ジャンル:血界戦線 お題:僕が愛した小雨 制限時間:15分 読者:389 人 文字数:399字 お気に入り:0人
[削除]

降られたい気分

こんな俺にだって、雨に濡れたい時がある。
本当にたまに、だが。

「なんか、今日のザップさんおかしくないですか?」

あ、おかしいっていうのはいつもと違うって意味であかしいのはいつもでした、だとか抜かす陰毛頭はとりあえずぶったたいておいた。でも確かに今日の俺はおかしいんだろう。自分でもそう思う。朝起きた時の部屋の静かさが妙に妙に頭に残っていて、気が付けば深い思考の闇に絡めとられそうになる。この俺が。

きっと、昨日振られたからだ。そうに決まってる。
そういえば、ここ最近では一番長い付き合いだったかもしれない。自分が思っていたよりも大きな存在になっていたのだろうか。

「…なんか静かなザップさんってキモイっす」

ああ、自分でもキモい。確かに。性に合わない。
たった一人の女のことでここまで落ち込むだなんて。

「…テメェ、好き勝手言いやがって、まてこら」

こんな気持ち、すぐに晴れる。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:こけら。 ジャンル:血界戦線 お題:間違ったブランド品 制限時間:15分 読者:524 人 文字数:437字 お気に入り:0人
「なあ。それ、なんなんだ?」スティーブンが指差した先。積まれた本の上には、硝子の小瓶が鎮座していた。中身には粒状の白い何かが詰まっている。「頂き物だ。なんでも、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あずき//ありがとうございました! ジャンル:血界戦線 お題:何かの命日 制限時間:15分 読者:466 人 文字数:1341字 お気に入り:0人
「ザップ・レンフロはどこにもいない」 てのひらにどろりと流れる赤黒い感触も、踏みつぶした躯の感覚も、スティーブンは決して忘れようとしなかった。目を背けようとしな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:灰色の狼 制限時間:15分 読者:409 人 文字数:536字 お気に入り:0人
うねりを上げながら、駆け抜ける銀色の狼。その身を血で汚すこともなく、どこまでも精錬に獲物を狩り尽くす。 紅い月の瞳、頬に一閃の傷跡。ぞっとするほど、美しい。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル:血界戦線 お題:大きな魚 制限時間:15分 読者:465 人 文字数:1091字 お気に入り:0人
求められたかった。レオナルド・ウォッチが事務所の扉を開いたのは午前二時を回ったころで、おかしなことにドアを開けてみると電気が付いていて人の気配があった。丑三つ時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たかみ ジャンル:血界戦線 お題:楽観的な国 制限時間:15分 読者:378 人 文字数:500字 お気に入り:0人
この地に住めば住む程に思う 此処では何が有っても可笑しく無いし、なんていうか皆其れを受け入れて。どんな騒ぎも【そういうものだ】といった感覚で、ハレの日みたいな扱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:宿命のモグラ 制限時間:15分 読者:559 人 文字数:770字 お気に入り:0人
まるで陽に焼かれて終わるようで、実のところ、野垂れ死ぬように。 自分はそういう死に方をするのだろうと、スティーブン・A・スターフェイズは漠然と思っていた。「地 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:本田屋あさ ジャンル:血界戦線 お題:清い雑踏 制限時間:15分 読者:529 人 文字数:586字 お気に入り:0人
ハロー、ミシェーラ。今日もここHLでは霧が立ち込めています。まぁそのおかげで異界人も普通に街を歩けてるんだと思うけどね。さすがHLって感じだよ。僕あんまりここの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:血界戦線 お題:出来損ないの小説家 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:1644字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【ライブラのとある日】その日、レオナルド・ウォッチがライブラの執務室に入るとソファーでエルセリーザ・ディライトが仰向けに寝そべりながら小説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル:血界戦線 お題:小説家たちのサッカー 制限時間:30分 読者:408 人 文字数:2386字 お気に入り:0人
僕が文筆家を目指したのはなんてことはない、僕にとって多くのものをことばにするという行為が息をするのと同じだったからだ。こういうと難しいけれど、つまり僕は日記を書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:情熱的な経歴 制限時間:30分 読者:420 人 文字数:1040字 お気に入り:0人
「ハロー、ミスターステファン」 呼ばれたスティーブンは振り返り、そして振り返ったことを後悔した。「えー、と。どうも、ミスター……」「ダニーで構いませんよ。ステフ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターミリオンライブ お題:煙草と転職 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:400字 お気に入り:0人
「茜、ちょっといいか?」***「プロデューサーをやめることにしたんだ。いきなりでごめんな」プロちゃんはいつもは見せないような真面目な表情で茜ちゃんにそういった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:光の霧 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2423字 お気に入り:0人
光の霧3年生の修学旅行は、在校生が最も楽しみにしている行事だと言っても過言ではないだろう。氷帝学園の修学旅行は3年次の9月に行われ、行き先はヨーロッパ、オースト 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:つらい貯金 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:343字 お気に入り:0人
オレは数ヵ月前に出来た彼女のためにコツコツと貯金をして、プレゼントを買うつもりだった。しかし、なんと数日前にこのオレがフラれてしまったのだ!そのきっかけは、オレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:免れた百合 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:356字 お気に入り:0人
巻ちゃんは英五が得意だ。この間はTOELFで8割を取ったと言っていたな! そんな巻ちゃんがイギリスに留学することを聞いたのは出発の一週間前のことだった。いつもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:寒い罪人 必須要素:時限爆弾 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
これはとある冬のお話。私と魔理沙は炬燵に入ってのんびりとしていました。なんでもない、ただの1日。ついうとうととしてしまっていた時でした。突然けたたましい音が鼓膜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:走る人々 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:792字 お気に入り:0人
「今日はいい天気だねぇ」「お前、いつもそればっかだな」魔法の森の入り口近く。そこには謎の古道具屋があった。店主の名は森近霖之助。彼は一人で店を開き、生活している 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:黒い同性愛 必須要素:うへへ 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:757字 お気に入り:0人
「すっずちゃ~ん♪いやわりぃね待たせちゃってさ!」「あはは、大丈夫、私も今来たところだから。」東龍学院高等部からほど近い喫茶店。私本居小鈴は、この子、河城にとり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:地獄発言 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:769字 お気に入り:0人
ここは旧地獄。その旧地獄の奥。そこには地霊殿と呼ばれる館が立っていた。「はぁ、今日の晩御飯どうしようかしら」地霊殿の主、古明地さとりは呟いた。「昨日の残り物でい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うちのトコでは お題:いわゆる曲 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:1501字 お気に入り:0人
上手くもなく、かといって悪目立ちするほどの下手さでもない、いたって平凡なリコーダーの音色にあくびが出る。こっそりしたつもりだったのだが、「眠いなら保健室に戻っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:宿命の成功 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:800字 お気に入り:0人
「俺、考ちゃんを愛するために生まれてきたんだと思う。」「…へ?」いつもおどけてばかりの恋人が急に真面目な顔をして言うから、おたまでカレーを掬った格好のままフリー 〈続きを読む〉