ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:359 人 文字数:821字 お気に入り:0人

月と弓

「月が綺麗ですねって言葉、あるじゃないですか。意味、知ってますか?」

「ああ──うん。I love youの日本語訳だったっけ」

 隊長の引き継ぎ業務は思っていたより膨大で、私たちが学校を出た時にはもうすっかり辺りは暗くなっていた。

 夜空を見上げる西住隊長の横顔を、満月の光が照らしている。

「なんか──すごくロマンチックな訳し方だよね」

「私は、寂しいと思いました」

「……え?」

「だって月ってすごく、遠いじゃないですか」

 およそ38万キロ。私が走っても追いかけても、力の限りに叫んでも、届かない距離。

「どうやっても届かなくて、いくら背伸びしても手に入らなくて。……だから、綺麗だって感じるのかなって」

 私がいくら頑張っても、この人には敵わない。肩を並べるどころか、暗いアスファルトに長く伸びる、影にすら踏み込めない。

 来年には西住隊長は、隊長ではなくなって、大洗からはいなくなる。そうなったら私の先輩でもなくなって……

 きっともう、絶対に手の届かない存在になるのだろう。

 だからこそ、月に照らされたその姿は──

「西住隊長は、綺麗です」

 その照れたような微笑みも。可憐な佇まいも。優しくて、でも決して折れない、強い心も。

 その透明な美しさに灼かれて、私の目からは、ぽろぽろと水滴が零れ落ち始める。

「梓」

 西住隊長の指が、その涙を拭う。

「知ってる?梓弓って」

 古来より、梓から作られし弓は祭事に用いられた。

 神の象徴たる月に向かって、びぃんびぃんと、弦を鳴らし。

 この声よ届けと、祈りとともに。

「西住隊長……私……私……!」

 届け。私の想いを乗せて、弦を鳴らし、矢羽の叫びと共に。

 すすり泣く私を、暖かい腕が抱きしめる。

 指で拭いきれない私の涙をすくいとるように、柔らかい唇が押し当てられる。

 
──月の女神が、私の元に降りてきた。


 
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:Hal ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:280 人 文字数:1555字 お気に入り:1人
月の綺麗さを思い出したんです。私が手紙を書こうと思ったのは些細なことでした。沙織さんが練習後に「可愛い字よりも綺麗な字のほうがモテるんだって!」と字の練習を始 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Speak to Me ※未完
作者:鹿狩人㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:272 人 文字数:1007字 お気に入り:0人
「月が綺麗だね」 そうわたしに言ってくれたのは二年前の秋のことだっただろうか。思い返せば、あなたは既に限界だったのかもしれない。 別にお月見をしたくてしていたわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:464 人 文字数:1240字 お気に入り:0人
アイ・ラブ・ユーという英文を、月が綺麗ですねとでも訳しておけば宜しいと、昔の偉い人が言ったらしい。 では月が綺麗な時は何と言えばよいのか。それもまた月が綺麗で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:松田さんかく ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:ゆるふわな小説上達法 制限時間:30分 読者:239 人 文字数:745字 お気に入り:0人
「…ああああああああもう!!!!」夜の10時頃のアンツィオ高校学生寮、小鳥も眠る静かな夜に突然響き渡る絶叫にも似た悲鳴…というか悲鳴にも似た絶叫。寮生のペパロニ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
はっきゅん ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:これはペンですか?違うわ、それは小説上達法 制限時間:30分 読者:253 人 文字数:635字 お気に入り:0人
「ちっちゃな体で、よくがんばったよな」何を言ってる、そのちっちゃな体で。あの時、自分がどうしてそこにいたのかよく覚えていない。絶対に誰にも見つけられない、運び出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:夜の家 制限時間:30分 読者:400 人 文字数:815字 お気に入り:1人
独り身の私にこの家は広すぎる。そう思うようになって一ヶ月が過ぎた。母が引退を表明し、私が家元を正式に継ぐことになった。妹は勝手気ままに生きているので仕方のないこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:フハハハハ!それは冥界 制限時間:30分 読者:303 人 文字数:907字 お気に入り:0人
「それで、ここは一体どこなの?」 ティーガーⅡを駆り、隊を率いて訓練中だったのに何故か見覚えのない景色に私は囲まれている。森林地帯を通り抜け、敵背後を脅かし挟撃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hal ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:かっこ悪い汗 制限時間:30分 読者:321 人 文字数:1475字 お気に入り:0人
お嬢様、と言えば聞こえはよかった。戦車道を歩み始め気づけば高等部最高学年になっていた。常に優雅で慌てずいかなる状況でも汗一つ書かず対処する。それが私の戦車道で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:熱いサイト 制限時間:30分 読者:432 人 文字数:1008字 お気に入り:0人
私はその小窓から世界を見る。平凡な女子の肉体では見えない格別な世界に魅せられて、砲手を務めてきた。 高校生最高精度のスナイパーなどと言われることもある。それは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:少年のピアノ 制限時間:30分 読者:615 人 文字数:1092字 お気に入り:2人
幼いころに聴いたピアノの音を覚えている。 ピアノといっても、大仰なコンサートやパーティではなくて、実家のお屋敷で聴いたものである。 私の実家はそれなりに大きな 〈続きを読む〉

いいぢま㌠の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:いいぢま㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:359 人 文字数:821字 お気に入り:0人
「月が綺麗ですねって言葉、あるじゃないですか。意味、知ってますか?」「ああ──うん。I love youの日本語訳だったっけ」 隊長の引き継ぎ業務は思っていたよ 〈続きを読む〉