ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:炎の蜃気楼 お題:小説家の床 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:209字 お気に入り:0人
廊下と和室を仕切る襖を開けた途端、何も書かれていない原稿用紙が滑り落ちてきた。和室の床じゅう、手付かずの原稿用紙が散乱している。高耶は溜め息をこらえつつ、大股で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。春始 お題:楽しかった小説 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:380字 お気に入り:0人
「ねえ始、この小説読んでみてよ」「なんだこれ」「俺おすすめの読んでて楽しいなーと思った小説です」 にこにこしながら春が手渡してきたそれは、普段自分でなら確実に買 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
昭和編 ※未完
作者:水鳥@通販はじめました ジャンル:炎の蜃気楼 お題:凛とした風邪 必須要素:えへへ 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:522字 お気に入り:0人
いつもの革ジャンにハンチング帽。 だが、いつもより背が丸まっていないか? いつもより顔が赤くないか? 直江は窺うように尋ねた。「景虎様? 具合でも悪いんですか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:2つの悪魔 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:192 人 文字数:740字 お気に入り:0人
「…どうしよう。」私は今日のおやつ、『白い悪魔』と『黒い悪魔』というチョコレートをいつ、どちらを先に食べるかを悶々と考えていた。白い悪魔は甘いホワイトチョコレー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさんぶるスターズ! お題:黄金のあいつ 必須要素:えへへ 制限時間:15分 読者:251 人 文字数:644字 お気に入り:0人
太陽を直視してはいけない。なぜならば焼かれてしまうからだ。 この世に人はあまと存在しているが、はてそれ以外はというと、どれほどだろう。 君は見たことがあるだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よくと氏 ジャンル:咲-Saki- お題:永遠の冬休み 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:247 人 文字数:933字 お気に入り:0人
時間というものは常に一定の速度で流れ、いかなることがあっても止まることはない。「こんな時間が続けばいいなぁ」と思ったって時間というのは流れていくものである。しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Capt.@二日目東ニ50a ジャンル:ONE PIECE お題:黄色い極刑 必須要素:えへへ 制限時間:1時間 読者:854 人 文字数:3426字 お気に入り:0人
クザンは時に、サカズキに酷く面倒な問題を振ってくる事があった。それを含めてマァ可愛いというか手の掛かるが故に可愛いし憎しの弟分と思っているが、よりにもよってそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:をみだよ ジャンル:黒子のバスケ 緑赤 お題:つまらない天国 必須要素:えへへ 制限時間:1時間 読者:495 人 文字数:2424字 お気に入り:0人
緑間真太郎という人間は、人生においてただひとつのあやまちをおかして、そのほかは順風満帆といってさしつかえない生き方を無難に送っていた。高校までバスケに打ち込み、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かすが井 ジャンル:ハイキュー!! お題:戦争と駄作 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:620 人 文字数:1063字 お気に入り:0人
山口と谷地「そっかあ。女子はバレンタイン、作るもんね」ホワイトデー、お返しどうしようか、なんて。俺はツッキーと違ってもてるわけじゃないから、去年までは考えられな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:弱虫ペダル お題:嘘の別居 必須要素:えへへ 制限時間:15分 読者:513 人 文字数:586字 お気に入り:0人
あ、と声をあげた福富が曇天を見上げる。降ってきたな。鈍色の空からぼたぼたと雫が溢れる。傘を持ってきて正解だった。と福富に声をかければ不貞腐れたように折角の旅行な 〈続きを読む〉