ジャンル:テンミリオン お題:黄色い孤島 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:401 人 文字数:757字 お気に入り:0人

黄色い孤島 ※未完

 目が覚めるとマゼンダは黄色い砂浜に寝そべっていた。起き上がると、隣に黄色い男が座っている。
「ここはどこ」
「ここは黄色い孤島さ」
 問いかけには黄色い答えがかえってきた。別にきいきい声だったわけじゃないけれど。
「どうして、黄色い孤島なんておかしな名前なの?」
「この島が黄色いからさ」
「そんなはずないわ、あっちには緑と茶色のヤシの木が生えていたもの」
「本当にそうかな」
 にやにや笑う男に腹を立てたマゼンダはぷいっと顔を逸らしてしまった。けれどすぐにぽかんと口をあけた。
「あら? あれ? どうしてあのヤシの木、黄色いの?」
「ここが黄色い孤島だからさ」
「そんなはずないわ、だって、だってだってさっきまで緑と茶色だったもの」
「本当にそうかな」
 そう言われると、マゼンダだって自信がなくなってくる。さっきちらっと見ただけだもの、見間違えたのかもしれない。
 ぐるっと辺りを見回してみても、そこいらじゅう黄色黄色黄色なのだから、ちょっと見間違えても不自然じゃない。黄色い砂浜、黄色いヤシの木、黄色い石に黄色いカニ。うんざりするほど黄色ばかり。
「あなたは誰なの?」
 うんざりしたマゼンダは隣の男に問いかけた。
「ぼくはブルースさ」
「ブルーっていうにはあなた、黄色すぎるわ」
「本当にそうかな」
 だってあなたどこもかしこも黄色じゃない、と言いかけて、マゼンダはやっぱりぽかんと口を開けた。男の髪は海よりも深い青になっていた!
「さあ、僕はこれでさよならだ」
「なにを言っているの? どういうこと?」
「ここは黄色い孤島だからさ」
 言うが早いか男は砂を蹴って海に飛びこんだ。浅瀬のはずが、男の姿はどこまでも沈んでいく。
「待って! 私はどうしたらいいの!」
 マゼンダは叫んだ、その顔にかかったのは

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:来年の祖父 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:564字 お気に入り:0人
平成最後の夏なのは、魔王城でも同じこと。偵察から帰ってきたウィスプが、来年改号することを知らせたのだ。「これほど重要な情報、探し出すのは困難だっただろう。褒め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:とんでもない海辺 必須要素:十字 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:814字 お気に入り:0人
「私モーゼになろうと思うんですよー」 そう言ったのは毎度おなじみテミさんだ。テミさんは思いついたことを行動せずにはいられない活動的な僧侶さんだ。たまに倫理観の崩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:間違った借金 必須要素:イタリア 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:719字 お気に入り:0人
「私、ワールドカップ優勝国はイタリアに賭けてたんですよね」「えっ」「借金までして賭けたんですよ。絶対に優勝すると思って」「でも予選敗退じゃん。というか賭けってお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:ひねくれた微笑み 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:807字 お気に入り:0人
ブルースは変なところで笑う。 例えば私が仔犬を介抱してやると笑う。廃村に取り残された仔犬が哀れじゃないのか。それとも私がそんなに似合わないのかと、ねめつけるが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:遅すぎたコンサルタント 必須要素:リアルな描写 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:587字 お気に入り:0人
討伐コンサルタントがやってくるらしい。なんでも、討伐隊を雇っている国相手に個人で話を持ちかけてきたらしく、国からの正式な通知を受け、討伐隊はその人物を受け入れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:フォロワーの投資 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:974字 お気に入り:0人
「フォロワー投資制度というのを作ろうと思うんですよ」 意識高い系のテミさんが眼鏡をクイっとさせた。「はあ、というと?」「討伐隊内にもそれぞれ憧れの人や尊敬してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:わたしの嫌いな教室 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:273字 お気に入り:0人
この教室が好きだった。朝、登校すると必ずあなたが先にいて、窓際の席で本を読むあなたを一番に目にするのが好きだったから。 その金色の髪を朝の陽ざしになびかせて、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:名前も知らない殺し屋 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:469字 お気に入り:0人
家族を捨てて街を出て、今では立派な富豪になった。長く辛い労働と、成り上がりへの信念を掲げて、新しい街でひとり生きてきた。成功できるかは賭けだったが、可能性があ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:かゆくなる信仰 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:633字 お気に入り:0人
テミやクロウの信ずる神は、実体を持たない。それに比べ、アマゾネスの信奉する神には姿があった。花の冠を被り、森を着こんだ女神の姿。アマゾネスの神とは、大地の精霊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:小説の警察官 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:840字 お気に入り:0人
「ピピー! 小説警察だ! お前の小説を検閲する!」 突然ブロントが部屋に押しかけてきた。私はちょうど趣味の小説を書いているところだったので、咄嗟に隠そうとしたが 〈続きを読む〉

りゅうの即興 二次小説


ユーザーアイコン
君の惑星 ※未完
作者:りゅう ジャンル:テンミリオン お題:君の惑星 制限時間:15分 読者:355 人 文字数:388字 お気に入り:0人
「うわ、すげーな」 戸が勢いよく開いたと思ったら、すぐに驚嘆の声が飛び込んできた。この声はミドリだ。見なくてもわかる。「なんだこれ? 作ってんの?」 声は右に左 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りゅう ジャンル:テンミリオン お題:どうあがいても彼方 制限時間:15分 読者:375 人 文字数:481字 お気に入り:0人
エリーの体がくらりと傾いで、頭から地面に倒れ込んでいった。「やめろエリス!」 駆け出しそうになったエリスにエルが檄を飛ばす。エリスは眼鏡の奥の瞳を一瞬泣きそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りゅう ジャンル:テンミリオン お題:漆黒の闇に包まれし秋 制限時間:15分 読者:392 人 文字数:239字 お気に入り:0人
「秋は夜長」「漆黒の闇に包まれし秋の優美」「隣は何をする人ぞ」「背中合わせの名も知らぬ彼は一体何を思うのか」「柿食えば」「夕日の果実をかじってみれば」「鐘が鳴る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
黄色い孤島 ※未完
作者:りゅう ジャンル:テンミリオン お題:黄色い孤島 必須要素:夏休み 制限時間:15分 読者:401 人 文字数:757字 お気に入り:0人
目が覚めるとマゼンダは黄色い砂浜に寝そべっていた。起き上がると、隣に黄色い男が座っている。「ここはどこ」「ここは黄色い孤島さ」 問いかけには黄色い答えがかえっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りゅう ジャンル:テンミリオン お題:急な太陽 制限時間:15分 読者:348 人 文字数:328字 お気に入り:0人
彼女は太陽。私の太陽。その髪は朝日の黄金、瞳は晴天の空。何もかも嫌になって、どこかにふらふらと消えてしまいたくなる時、彼女はそっと私の頭を撫でる。ふくふくと柔 〈続きを読む〉