ユーザーアイコン
作者:藤下峠 ジャンル:ワールドトリガー お題:遅い外側 必須要素:難解な設定 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:895字 お気に入り:0人
髪の長いあの子 エネドラの髪が随分伸びたので、そろそろ切りなさいな、と肩に触れる黒髪を撫でてやると、「伸ばしてんだよ」と返された。「どうして? 邪魔でしょう」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へせ ジャンル:ドラゴンボールZ お題:小説の昼食 制限時間:2時間 読者:69 人 文字数:2227字 お気に入り:0人
※ブロココ未満凍てついた河の向こうからオレンジ色の光が滲み出す。空に、森に、氷の大地にドミノ倒しのように広がっていく光は、ある一軒の小屋の窓にも朝を告げた。射し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:59 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:うへへ、ピアノ 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:439字 お気に入り:0人
「うへー、ピアノ弾けんのかよ」愛染国俊があっけにとられたのは明石国行のことだ。いつも日がな一日暇があればくてっと眠りこけている奴が、姿勢さえまともに起こしてない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:生きている黒板 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
「何してるんです?」「…………何も」アルジュナが俺の部屋にやってきた。ガッタンゴットンと荒々しくひっくり返して掃除をしたばかりの俺の部屋にやってきた。両隣が空き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:失敗の運命 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:427字 お気に入り:0人
「なあ、その薬の量…」「え?あぁ、だよね☆」「いや『だよね』ウインク、じゃねーって乱」昼休み中に空いている会議室で昼飯となった俺と乱は、サクッと食べて次の仕事の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:謝罪探偵すまないさん お題:オチは風 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1286字 お気に入り:0人
「探偵さんはさがしものもとくいですか?」アルジュナがそう言いながら探偵事務所を訪ねてきたのがついさっき。探偵さんはアルジュナにあたたかいココアを出して飲むように 〈続きを読む〉