ジャンル:アイドルマスター お題:穢された小説修行 制限時間:1時間 読者:292 人 文字数:1085字 お気に入り:0人

亜美が真美にちゅっちゅするだけ

「……ねえ、亜美さぁ……何やってんの」
「んーとね、真美にちゅっちゅしてる」
「ふざけないでよぉ!どいてよ!」
そんなに怒鳴らなくてもイーじゃん!
真美が愛おしすぎて不意打ちで押し倒して至るところにちゅっちゅしてたらすっごい嫌そうな顔で押し返された。おっかしーな。いつもだったらもー亜美ったら。んふふ、ちかたないなー思う存分ちゅっちゅさせてしんぜよう!とかメッチャ笑顔で言うハズなんだけどな。おっかしーなぁ。
あ、真美のかわいいおへそ。こんなかわいいお腹出して歩いててちゅっちゅするなって言う方が酷だよねん。
真美のお腹に鼻を押し付けて思いっきり深呼吸する。するとちょっと真美のお腹が跳ねてかわいい。あー還りたい。できることなら真美のお腹に還りたい。出たくない。
「んふっ……ちょ、亜美っ!ヤメてよぉ!今汗くさいっしょ!」
「全然くさくないよ?てか真美の汗ならくさくても全然OKっしょ!むしろ舐める」
「……うっっわ……さすがの真美でもドン引きだよー……」
「えっ、ちょっ、酷くない!?あっあっ離そうとしないで真美やめて亜美ちんじゃう」
「酷くないよ!もーあついの!離れて!」
力尽くで腰にしがみついてる亜美を離そうとしてるけど亜美は真美の力くらいじゃ離れないよ。竜宮小町なめんなよ。ぐいぐい押してくるけど全然余裕っしょー…………あ、ちょっとキツくなってきたかも。
亜美がキツくなってきたのと同時に真美の力もゆるくなっていく。やっぱり双子ってカンジだよねー!運命共同体だし、真美は早く亜美と結婚をキメた方がいいと思うの。
「っ、ふぅ……」
呆れたかのようにふっと真美の力が抜ける。亜美の勝ちだ。真美のこと好きにしてもいいかな。
もともと相当疲れてたのか息が荒い。ふぅ、ふぅ、と短い息を吐き出す度に胸が上下する。亜美より少しだけ大きい胸。少し汗ばんだ胸。しっとりとした谷間。……髪の毛がはりつく鎖骨と首筋、上気して赤い頬と潤んだ瞳。……あー……エロい。やばい。
同じ体のつくりで同じ顔のはずなのになんでこんなに違うんだろ。普通同じ顔にムラムラしたりしないはずなんだけど。
なるしちずむ?とか、そういうのなのかもしれない。
やっぱり、亜美が"ふつう"じゃないからなのかな。
まだ酸素を求めてぱくぱくしてる真美を見る。
…………まあ、どうでも、いいかな。
かわいい真美の唇に自分のそれを重ねて、絡ませて。
「……っ、ん……亜美ぃ……もー……」
「ゴメン、真美見てたらムラムラしてきちった」
「……らいぶ、終わったばっかなのに。……ここ、一応楽屋だから……気をつけて、ね?」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスター お題:進撃の地下室 制限時間:1時間 読者:453 人 文字数:3121字 お気に入り:0人
765プロダクション。ここ最近で急激に売れっ子となった女性アイドルを数多く輩出する事務所だ。なんの変哲もない通りに面した、小ぢんまりとしたビルの二階に、その事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茨衣駆少佐/ ジャンル:アイドルマスター お題:イギリス式の俺 制限時間:1時間 読者:564 人 文字数:1951字 お気に入り:0人
あれは・・・そう、3年前の事だ。俺は旅行でイギリスに行った。見所等は見終え帰国二日前の昼の時だった。 その日は霧で覆われ、どっかの球場みたいだなと心で思っていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ツクモ、鎮魂の夢に沈むね… ジャンル:アイドルマスター お題:輝く墓 制限時間:1時間 読者:587 人 文字数:1391字 お気に入り:0人
私たちの世界は真っ白だった。 隣でふわふわとリボンが揺れる。真っ白な世界で、それでも真っ黒なリボン。赤がよくにあう春香ちゃんの、珍しい真っ黒なリボン。私はその 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カンテくん ジャンル:アイドルマスター お題:去年の水たまり 制限時間:2時間 読者:58 人 文字数:3156字 お気に入り:1人
バスケ部指定のジャージを着ている俺の少し前を行く幼馴染に俺は声をかけた。「奈緒」「どうした?」幼馴染は俺の呼びかけにニコニコしながら応じた。屈託のない笑顔、俺み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスター お題:進撃の暴力 制限時間:30分 読者:94 人 文字数:1610字 お気に入り:0人
今日は一日事務所で、溜めっぱなしの事務を片付けている。そろそろお昼時、さて今日は何を食べ……「わっほーい! カロリーを求める雰囲気を感じましたよー!」「み、美 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスター お題:近い芸術 制限時間:30分 読者:153 人 文字数:1269字 お気に入り:0人
題名のない写真展。 ぶらぶらと当ても無くウインドウショッピングを楽しんでいた私の目に、そんな看板が飛び込んできた。ビルの一室でちょっとした展覧会をやっているみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスター お題:誰かの雲 制限時間:30分 読者:340 人 文字数:948字 お気に入り:0人
天と海の間、遥か広がるは風にたゆたう白。そこに確かに存在するはずなのに、一面に広がるそれは、いくら手を伸ばせど、決して掴めぬ泡沫。 アイドルはそんなものなのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宇白 時 ジャンル:アイドルマスター お題:誰かの神話 制限時間:4時間 読者:292 人 文字数:1074字 お気に入り:0人
「えー、お姫ちんが女神!?」「ありえないって、何言ってるのひびきん。」「いや、見たんだぞ。貴音が女神って呼ばれているのを…」昼下がりの765プロにていつもの他愛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスター お題:ダイナミックな夜中 制限時間:15分 読者:319 人 文字数:588字 お気に入り:0人
番組収録後の夜道が好きだ。担当アイドルが思いっきり歌って、踊って、輝いて。おこがましい言葉かも知れないが、自分の仕事が形になった気がして、そんな仕事終わりの夜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスター お題:素人の理由 制限時間:15分 読者:484 人 文字数:661字 お気に入り:0人
「春香は誕生日の祝われ方がなってないの!」 事務所に来たら美希がいて。誕生日おめでとう、と言ってくれたんだけど。 何故かいきなり、私は美希に怒られている。「い、 〈続きを読む〉

兎原じゅりこの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:プリパラ お題:光の終身刑 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:637字 お気に入り:0人
わたしと、そんなにかわらないのに。いえでは、すっごーーく、おこちゃまなのに。ステージに上がると一気に王子様になっちゃうの。小さい頃から、わたしは、『夢川ショウゴ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:アイドルマスター お題:アブノーマルな粉雪 制限時間:15分 読者:316 人 文字数:606字 お気に入り:0人
さらさらとした雪。都会で降る雪にしては珍しくサラサラな粉砂糖のような雪。響の艶のある黒髪にかかっていると、まるでフォンダンショコラのよう。ふふ、美味しそうね。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:アイドルマスター お題:穢された小説修行 制限時間:1時間 読者:292 人 文字数:1085字 お気に入り:0人
「……ねえ、亜美さぁ……何やってんの」「んーとね、真美にちゅっちゅしてる」「ふざけないでよぉ!どいてよ!」そんなに怒鳴らなくてもイーじゃん!真美が愛おしすぎて不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:プリパラ お題:昨日のヒーロー 制限時間:15分 読者:874 人 文字数:462字 お気に入り:0人
「レオナ」「なあに、シオン」「ふっ、呼んだだけだ」「やだ、ドロシーみたい。」かわいいなあ…でも、かっこいい。男の私より、かっこいい声。好きになっちゃったんだ。声 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:アイカツ! お題:今日の薔薇 制限時間:30分 読者:526 人 文字数:911字 お気に入り:1人
薔薇のような赤い瞳に吸い込まれている。あかりちゃんが誰を見ていても、吸い込まれてしまうんだ。私は、キャラバンのあの時から、あかりちゃんの瞳が大好き。ずっとずっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:プリパラ お題:許されざるデザイナー 制限時間:30分 読者:846 人 文字数:765字 お気に入り:1人
……これを着せて、脱がせたい、と。真面目にデザイナーをやっている人がこんなこと聞いたら、怒られてしまいそうな、欲望。…やっぱり、生まれてこの方お洒落などに興味を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:ラブライブ! お題:光の猫 制限時間:4時間 読者:554 人 文字数:2000字 お気に入り:0人
ものすごく近かったはずのあの子は、いつの間にかわたしを置いていってしまった。もうあの子はキラキラ輝きすぎて、触れることすらままならない。どうして、こんなに離れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:ラブライブ! お題:苦し紛れの団地 必須要素:衝撃の展開 制限時間:15分 読者:528 人 文字数:593字 お気に入り:0人
ぎぃ、たんっ。最初は慣れなかった、古い団地の階段。びくびくしながら上り下りしていたけれど、今ではすっかり慣れて、軽いステップで踏み込むことができるようになった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:ダンボール戦機ウォーズ お題:傷だらけの死刑囚 必須要素:右手 制限時間:2時間 読者:769 人 文字数:770字 お気に入り:0人
…馬鹿なんじゃないのか。敵対していた上に痛めつけられた奴に手を差し伸べるなんて、馬鹿としか考えられない。本当、こういうのは煙たいというか、…めんどくさい。「お前 〈続きを読む〉