ユーザーアイコン
作者:さとや@らくがき強化中 ジャンル:ペルソナ4 お題:右の小説家たち 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:357字 お気に入り:0人
4月、再び春がやってきた。やってきたといっても『季節が巡る』という意味ではなく、『全く同じ時間を繰り返している』という意味なのだけども。鳴上悠は一年を抜け出すこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:体は元気だよ!! ジャンル:DRAG-ON-DRAGOON お題:群馬の顔 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:863字 お気に入り:0人
神水の直轄区の、石畳で作られた湿り苔むした階段。そこでひとり気だるげに腰かけているのは、守護者であるハンチだ。 水路の水が流れる音。どこかで漏れ出た水滴が跳ね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:冒険者4人が挑む愚者の石 お題:それいけ始まり 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:684字 お気に入り:0人
海だ。 目の前には広い大海原が広がっている。「さっみ」「おっけー堪能した! 帰ろ」 ミトラは二秒で引き返す姿勢を見せる。「いやお前が来たいっつったから来たんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:A3! お題:黄金の屍 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1753字 お気に入り:0人
つづいた未満の綴と至「……うわ」 103号室の扉を開けた途端のこと。思わず間抜けな声が出たのは、足元に予想外の物体が転がっていたからだ。ひっくり返ったまま暑い日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:信長の忍び お題:間違った消しゴム 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:408字 お気に入り:0人
「信長様、これは何と言うものですか?」戦国時代、安土城の一角。そこでは忍びの娘、千鳥が何やら畳の上に置かれた白い物体を物珍しそうにつついていた。「それはケシゴー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:A3! お題:穢された子犬 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1436字 お気に入り:0人
「あれ」 空は灰色。バケツをひっくり返したような雨、とは言葉通り。土砂降りの雨の中を太一と、天馬。そして、O高近くに最近来るカレーパンのケータリングを紹介する約 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
教室 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:出来損ないの冥界 必須要素:高校 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:404字 お気に入り:0人
夕日で茜色に染まる教室に、下校を促すチャイムがノイズ混じりに鳴り響いている。その音も、閉じていく鈍った色でさえも、今はただただ重たい。ぽつんと一人、机に伏した影 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:GoodOmens お題:可愛い蕎麦 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:431字 お気に入り:0人
アジラフェルが何処からか情報を手に入れた極東の国の料理、"ソバ"にハマったらしい。なんでも自分で作る、というほどに。「いいかい?クロウリー。ソバは〜〜〜」アジラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:体は元気だよ!! ジャンル:DRAG-ON-DRAGOON お題:朝の交わり 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:817字 お気に入り:0人
粗末な天幕の中で目が覚めると、寝間着から戦装束に着替える。 もはや石鹸で落ちることはない、赤黒い染みがこびりついた装束に。 別に清潔で美しいものが好きというわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
労わり ※未完
作者:匿名さん ジャンル:fate/grand order お題:失敗のモグラ 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:396字 お気に入り:0人
布団の端から髪の毛が飛び出ている。彼女特有の明るい色の髪。夕日色を帯びた髪。それが、ぴょこん、と薄暗いマイルームの隅に置かれた布団の端か飛び出ている。本人は隠 〈続きを読む〉