ジャンル:弱虫ペダル お題:無意識の愛 必須要素:バツ印 制限時間:30分 読者:334 人 文字数:400字 お気に入り:0人

甘い爪痕









東堂の背中には無数の爪痕が残されている。巻島と愛し合う度にそれは数を増していく。

「巻ちゃん!一緒に風呂に入ろうではないか!」
「いいけど、いきなりどうしたっショ?」
「ワハハ!まあ気にするな!」

巻島は泡風呂が好きなようで、一緒に入る時は必ず泡風呂だ。
湯船に浸かっていた二人は入浴剤の甘い香りに刺激されるように自然とキスを交わす。
が、東堂の背中の爪痕を見ると、少し申し訳なさそうな顔で巻島がポツリと
「…ごめんショ、痛い…よな?」
「なに、巻ちゃんが付けてくれた傷ならば何よりも愛おしい傷だ、そんな事は気にしなくていい」
「でも…」
「じゃあ…巻ちゃん、背中を向けてくれ」
「…ショ?」
「少し、痛いけど我慢してくれ」
ガリッ
東堂は巻島の背中に✖️印の爪痕を残した
「これで、お揃いだな!」
「…ショォ/////」

二人に無意識の愛と、意図的な愛が互いの背中に宿った。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:弱虫ペダル お題:暴かれた小説 制限時間:30分 読者:185 人 文字数:468字 お気に入り:0人
道を歩いている時、空き瓶を見つけた。僕はそれを持ち去ることにした。少し入り組んだ路地裏を通り抜けしばらくゆくと廃れた工場につく。長い間雨風に晒されてきたためか色 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:弱虫ペダル お題:見知らぬ人間 必須要素:パン 制限時間:30分 読者:174 人 文字数:2255字 お気に入り:0人
シャリと不思議な匂いをする黒く濁った汚れた水をかけられた。思わずつぶってしまっていた目を開けると、あいつらがバケツを片手にニヤニヤと笑っていることがわかった。水 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:弱虫ペダル お題:楽観的な運命 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:30分 読者:136 人 文字数:478字 お気に入り:0人
洗濯が終わった、洗濯機の蓋をぱかりと開けた時のふわりと香るあの匂いが僕は好きだ。子供の頃にお母さんのお手伝いとして洗濯物を取り出そうとした時に気づいたあの匂い。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:弱虫ペダル お題:思い出の娘 制限時間:30分 読者:185 人 文字数:310字 お気に入り:0人
僕にとって食べることと吐くことは同じ事なんだ。食べて吐いて、食べては吐いてを繰り返しどれだけ食べてもその分だけ吐き出そうとする一種の拒絶反応なのかな?吐いてばっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:弱虫ペダル お題:思い出の娘 必須要素:しゃっくり 制限時間:30分 読者:102 人 文字数:338字 お気に入り:0人
ごめんねごめんねって謝りながら腕を切る泣いて目も腕も真っ赤にしていたいねいたいねって俯きながら爪を剥ぐ唇を噛み締めて血を垂らしながらそれをするみないでみないでっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:弱虫ペダル お題:綺麗な会話 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:1204字 お気に入り:0人
僕がたまたま鏡を覗いた時、自分の目の中に何かがいるのに気がついた。目の中と言ってもそれは白目の部分ではなく黒目の部分にいた。何がいるのか見ようと目を凝らし鏡を見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:弱虫ペダル お題:黒い雑草 必須要素:切符 制限時間:30分 読者:140 人 文字数:992字 お気に入り:0人
庭の草むしりをしていたある日の午後の事。メガネをつけているのにもか変わらず視界がぼやけて見えにくくなって言ったのに気づいた。この時は単純に、メガネの問題なのかな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:弱虫ペダル お題:黒い瞳 必須要素:全力のエロス 制限時間:30分 読者:148 人 文字数:686字 お気に入り:0人
初めて自転車で転んだ時、お母さんがびっくりした顔で僕の方を見ていた。僕は聞いてみた。「お母さんどうしたの?」たらりと頭から何かがこぼれる感覚した。「坂道、痛くな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:弱虫ペダル お題:求めていたのは村 制限時間:30分 読者:147 人 文字数:887字 お気に入り:0人
生まれ持った臓器が余分に一個あった。普段生活していく上で、その余分な臓器は特に意味の無いもので体の中にあるわけだから煩わしいとか要らないなとかは思ったことが無か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル お題:過去の男 制限時間:30分 読者:249 人 文字数:597字 お気に入り:0人
僕は、時間を渡り歩くこの仕事が好きだ。僕達のような仕事に就く場合それまで生きていた時間との別れをしなければならない、全部を清算して自分の身一つになったところで次 〈続きを読む〉

とみ@鉄人の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:とみ@鉄人 ジャンル:弱虫ペダル お題:無意識の愛 必須要素:バツ印 制限時間:30分 読者:334 人 文字数:400字 お気に入り:0人
東堂の背中には無数の爪痕が残されている。巻島と愛し合う度にそれは数を増していく。「巻ちゃん!一緒に風呂に入ろうではないか!」「いいけど、いきなりどうしたっショ? 〈続きを読む〉