ジャンル:ONE PIECE お題:もしかしてコウモリ 制限時間:1時間 読者:485 人 文字数:830字 お気に入り:0人

【ベラル】特等席

どうでもいい事で腹を立て不貞腐れる。今回の喧嘩に満たない言い争いの発端は何だったか。
この家主の許可なく部屋に上がり込んでは勝手に冷蔵庫の中を漁り我が物顔で食べれるものなら胃に収め、挙句の果てには少ないと文句を言うルフィのことだ。大方食べ物絡みのやつだったに違いない。
あからさまに機嫌悪いですーという態度を取られたところでベラミーの口からは溜息しか吐き出せない。
唇を尖らせそっぽを向くだけでは飽き足らず体ごと背ける始末。胡坐を掻き、腕を組み、時たま鼻からむっふーと息を漏らす。そんなルフィのご機嫌斜めっぷりに何度今のように頭を掻き毟ったか。人とは常々面倒ごとに遭遇すると頭を掻き毟るのは何故だろう。そんな素朴で心底くだらない疑問を頭の隅に追いやったベラミーは然程遠くない、手を伸ばせば容易に届く距離にいるルフィの細く鍛えられた腰をやや雑に片腕で引っ掛ける要領で引き寄せた。
予想通り上がる文句や抵抗。愚図った赤子並に体を反らしては伸ばし暴れるルフィに隠さず舌打ちを零すも漸くベラミーは自身の掻いた胡坐の中に己より小さな体躯を収めることに成功した。一度押さえ込んでしまえばこっちのもの。徐々に大人しくなるルフィの口元に付いた食べカスを綺麗にする序に口に運ぶ。未だ機嫌が悪いが時間が経てばコロッと忘れたように機嫌が直るのは既に学習済み。ゆるゆる体を預け寄りかかるルフィを上から覗き込めば納得していないが致し方なしと云った顔をしている。その脹れた頬から最後の食べカスを摘みへの字口で閉じている相手の口に押し当てた。三度目で諦めたように口を開いたので噛まれない程度に押し込み、その流れで存外柔い猫毛の黒髪をわしゃわしゃ。

「……ずりぃ」

不承不承な声に間を置かず、どっと身を完全にベラミーに預けたルフィが唸る。見上げてくる目は完全なジト目。されど、それもその内無くなるのを知っているベラミーはただ意地悪い笑みを浮かべ更に相手の体を自分の方へ引き寄せるのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ONE PIECE お題:ぐふふ、想い 制限時間:1時間 読者:601 人 文字数:1983字 お気に入り:0人
「ぐふふ、想いが聞こえる装置…完成したぞォ!」ウソップの叫び声が自分の工場本部で響き渡り、その装置を両手で持つと室内であるのに空にかざすよう上にあげる。下から目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Capt.@二日目東ニ50a ジャンル:ONE PIECE お題:斬新な場所 制限時間:1時間 読者:955 人 文字数:4661字 お気に入り:1人
戦場がいかなる場所かを決めるのが、戦略の一環だ。戦場を知るという事は、勝利を掴み敗北を退けるという事でもある。 サカズキの表情は分からない。殆どどの位置からも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Capt.@二日目東ニ50a ジャンル:ONE PIECE お題:気持ちいい暴力 制限時間:1時間 読者:1038 人 文字数:5085字 お気に入り:0人
可哀想にな、とニューゲートは思っているものの、自分の動きを止めようとは思わなかった。 本当は助けるなり無視するなりすればいいのだ、わざわざ手を掛ける必要は無い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Capt.@二日目東ニ50a ジャンル:ONE PIECE お題:小説の中の大学 制限時間:1時間 読者:612 人 文字数:5617字 お気に入り:0人
大学、というものがどういうものなのか、クザンは考えた事も無かった。何しろそれまでの人生が『学校に行くのがめんどくさい』の一点張りだったからだ。近所に住む親代わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Capt.@二日目東ニ50a ジャンル:ONE PIECE お題:せつないところてん 制限時間:1時間 読者:1071 人 文字数:4835字 お気に入り:0人
ようやく息を吐き出したものの、時間は戻らないものと決まっている……喧嘩をするなんて久しぶりだ、とクザンも分かっている。分かっているが、喧嘩をする気持ちというも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Capt.@二日目東ニ50a ジャンル:ONE PIECE お題:絶望的な保険 制限時間:1時間 読者:737 人 文字数:5182字 お気に入り:0人
言い争う姿は一体何に見えるのだろうか、と俄にサカズキは考えた……それこそ親子に見えるのでは無いか、と考えたのだが、どう考えても彼らに腕と足と目の数以外の共通点 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しま ジャンル:ONE PIECE お題:早すぎた14歳 制限時間:1時間 読者:1635 人 文字数:1578字 お気に入り:0人
なにもする事のない日だった。 時間を持て余してうだりと寝そべった床の上で、ふと目を引く物を見つけてローはその日初めて重力に逆らって身を起こした。慎重につまんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しま ジャンル:ONE PIECE お題:穏やかなダンス 制限時間:1時間 読者:4164 人 文字数:1270字 お気に入り:0人
明るい陽射しの下に立つ男は、その船の上で明確に異質であった。(こいこい)大きいだけならサニー号の乗船者(?)にもいくらかいる。身長の高低など、サンジの生きている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:荒ぶる方のなぎゅ ジャンル:ONE PIECE お題:わたしの嫌いな祝福 制限時間:1時間 読者:1314 人 文字数:2017字 お気に入り:0人
「…and of the Holy Spirit.Amen.」血にまみれたサーベルを手にしたドレークの口から、無意識のうちに言葉がこぼれた。昔の習慣というものは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しま ジャンル:ONE PIECE お題:セクシーな宴 制限時間:1時間 読者:855 人 文字数:1109字 お気に入り:0人
(ギンサン/現パロ)耳にかけた髪の毛が、うつむいた瞬間視界に映り込むのが鬱陶しい。髪型にこだわりがあるわけでは無かったけれど、だからこそ髪を切るたびにいちいち変 〈続きを読む〉

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:いわゆる逃亡犯 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1425字 お気に入り:0人
以前、頭の中にどっかの誰かが勝手に話し掛けていた頃をシドーはふと思い出していた。本格的にからっぽ島開拓に着手し始め毎日楽しそうに物作りをする姿は見ていて飽きない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:孤独な復讐 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:631字 お気に入り:0人
心の奥底から沸き立ち枯れることの無い破壊衝動。何もかも跡形すら残さず壊したい欲望のまま身を委ねた。全てを破壊しつくせよと頭の中で声が響く。振るう腕が何かを破壊す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:猫の殺し 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:519字 お気に入り:0人
どうして設定した通りにならない。どうして思い通りにならない。この世界は私が作ったものなのになんでも思い通りに作り替えられない。勝手に動いて邪魔してどうしてどうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:隠された彼女 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:609字 お気に入り:0人
とくに動物の類が苦手というわけではない。見た目も中身も猫に懐かれれば満更でもなかっただろう。ただ見た目が、見た目の方が裕太にとっては大問題だった。ソファに座った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:素朴な駄作 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
「にゃあ」それはとても可愛げが無さ過ぎて逆に可愛く思えると見せかけてやはりそうでもない成熟した男の声色だった。キャリバーの口から発せられた猫の鳴き声でよく表現さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:純粋な正義 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1373字 お気に入り:0人
記憶喪失になってから身に着いた習慣は常々侮れない。六花と内海と一緒に六花の母親が経営している喫茶店にとりとめない話をしながら店内に入った瞬間、裕太は何か違和感を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:殺された性格 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1661字 お気に入り:0人
日が暮れ夕食時に怪獣が現れたお陰で店に集まるのが大分遅い時間帯になってしまった。閉店時間が差し迫っているにもかかわらず店内は明るく裕太達が戻ってくるまで全員待っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:燃える彼女 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:931字 お気に入り:0人
その時、燦々と降り注ぐ太陽を反射させ扇状に広がる海水を頭からかぶった。「あんまり人魚を見くびってほしくないものね」頭からずぶ濡れになった元凶がおちょくるように空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:最弱の小説合宿 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:964字 お気に入り:0人
微かなさざ波の音が段々とはっきり聞こえ始め意識が浮上する。目を開けようとした刹那、あまりにもの明るさに眩暈が起き目元を手のひらで多い庇を作った。軽く瞬きをくり返 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:思い出のもこもこ 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:638字 お気に入り:0人
柔らかで優しい月の光、星の光を容易く遮り覆う分厚い雲から降り注ぐ大粒の雨冷たく、不規則で暴力的な閃光と轟音を轟かす雷すら蠢く暗闇化した海が飲み込みうねる。巨大な 〈続きを読む〉