ジャンル:アイドルマスター お題:白い火事 必須要素:ボールペン 制限時間:30分 読者:340 人 文字数:785字 お気に入り:0人
[削除]

白い炎に包まれて。 ※未完



「ごめんね? 大学の講義で急に課題が出ちゃって…… ちょっと待っててくれないかな? 」

ダー、モチロンです。と二つ返事で答えた私は、机に向かうミナミを、じっと見つめていました。
ペンが動いて、少し止まって、プリントをちらりと見て、またペン先が動いて……
その、ひとつひとつの動きがとってもきれいで、上品なので、つい見とれてしまいます。

こうして、ミナミと一緒の場所にいて、ミナミがペンを動かす音を聞くだけで、心が暖かくなっていくのはなぜなんでしょうか。
ミナミが使っているボールペン。この前、一緒にショッピングに行った時、雑貨屋さんで買ったものです。
ミナミが白で、私が青。色違いでお揃いのボールペン。
アイドルのイメージカラーとしては、私が白でミナミが青だから、普通は逆なんだと思います。
でも、ミナミは少し恥ずかしそうな顔をして、こう言いました。

「私…… アーニャちゃんの色を持ちたいの。 ダメかな? 」

その言葉を聞いたとたんに、私の身体は暖炉に当たったみたいに、みるみる暖かくなっていきました。
だから私もミナミみたいに、顔、真っ赤になっていたと思います。
心があんまりにも熱くなってしまったものだから、ことばが出てこなくなってしまって、壊れた人形みたいに、かくかくと首を上下に動かすことしかできませんでした。

ミナミのことばは、表情は、いつも私を暖かくしてくれます。
でも、それは暖炉の炎のように熱くて赤く燃えるようなものではなくて。
やさしく包んで、全て溶かしてしまうような炎。
例えるなら、白い炎。

「お待たせ、アーニャちゃん。 ごめんね、退屈だったでしょう? 」

「ニェット、ぜんぜん退屈じゃないです。 ミナミを見ていると、心、ポカポカしますね? 」

この白い炎が、あなたにまで伝わりますように。
家事のように燃える心は、もうとろ

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスター お題:進撃の暴力 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:1610字 お気に入り:0人
今日は一日事務所で、溜めっぱなしの事務を片付けている。そろそろお昼時、さて今日は何を食べ……「わっほーい! カロリーを求める雰囲気を感じましたよー!」「み、美 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスター お題:近い芸術 制限時間:30分 読者:138 人 文字数:1269字 お気に入り:0人
題名のない写真展。 ぶらぶらと当ても無くウインドウショッピングを楽しんでいた私の目に、そんな看板が飛び込んできた。ビルの一室でちょっとした展覧会をやっているみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスター お題:誰かの雲 制限時間:30分 読者:316 人 文字数:948字 お気に入り:0人
天と海の間、遥か広がるは風にたゆたう白。そこに確かに存在するはずなのに、一面に広がるそれは、いくら手を伸ばせど、決して掴めぬ泡沫。 アイドルはそんなものなのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスター お題:小説家たちの闇 制限時間:30分 読者:433 人 文字数:1341字 お気に入り:0人
「春香、誕生日おめでとう!」「おめでとう、春香!」「おめでとうなのー!」 目の前でクラッカーがはじける。「ええっ!? ……あ、ありがとう、美希、真、千早ちゃん! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:[触手義弟]DAI ジャンル:アイドルマスター お題:これはペンですか?違うわ、それは豪雪 必須要素:社会に対する不満 制限時間:30分 読者:585 人 文字数:2062字 お気に入り:0人
それは、ある冬の出来事である。「…………」仕事が終わり、家への帰路についた北沢志保。彼女は家の方角へ向かう電車に乗ろうとして、絶句していた。駅の中で、家にいる弟 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:[触手義弟]DAI ジャンル:アイドルマスター お題:ひねくれた悪役 必須要素:iPhone 制限時間:30分 読者:557 人 文字数:2251字 お気に入り:0人
「……特撮番組の悪役、ですか?」春香と一緒に買ったiPhoneに悪戦苦闘していた千早は、そうプロデューサーに話を切り出された。「ああ、今回千早にはこの悪役をやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスター お題:きちんとした敗北 制限時間:30分 読者:543 人 文字数:1252字 お気に入り:0人
三者三様に、無言の時間が続いている。 春香は膝に手を置いて、うなだれるように椅子に座っているし、千早は窓の外をずっと眺めている。真は……姿が見えない。少し歩い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスター お題:とびだせ友人 制限時間:30分 読者:522 人 文字数:1112字 お気に入り:0人
最近やよいが元気だ。初めて会った時から元気が服を着て歩いているような女の子だったけれど、最近はそれに輪をかけて、なんというか、内側からはちきれんばかりのパワー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスター お題:興奮したラーメン 制限時間:30分 読者:566 人 文字数:1226字 お気に入り:0人
らあめんを食べに行きましょう! と、事務所に入ってくるなり晴れやかな笑顔で貴音さんは宣言した。一斉に振り向いた私、千早ちゃん、プロデューサーさんの三人を訳も分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題。 ※未完
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスター お題:穢された負傷 必須要素:爆弾 制限時間:30分 読者:600 人 文字数:1214字 お気に入り:0人
午後三時を過ぎた頃。皆レッスンなり収録なりに出払って、事務所に居るのは私だけ。今日中にやらなければならない仕事も概ね片付け、ちょっとコーヒーブレイクでも……そ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:愛のヒーロー 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:612字 お気に入り:0人
愛故に守りたいと思うのは、普通の考え方だと思う。 ましてや、その愛が向かう先が成年になる最終段階を踏み始めたばかりの少女ときたら、尚更。どんな輩が牙を剥くとも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:楽しい爆発 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:737字 お気に入り:0人
遠くから、きゃーっ、と誰かが叫ぶ声が聞こえた。それも複数。ただその声音は、切羽詰まった助けを求めるようなものではなく、元気で楽しげなもの。それなら気にしなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:かたい雑草 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「狛枝!今日はお前は草むしり当番だ!」いきなりコテージの扉を開け日向クンがそう言い放ったのは約15分前。昨日ボクはなにかやらかしただろうか。もしそのバツなのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イケメン戦国 お題:天才の死 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:769字 お気に入り:0人
知らなかった。こんな世界があること。うだるような暑さの中、家康は人里離れた山奥を一人で歩いていた。あたりに人影はなく、ただ波のような蝉の鳴き声だけが一面を覆い尽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
母との約束 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ミイラの飼い方 お題:昔の母 必須要素:生理 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:473字 お気に入り:0人
こ「空良いこと空が幼少期の時?あなたが女の子って言うことは誰にも言ってはいけないわ」空の母ひまわりは悲しそうな顔で最愛の愛娘空にそう告げた。「どうして?」空は不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
家路 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:A3 お題:茶色い「えいっ!」 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2973字 お気に入り:0人
プツン、と音がした。それは、心が切れる音だった。目の前ではバツの悪い顔をした姉。唇を噛み締めて顔を歪めている。今にも泣き出しそうだ。「アンタが悪いんじゃないっ! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
賞味期限 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:D.Gray-man お題:許せない悪魔 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:407字 お気に入り:0人
誰かを愛する心に賞味期限があるように、「憎しみ」という感情にも賞味期限があるんだよ。 チャオジーがまだアニタの元で水夫の仕事をしていた頃、年老いた先輩の水夫が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:隠された遭難 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:813字 お気に入り:0人
男を抱きしめた。体温らしきものは、あるようだ、あるらしい、恐らく多分。息を切らせているせいで、これが自分のものなのか相手のものなのか明確に境界線があるにもかか 〈続きを読む〉