ジャンル:イナズマイレブンGO お題:見知らぬ幻覚 制限時間:15分 読者:359 人 文字数:135字 お気に入り:0人
[削除]

宇宙 ※未完

なぜだ。俺は最近見知らぬ幻覚に悩まされている。
夢で、謎の男が俺に向かって延々と話しかけてくる。
「ねえ、君は何を見てるの?」
「・・・知るか」
「あはは、残念だね」
そしていつもここで目が覚める。
俺は、今何の幻覚に悩まされているんだ?
その答えは、誰も知る由がない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:すばるんば ジャンル:イナズマイレブンGO お題:刹那の味 制限時間:15分 読者:372 人 文字数:438字 お気に入り:0人
ふと空を見上げた。空はいつも通りに真っ青で、特に何も言ってくれはしなかった。いつもと変わらない、ようやく見慣れた月山国光の空だ。あの試合からもう、今日で3ヶ月が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:優音ζ(σ - σζ ジャンル:イナズマイレブンGO お題:混沌の嘔吐 制限時間:15分 読者:680 人 文字数:332字 お気に入り:0人
耐えられない、そう思ったのは何度目だろうか。剣城という名前のシードが加入したことによって、サッカー部は壊滅状態。その上、松風とかいう一年が気に障る。今のこの状態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あまな ジャンル:イナズマイレブンGO お題:僕の村 制限時間:15分 読者:1858 人 文字数:518字 お気に入り:0人
素朴な街だ。閑静な住宅街と、活気と趣のある、決して大きいとは言えない駅前の商店街。河川敷に、この地域のシンボルの鉄塔。俺は物心ついた頃からこの街に住んでいたから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:knzk ジャンル:イナズマイレブンGO お題:俺は大学 制限時間:15分 読者:810 人 文字数:701字 お気に入り:1人
そもそも、まだ世界すら知らないような年端もいかない子どもが博識である事に対しての違和感は、尋常ではない。自身の軌跡を辿ってみれば明白であったが、知識は吸収だけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:六宮 ジャンル:イナズマイレブンGO お題:不本意な敗北 制限時間:15分 読者:733 人 文字数:567字 お気に入り:0人
『もうあんな思いをするのは嫌なんだ」』電話越しの神童の声は震えていた。開けた窓からは柔らかいが冷たいような生ぬるいような、何とも言えないこの時期独特の風が入り込 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:京マサATM ジャンル:イナズマイレブンGO お題:苦しみのカリスマ 制限時間:15分 読者:644 人 文字数:602字 お気に入り:0人
「これ、受けとってください!」 「ありがと、嬉しいよ」 そうにっこりと、人あたりの良い顔で笑ってやれば、女子生徒は一礼してから背を向けて走り去った。 狩屋の手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エア ジャンル:イナズマイレブンGO お題:明日の屍 制限時間:15分 読者:819 人 文字数:542字 お気に入り:0人
「お前、俺に殺されてみるか?」剣城君は、俺を真っ直ぐ見据えながら突然真顔でそんな事を言ってきた。「はぁ?何言ってんの?頭でも打った?」俺は完全に素頓狂な声を上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:イナズマイレブンGO お題:ひねくれた扉 制限時間:15分 読者:881 人 文字数:1336字 お気に入り:0人
(霧野と狩屋・パラレル)霧野はひねくれた世界の中にいた。見える世界事態が歪んでいる訳ではない。住んでいる家も、通っている教室も、放課後に向かう部室棟も、それらは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:京マサATM ジャンル:イナズマイレブンGO お題:楽しかったぷにぷに 制限時間:15分 読者:664 人 文字数:953字 お気に入り:0人
※大学生、年齢操作、マサ蘭。「ぎゃはは、お前、すっげー伸びるな!!」 珍しくハイテンションで上機嫌の霧野の馬鹿笑いを聞きながら、狩屋はいい加減にうんざりしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:イナズマイレブンGO お題:オチは惑星 制限時間:15分 読者:806 人 文字数:948字 お気に入り:0人
(拓蘭)人はどうして踏みとどまるのか。答えは簡単だ。その先にあるものに恐怖を感じるから。その正体は触れると危険なものだったり、何があるか分からない未知の領域だっ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:A3! お題:おいでよ女 制限時間:2時間 読者:1 人 文字数:3101字 お気に入り:0人
「死にたい」 控えめに言って死にたい。最悪の気分だ。 そもそも、今日は朝から晩まで最低最悪の一日だった。朝から雨、牡牛座は最下位、おまけに車から降りた直後に水溜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:A3! お題:夜と深夜 必須要素:400字以内 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:400字 お気に入り:0人
鶯色の瞳が不思議そうに私を見つめている。今日は厄日か?そう思わずにはいられない。 今日の酒は不味かった。仲良くもない同僚と楽しくもない陰口。それらと共に飲む好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉