ジャンル:遊戯王ARC-V お題:スポーツの夏 制限時間:30分 読者:415 人 文字数:1221字 お気に入り:0人

幕間、浜辺にて



※遊矢がユートとユーゴ統合済み。S次元から帰還してつかの間のバカンス、というイメージ。



俺にとっての、というかこのスタンダード次元での一番のスポーツは、言うまでもなくアクションデュエルなんだけど、別にそれだけがスポーツだなんてことはない。
とはいえ連日身体を色んな意味で酷使してしまった俺はしばらく休養という格好で、ビーチバレーで戯れる柚子や真澄やアユ達を、カキ氷をしゃくしゃく食べながらパラソルからぼーっと眺めていた。
「夏だなあ」
何とはなしにそんな言葉が漏れる。夏休みに入って早々に舞網チャンピオンシップが始まって、そこから息つく暇もなかったから、なんだかこうやって夏休みを過ごしているのがまだ夢のように感じるのだ。
「遊矢にいちゃん、これ膨らませてよ! ボクやフトシや零羅くんじゃ全然で」
「零羅! お前も一緒なんだな」
こくん、と頷く零羅はいつもの帽子ではなくゴム付きの大きめの麦わら帽子をかぶって少し微笑んだ。聞けば気を利かせた沢渡が連れてきたのだとか。その沢渡はお供の3人と海の家で休憩中のようだ。
少し力めばボールは呆気なく膨らんで、フトシに投げてやればはしゃいで駆け出していった。
すぐそばでフトシ達が遊びだしたというのに、視線はまた柚子達の方を向いていく。この二週間で過保護になったのかもしれない、とは思うがそれにしては、やけに、不可抗力めいているというか。なんだか俺の意思じゃないような感覚。
「リン……」
ついでにそんな言葉が漏れて、瞳の中の柚子の輪郭が一瞬くらりと揺れた。
彼女は、柚子によく似ていた。
ゴミだらけのシティの浜辺でぼろぼろのボールをどこか控えめに打ち返した彼女に、『俺』はチャンスだとばかり勢いよくスマッシュする。
彼女の細腕がボールをトスする前に、俺の掌の中でボールは情けない音を立てて凹んでゆく。もう、といつものように憤慨したリンがのしのしこちらにやってきて、そして、
「ちょっと遊矢! いつまでこっち見てるのよ!」
ふっと引き戻される。眉を吊り上げながらも真っ赤な顔をしたこれ、は、俺の幼馴染の。
「わ、わりいわりい。その、あー、……ごめん」
咄嗟にそう口走って、はて俺は一体何に謝ってるんだっけ、と首をかしげる。対する彼女はそれに酷く驚いたように大きく目を見開いていた。
「ゆう、」
「ていうか見てちゃ悪いのかよ、柚子! 帰る時間までまだまだあるんだし休むのだって退屈なの!」
言い募ると彼女、柚子はなんだか安心したような泣きそうなような顔をした。
——何か、俺、変なことしたかな。
一瞬こっちまで調子が狂いそうになった。が次の瞬間には懐なんてないはずの水着の中(?)からハリセンが飛んできた。
「あんたねえ!だからってじーーっと見てなくてもいいでしょ!」
もう、と頬を膨らませながら柚子は戻っていった。
太陽は、ゆったり沈んでいく。明日にはまた、俺たちは別の次元へと旅立っていく。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:破天荒な女祭り! 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:907字 お気に入り:0人
※柚子と文化祭。統合後。ここは舞網第二中学校。多くの学生が勉学にスポーツに励み、同年齢の少年少女達と交流を深める特別な場所。しかし今日はいつもと少し…いや、かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:113 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:大人の私 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1502字 お気に入り:0人
※柚子と遊矢と思春期。大人になるってなんだろう。男子は外でサッカーをしている時、私達女子は黒いカーテンで閉めきられた視聴覚室にこっそり集合していた。そこでいつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:ラストは朝日 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:438字 お気に入り:0人
※ユーゴとリン。過去話。「やっとここまで来たんだな、オレたち」「うん、そうね」コモンズに存在する孤児院。その近くにひっそりと存在するガレージの中、一つの夢が完成 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:ナウいお天気雨 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:413字 お気に入り:0人
※遊矢と沢渡。「なんだよいきなり降ってきて!」あんなに晴れていたのに、と遊矢は続けた。上からバケツ一杯の水を被せられたように髪から靴まで全部びしょ濡れだ。「この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:彼女の空想 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:467字 お気に入り:0人
※セレナと柚子。セレナは空想する。もしも自分と柚子が姉妹だったら。(私と柚子はそっくりだから、お揃いの服を着たりするのだろうか?)学校の通り道で見た、手を繋いで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:幼い昼 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:376字 お気に入り:0人
※五歳児遊矢と洋子さん。「遊矢、ほらお日様があんなに高い。日に焼けちゃうから帽子かぶりな」「めんどくさいよおかあさん」その母の声に反抗したくて当時5歳の遊矢はぷ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:今日のゲストはぺろぺろ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:442字 お気に入り:0人
※遊矢と素良。数年後。「素良!久しぶりだな」「やぁ、遊矢に会いたくなっちゃって」ひらひらと左手を振りながら軽い調子で素良が答えた。もう一方の手には甘そうなキャン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:死にかけの円周率 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:498字 お気に入り:0人
※遊矢とユーゴ。「3.1415…続きはなんだっけ」(どーでもいいだろ。大体3でいいじゃねぇか)「円周率をどこまで言えるか」を自分達の半分ほどの年齢の少年が挑戦し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:限りなく透明に近い霧雨 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:512字 お気に入り:0人
※ユーリとデニスの話。「……酷い霧だね」「こんなにヒドイと無闇に歩き回らない方がいいね。一旦休憩にしよう、ユーリ」「僕に命令しないで欲しいんだけど」ボクとユーリ 〈続きを読む〉

不知火すばるの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:ドイツ式の秋雨 制限時間:15分 読者:382 人 文字数:368字 お気に入り:0人
秋雨ガン無視です クロウとかにすればよかったか「パパがお土産に買ってきたんだが、俺様が出向いてやってんだ、当然食うよな?」珍しい来客は開口一番そう言った。横柄な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:スポーツの夏 制限時間:30分 読者:415 人 文字数:1221字 お気に入り:0人
※遊矢がユートとユーゴ統合済み。S次元から帰還してつかの間のバカンス、というイメージ。俺にとっての、というかこのスタンダード次元での一番のスポーツは、言うまでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
誰何すれども ※未完
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王 お題:小説家たちの整形 制限時間:15分 読者:375 人 文字数:614字 お気に入り:0人
クリエイターに愛された者たちがいる。その者達は一般人Yに甘んじるのをけして許されない。唯一無二の強烈な個性を持った者として世界に扱われる。たとえどんなに没個性的 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:真実の笑い声 制限時間:30分 読者:733 人 文字数:1240字 お気に入り:0人
納得した頃にはもう彼は跡形もないほどに侵食されていて、騙されたことに対する怒りなどは特段湧いてくる気配がなかった。そんな些細なこと、興味がなかった。それに赤馬零 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王 お題:楽しい復讐 必須要素:からあげ 制限時間:2時間 読者:721 人 文字数:2783字 お気に入り:0人
その話、本当か。あくまで静かに問う。 翔は顔を歪め、しばし俯いていた。それは俺の問いにどう答えるか逡巡するようであり、なぜ今頃になって言ってしまったのかと後悔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:女同士の映画館 制限時間:4時間 読者:1394 人 文字数:2643字 お気に入り:0人
※本当は実在の洋画名作とか使ってかっこいいの書きたいんですけどそんな知識も技量もなかった※普が後天的女体化。にょたりあではないですが外見はあれを思い浮かべて頂け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:遠い神話 必須要素:プチ整形 制限時間:2時間 読者:1419 人 文字数:1499字 お気に入り:0人
※ギルが少し老けて病む話 きっかけは、誰かに言われた一言。 曰く、ちょっと老けたんじゃねーか、とか。 その時はなんとか笑い飛ばしたものの、家に帰り鏡と写真を見比 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:真紅の怒りをまといし昼 制限時間:2時間 読者:1095 人 文字数:925字 お気に入り:0人
!うろおぼえ史実ネタ注意! 政治・思想的主張を行う意図はありません。(うねり、の、ような) 執務室に一人きり。それでいて、動けない。 歴史を動かすのは人間であっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:素朴な大雪 必須要素:ビール 制限時間:4時間 読者:1676 人 文字数:1814字 お気に入り:0人
落とされた西日の眩しさに、ギルベルトは目を覚ました。「んあ……うわ、もう夕方かよ……」 ぐっと背筋を伸ばすとパキパキと身体のあちこちが軋んで小気味良い。だが朝 〈続きを読む〉