ジャンル:遊戯王ARC-V お題:スポーツの夏 制限時間:30分 読者:406 人 文字数:1221字 お気に入り:0人

幕間、浜辺にて



※遊矢がユートとユーゴ統合済み。S次元から帰還してつかの間のバカンス、というイメージ。



俺にとっての、というかこのスタンダード次元での一番のスポーツは、言うまでもなくアクションデュエルなんだけど、別にそれだけがスポーツだなんてことはない。
とはいえ連日身体を色んな意味で酷使してしまった俺はしばらく休養という格好で、ビーチバレーで戯れる柚子や真澄やアユ達を、カキ氷をしゃくしゃく食べながらパラソルからぼーっと眺めていた。
「夏だなあ」
何とはなしにそんな言葉が漏れる。夏休みに入って早々に舞網チャンピオンシップが始まって、そこから息つく暇もなかったから、なんだかこうやって夏休みを過ごしているのがまだ夢のように感じるのだ。
「遊矢にいちゃん、これ膨らませてよ! ボクやフトシや零羅くんじゃ全然で」
「零羅! お前も一緒なんだな」
こくん、と頷く零羅はいつもの帽子ではなくゴム付きの大きめの麦わら帽子をかぶって少し微笑んだ。聞けば気を利かせた沢渡が連れてきたのだとか。その沢渡はお供の3人と海の家で休憩中のようだ。
少し力めばボールは呆気なく膨らんで、フトシに投げてやればはしゃいで駆け出していった。
すぐそばでフトシ達が遊びだしたというのに、視線はまた柚子達の方を向いていく。この二週間で過保護になったのかもしれない、とは思うがそれにしては、やけに、不可抗力めいているというか。なんだか俺の意思じゃないような感覚。
「リン……」
ついでにそんな言葉が漏れて、瞳の中の柚子の輪郭が一瞬くらりと揺れた。
彼女は、柚子によく似ていた。
ゴミだらけのシティの浜辺でぼろぼろのボールをどこか控えめに打ち返した彼女に、『俺』はチャンスだとばかり勢いよくスマッシュする。
彼女の細腕がボールをトスする前に、俺の掌の中でボールは情けない音を立てて凹んでゆく。もう、といつものように憤慨したリンがのしのしこちらにやってきて、そして、
「ちょっと遊矢! いつまでこっち見てるのよ!」
ふっと引き戻される。眉を吊り上げながらも真っ赤な顔をしたこれ、は、俺の幼馴染の。
「わ、わりいわりい。その、あー、……ごめん」
咄嗟にそう口走って、はて俺は一体何に謝ってるんだっけ、と首をかしげる。対する彼女はそれに酷く驚いたように大きく目を見開いていた。
「ゆう、」
「ていうか見てちゃ悪いのかよ、柚子! 帰る時間までまだまだあるんだし休むのだって退屈なの!」
言い募ると彼女、柚子はなんだか安心したような泣きそうなような顔をした。
——何か、俺、変なことしたかな。
一瞬こっちまで調子が狂いそうになった。が次の瞬間には懐なんてないはずの水着の中(?)からハリセンが飛んできた。
「あんたねえ!だからってじーーっと見てなくてもいいでしょ!」
もう、と頬を膨らませながら柚子は戻っていった。
太陽は、ゆったり沈んでいく。明日にはまた、俺たちは別の次元へと旅立っていく。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:腐った広告 制限時間:1時間 読者:47 人 文字数:1594字 お気に入り:0人
※シンクロ次元。リン視点。暗い。ゴミがそこらに散らかっている掃き溜めの街、そしてゴミと同じくらいの存在価値しか与えられなかった私達に住むことを許された故郷、コモ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:君と姉妹 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:1609字 お気に入り:0人
※統合しなかったIF。同じ顔がこの世に二人、いつ見ても不思議な光景だ。もっとも自分も例外ではないが、と俺は瑠璃とシンクロ次元からこっちに遊びに来た少女…リンを見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:疲れた大雪 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:1421字 お気に入り:0人
※ユーゴとリンと雪かきの話「ユーゴ、いつまでも寝てないで起きなさい!」「なんだよぉリン……まだこんな時間じゃねぇか」そう言い寝ぼけ眼でユーゴは時計を見る。日付が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:あいつと息子 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:1309字 お気に入り:0人
※ユーリ視点。統合後。僕は物心ついたときからずっとひとりだった。僕の周りにいたのはプロフェッサー、そしてデュエルの相手と言う名目の「生け贄」。なんであいつらには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:苦し紛れの天井 制限時間:1時間 読者:75 人 文字数:1496字 お気に入り:0人
※エクシーズ次元の平和な話。ユト瑠璃。ユートは今、人生で最大のピンチに陥っていた。瑠璃と二人きりで会っていたことが親友であり、彼女の兄の隼にバレてしまったからだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:大人のもこもこ 制限時間:1時間 読者:68 人 文字数:1250字 お気に入り:0人
彼女はふわふわもこもこ※最終回から数年後の誰かと誰かの話。彼女はふわふわもこもことしたものが大好きだ。冬と言えば、もこもことした暖かいものが機能面でもビジュアル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:大好きな蕎麦 制限時間:1時間 読者:58 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
遊矢は普段、蕎麦は食べない。自身の希望でパンケーキを朝食のメインにしたり、米飯に味噌汁、焼き魚にお浸しなどのお米の国に生まれたならばこれだろうと言わんばかりのコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:黒尽くめの殺人 制限時間:1時間 読者:79 人 文字数:1432字 お気に入り:0人
※エクシーズ次元過去話。ユート視点。ハートランド……いや、俺達エクシーズ次元の住民は一方的な蹂躙を受けていた。来る日も来る日も、雨も録に凌げない建物の残骸に身を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:2つの風 制限時間:1時間 読者:79 人 文字数:1368字 お気に入り:0人
リンの独白。過去の捏造設定あり。冬はシンクロ次元の季節。私の周りにはいつも風が吹き抜けている。一つは汚れのない白を基調にした、シティの全てのデュエリストの頂点に 〈続きを読む〉

不知火すばるの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:ドイツ式の秋雨 制限時間:15分 読者:372 人 文字数:368字 お気に入り:0人
秋雨ガン無視です クロウとかにすればよかったか「パパがお土産に買ってきたんだが、俺様が出向いてやってんだ、当然食うよな?」珍しい来客は開口一番そう言った。横柄な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:スポーツの夏 制限時間:30分 読者:406 人 文字数:1221字 お気に入り:0人
※遊矢がユートとユーゴ統合済み。S次元から帰還してつかの間のバカンス、というイメージ。俺にとっての、というかこのスタンダード次元での一番のスポーツは、言うまでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
誰何すれども ※未完
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王 お題:小説家たちの整形 制限時間:15分 読者:363 人 文字数:614字 お気に入り:0人
クリエイターに愛された者たちがいる。その者達は一般人Yに甘んじるのをけして許されない。唯一無二の強烈な個性を持った者として世界に扱われる。たとえどんなに没個性的 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:真実の笑い声 制限時間:30分 読者:701 人 文字数:1240字 お気に入り:0人
納得した頃にはもう彼は跡形もないほどに侵食されていて、騙されたことに対する怒りなどは特段湧いてくる気配がなかった。そんな些細なこと、興味がなかった。それに赤馬零 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王 お題:楽しい復讐 必須要素:からあげ 制限時間:2時間 読者:703 人 文字数:2783字 お気に入り:0人
その話、本当か。あくまで静かに問う。 翔は顔を歪め、しばし俯いていた。それは俺の問いにどう答えるか逡巡するようであり、なぜ今頃になって言ってしまったのかと後悔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:女同士の映画館 制限時間:4時間 読者:1367 人 文字数:2643字 お気に入り:0人
※本当は実在の洋画名作とか使ってかっこいいの書きたいんですけどそんな知識も技量もなかった※普が後天的女体化。にょたりあではないですが外見はあれを思い浮かべて頂け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:遠い神話 必須要素:プチ整形 制限時間:2時間 読者:1400 人 文字数:1499字 お気に入り:0人
※ギルが少し老けて病む話 きっかけは、誰かに言われた一言。 曰く、ちょっと老けたんじゃねーか、とか。 その時はなんとか笑い飛ばしたものの、家に帰り鏡と写真を見比 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:真紅の怒りをまといし昼 制限時間:2時間 読者:1086 人 文字数:925字 お気に入り:0人
!うろおぼえ史実ネタ注意! 政治・思想的主張を行う意図はありません。(うねり、の、ような) 執務室に一人きり。それでいて、動けない。 歴史を動かすのは人間であっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:素朴な大雪 必須要素:ビール 制限時間:4時間 読者:1631 人 文字数:1814字 お気に入り:0人
落とされた西日の眩しさに、ギルベルトは目を覚ました。「んあ……うわ、もう夕方かよ……」 ぐっと背筋を伸ばすとパキパキと身体のあちこちが軋んで小気味良い。だが朝 〈続きを読む〉