ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:黄色い雪 必須要素:パンツ 制限時間:30分 読者:349 人 文字数:1499字 お気に入り:0人

自慢できない時間

こちらは降らないなぁ、と氷室が言った。吐き出す息は白く、首には分厚いマフラーを巻き、紫原からもらったという耳当てをしていた。クリスマスがあと二週間後に迫ってきているため、町並みはクリスマスリースに緑と赤のイルミネーション、サンタクロースにトナカイで埋め尽くされていた。そんな時期になっても、東京には雪がほとんど積もらない。降ることはあっても、秋田のように自分の身長の高さまで積もることなどなかった。氷室が思い出しているのは、間違いなく秋田の雪だった。
次は俺がそっちへ行くよ、と秦野のアパートから氷室が連絡してきた。たまには都会に行きたいから、と。秦野はバスケやスポーツに集中するにはいい土地だった。USでもそうだけれど、大学が都会ではなく田舎にあるのは、その目的に適っていた。そのおかげか、氷室の通う東海道大学は一部リーグに属しており、一応都会に位置する栄治大学、火神が通う大学のバスケ部は去年、ようやく一部リーグに仲間入りしていた。
氷室が火神の住まう東京へ出てくることは、数ヶ月に一度程度だった。秦野がバスケをする環境が整っており、体育館は元より、公園や河原にすらバスケットゴールが設置されている地域なため、ストバスをするにしても場所に困ることは無かった。氷室が陽泉を卒業して東海道大学に進学してから、火神はほぼ週末ごとに秦野へ通っていた。そのことに不自由を感じたこともなかった。氷室がいる場所へ向かうのは、LAの頃から火神の生活の一部だった。
氷室がこちらへ来るなら、と氷室の申し出があった後、同じ大学に通う黒子やその他の人間にも知らせれば、我も我もと参加者がレスポンスを返してくる。氷室はどこでも人気者だったので、彼が来るとなると、ストバスの参加者は圧倒的に増えた。事前に入っていた用事をキャンセルしてまで参加する者もいた。
試合が始まれば火神はバスケに夢中になるので、氷室が視界の端で、誰かと談笑していてもそれほど気にならなかった。それよりも、黄瀬や青峰など、一部リーグ常連大学に進んだ彼らとやり合うことの方がプライオリティが高かった。負けても勝っても、次々と試合は続き、それは火神にとって楽しい時間であった。気心してた相手の場合、動作の癖なども分かってきてしまう。そのあたりを突くのがうまい黒子は、黄瀬をドライブで抜くことすらあったが、黄瀬は黄瀬で、黒子の技をコピーしてやりかえしたりもする。力の差の無い相手と勝負するのは楽しく、そこに氷室がいれば、楽しいのが2乗になった。氷室と同じチームで組めた時などは5乗くらいになった。
秋田の雪は、あんまり思い出したくねーな
火神が言うと、氷室はふっと笑う。火神はおそらく10回は陽泉へ行っていた。夏ならまだしも秋から冬に掛けての秋田は、その積雪を見た人間は、ここは人間が暮らす土地ではない、と顔をこわばらせるほどの恐怖を見る者に与えた。苦労して寮にたどり着こうとも、玄関先で言い合っている間に足は凍りつかんばかりに冷え、廊下も氷を歩くかのように冷たく、その時期には誰も親族は来ないであろう寮生の親族用に設けられた部屋はいつもほんのり冷たかった。それでも寮母の好意によって、暖房は入れてもらえていたので、風邪をひいて東京に帰ることになったことは一度も無かった。
雪だるまも作らないんだなぁ、東京の子は
一昨年はそれなりに降ったぜ?
タカが知れてるだろうな、となぜか偉そうに氷室は鼻で笑った。
ストバスをした後、こうして氷室と買い物に出かける時間は、火神にとっては誰にも自慢しないけれど、自慢にしたい時間でもあった。自分だけに許されたこの時間。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:ワイルドな弁当 制限時間:30分 読者:508 人 文字数:1524字 お気に入り:0人
そういうのは先に言えよな、とタイガは立ち上がった。先にって?材料買ってこねーとねえっつの……作るのか?ほしいんだろ?そうだけど、そういうつもりじゃない駅弁食べ飽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
カット イン ※未完
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:天国の冤罪 制限時間:30分 読者:486 人 文字数:1115字 お気に入り:0人
目の前にあるものだけが火神にとって真実だった。ごちゃごちゃ一人で考えたって、どうしたって自分には解決できないことが多かった。だから、目の前で起きていることに対し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 火氷 お題:セクシーな動機 制限時間:30分 読者:537 人 文字数:1262字 お気に入り:0人
ダウンタウンに行こう、と言い出したのはタツヤだった。どうやって? 行き方は調べた。親には? 内緒さ、言ったらだめだって言われるだろう?タツヤは決めたら突き進む。 〈続きを読む〉

かみむら@1月の原稿中の即興 二次小説


ユーザーアイコン
柔軟の必要性 ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:幸福な秀才 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:671字 お気に入り:0人
彼女の特性なのだろう。じゃあな、と微笑まれれば、うん、と頷いてしまう。この土地を離れる不安、日本に戻る不安、それは漠然とした不安だった。目の前ではなく、もっと先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:不本意な殺し屋 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:709字 お気に入り:0人
麦茶入りましたー縁側から庭に向かってそう言えば、松の木の下にいた赤司が立ち上がって首から掛けているタオルで汗を拭っていた。麦藁帽子にゴム長靴という典型的な農夫ス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:真実の保険 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:798字 お気に入り:0人
顔を合わせにくかったのか、歯をぐっとかみ締めているのが遠目でもわかった。油断すると逃げ出すのかもしれない。逃げ出さずに入る為に、歯を食いしばって耐えているのだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:つらい殺人 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:696字 お気に入り:0人
浮かれているのは自分より父親だった。それこそ鼻息を荒くして、ああだこうだと、何かに付けて騒いでいた。さすが江戸時代から続く呉服屋、結納の品がすばらしい、茶道も日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:出来損ないのラーメン 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:712字 お気に入り:0人
面白いネタから面白くないネタまで、玉石混交で送られてくるSNSのメッセージだった。まめにチェックはしない。一日の終わりに、たまに長めの休憩がとれた時に、新着マー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:傷だらけの耳 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:713字 お気に入り:0人
手ぬぐいを押し当てられた。いっ……ごめん。でも、けがで、血が……誰のせいだ、と言ってやりたかった。これはお前がつけた傷。お前がこの三日間のうちのどこかで付けた傷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
島貴族にて2 ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:打算的な運命 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:838字 お気に入り:0人
彼は辺りを見回しながら、案内された席まで進んだ。慣れてないんだろうな彼を誘ったのは勢いだ。実は冗談でもあった。目の前にあった島貴族。もう入ろうとしていたのだ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:許せない極刑 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:628字 お気に入り:0人
会場は第二会議室目が合った男は、それを聞いて首をかしげた。健康診断でない?男はわずかに微笑んで首を振った。いや、俺は協力会社の人間だからそれは失礼ある程度の企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まつがねの ※未完
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ お題:汚れた境界 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:723字 お気に入り:0人
だーいちゃん、と後ろから声を掛けられた。屋上への階段を登り終えて、ちょうど扉を開くところ、そこでスマホが震えたので足を止めた。声を掛けられたからではなく、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@1月の原稿中 ジャンル:黒子のバスケ 黛葉 お題:すごいうどん 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:772字 お気に入り:0人
お代わり、と五回目の声が聞こえた。わんこ蕎麦じゃないんだからそう言ったのは実渕だった。蕎麦って腹にたまんねーな!そう言って根武谷はガハハと笑った。(こいつ、蕎麦 〈続きを読む〉