ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:素晴らしい喜び 必須要素:インドカレー 制限時間:1時間 読者:282 人 文字数:1487字 お気に入り:0人
[削除]

美味かったかもしれないインドカレーの話



「待っていろマイフォースブラザー、俺が世界一デリシャスなカレーを作ってやろう」

 今日は母さんがいないから昼飯は俺が作ろう何が良い、とクソ松に聞かれ、カレーが食べたいと答えた俺に、クソ松は胸を張ってそう言い、二階へと上がって行った。気になった俺はクソ松を追いかけて部屋に入った。クソ松は床に置いた本を見ながら何かをメモっている。覗き込むと、見覚えの無い料理本の本格派インドカレーのページが開かれていた。写真からしてもうコレジャナイ感の溢れるカレーのページ。クソ松は一生懸命メモ帳に材料を書き留めて行く。材料のページには、きっと家でも使ったことのないだろう材料の名前がズラリと並んでいる。カレーをルーから作ろうという発想に至るのは、何事も完璧を目指すクソ松らしいクソみたいな発想だ。他人を喜ばせるために、誰も望まない完璧を目指せるのは凄い。
 クソ松は材料のメモを眺めた後、突然大型のディパックを出し、数日分の着替えを詰め始めた。俺の頭を兄弟で風邪を引いたときの記憶がよぎった。至高の氷水を探すために、氷山へ登り、治ったはずの風邪をぶり返して帰ってきたのだ。
 鼻歌でも歌い出しそうなクソ松の胸ぐらを俺は掴みあげた。

「あのさ、一応聞くけど、カレーの材料、どこまで集めに行くの?」
「? インドだが」
「それさぁ、今日の夕飯に間に合うと思ってんの? 俺は今日カレーが食べたいんだよね」
「う、ううむ……しかし、おまえがせっかくカレーを所望するのなら……」
「母さんが作ってんの、バーモン◎カレーでしょ。それでいいよ。後ろに作り方書いてあるから、絶ッッッ対にそこに書いてある以外に余計なモン買ってくんなよ」

 しょんぼりと肩を落とすクソ松の胸ぐらを突き放した。階段を下りながら、俺ってゴミだな、と自己嫌悪する。カラ松が自分から昼飯を作ると申し出てくれたのに、俺は文句を垂れて飯が出来るのを待つだけ。近所のスーパーで材料を揃えればいい、というアドバイスをしなかったのも、本格的に作られた郷土料理より日本人の口に合う和風アレンジ済みの料理が好きな俺の好みを押しつけた結果だ。
 居間に戻り、壁に頭を寄せて目を閉じる。頭のなかで自己嫌悪に精神をボコボコにされていると、居間の戸が開いた。音に目を開けると、いささか元気を取り戻したカラ松が立っていた。

「では、俺はこれから買い出しに行ってくるからな」
「あーそー、いってらっしゃい」

 戸がパタンと閉まる。俺は溜め息をつく。これがおそ松兄さんや十四松なら罪悪感なしにカラ松に丸投げできただろうし、チョロ松兄さんやトド松ならカラ松に任せておけないと言ってついていけるのだろう。しかし俺は無駄な酸素を吸い込んで無駄に二酸化炭素を吐き出すための環境に有害な存在でしかない。文句を言うだけ言って、落ち込ませておきながら、自分好みのモノを食わせてもらうのを待っている。
 こうやって落ち込むと俺は長く、結局、夕方まで落ち込んでいた。カラ松のカレーは、チョロ松兄さんとトド松が手伝ったので、普通に美味かった。チョロ松兄さんには「一松がアイツのこと止めてくれたんだって? 良かったよ〜、アイツマジでインドまで行きかねないから」と言われ、俺は俺の選択が正しかったと少しは思えたけれど、その晩は、もしかするととびきり美味しいインド料理を食べられたかもしれない可能性が頭をグルグル回っていた。クソ松は隣で気持ち良さそうに眠っていた。


(松野一松は味わい得たかもしれない素晴らしい喜びを自分で潰しているのかもしれないと自己嫌悪している話)

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:春井 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:わたしの好きな兄弟 制限時間:1時間 読者:456 人 文字数:2323字 お気に入り:0人
(小学生カラ松×おそ松先生) 「おそまつ」呼び止められて振り返ると、砂で汚れた体操服を纏った生徒が一人。職員室の前の廊下でそいつはなぜか非難するような瞳で俺をじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:春井 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:限りなく透明に近い夕日 制限時間:1時間 読者:308 人 文字数:1897字 お気に入り:1人
錆び付いて所々ペンキのハゲたベンチに2人並ぶ。ぷかぁ、とタバコの煙をくゆらせた時、隣に座る弟はろくろを回す知識人みたいに足の間で組んだ指先にギュッと力をいれた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:春井 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:フォロワーの銀行 制限時間:1時間 読者:411 人 文字数:1676字 お気に入り:0人
会いたい。一言だけそう書かれたメッセージが画面に表示されている。おそ松はパーカーの裾を引っ張りながら後頭部へ差し入れた片手で襟足をかき混ぜた。それが考え事をする 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほしこ(松垢) ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:知らぬ間のにわか雨 制限時間:1時間 読者:374 人 文字数:2172字 お気に入り:0人
さいきん、天気が不安定なことは重々承知していたつもりだった。夏の終わり、秋と呼ぶにはすこし早い残暑、近付いては消え、消えては新たに姿を現す台風のせいか、気象は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:残念無念概念 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:わたしの嫌いな机 制限時間:1時間 読者:340 人 文字数:2904字 お気に入り:0人
真っ暗闇に一人だった。気が付けば兄弟たちはみんな帰路についていて、なんだよ、おいてくなよ、と声に出したつもりなのに出なかった。長男様を置いてくなんてどういう神 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:戒縄 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:壊れかけの狂気 制限時間:1時間 読者:2562 人 文字数:2791字 お気に入り:0人
シャワー上がりのバスローブ姿になったカラ松はベッドに腰掛け、じゃあ準備をしておくからと、ベッドサイドのローションの容器に手を伸ばす。一松は慣れたものだなと思い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:戒縄 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:騙されたロボット 制限時間:1時間 読者:1483 人 文字数:2168字 お気に入り:0人
一〇年以上経った今でも記憶にこびりついて離れない。少年らしい艶めいた声。それに重なるように笑う男の低い声。イタズラに怒る教師から逃げて偶然に隠れた生物室。好奇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:戒縄 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:灰色の魚 制限時間:1時間 読者:660 人 文字数:1739字 お気に入り:0人
三徹の垢と汗で汚いの作業着を脱ぐこともままならず、カラ松の強引な口づけを受け止める。舌が貪欲に積極的に絡まってくるのを、まあ物好きなことで、と思いながら、一松 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りらび ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:死にかけの会話 制限時間:1時間 読者:455 人 文字数:2385字 お気に入り:0人
意味が通じなきゃ、会話ってもう死んでいる。伝わらなくちゃ、言葉なんて、なんの意味もないただの騒音にすぎないのだ。つまり僕にとって、今彼の口からこぼれ落ちているそ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:楽しかった草 必須要素:映画 制限時間:1時間 読者:2 人 文字数:2794字 お気に入り:0人
水曜日の寝床はルーシー。赤茶けた髪とそばかすの散った頬、大ぶりの眼鏡ばかりがよく目立つ。出会った当初はこんな混沌の街に不似合いの田舎娘だった。仕事さぼって腹減っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:プリパラ お題:限りなく透明に近いうどん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:608字 お気に入り:0人
「ねえねえ、みれぃ!今日、このコーデでおそろライブしよ!」「良いっぷりよ~☆」コーデの数だけマイチケをスキャンしてね。お友達のトモチケもスキャンできるよ。きらき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:彼と夕方 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:786字 お気に入り:0人
行きと違って帰りは足取りが重い。学校に向かう時は、あの子に会える喜びでいっぱいだ。家に帰る時には、あの子と一旦お別れをしなければならない。また明日ね、彼はそう言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:勇敢な体 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
槍弓「ヘマすんじゃねーぞ」「君に言われたくはないな。あの魔獣と違わないその猪突猛進ぶりには驚かされる。…ああ、君は猪ではなくフリスビーに飛びつく犬だったかね?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:意外!それは沈黙 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1474字 お気に入り:0人
意外!それは沈黙雲雀×夢ヒロインテーブルの上には今朝郵便受けに入れられていた手紙が並べられている。私はその中で、一際可愛らしい装飾がなされたハガキを手にとって、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:小説の魔法使い 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1117字 お気に入り:0人
青ざめた指先の向こう。あまりにも頼りなく薄い刃物。今にも折れそうな不銹鋼だが、僅かに引くだけで的確に肉を削ぐ。寸分の狂いもない腕前。苦痛に喘いでいた大男から鉛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ!ー お題:鳥の雨 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1424字 お気に入り:0人
雨がちな日に生まれたんだなあって思ってた。私は、子供の頃から、あの《キラキラドキドキ》を見つけた日から、星空を見るのが大好きで。大好きなお友達。お父さん。お母さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:呪術廻戦 お題:ちっちゃな大地 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:428字 お気に入り:0人
眼下の光景は、何もかもがミニチュアで出来たおもちゃの街のようで、ビルや人に埋め尽くされて地面なんて米粒くらいの大きさだ。そんな巨人の視点は、地面を這う人間たち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:許されざる猫 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2537字 お気に入り:0人
もしも私が本当の人間だったら、貴方の歯止めとなるのだろうか。私は私であって、私でない。存在しているというのは間違いなく、姿かたちがいわゆる人間であることも間違い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:穢された交わり 必須要素:浦島太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:660字 お気に入り:0人
たもし、時から逃げられる玉手箱を手に入れられるのなら、哀れな亀さえ助けただろうか。まだ若い時分、世の中には嫌になるくらいの悪意と不条理に包まれていた。戦が終わっ 〈続きを読む〉