ジャンル:刀剣乱舞 お題:弱い世界 必須要素:日本 制限時間:30分 読者:968 人 文字数:1183字 お気に入り:0人

いちなき・つるなき・三つ巴 ※未完

たとえば一人の人間が、その人にこれ以上なく執着したとしよう。誰にも触れさせたくない、見せたくないと思った時、そのものはなにをするか。答えは簡単だ。見えないところに隠してしまえばいい。けれど人というのは不思議なもので、隠されれば隠されるほど、手が届かないとなればなるほどに、それを欲してしまうのだ。だから、きっと。墓を暴いてまで己を欲してしまったのも、墓にまでしまいこんでいたのも、人の業としては当然なのかもしれない。たとえばそれで、欲されたものの世界が儚くも大きく変容してしまったとしても。それは関係ないのだ。きっと個人の世界とは、ちょっとしたことですぐに変容する弱いものなのだから。

「執着されたくはなかったということですかな?」
「いや? 望まぬ執着よりも、自由な世界が欲しかったといった方が正しいな」
「ふむ……まあ、わからないでもないですね。多少の執着心は心地よいものではございますが……過ぎれば息が詰まることもございましょう」
「そういうことだな」
 縁側でお茶を飲むふたりの元を、風が抜けた。土の下にいた頃には感じられなかったそれは、草木の香りから短刀たちの笑い声、足音、その他五感をくすぐる様々な色を運んでくる。世界は、少しのきっかけによってこんなにも大きく変容するのだ。
「だが、なんの執着もないのもまたさみしいものではあるんだよな」
「なにかおっしゃいましたかな?」
「いや?」
 粟田口の長男役を担うこの太刀は、庭で遊ぶ弟達を眺めては顔をほころばせる。その庭に目を向ければ、彼の弟に混じって白髪の少年がいた。少年の目はずっと、短刀たちを追いかけ、時折こちらに視線を投げては一期一振と視線を合わせて表情を和らげる。粟田口の彼らにとって、粟田口は家族であり、己はそれ以外でしかないのだろう。
「一期。君にとって、鳴狐は……」
「大切な人です。私にとっては、唯一無二の。」
「……君にとっては弟みたいなもんだからな」
「いいえ? 鳴狐は私の」
「一期」
 それまでの和やかさを潜め、眼光鋭くこちらを見遣った一期一振の言葉を遮ったのは話題の鳴狐だった。白い髪からは雫が滴れてきらきらと輝く。まるで水浴びをしたかのようだ。
「どうされたのですか?」
「ああ、厚殿と愛染殿が遊んでいるうちにホースが弾けてしまいまして……我々だけではなく短刀の皆様ずぶ濡れになってしまいましたので一期一振殿にも後処理の手伝いをお願いしたくてですね」
「そういうことですか。弟が世話をかけました。怪我はありませんか?」
「大丈夫。」
「我々が監督していながら申し訳ありません」
「いえ、大事無いのであれば問題ないでしょう。さあ、鳴狐殿もはやく水を拭ってらしてください」
 一期一振は庭へと駆け出す。暴れるホースは誰かが水を止めたのか、もうさほど水は撒き散らしていない。だが、

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:みんと ジャンル:刀剣乱舞 お題:そ、それは・・・星 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:248 人 文字数:489字 お気に入り:0人
【乱視点】いつからだろうなぁなどとのんびり考える。こうして池田屋市中を飛び交う様になる前までは、寝る前に星を見ながらゆっくり話して、卑屈な子と一緒にそのまま夢の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている犬 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:802字 お気に入り:0人
バタバタと忙しない足音が、近づいてくる。何だ?と一期一振は首を傾げる。これが万が一、自身の兄弟たちであれば理由を聞いた上で場合によっては叱らねばなるまい。そう思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:残念な動揺 必須要素:口臭 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:543字 お気に入り:0人
※未完第一部隊が出陣から帰ってきた時、本丸は仲間の声で賑やかだったことにすぐに気づいた。それが剣戟の音もせず、緊迫したものでもなかったから彼らは緊張をほぐして中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
真昼の夜 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:箱の中の深夜 必須要素:「ひょえー」 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
鶴丸の部屋には驚きが詰まっている。などと皆一様にして同じ言葉を発した。だから御手杵はつい、好奇心をむきだしにしてしまったのだ。いけないことだということは頭で理解 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:子供のにおい 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1209字 お気に入り:0人
軽い足取り。パタパタと忙しなく右左。今日も元気に賑やかだ。珈琲が美味い。「つるまる、またさぼってる!」小さな体躯で、胸を張って怒る仕草は微笑ましく茶色の髪がふわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
春の美 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:美しい整形 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:750字 お気に入り:0人
桜の花びらが舞う。ほのかに甘い香りが鼻腔に辿り着く。体感する温度は寒気とは違い、温く巨躯を包んでいく。なるほど、これが春か。「とうとう一巡りしたな」弾んだ声。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:きちんとした正義 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1725字 お気に入り:0人
体温計とポ●リと薬研の薬と水差しが乗せられたお盆を脇に置くと鶴丸は彼女に体温計を手渡した。30秒程でぴぴっとお知らせしてくれる優秀なやつだ。手渡されたそれを着物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Aruco ジャンル:刀剣乱舞 お題:黄色い悪 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:1971字 お気に入り:0人
「わるものはくろいろなのですか」今日の内番を終えたらしい今剣がテレビを見ながら言った。何時だったかな、と彼女はぼんやりと捲っていた雑誌から目を上げて時計を確認し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りのところてん 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
「あつい・・・」鶴丸国永は畳にだらしなく寝転がったままつぶやいた。現在の本丸は夏の景趣だ。青々とした緑。遠くまで見渡す限りの青空。川遊びを楽しむ短刀たちの歓声。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
太陽の男 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:夏のあそこ 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
みーんみんみんみんみん甲高いセミの鳴き声が耳に障る。冷房のスイッチを入れようとがば、と身体を起こして気づく。そういえばここは家ではなかった。小さく息を吐いて眼下 〈続きを読む〉

ろと@5/3東2タ46bの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:はかとん【腐】 お題:淡い馬鹿 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1003字 お気に入り:0人
同居人の馬場はけして頭が悪いわけではない。むしろ逆だ。殺し屋としても探偵としても、その観察眼は誰にも勝るものであるし、頭の回転も速い。知識量も広く深いが、物覚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:はかとん【腐】 お題:素朴な神話 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:1087字 お気に入り:0人
『人は皆、神様に愛されて生まれてくるのよ。この世界の理はすべて、神様が決めた道筋であり、運命によって組まれているの。実はね、広い宇宙の過去も現在も未来もすべて最 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:はかとん【腐】 お題:くさい理由 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1139字 お気に入り:0人
「何なんだよアイツは」「何って……何が?」「馬場だよ。くさくて仕方ないんだ」「体臭の話? そりゃあ、成人男性だもん。運動した後に汗と混じって臭いが発生するのは仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
馬林 ※未完
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:博多豚骨ラーメンズ お題:有名な恋人 制限時間:30分 読者:132 人 文字数:1001字 お気に入り:0人
殺し屋にとって、知名度というものは必要不可欠らしい。フリーランスであれば猶更。そういった意味合いで考えれば、「にわか侍」として名をはせている馬場はある種一流の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:博多豚骨ラーメンズ お題:ぐふふ、嵐 制限時間:30分 読者:121 人 文字数:1090字 お気に入り:0人
今日はお互いに仕事が入っていて、朝食の後はそれぞれ別の場所へ向かった。方や探偵、片や殺し屋という内容ながらどちらもそれ程難しい案件でもなく昼過ぎには帰宅できる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:コードギアス お題:商業的な悪魔 制限時間:30分 読者:135 人 文字数:1641字 お気に入り:0人
悪魔はその美しい姿で人々を魅了し、そして堕落へと誘い込む。時には人だけでなく、天使さえも騙して引き摺り落とすのだとか。「それで、悪魔か……」「お前にはよく似合っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:モブサイコ100 お題:今度のドア 必須要素:タイトル「ただ、助けたかっただけなのに」で書く 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:1458字 お気に入り:0人
「ただ、僕は僕のできることをしたかっただけです」 多分、僕はこの人のことが好きなのだ。どうしようもなく。己の力を過信しているわけではないが、口八丁ですべてを上手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:コードギアス お題:記憶の感覚 制限時間:30分 読者:97 人 文字数:1147字 お気に入り:0人
「人って、声の記憶を最初になくすらしいよ。逆に、香り……嗅覚の記憶は最後まで残るんだって。でもさ、悪逆皇帝の映像ってメディアでも何度も伝えられていて。映像でも音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ジェレルル ※未完
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:コードギアス お題:危ない逃亡犯 制限時間:30分 読者:93 人 文字数:1387字 お気に入り:0人
「子供……?」 かつての主君はもうこの世にはいないが、主君の与えてくれた明日を生きるために、主君の言葉に従いオレンジを作り続けて早幾年。主を想い丁寧に育てている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:コードギアス お題:そ、それは・・・巨人 制限時間:30分 読者:93 人 文字数:1329字 お気に入り:0人
「そ、それは……とても大きな、大きなー…………なんて読むんだこれ」「巨人、だろ」「ああ、そうそう。確かそうだった。って、ルルーシュはブリタニア人だろ? なんで読 〈続きを読む〉