ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:戦争と秘部 必須要素:志賀直哉 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:594字 お気に入り:0人
※流血表現あり、死ネタあり 先程射たれた所が痛む。 見ると、血が出すぎている。 あーこれは死ぬかも…、と思いながら一応血を止めようと手に力を込める。けどやっぱり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よくと氏 ジャンル:咲-Saki- お題:燃えるお金 必須要素:志賀直哉 制限時間:30分 読者:219 人 文字数:562字 お気に入り:0人
和「咲さんは今何を読んでるんですか?」咲「城の崎にてっていう本だよ。志賀直哉って言う人が書いたんだ」和「咲さんっていつも古い本を読んでるのですね」咲「そんなこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:悪魔のリドル お題:記憶の夜中 必須要素:志賀直哉 制限時間:30分 読者:424 人 文字数:1280字 お気に入り:1人
隣で眠る愛しい人の頭を軽く撫でながら、英純恋子は頬を綻ばせた。今、横で寝息を立てる少女に、恐怖の感情は見て取れない。眠気に身を委ね、気持ちよさそうに寝息を立てて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Capt.@二日目東ニ50a ジャンル:ONE PIECE お題:限りなく透明に近いエデン 必須要素:志賀直哉 制限時間:30分 読者:783 人 文字数:2692字 お気に入り:0人
この際はっきりと公表しよう、とサカズキが言った時に、ボルサリーノは件の曖昧な表情を浮かべたが、ああ良くは思っていないのだな、とその瞬間に分かって、この話は無か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:めざせ! 焼き討ちマスター! ジャンル:遊戯王 お題:愛と欲望の夏 必須要素:志賀直哉 制限時間:30分 読者:472 人 文字数:772字 お気に入り:0人
(海城) 釘付け。 まさしくそんな表現しか思いつかないほど、海馬はじっとりオレの口元を見つめている。 ごく平凡な昼休み。海馬は一番後ろ、ドアのそばの席で本を読む 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もきゅ@テス勉よりレオぴ ジャンル:黒子のバスケ 高緑 お題:思い出の動機 必須要素:志賀直哉 制限時間:30分 読者:384 人 文字数:364字 お気に入り:0人
「なぁなぁ真ちゃん、その小説の人…」高尾は緑間と部活までの空き時間を教室で過ごしていた。「小説の人?……あぁ、作者のことか?」「そおそお!!前も読んでたよねー」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:倫敦の若大将カイキャク ジャンル: お題:ロシア式の夜風 必須要素:志賀直哉 制限時間:15分 読者:665 人 文字数:832字 お気に入り:1人
まさかロシアに来るなんて。まるで白樺派だなと思った。悪魔将軍とエイスリンは並んでロシア式の夜風にあたる。寒い、身を斬るどころか、深く刺すような寒さだ。「見るがい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:3g ジャンル:ボーカロイド お題:ロシア式の夜風 必須要素:志賀直哉 制限時間:15分 読者:540 人 文字数:553字 お気に入り:0人
「志賀直哉っぽいおっさん見たんだって!マジで!」己の肉体が0と1のデジタルの海に消えていく中、初音ミクは必死に叫んだ。初音ミクは歌うために造られたプログラムであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:慈惟紅@使用人特化型二つ星極制服専属の装 ジャンル:華ヤカ哉、我ガ一族 お題:裏切りの水 必須要素:志賀直哉 制限時間:30分 読者:837 人 文字数:1242字 お気に入り:0人
「お前は俺が戻って来ると信じていたのか?」 ある夜のこと。守は布団の中で本を読んでいるはるに訊いてみた。「当たり前じゃないですか。なんで信じてくれないんですか? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:加築せらの@ももまん(食用) ジャンル:黒子のバスケ お題:怪しい姫君 必須要素:志賀直哉 制限時間:15分 読者:772 人 文字数:837字 お気に入り:0人
先週だったか、勧めた覚えのある文庫を手に持って堂々と屋上で眠っている恋人。志賀直哉だったかな、まぁ彼とは本の好みが広いところで一致しているから、勧めたのが先週だ 〈続きを読む〉