ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:有名な扉 制限時間:15分 読者:317 人 文字数:519字 お気に入り:0人

地下にある扉

事務所の地下には大きな重い扉がある。
事務所探検をした何も知らないアイドルたちが、開けようとしてちひろさんに怒られているのをしばしば見かける。
なんでも、重大な物等を閉まっている部屋らしく、ちひろさん以外は誰も入ったことがない。

ただ、アイドルたちの間では別のものとして有名である。
それは―――ちひろさんの経営するスタドリ製造工場。
プロデューサー達が飲んでいるちひろさんが手渡しする謎の栄養ドリンク『スタドリ』を作っている、と。その原料としてアイドルたちを拉致しているとも。
一度だけ、ちひろさん以外が覗いたことがある。土下座までして、貯金の半分をも失ってまで覗いた後、彼は死んだ目をして出社するようになった。
その後、その扉は関わってはいけない扉として有名になってしまった。



「よし、誰も居ませんね……」
ちひろは深夜、全員が退社したのを見計らって隠してあるタッチパネルを操作し、扉へと入る。
「フフ、フフフフフフフ……」
手にしているのはアイドルたちの写真、写真写真。段ボール箱に溢れんばかりの写真やアイドル衣装ばかり。
「やっぱり、うちの事務所のアイドルは可愛いなぁ!!」
――そう、彼女は誰よりもアイドルが好きなのだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:ラストは木 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:341字 お気に入り:0人
ちょうどPV撮影の仕事がありがたいことにうちにも回ってきて、あれこれ皆が元気になってもらおうと、着ぐるみを作っとるんやけども、ヘレンしゃんのようなインパクトのあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:俺の団欒 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:335字 お気に入り:0人
昨日は、初めてのLIVEだった。最高だった。主役ではなくバックダンサーだったし、ミスもそれなりに有った。でも、今までにないくらいに感情が高ぶった。バックダンサー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:どうかげP ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:殺された正月 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:327字 お気に入り:0人
目を覚ますと、惨憺たる状態だった。「うぅ…頭がいたいですよ……」当たりを見渡せば、転がるビール缶、食べっぱなしのお節、それからお蕎麦の丼…。そして、佐藤心、姫川 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まいねまいご ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:正しい星 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1212字 お気に入り:0人
「わぁ……」森久保は目をキラキラと輝かせ、夜空に広がる満点の星空を眺めていた。「プロデューサー……、星が、綺麗です」「ああ、そうだな。森久保」振り返って、功労者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:入野井 羊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:彼と靴 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:460字 お気に入り:0人
「明日の準備は出来てるー?」声が響く。リビングにいるお母さんだ。「今荷物の確認しててるところー!」明日は引っ越し当日。そのための準備をしている。とはいえ荷造りは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:灰色の作家デビュー 制限時間:15分 読者:167 人 文字数:668字 お気に入り:0人
[鷺澤文香アイドルを辞め、作家デビュー!?]そんな見出しのニュースが出たのは文香がデビューから一緒だったプロデューサーと離れてすぐのことだった。「文香ちゃん!ア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:あきれたガールズ 制限時間:15分 読者:204 人 文字数:275字 お気に入り:0人
私の目の前に、とても背の高いお姉さんが現れた。「あー☆ ありすちゃん! おっつおっつ☆」 小学生である私よりもずっと……というか、平均的な大人の男の人と比べた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこもち ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:鳥の死 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:550字 お気に入り:0人
事務所へ向かう途中に白菊ほたるは、道端で鳥の死体を見つけた。嫌なものを見てしまったと自分の不幸を呪ったが、同時に可哀想だという思いも湧き上がった。しかしほたるは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:求めていたのは夏 制限時間:15分 読者:131 人 文字数:650字 お気に入り:0人
「はやく春にならないですかねえ。」事務所の一室で幸子が呟いた。「冬はあまり好きじゃないんですよね。暖房のせいで肌が傷みやすいですから。」「わ、わかるぞ。キノコも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:めっちゃ血 制限時間:15分 読者:195 人 文字数:374字 お気に入り:0人
「ぷ、プロデューサーさん。す、すごいね。」小梅がこちらに体重を預けた体勢で呟く。「わ、すごい血。うわあ、目の前いっぱい。」小梅の目の前には真っ赤な血がこれでもか 〈続きを読む〉

『過負何』 ◆muOlzNYfS.の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:『過負何』 ◆muOlzNYfS. ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:明るい勇者 必須要素:新聞 制限時間:30分 読者:210 人 文字数:401字 お気に入り:0人
新聞をめくる音だけが事務所に響く。多くのアイドルたちが在籍する事務所であろうとも、全員が出払ってしまえば静寂のみがこの空間を支配している。「ああ、そうだった。」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:『過負何』 ◆muOlzNYfS. ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:有名な扉 制限時間:15分 読者:317 人 文字数:519字 お気に入り:0人
事務所の地下には大きな重い扉がある。事務所探検をした何も知らないアイドルたちが、開けようとしてちひろさんに怒られているのをしばしば見かける。なんでも、重大な物等 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:『過負何』 ◆muOlzNYfS. ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:意外な育毛 制限時間:1時間 読者:505 人 文字数:587字 お気に入り:0人
プロデューサーは独り、職場で悩んでいた。あまり大きな声では言いたくないがカツラの下は殆ど毛が無いのである。「しかし、どんな育毛法も効果がなかったんだよなぁ……」 〈続きを読む〉