ジャンル:ゼルダの伝説 お題:僕が愛した雲 制限時間:1時間 読者:447 人 文字数:297字 お気に入り:0人

剣と雲


ギラヒム
「・・・」

珍しくギラヒムが何もせずボーッと空を見ている。

何をしているのか聞くと彼は軽く笑い

ギラヒム
「見てわからないのかい?雲を見ているのさ」

空を見ると確かに雲が浮かんでいる。

青い空に疎らに浮かぶ白い雲。

ギラヒム
「雲は自由で少々羨ましく思うよ。まぁマスターに従える方がいいがね」

ふわふわと漂う雲。雲になれたら気持ち良さそうと考える。

ギラヒム
「意外だねぇ。君もそう思うのかい?」

でも所詮は剣。自由になどなれない。

それでも、この姿であの人の隣にいられるのが幸せ。

ファイ
「・・・今日もいい天気ですね」

ギラヒム
「・・・あぁ。そうだね」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゼルダの伝説 お題:哀れな祝福 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
そう遠くない、なるかもしれない未来。と、いったところでそれが一体何百年、何千年後なのか、もしかしたらすぐ近い未来なのか、はたまた別次元の過去なのか分からない。皮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:ゼルダの伝説 お題:少女のもこもこ 制限時間:1時間 読者:748 人 文字数:1311字 お気に入り:0人
ガノリンかもしれないが欠片も甘くない。ガノンドロフがリンクを傷つけるお話。グロい。痛そう。リンクが喋れない設定。 壁に打ち込まれた楔とそこから伸びる鎖。それらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:ゼルダの伝説 お題:禁断の空想 制限時間:1時間 読者:590 人 文字数:1330字 お気に入り:0人
時オカ敗北ルートでガノリン。 直接そういう描写は無いけれど、一応ヤる事ヤってる前提で書いてます。 文化的な捏造要素が少しあります。ガノンドロフ様の寝間着が浴衣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:ゼルダの伝説 お題:朝の傘 制限時間:1時間 読者:469 人 文字数:3164字 お気に入り:0人
時の勇者とゴーストショップの主人のお話。 心の赴くままに書いてます。メタいかもしれない。 相変わらずリンク君は喋らないし、喋っている人も口調が迷子。 「今日の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:ゼルダの伝説 お題:オチは口 制限時間:1時間 読者:488 人 文字数:1155字 お気に入り:0人
時オカのopの、「平和なハイラルを馬で駆る青年勇者」ってゲームの中では実現しないよなぁって思って書きました。リンクが見た夢のお話。腐向けではない。チャットの口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:ゼルダの伝説 お題:絵描きの火事 制限時間:1時間 読者:635 人 文字数:5223字 お気に入り:0人
全てを奪われた時の勇者と、優しくて美しくて絶対的な女神ハイリア様のお話。 流血表現があります。 例によってお題は無視。いろいろあれ。 森の中を一人の青年が馬に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:ゼルダの伝説 お題:愛すべき地下室 制限時間:1時間 読者:563 人 文字数:3406字 お気に入り:0人
聴唖(聞こえて喋らない)。失声症設定の「ムジュラの仮面」版リンクのお話。冒険のその後のお話。 タミルナの文字は表音文字らしいのでひらがな表記にしてみました。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゼルダの伝説 お題:女の育毛 制限時間:1時間 読者:665 人 文字数:1729字 お気に入り:0人
世界観は無双。そこに風タク組が乱入。大体ト書き御注意。●おこ魔王ズ「髪長くない」「袖揺らめかせてない」「「あと、顔付きが怖くない」」別に真後ろに別次元の本人が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゼルダの伝説 お題:天国のオチ 制限時間:1時間 読者:685 人 文字数:2201字 お気に入り:0人
世界観は無双。そこへ風タク組が乱入しております。大体ト書き御注意。●乱闘開始「おーい。こっちのみんな~、これで一緒に遊ぼー!」唐突に何の脈絡も無しにスマブラwi 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゼルダの伝説 お題:茶色い火 制限時間:1時間 読者:1314 人 文字数:2475字 お気に入り:0人
ゼルダ無双に風タク組が遊びにきました。ト書きばっか大体魔王と勇者ばっか注意。●こっちの魔王とあっちの魔王「どうしよテトラ…」「あれだろ?わーってるって…」「す、 〈続きを読む〉

かおりんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
エリート(笑) ※未完
作者:かおりん ジャンル:ロックマン お題:昼間のエリート 制限時間:2時間 読者:245 人 文字数:454字 お気に入り:0人
エレキ「・・・」電気制御用ロボット、エレキマン。仕事中は真面目で何でもこなせるエリート。しかし、一旦研究所に帰ると彼は変貌してしまう。エレキ「やぁタイム。今日も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かおりん ジャンル:ロックマン お題:どす黒い行動 制限時間:2時間 読者:290 人 文字数:581字 お気に入り:0人
オイル「ファイヤー、メンテナンスだヨゥ」ファイヤー「おうっ!」ファイヤーマンのメンテナンスは大変だ。何故なら・・・エレキ「ファイヤーがメンテナンスと聞いて」オイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かおりん ジャンル:ゼルダの伝説 お題:僕が愛した雲 制限時間:1時間 読者:447 人 文字数:297字 お気に入り:0人
ギラヒム「・・・」珍しくギラヒムが何もせずボーッと空を見ている。何をしているのか聞くと彼は軽く笑いギラヒム「見てわからないのかい?雲を見ているのさ」空を見ると確 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かおりん ジャンル:ダンガンロンパ お題:スポーツのぬくもり 制限時間:2時間 読者:319 人 文字数:474字 お気に入り:0人
桑田「・・・」希望ヶ峰学園に来てから一度もグローブに触れてなかった気がした。自分としてはそんなに使い込んでるわけでもないのにボロボロに見える。桑田(このグローブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かおりん ジャンル:どこでもいっしょ お題:3月の償い 制限時間:30分 読者:238 人 文字数:1076字 お気に入り:0人
スズキ「・・・」三月某日。学校の校庭でスズキは黄昏ていた。スズキ「ハァ・・・」スズキは悩んでいた。月末の卒業式に出るか、研究所にいって体の不調を治すか。スズキ「 〈続きを読む〉