ジャンル:刀剣乱舞 お題:弱い世界 必須要素:日本 制限時間:30分 読者:1077 人 文字数:1183字 お気に入り:0人

いちなき・つるなき・三つ巴 ※未完

たとえば一人の人間が、その人にこれ以上なく執着したとしよう。誰にも触れさせたくない、見せたくないと思った時、そのものはなにをするか。答えは簡単だ。見えないところに隠してしまえばいい。けれど人というのは不思議なもので、隠されれば隠されるほど、手が届かないとなればなるほどに、それを欲してしまうのだ。だから、きっと。墓を暴いてまで己を欲してしまったのも、墓にまでしまいこんでいたのも、人の業としては当然なのかもしれない。たとえばそれで、欲されたものの世界が儚くも大きく変容してしまったとしても。それは関係ないのだ。きっと個人の世界とは、ちょっとしたことですぐに変容する弱いものなのだから。

「執着されたくはなかったということですかな?」
「いや? 望まぬ執着よりも、自由な世界が欲しかったといった方が正しいな」
「ふむ……まあ、わからないでもないですね。多少の執着心は心地よいものではございますが……過ぎれば息が詰まることもございましょう」
「そういうことだな」
 縁側でお茶を飲むふたりの元を、風が抜けた。土の下にいた頃には感じられなかったそれは、草木の香りから短刀たちの笑い声、足音、その他五感をくすぐる様々な色を運んでくる。世界は、少しのきっかけによってこんなにも大きく変容するのだ。
「だが、なんの執着もないのもまたさみしいものではあるんだよな」
「なにかおっしゃいましたかな?」
「いや?」
 粟田口の長男役を担うこの太刀は、庭で遊ぶ弟達を眺めては顔をほころばせる。その庭に目を向ければ、彼の弟に混じって白髪の少年がいた。少年の目はずっと、短刀たちを追いかけ、時折こちらに視線を投げては一期一振と視線を合わせて表情を和らげる。粟田口の彼らにとって、粟田口は家族であり、己はそれ以外でしかないのだろう。
「一期。君にとって、鳴狐は……」
「大切な人です。私にとっては、唯一無二の。」
「……君にとっては弟みたいなもんだからな」
「いいえ? 鳴狐は私の」
「一期」
 それまでの和やかさを潜め、眼光鋭くこちらを見遣った一期一振の言葉を遮ったのは話題の鳴狐だった。白い髪からは雫が滴れてきらきらと輝く。まるで水浴びをしたかのようだ。
「どうされたのですか?」
「ああ、厚殿と愛染殿が遊んでいるうちにホースが弾けてしまいまして……我々だけではなく短刀の皆様ずぶ濡れになってしまいましたので一期一振殿にも後処理の手伝いをお願いしたくてですね」
「そういうことですか。弟が世話をかけました。怪我はありませんか?」
「大丈夫。」
「我々が監督していながら申し訳ありません」
「いえ、大事無いのであれば問題ないでしょう。さあ、鳴狐殿もはやく水を拭ってらしてください」
 一期一振は庭へと駆け出す。暴れるホースは誰かが水を止めたのか、もうさほど水は撒き散らしていない。だが、

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:みんと ジャンル:刀剣乱舞 お題:そ、それは・・・星 必須要素:日本 制限時間:15分 読者:278 人 文字数:489字 お気に入り:0人
【乱視点】いつからだろうなぁなどとのんびり考える。こうして池田屋市中を飛び交う様になる前までは、寝る前に星を見ながらゆっくり話して、卑屈な子と一緒にそのまま夢の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:運命の屍 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:517字 お気に入り:0人
※闇落ち「お前達は、この本丸にある運命の屍と云うのを知っているか?これはこの本丸の定め。無ければいけないモノ。これが在るお陰で、俺達は今、自身は刀だと信じて戦っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:2込しめじ@タオル狂 ジャンル:刀剣乱舞 お題:複雑な妹 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:709字 お気に入り:0人
妹と言う存在が如何様なものか、主に問うてみた。自分には可愛い弟が今一人いるのだが、弟と妹ではどう違いを感じるのか、それが知りたかったんだよね。曰く、妹は可愛いも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
朝のめざめ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:軽い王子 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:704字 お気に入り:0人
夢をみていた。なんの夢だったかは覚えていない。夢と現実との境界まで意識が浮上するにつれ、それまであざやかだった夢の景色はじょじょに色褪せていく。深く濃い海の底 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:ちっちゃな失望 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:933字 お気に入り:0人
今剣には密かな野望がある。それはずばり、あるじ様の頭を撫で撫でして「きょうもいちにち、おつかれさまです。あるじ様!」と言う、些細な野望だ。しかしそれは、いつもい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
とかげの窓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:トカゲの窓 必須要素:小説 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:691字 お気に入り:0人
大倶利伽羅は書庫にいる。それは周知の事実で、姿が見えなければそこにいるだろうと本丸の皆が知っている。本丸の書庫はそこだけが洋風の造りで、陽の光が不必要に射し込ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逆スーモイケメン(仮)Hey!You!!(「・ω・)「(光伽月) ジャンル:刀剣乱舞 お題:強い仕事 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:352字 お気に入り:0人
「光忠、背後頼む…ッ、!!」「お~けぃ、任せて!」率先と前へと進んでいく2振。息の合った走りと信頼感を見せるような掛け声。2振がいたおかげなのか、他の部隊の奴ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:101 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:やば、平和 制限時間:30分 読者:104 人 文字数:726字 お気に入り:0人
花を愛で茶を嗜み酒を嗜み風雅を嗜み、ゆたりとした本丸生活は刀剣男士の心にゆるりとした時間を過ごさせた。時には喧騒もありだ。短刀たちのきゃらきゃらと楽しげな声、一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている犬 制限時間:30分 読者:119 人 文字数:802字 お気に入り:0人
バタバタと忙しない足音が、近づいてくる。何だ?と一期一振は首を傾げる。これが万が一、自身の兄弟たちであれば理由を聞いた上で場合によっては叱らねばなるまい。そう思 〈続きを読む〉

ろと@そろそろ原稿の即興 二次小説


ユーザーアイコン
櫂アイ 夏 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:ヴァンガ【腐】 お題:犬の夏 必須要素:個室 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1142字 お気に入り:0人
いつものようにカードキャピタルでファイトをしていた午後の事だ。いつもより少し落ち着かない様子のアイチは、ファイトが終わるとおもむろにチラシを取り出した。「ふれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:ヴァンガ お題:女の傘 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1225字 お気に入り:0人
「アイチぃ! 今日、夕方から雨が降るかもしれないんだって。だから、折り畳み傘持っていきなさいってお母さんが……アイチ? ちょっとアイチ! 待ってよ、傘は?」「ご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
床下調査 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:安コ お題:隠された床 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:926字 お気に入り:0人
例によって例のごとく、事件を引き寄せる体質の少年は遊びに出掛けた先で事件に遭遇していた。それ自体はよくあることのようで、彼本人は大して驚く事もなければ、むしろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:はかとん【腐】 お題:淡い馬鹿 制限時間:30分 読者:93 人 文字数:1003字 お気に入り:0人
同居人の馬場はけして頭が悪いわけではない。むしろ逆だ。殺し屋としても探偵としても、その観察眼は誰にも勝るものであるし、頭の回転も速い。知識量も広く深いが、物覚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:はかとん【腐】 お題:素朴な神話 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:1087字 お気に入り:0人
『人は皆、神様に愛されて生まれてくるのよ。この世界の理はすべて、神様が決めた道筋であり、運命によって組まれているの。実はね、広い宇宙の過去も現在も未来もすべて最 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:はかとん【腐】 お題:くさい理由 制限時間:30分 読者:127 人 文字数:1139字 お気に入り:0人
「何なんだよアイツは」「何って……何が?」「馬場だよ。くさくて仕方ないんだ」「体臭の話? そりゃあ、成人男性だもん。運動した後に汗と混じって臭いが発生するのは仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
馬林 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:博多豚骨ラーメンズ お題:有名な恋人 制限時間:30分 読者:261 人 文字数:1001字 お気に入り:0人
殺し屋にとって、知名度というものは必要不可欠らしい。フリーランスであれば猶更。そういった意味合いで考えれば、「にわか侍」として名をはせている馬場はある種一流の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:博多豚骨ラーメンズ お題:ぐふふ、嵐 制限時間:30分 読者:218 人 文字数:1090字 お気に入り:0人
今日はお互いに仕事が入っていて、朝食の後はそれぞれ別の場所へ向かった。方や探偵、片や殺し屋という内容ながらどちらもそれ程難しい案件でもなく昼過ぎには帰宅できる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:コードギアス お題:商業的な悪魔 制限時間:30分 読者:287 人 文字数:1641字 お気に入り:0人
悪魔はその美しい姿で人々を魅了し、そして堕落へと誘い込む。時には人だけでなく、天使さえも騙して引き摺り落とすのだとか。「それで、悪魔か……」「お前にはよく似合っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:モブサイコ100 お題:今度のドア 必須要素:タイトル「ただ、助けたかっただけなのに」で書く 制限時間:30分 読者:111 人 文字数:1458字 お気に入り:0人
「ただ、僕は僕のできることをしたかっただけです」 多分、僕はこの人のことが好きなのだ。どうしようもなく。己の力を過信しているわけではないが、口八丁ですべてを上手 〈続きを読む〉