ジャンル:デュラララ!! お題:許されざる新卒 必須要素:小説 制限時間:1時間 読者:342 人 文字数:1382字 お気に入り:0人
[削除]

花見を、貴方と。【正臣+臨也】


 薄紅色の花びらが、無機質なコンクリートを埋めている。風に吹かれて隅に追いやられていく花びらは、風の渦に絡まって踊る様に舞っているようだ。
 くるくる、くるくる、と風が吹く度に同じ隅を回っている花びらが、酷く滑稽に思えた。何度も、何度も、同じことの繰り返しては自ら動く術もなく風に絡まって解けることはない。まるで、自分と臨也さんの関係に似ている。自ら動けないと悟った振りをして、動くことを諦めた只の無力な餓鬼に訪れる未来は…。

「ああ、来たのかい。正臣君」
「…お疲れ様です、臨也さん」

 反射的に労いの言葉を掛けることには、慣れてきていた。初めこそ拒絶したい気持ちを抑えていたが、時間の経過と言うのは感情を薄めてくれるらしく、今では抵抗無く言葉が出る様になった。春が近づいているというのに、季節を戻していくような真っ黒なコートも、見慣れてしまった。時折ファーを手で払う仕草も、風景になる程にいつの間にか時間は過ぎているらしい。

「花見でもしたいの?」
「こうして土の栄養になっていく桜の末路を、儚んでいただけですよ」
「感傷的だね。実に人間らしくて好みだよ」
「反吐が出ます」
「代わり映えのない返事には、流石に飽きたけどね」

 殺意を込めて睨んでみせると、浮かべていた笑みを一層深める。押しては引き、引いては押してを繰り返す遊びの様だ。飽きたのはお互いだろうか、それももう考えることすら面倒だ。

「…そうですね」

 何度も繰り返される楽しそうな表情と変わらないやり取りに、胸を焦がしていく憎悪や嫌悪感が、無色になるのを感じる。

(俺も、無色になってしまえば楽になるだろうか)

ふ、と口が綻ぶのを感じると、楽し気な笑みに変化が訪れることに気付く。そうして、ひと際口元が結ばれてこちらの出方を伺うのも見て取れた。それに応えようと、視線だけを向ける。

「いいねぇ…よく似ているよ、紀田正臣君。友達って似るものだとよく聞くけど、正臣君と帝人君は似ていないものだと思っていたんだ。それがどうだ、追い込まれて瀕した時の反応に変化が訪れるときの君の顔!ねぇ、今君はいつかの帝人君の表情に合致していたよ。君は嬉しい?悲しい?それとも、帝人君のように俺を一つの風景にしか捉えなくなったのかなぁ。ねぇ、正臣君」
「…俺の次の仕事はなんですか?臨也さん」

 いつもと違う、表情だった。

 驚きや、好奇心が満たされた時の浮ついた顔つきではなく、ほんの些細な疑問が生じた時の隙間があった顔。そうして、何かが抜け落ちていったのを、俺は確かに目にした気がする。

「今日はもう仕事はないよ。あると言えば、俺を事務所まで送り届けることくらいか」
「分かりました」

 声に喜びすら滲ませる俺に、訝し気な皺が一本生じる。けれど、やはり好奇心だけは消えていない。

(ああ、なんだ。こんなに、変わるものなのか)

「臨也さん、それなら行きたい所があるんですが」
「…どこだい?場所によっては、俺も付いていこうか」

「…さくら。
 桜、一緒に見に行きませんか?きっと、綺麗ですよ」

(提供されると、喜ぶなんて。
 アンタ、以外と分かりやすいんですね)


くるくる、と桜が相変わらず回っている。


(花見をしたら、そのあとに…)




 昔の様に、笑って見せようか。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:曽田やち ジャンル:デュラララ!! お題:群馬の月 制限時間:1時間 読者:481 人 文字数:1143字 お気に入り:0人
景色が流れていく。 小さな窓か越しに、無数の先線になった光が見える。カラフルなネオンサイン、素っ気ない街灯、オフィスビルの灯り、全てが一様になって真っ直ぐ横へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七色ちさと ジャンル:デュラララ!! お題:戦争と関係 制限時間:1時間 読者:1070 人 文字数:3649字 お気に入り:0人
宿敵に対する気持ちと、部外者のような俺はなんだっていうのだろう。折原臨也には出会った時から大嫌いな平和島静雄って男がいて、俺には折原臨也っていう憎むに憎みきれな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:五十鈴 ジャンル:デュラララ!! お題:難しい道 制限時間:1時間 読者:656 人 文字数:2577字 お気に入り:1人
「最近、熱心に見ている学生がいるようですね」四木の旦那が、革張りの座席に体を埋めながら俺に尋ねる。「ああ…そうですね。彼は実に興味深いんです」微笑みながら答える 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:五十鈴 ジャンル:デュラララ!! お題:東京の14歳 必須要素:お盆 制限時間:1時間 読者:550 人 文字数:894字 お気に入り:0人
赤色が、黄色に混ざって濁った色を生み出している。ーーー正臣が、つい一週間前に僕の前から姿を消した。僕が知っている黄色に会えることは、この先あるのだろうか。教室で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:五十鈴 ジャンル:デュラララ!! お題:進撃の雨 制限時間:1時間 読者:700 人 文字数:1255字 お気に入り:1人
その日、事務所の電気は消えていた。人間を圧倒する量の雨と風が窓の外を占領し、耐えきれなくなった電柱が静かに事務所への電送を止めたのだ。運が悪かったのは、停電した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
一握りの希望 ※未完
作者:五十鈴 ジャンル:デュラララ!! お題:生きているところてん 制限時間:1時間 読者:487 人 文字数:2080字 お気に入り:0人
見上げた空は晴れ渡っていることもなく、雲が星を覆い隠していた。立ち止まって上を見ていた視線を道ゆく人に戻すと、道に溢れ出た店内の光が人を照らしている。自分の学校 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:芋蔓 ジャンル:デュラララ!! お題:子供の武器 制限時間:1時間 読者:716 人 文字数:1081字 お気に入り:0人
唐突に。表情を崩さない切れ長の瞳からそれがぽろりと伝い落ちて、赤林は息を呑んだ。「・・・・・四木の旦那?」「・・・はい?」常のような白いスーツでなく部屋着の白い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七色ちさと ジャンル:デュラララ!! お題:光の雑草 制限時間:1時間 読者:906 人 文字数:2584字 お気に入り:0人
新宿の硬いコンクリートに生えてくる雑草なんてものは、無慈悲に革靴に踏まれていく。そもそもこの寒空の下に雑草が生えるなんて事は殆どなくて、生えたとしてもそれは枯れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幽Rin' ジャンル:デュラララ!! お題:日本復讐 制限時間:1時間 読者:1015 人 文字数:1415字 お気に入り:0人
俺はこの感情を、紛れもなく恋だと認識している。だってこんなに気になって仕方ない人、今までいなかったし。からかっちゃうのだって、俺なりのスキンシップなんだよね。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幽Rin' ジャンル:デュラララ!! お題:うへへ、教室 制限時間:1時間 読者:1065 人 文字数:626字 お気に入り:0人
今日も平和ではない池袋。いつものように、臨也と静雄の喧嘩が始まっていた。「池袋には、来んなって言ったよなぁ!!??」「シズちゃん...」毎度毎度、よく飽きないも 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:楽しかった草 必須要素:映画 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:2794字 お気に入り:0人
水曜日の寝床はルーシー。赤茶けた髪とそばかすの散った頬、大ぶりの眼鏡ばかりがよく目立つ。出会った当初はこんな混沌の街に不似合いの田舎娘だった。仕事さぼって腹減っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:プリパラ お題:限りなく透明に近いうどん 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:608字 お気に入り:0人
「ねえねえ、みれぃ!今日、このコーデでおそろライブしよ!」「良いっぷりよ~☆」コーデの数だけマイチケをスキャンしてね。お友達のトモチケもスキャンできるよ。きらき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:彼と夕方 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:786字 お気に入り:0人
行きと違って帰りは足取りが重い。学校に向かう時は、あの子に会える喜びでいっぱいだ。家に帰る時には、あの子と一旦お別れをしなければならない。また明日ね、彼はそう言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:勇敢な体 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
槍弓「ヘマすんじゃねーぞ」「君に言われたくはないな。あの魔獣と違わないその猪突猛進ぶりには驚かされる。…ああ、君は猪ではなくフリスビーに飛びつく犬だったかね?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:意外!それは沈黙 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1474字 お気に入り:0人
意外!それは沈黙雲雀×夢ヒロインテーブルの上には今朝郵便受けに入れられていた手紙が並べられている。私はその中で、一際可愛らしい装飾がなされたハガキを手にとって、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:小説の魔法使い 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1117字 お気に入り:0人
青ざめた指先の向こう。あまりにも頼りなく薄い刃物。今にも折れそうな不銹鋼だが、僅かに引くだけで的確に肉を削ぐ。寸分の狂いもない腕前。苦痛に喘いでいた大男から鉛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ!ー お題:鳥の雨 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1424字 お気に入り:0人
雨がちな日に生まれたんだなあって思ってた。私は、子供の頃から、あの《キラキラドキドキ》を見つけた日から、星空を見るのが大好きで。大好きなお友達。お父さん。お母さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:呪術廻戦 お題:ちっちゃな大地 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:428字 お気に入り:0人
眼下の光景は、何もかもがミニチュアで出来たおもちゃの街のようで、ビルや人に埋め尽くされて地面なんて米粒くらいの大きさだ。そんな巨人の視点は、地面を這う人間たち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:許されざる猫 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2537字 お気に入り:0人
もしも私が本当の人間だったら、貴方の歯止めとなるのだろうか。私は私であって、私でない。存在しているというのは間違いなく、姿かたちがいわゆる人間であることも間違い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:穢された交わり 必須要素:浦島太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:660字 お気に入り:0人
たもし、時から逃げられる玉手箱を手に入れられるのなら、哀れな亀さえ助けただろうか。まだ若い時分、世の中には嫌になるくらいの悪意と不条理に包まれていた。戦が終わっ 〈続きを読む〉