ジャンル:遊戯王ARC-V お題:真実の笑い声 制限時間:30分 読者:732 人 文字数:1240字 お気に入り:0人

revealed(遊矢と零児) ※未完


納得した頃にはもう彼は跡形もないほどに侵食されていて、騙されたことに対する怒りなどは特段湧いてくる気配がなかった。そんな些細なこと、興味がなかった。それに赤馬零児は嘘をついていたわけではない。思惑を隠して、ただ自分と毎日デュエルをしてくれただけ。
それはそれは楽しい、楽しいデュエルだった。と今なら言える。
初めは苦痛だと思っていた。観客もない殺風景なコートで、フィールド魔法も味気のない《プレーン・プレーン》。そもそもアクションデュエルではないスタンディングで、「データの採取と君の決闘技術の向上のため」と称して付き合わされるのである。確かに赤馬零児の優れたタクティクスに学ぶところは多い、だが俺がやりたいのはあくまでエンタメデュエルで、勝つこともある程度大切だとは異次元で学んだとはいえ、早く遊勝塾に戻らせてくれというのが本音だった。
それが1週間経ち2週間経って、今では自分からもう1戦とせがむところまで来てしまった。
ここでは、エンタメデュエルを求められることはない。する必要もない。舞網で、いやこの次元でも屈指の実力者である相手を負かすことだけに心血を注げば、それでいい。割り切ってしまえばなんとも気楽で、いつしか必死に抑え込んでいた飽くなき勝利への渇望がまた、内面で鎌首をもたげてきた。
3週間経つ頃になれば赤馬の戦術やデッキ構成もかなり読めるようになり、少しずつ勝てるようになる。塾の方はそれなりで済ませ、LDSセンターコートに向かう頃にはもう、瞳が貪欲に輝くのを隠しきれなくなっている。
「デュエルの調子はどうだ」
1ヶ月経った今日、そう問われた。
「…そんなもの、あんたが一番よくわかってるんじゃないのか」
「なるほど。つまりこの1ヶ月、柊柚子などより、私の方が君とデュエルをしているという認識で相違ないな」
「そりゃもう」
「では。エンタメデュエルの調子の方は、どうだ」
それを聞くのか。聡明な赤馬は恐らくわかってて聞くのだ。
エンタメデュエルには、この数週間身が入らないでいた。いや何を持ってエンタメとするかは様々だが、スタンダード式のエンタメデュエルとしては散々な出来だった。過程より結果をつい求めてしまう癖がついてしまった。
それを特に悪びれていないのが最大の問題であるとは自分でも思っている、思っているのだが。
「私が、その状態にまで君を追い込むのがこの1ヶ月の真の目的だと言ったら」
「人を楽しませることに身の入らない、勝ちを求めるこの状態」
「そういうことになる。……君はもう、元の榊遊矢とは言えまい」
「……いいや、俺が榊遊矢でいい。俺が望めば、そうなる」
ほう、と興味深げに微笑する赤馬零児に、榊遊矢は微笑み返した。
「アンタが……貴様が欲しいのは、この力だろう?」
ひらりとデッキから1枚取り、くるりと指先で回してみせる。茶色のモンスターカードから緑色の魔法カードへ、白、黒、青、紫。人智を超えた力を見せつけ、そして最後に投げ渡す。
もとは

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:破天荒な女祭り! 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:907字 お気に入り:0人
※柚子と文化祭。統合後。ここは舞網第二中学校。多くの学生が勉学にスポーツに励み、同年齢の少年少女達と交流を深める特別な場所。しかし今日はいつもと少し…いや、かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:111 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:大人の私 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:1502字 お気に入り:0人
※柚子と遊矢と思春期。大人になるってなんだろう。男子は外でサッカーをしている時、私達女子は黒いカーテンで閉めきられた視聴覚室にこっそり集合していた。そこでいつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:ラストは朝日 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:438字 お気に入り:0人
※ユーゴとリン。過去話。「やっとここまで来たんだな、オレたち」「うん、そうね」コモンズに存在する孤児院。その近くにひっそりと存在するガレージの中、一つの夢が完成 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:ナウいお天気雨 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:413字 お気に入り:0人
※遊矢と沢渡。「なんだよいきなり降ってきて!」あんなに晴れていたのに、と遊矢は続けた。上からバケツ一杯の水を被せられたように髪から靴まで全部びしょ濡れだ。「この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:彼女の空想 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:467字 お気に入り:0人
※セレナと柚子。セレナは空想する。もしも自分と柚子が姉妹だったら。(私と柚子はそっくりだから、お揃いの服を着たりするのだろうか?)学校の通り道で見た、手を繋いで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:幼い昼 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:376字 お気に入り:0人
※五歳児遊矢と洋子さん。「遊矢、ほらお日様があんなに高い。日に焼けちゃうから帽子かぶりな」「めんどくさいよおかあさん」その母の声に反抗したくて当時5歳の遊矢はぷ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:今日のゲストはぺろぺろ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:442字 お気に入り:0人
※遊矢と素良。数年後。「素良!久しぶりだな」「やぁ、遊矢に会いたくなっちゃって」ひらひらと左手を振りながら軽い調子で素良が答えた。もう一方の手には甘そうなキャン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:死にかけの円周率 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:498字 お気に入り:0人
※遊矢とユーゴ。「3.1415…続きはなんだっけ」(どーでもいいだろ。大体3でいいじゃねぇか)「円周率をどこまで言えるか」を自分達の半分ほどの年齢の少年が挑戦し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:限りなく透明に近い霧雨 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:512字 お気に入り:0人
※ユーリとデニスの話。「……酷い霧だね」「こんなにヒドイと無闇に歩き回らない方がいいね。一旦休憩にしよう、ユーリ」「僕に命令しないで欲しいんだけど」ボクとユーリ 〈続きを読む〉

不知火すばるの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:ドイツ式の秋雨 制限時間:15分 読者:382 人 文字数:368字 お気に入り:0人
秋雨ガン無視です クロウとかにすればよかったか「パパがお土産に買ってきたんだが、俺様が出向いてやってんだ、当然食うよな?」珍しい来客は開口一番そう言った。横柄な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:スポーツの夏 制限時間:30分 読者:414 人 文字数:1221字 お気に入り:0人
※遊矢がユートとユーゴ統合済み。S次元から帰還してつかの間のバカンス、というイメージ。俺にとっての、というかこのスタンダード次元での一番のスポーツは、言うまでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
誰何すれども ※未完
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王 お題:小説家たちの整形 制限時間:15分 読者:374 人 文字数:614字 お気に入り:0人
クリエイターに愛された者たちがいる。その者達は一般人Yに甘んじるのをけして許されない。唯一無二の強烈な個性を持った者として世界に扱われる。たとえどんなに没個性的 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:真実の笑い声 制限時間:30分 読者:732 人 文字数:1240字 お気に入り:0人
納得した頃にはもう彼は跡形もないほどに侵食されていて、騙されたことに対する怒りなどは特段湧いてくる気配がなかった。そんな些細なこと、興味がなかった。それに赤馬零 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王 お題:楽しい復讐 必須要素:からあげ 制限時間:2時間 読者:721 人 文字数:2783字 お気に入り:0人
その話、本当か。あくまで静かに問う。 翔は顔を歪め、しばし俯いていた。それは俺の問いにどう答えるか逡巡するようであり、なぜ今頃になって言ってしまったのかと後悔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:女同士の映画館 制限時間:4時間 読者:1393 人 文字数:2643字 お気に入り:0人
※本当は実在の洋画名作とか使ってかっこいいの書きたいんですけどそんな知識も技量もなかった※普が後天的女体化。にょたりあではないですが外見はあれを思い浮かべて頂け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:遠い神話 必須要素:プチ整形 制限時間:2時間 読者:1418 人 文字数:1499字 お気に入り:0人
※ギルが少し老けて病む話 きっかけは、誰かに言われた一言。 曰く、ちょっと老けたんじゃねーか、とか。 その時はなんとか笑い飛ばしたものの、家に帰り鏡と写真を見比 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:真紅の怒りをまといし昼 制限時間:2時間 読者:1095 人 文字数:925字 お気に入り:0人
!うろおぼえ史実ネタ注意! 政治・思想的主張を行う意図はありません。(うねり、の、ような) 執務室に一人きり。それでいて、動けない。 歴史を動かすのは人間であっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:素朴な大雪 必須要素:ビール 制限時間:4時間 読者:1676 人 文字数:1814字 お気に入り:0人
落とされた西日の眩しさに、ギルベルトは目を覚ました。「んあ……うわ、もう夕方かよ……」 ぐっと背筋を伸ばすとパキパキと身体のあちこちが軋んで小気味良い。だが朝 〈続きを読む〉