 読者:334 人 文字数:481字 お気に入り:0人
エリーの体がくらりと傾いで、頭から地面に倒れ込んでいった。「やめろエリス!」 駆け出しそうになったエリスにエルが檄を飛ばす。エリスは眼鏡の奥の瞳を一瞬泣きそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りゅう ジャンル:テンミリオン お題:漆黒の闇に包まれし秋 制限時間:15分 読者:354 人 文字数:239字 お気に入り:0人
「秋は夜長」「漆黒の闇に包まれし秋の優美」「隣は何をする人ぞ」「背中合わせの名も知らぬ彼は一体何を思うのか」「柿食えば」「夕日の果実をかじってみれば」「鐘が鳴る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黄色い孤島 ※未完
作者:りゅう ジャンル:テンミリオン お題:黄色い孤島 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:360 人 文字数:757字 お気に入り:0人
目が覚めるとマゼンダは黄色い砂浜に寝そべっていた。起き上がると、隣に黄色い男が座っている。「ここはどこ」「ここは黄色い孤島さ」 問いかけには黄色い答えがかえっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りゅう ジャンル:テンミリオン お題:急な太陽 制限時間:15分 読者:315 人 文字数:328字 お気に入り:0人
彼女は太陽。私の太陽。その髪は朝日の黄金、瞳は晴天の空。何もかも嫌になって、どこかにふらふらと消えてしまいたくなる時、彼女はそっと私の頭を撫でる。ふくふくと柔 〈続きを読む〉