ジャンル:アイドルマスター お題:アブノーマルな粉雪 制限時間:15分 読者:321 人 文字数:606字 お気に入り:0人

「雪、雪が怖いんだ」

さらさらとした雪。都会で降る雪にしては珍しくサラサラな粉砂糖のような雪。
響の艶のある黒髪にかかっていると、まるでフォンダンショコラのよう。ふふ、美味しそうね。
なんて考えながら、事務所に走って来るや否や私の胸に飛び込んできた年上の頭についた雪を払ってやる。
こーいう所が"アホの子"って言われる理由なの、わかってないのかしら。
雪を払いながらそのまま優しく撫でてやると、胸に頬を摺り寄せながら上機嫌にくすりと微笑む。まるで犬ね。ちょっとくすぐったいんだけど。
「響、雪、もう取れたわよ。そろそろ離れなさい」
「えー……嫌だぞー……まだ雪怖い……」
「アンタ何年東京住んでんのよ。もう慣れたでしょ。あっち行きなさいよ」
「うがー!伊織はイジワルだぞー!…………もうちょっと甘えてても、いいでしょ?」
にへら、という擬音が似合いそうな笑顔で見上げてくる。あーもう狡いわね。何が意地悪よ。そんな小悪魔みたいなことしてくるアンタの方が維持悪いわよ。
でもね、私もまだまだアンタよりも子供なんだから……ね?
「……あのね、年上なんだから、…………甘えさせなさいよ」
猫被ってる時でも出さないようなとびっきりの甘ったるい声を出して響の胸に埋まる。
あぁ、この大きい胸が羨ましい。ここにいると安心する。
ぎゅ、と腰に手を回してみると、慈しむような甘すぎる手つきで抱きしめ返してくる。……ずっと、雪なんてやまなければいいのに。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスター お題:ダイナミックな夜中 制限時間:15分 読者:326 人 文字数:588字 お気に入り:0人
番組収録後の夜道が好きだ。担当アイドルが思いっきり歌って、踊って、輝いて。おこがましい言葉かも知れないが、自分の仕事が形になった気がして、そんな仕事終わりの夜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスター お題:素人の理由 制限時間:15分 読者:500 人 文字数:661字 お気に入り:0人
「春香は誕生日の祝われ方がなってないの!」 事務所に来たら美希がいて。誕生日おめでとう、と言ってくれたんだけど。 何故かいきなり、私は美希に怒られている。「い、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスター お題:今年の光 制限時間:15分 読者:503 人 文字数:795字 お気に入り:0人
キラキラしたい、と願ってから早数年。アリーナライブが成功し、ハリウッドまで行って、間違いなく私はキラキラしている、と思う。少なくとも、これで文句を言っていたら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスター お題:過去の天国 制限時間:15分 読者:628 人 文字数:581字 お気に入り:0人
貴音は暇になるといつも空を見上げている。朝、昼、夕方、そして夜空。時に物憂げで、時に楽しげで。 自分もそんな貴音に付き合って空を見上げることが増えた。そして今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスター お題:混沌の小説家たち 制限時間:15分 読者:680 人 文字数:748字 お気に入り:0人
自分のグラビア&インタビュー記事が載った雑誌を買いに、書店にやって来た。……いや、正確には違う。見たいだけなら見本誌が届いているし、そもそも私は歌を歌いたいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスター お題:死にぞこないの任務 制限時間:15分 読者:706 人 文字数:991字 お気に入り:0人
亜美「うあー……今日は鬼入ってたよ→……」伊織「ホントよ……最近また厳しくなったんじゃないかしら」あずさ「ちょっと休憩しないと……もたないかもしれないわね~」… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:春宵道化師 ジャンル:アイドルマスター お題:かっこいい体験 制限時間:15分 読者:638 人 文字数:1345字 お気に入り:0人
「ねぇあんたって……何かかっこいい体験した覚えはないわけ?」パソコンをひたすら打ち込みながら今後のスケジュール表を作っていた俺は、いきなり伊織に聞かれてしまった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
書きことば ※未完
作者:ごまおbot ジャンル:アイドルマスター お題:疲れた探偵 制限時間:15分 読者:445 人 文字数:610字 お気に入り:0人
探偵をすることは疲れる。ここ2,3日、千早ちゃんの様子がおかしい。夜な夜な散歩に行くといって、30分ほど家を空ける。手にはツナ缶を持って。何をしているのか、どう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アズマ@ピンクさん ジャンル:アイドルマスター お題:暴かれた恋愛 制限時間:15分 読者:788 人 文字数:436字 お気に入り:0人
時々、冬馬くんからメールがくる。 最初は嫌味なメールが多かったけど、…誤解が解けていいライバルになっていくにつれて、何だかメールの文面は優しくなっていった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りなりな ジャンル:アイドルマスター お題:彼の死 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:422字 お気に入り:0人
大天才で無鉄砲な私にも、1つだけ恐れていることがある。それは、私以外の人がいなくなることだ。どれだけ私が天才でもそれを見てくれる人がいなくなるのがこわい。「やっ 〈続きを読む〉

兎原じゅりこの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:プリパラ お題:光の終身刑 制限時間:30分 読者:161 人 文字数:637字 お気に入り:0人
わたしと、そんなにかわらないのに。いえでは、すっごーーく、おこちゃまなのに。ステージに上がると一気に王子様になっちゃうの。小さい頃から、わたしは、『夢川ショウゴ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:アイドルマスター お題:アブノーマルな粉雪 制限時間:15分 読者:321 人 文字数:606字 お気に入り:0人
さらさらとした雪。都会で降る雪にしては珍しくサラサラな粉砂糖のような雪。響の艶のある黒髪にかかっていると、まるでフォンダンショコラのよう。ふふ、美味しそうね。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:アイドルマスター お題:穢された小説修行 制限時間:1時間 読者:297 人 文字数:1085字 お気に入り:0人
「……ねえ、亜美さぁ……何やってんの」「んーとね、真美にちゅっちゅしてる」「ふざけないでよぉ!どいてよ!」そんなに怒鳴らなくてもイーじゃん!真美が愛おしすぎて不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:プリパラ お題:昨日のヒーロー 制限時間:15分 読者:880 人 文字数:462字 お気に入り:0人
「レオナ」「なあに、シオン」「ふっ、呼んだだけだ」「やだ、ドロシーみたい。」かわいいなあ…でも、かっこいい。男の私より、かっこいい声。好きになっちゃったんだ。声 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:アイカツ! お題:今日の薔薇 制限時間:30分 読者:529 人 文字数:911字 お気に入り:1人
薔薇のような赤い瞳に吸い込まれている。あかりちゃんが誰を見ていても、吸い込まれてしまうんだ。私は、キャラバンのあの時から、あかりちゃんの瞳が大好き。ずっとずっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:プリパラ お題:許されざるデザイナー 制限時間:30分 読者:852 人 文字数:765字 お気に入り:1人
……これを着せて、脱がせたい、と。真面目にデザイナーをやっている人がこんなこと聞いたら、怒られてしまいそうな、欲望。…やっぱり、生まれてこの方お洒落などに興味を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:ラブライブ! お題:光の猫 制限時間:4時間 読者:565 人 文字数:2000字 お気に入り:0人
ものすごく近かったはずのあの子は、いつの間にかわたしを置いていってしまった。もうあの子はキラキラ輝きすぎて、触れることすらままならない。どうして、こんなに離れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:ラブライブ! お題:苦し紛れの団地 必須要素:衝撃の展開 制限時間:15分 読者:535 人 文字数:593字 お気に入り:0人
ぎぃ、たんっ。最初は慣れなかった、古い団地の階段。びくびくしながら上り下りしていたけれど、今ではすっかり慣れて、軽いステップで踏み込むことができるようになった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎原じゅりこ ジャンル:ダンボール戦機ウォーズ お題:傷だらけの死刑囚 必須要素:右手 制限時間:2時間 読者:786 人 文字数:770字 お気に入り:0人
…馬鹿なんじゃないのか。敵対していた上に痛めつけられた奴に手を差し伸べるなんて、馬鹿としか考えられない。本当、こういうのは煙たいというか、…めんどくさい。「お前 〈続きを読む〉