ジャンル:アイドルマスター お題:白い火事 必須要素:ボールペン 制限時間:30分 読者:363 人 文字数:785字 お気に入り:0人
[削除]

白い炎に包まれて。 ※未完



「ごめんね? 大学の講義で急に課題が出ちゃって…… ちょっと待っててくれないかな? 」

ダー、モチロンです。と二つ返事で答えた私は、机に向かうミナミを、じっと見つめていました。
ペンが動いて、少し止まって、プリントをちらりと見て、またペン先が動いて……
その、ひとつひとつの動きがとってもきれいで、上品なので、つい見とれてしまいます。

こうして、ミナミと一緒の場所にいて、ミナミがペンを動かす音を聞くだけで、心が暖かくなっていくのはなぜなんでしょうか。
ミナミが使っているボールペン。この前、一緒にショッピングに行った時、雑貨屋さんで買ったものです。
ミナミが白で、私が青。色違いでお揃いのボールペン。
アイドルのイメージカラーとしては、私が白でミナミが青だから、普通は逆なんだと思います。
でも、ミナミは少し恥ずかしそうな顔をして、こう言いました。

「私…… アーニャちゃんの色を持ちたいの。 ダメかな? 」

その言葉を聞いたとたんに、私の身体は暖炉に当たったみたいに、みるみる暖かくなっていきました。
だから私もミナミみたいに、顔、真っ赤になっていたと思います。
心があんまりにも熱くなってしまったものだから、ことばが出てこなくなってしまって、壊れた人形みたいに、かくかくと首を上下に動かすことしかできませんでした。

ミナミのことばは、表情は、いつも私を暖かくしてくれます。
でも、それは暖炉の炎のように熱くて赤く燃えるようなものではなくて。
やさしく包んで、全て溶かしてしまうような炎。
例えるなら、白い炎。

「お待たせ、アーニャちゃん。 ごめんね、退屈だったでしょう? 」

「ニェット、ぜんぜん退屈じゃないです。 ミナミを見ていると、心、ポカポカしますね? 」

この白い炎が、あなたにまで伝わりますように。
家事のように燃える心は、もうとろ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスター お題:進撃の暴力 制限時間:30分 読者:102 人 文字数:1610字 お気に入り:0人
今日は一日事務所で、溜めっぱなしの事務を片付けている。そろそろお昼時、さて今日は何を食べ……「わっほーい! カロリーを求める雰囲気を感じましたよー!」「み、美 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスター お題:近い芸術 制限時間:30分 読者:159 人 文字数:1269字 お気に入り:0人
題名のない写真展。 ぶらぶらと当ても無くウインドウショッピングを楽しんでいた私の目に、そんな看板が飛び込んできた。ビルの一室でちょっとした展覧会をやっているみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスター お題:誰かの雲 制限時間:30分 読者:348 人 文字数:948字 お気に入り:0人
天と海の間、遥か広がるは風にたゆたう白。そこに確かに存在するはずなのに、一面に広がるそれは、いくら手を伸ばせど、決して掴めぬ泡沫。 アイドルはそんなものなのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスター お題:小説家たちの闇 制限時間:30分 読者:459 人 文字数:1341字 お気に入り:0人
「春香、誕生日おめでとう!」「おめでとう、春香!」「おめでとうなのー!」 目の前でクラッカーがはじける。「ええっ!? ……あ、ありがとう、美希、真、千早ちゃん! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:[触手義弟]DAI ジャンル:アイドルマスター お題:これはペンですか?違うわ、それは豪雪 必須要素:社会に対する不満 制限時間:30分 読者:614 人 文字数:2062字 お気に入り:0人
それは、ある冬の出来事である。「…………」仕事が終わり、家への帰路についた北沢志保。彼女は家の方角へ向かう電車に乗ろうとして、絶句していた。駅の中で、家にいる弟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:[触手義弟]DAI ジャンル:アイドルマスター お題:ひねくれた悪役 必須要素:iPhone 制限時間:30分 読者:596 人 文字数:2251字 お気に入り:0人
「……特撮番組の悪役、ですか?」春香と一緒に買ったiPhoneに悪戦苦闘していた千早は、そうプロデューサーに話を切り出された。「ああ、今回千早にはこの悪役をやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスター お題:きちんとした敗北 制限時間:30分 読者:556 人 文字数:1252字 お気に入り:0人
三者三様に、無言の時間が続いている。 春香は膝に手を置いて、うなだれるように椅子に座っているし、千早は窓の外をずっと眺めている。真は……姿が見えない。少し歩い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスター お題:とびだせ友人 制限時間:30分 読者:532 人 文字数:1112字 お気に入り:0人
最近やよいが元気だ。初めて会った時から元気が服を着て歩いているような女の子だったけれど、最近はそれに輪をかけて、なんというか、内側からはちきれんばかりのパワー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん ジャンル:アイドルマスター お題:興奮したラーメン 制限時間:30分 読者:579 人 文字数:1226字 お気に入り:0人
らあめんを食べに行きましょう! と、事務所に入ってくるなり晴れやかな笑顔で貴音さんは宣言した。一斉に振り向いた私、千早ちゃん、プロデューサーさんの三人を訳も分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題。 ※未完
作者:りおん ジャンル:アイドルマスター お題:穢された負傷 必須要素:爆弾 制限時間:30分 読者:628 人 文字数:1214字 お気に入り:0人
午後三時を過ぎた頃。皆レッスンなり収録なりに出払って、事務所に居るのは私だけ。今日中にやらなければならない仕事も概ね片付け、ちょっとコーヒーブレイクでも……そ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:23 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:984字 お気に入り:0人
これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:growth。【腐】 お題:鈍い木 必須要素: 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字 お気に入り:0人
まもちゃん、誕生日おめでとう!涼→?衛****『空が渋滞してる。』現場は違えど、偶々二人での帰り道だった。綺麗な臙脂色の髪で目元を隠してポツリと呟いた一言に、不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:hrak(腐) お題:君と暴力 必須要素:会話劇 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1082字 お気に入り:0人
※ホー炎を目指したかった、はず 隣からケタケタと笑い袋のような声がする。 自由自在に飛べるようになりましょうよ、とか、やっぱエンデヴァーさん凄いですね、とか馬鹿 〈続きを読む〉