ジャンル:遊戯王ARC-V お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:474 人 文字数:1057字 お気に入り:0人
[削除]

取り戻せない世界

「待って、待って……!」
 ごう、と耳元を風が過ぎていく。目も開けていられないような強風が顔を打つ。そんな中、翠色のを持つ少女がひとり、先を行く少年の背を追いかけていた。
「待ってってばぁ……!」
 少年は歩みを止めない。まるで初めから少女の言葉など聴こえていないかのように、すたりすたりと灰色の砂を踏んでいく。
 少女の瞳から、淡い涙粒が落ちる。

「待ってよ、ユーリぃ……!」

 ――少女の言葉に、少年――ユーリは、死んだ表情で背後を振り返る。果たしてその視界には何が映っているのか、と問いたくなるような暗い顔だった。
「何」
「なんで私を置いていくの? 一緒に歩こうって言ってくれたのに!」
「……」
「何か言ってよ!」
「……うるさいなぁ」
「なっ……」
 瞬間、少女の背に冷水を浴びせられたような悪寒が走る。冷徹。微々の労わりさえ感じさせないその視線は、到底その年頃の少年が投げつけられるものではないほどに、冷たく悲しい色だった。
「あのねぇ、僕の背中を追いかけてばかりじゃあいけないよ? 君は立派なデュエリストになるんだろ。僕を追いかけてるようじゃあいつまでたっても――」
「それでも、ユーリと一緒がいい!」
「っ」
 ぐ、と少年が呻くように言葉を発した。それはわずかな亀裂。決して表に出さないようにと封じ込めていた「何か」を抑えようと、少年は白くなった唇をキツく噛む。
 その表情は何より苦しそうで、その唇は何よりも本音を吐いてしまいそうで、その両手は何よりも少女を閉じ込めたくて、その両足は何よりも少女の元へ行きたがっている。
 ――だけどね。
「ごめんね、僕は一足先にプロフェッサーの元で学ぶんだ。彼の傍で、優秀なデュエル戦士としてね」
「私は……私じゃだめだって言うの!」
「僕だけが選ばれたという事は、そういう事だろうね。残念だったね。悔しかったらさっさとここまできなよ。――君にできたらの話だけど」
 少年は前を向く。少女が慟哭するのも構わず、前だけを向く。振り返らない。――振り返っては、いけない。許されない。

「ごめんね、セレナ」

 まだ感情を表に出して笑う年頃の少年に課せられた、枷。
 それはセレナという少女を、守るためだけに。
 彼は己を殺して、上へと昇り詰めなければならなくて。

「絶対、また会おうね」

 少年の言葉は届かない。強風に流され消えていく。
 その数年後、14歳となった少年少女は再開する。

 ――だが、少女は何も憶えていなかった。

(空前絶後の失望)

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:ドイツ式の秋雨 制限時間:15分 読者:346 人 文字数:368字 お気に入り:0人
秋雨ガン無視です クロウとかにすればよかったか「パパがお土産に買ってきたんだが、俺様が出向いてやってんだ、当然食うよな?」珍しい来客は開口一番そう言った。横柄な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:たった一つのハゲ 制限時間:15分 読者:356 人 文字数:990字 お気に入り:0人
「……」「何をしている」「いやー、これはちょっと可哀想かなと思って」 そう言って沢渡が示したのは一羽のヒナだった。零児は今気づいたとばかりに視線を向けると、まだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:かっこ悪いつるつる 制限時間:15分 読者:563 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「うわっ!?」 どさっ、と重量感のある音と共に、廊下でしりもちをついたのは遊矢である。音に振り向いた赤馬は、その惨状を見て顔をしかめた。「君は何をしているんだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:俺の流刑地 制限時間:15分 読者:483 人 文字数:1306字 お気に入り:0人
「あんたが何を考えてるのかは分からないけど、異次元に行くんでしょ?」「そうだ」「あんたも一緒に行くの?」「ああ」「一緒に戦う?」「そうなる」「そっか」 端末を操 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:遠い世界 制限時間:15分 読者:664 人 文字数:1084字 お気に入り:1人
「行くの?」「そうだね、命令だから」 一瞬、眉間に皺を寄せたユーリは、平静を装って椅子から立ち上がると、デニスの元へ歩いていく。壁に寄り掛かるデニスの前に立って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:闇の育毛 制限時間:15分 読者:502 人 文字数:1286字 お気に入り:0人
「ちょっと訊きにくいことなんだけどいい?」「どうかしたのか?」 社長室で出された紅茶を飲んでいた遊矢が、じっとこちらを見てそう言ったので、何気なく赤馬は返答した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:僕の好きな少数派 制限時間:15分 読者:490 人 文字数:1276字 お気に入り:0人
「私は君のことが好きだが、君は私のことが嫌いだろう?」 はあ?何を言ってるんだこの男。そう赤馬零児に問いかけられた黒咲が真っ先に思ったのはそれだったが、そのまま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:暑い夕日 制限時間:15分 読者:500 人 文字数:1217字 お気に入り:0人
「暑い」「そうだね」 それなら袖をまくるなりすればいいじゃないかと思うんだが、赤馬零児という人間はどこかずれているようで、おもむろに空調を制御するリモコンを手に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:闇の深夜 制限時間:15分 読者:450 人 文字数:1419字 お気に入り:0人
「出かけないか?」「……正気か?」 赤馬零児の誘いに、俺は真顔で返答した。夜に突然社長室に呼び出されたかと思ったら、出かけようなどと。いくら同盟を結んだ身とはい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:恋の病気 制限時間:15分 読者:504 人 文字数:643字 お気に入り:0人
「……あの、僕の顔に何かついてるかな」「別に?」 カードをめくる指は黒い手袋に隠されている。先程からカードを選別し、デッキ構築のためにパラパラとカードを触ってい 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
8月の境界 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ハリー・ポッター お題:8月の境界 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1196字 お気に入り:0人
*夢小説*「さむい…」季節は夏だというのに、私は寒さに身震いをして目を開けた。ここはどこだったか。きょろりと視線を動かせば、見慣れない部屋。簡素な洋箪笥、一人用 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダイヤのA お題:天才の情事 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:534字 お気に入り:0人
天才とは一体全体誰が決めるのであろうか。 俺はたまにふと、そう思う時がある。雑誌や何かのテロップでよく天才捕手、と書かれていたりするのだが事実、俺は天才ではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:あいつと息子 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1309字 お気に入り:0人
※ユーリ視点。統合後。僕は物心ついたときからずっとひとりだった。僕の周りにいたのはプロフェッサー、そしてデュエルの相手と言う名目の「生け贄」。なんであいつらには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
語らい ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛い恋 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:319字 お気に入り:0人
付喪神として意識を持ち始めた頃の俺は、周りの物事全てが珍しく輝いて見えた。あれは何、これは何と周りの付喪神に聞いて回った。周りの者たちは何でも聞く俺が面倒にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉