ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:冒険者4人が挑む愚者の石 お題:それいけ始まり 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:684字 お気に入り:0人
海だ。 目の前には広い大海原が広がっている。「さっみ」「おっけー堪能した! 帰ろ」 ミトラは二秒で引き返す姿勢を見せる。「いやお前が来たいっつったから来たんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:A3! お題:黄金の屍 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1753字 お気に入り:0人
つづいた未満の綴と至「……うわ」 103号室の扉を開けた途端のこと。思わず間抜けな声が出たのは、足元に予想外の物体が転がっていたからだ。ひっくり返ったまま暑い日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:A3! お題:穢された子犬 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1436字 お気に入り:0人
「あれ」 空は灰色。バケツをひっくり返したような雨、とは言葉通り。土砂降りの雨の中を太一と、天馬。そして、O高近くに最近来るカレーパンのケータリングを紹介する約 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:体は元気だよ!! ジャンル:DRAG-ON-DRAGOON お題:朝の交わり 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:817字 お気に入り:0人
粗末な天幕の中で目が覚めると、寝間着から戦装束に着替える。 もはや石鹸で落ちることはない、赤黒い染みがこびりついた装束に。 別に清潔で美しいものが好きというわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
労わり ※未完
作者:匿名さん ジャンル:fate/grand order お題:失敗のモグラ 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:396字 お気に入り:0人
布団の端から髪の毛が飛び出ている。彼女特有の明るい色の髪。夕日色を帯びた髪。それが、ぴょこん、と薄暗いマイルームの隅に置かれた布団の端か飛び出ている。本人は隠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はじめ3号 ジャンル:堕天作戦 お題:許せない栄光 必須要素:全身脱毛 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:375字 お気に入り:0人
顔の左が熱い。べたべたと流れるものがうっとうしいと彼は感じた。一撃必殺の攻撃を目の前のできそこないは瞬く間に無に帰していく。なんという無駄なのだ。そう彼は憤慨す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:wrwrd お題:最弱の医者 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1292字 お気に入り:0人
鼻を突く薬品の匂いに顔を顰めた。それに音なく笑ったのはここの軍医で。 のんびりとした緩やかな声色に誘われるように、軍医である彼の前に置かれた椅子へと腰掛ければ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿2/19 ジャンル:刀剣乱舞 刀さに 女審神者 お題:反逆の味 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:909字 お気に入り:0人
秋の気配もだいぶ深くなった夜に、私は離れの部屋で読書をしていました。しばらく書類仕事が忙しく、夜も時間が取れなかったので積読状態の本にようやく手をつけたのでした 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やこ@南1 お15b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:希望の弁当 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:647字 お気に入り:0人
「らーめん屋。オマエ、『タコサンウインナー』って知ってっか?」「おお、知ってるぞ」「それ作りやがれ! 『タコサンウインナー』は弁当に入ってるんだろ? 明日事務所 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無銘の墓 ※未完
作者:ベル@原稿2/19 ジャンル:刀剣乱舞 刀さに 女審神者 お題:出来損ないの弔い 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:727字 お気に入り:0人
じりじりと日差しが照っている。庭の土はからからに乾いてしまって、普段はわずかに湿った土色をしているのが今は今にもひび割れそうな肌色に変色していた。まさに干ばつの 〈続きを読む〉