ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:アルパカの慰め 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1411字 お気に入り:0人
まるで敵のいない野っ原に放り出された草食動物みたいに、クッションを抱えてソファに座り、どこでもない虚空を見つめてぼうっとしているものだから、烏間は思わず心配にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 お題:少年の宴 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:1056字 お気に入り:0人
「……まだ帰ってなかったのか?」「あ、やべ」「烏間せんせー……」「え、もうこんな時間!?」施錠のために各教室を見回りに出かけた烏間が、E組の教室で見かけたもの。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:俺と喜劇 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1227字 お気に入り:0人
人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見ると喜劇だ。そんな言葉がある。たしかにそれはそうかもしれない、と、おれは時々「同僚」たちを見ながらそう思う。もとは人間だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:君と裏切り 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:645字 お気に入り:0人
「今日は荒れるなぁ……」 6月のある日、サレオスがそうぼそりとこぼした日は、透き通るような快晴の日のことだった。何気ない一言を、仲間たちはさして気にも止めてはい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:天才の姫君 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:1631字 お気に入り:0人
天才という言葉がきらいだ、という人がいる。今自分に備わっている実力はすべて「天」とかいうよくわからないものから与えられたもので、そこに自分自身の努力とか、そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:恥ずかしい運命 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1594字 お気に入り:0人
たぶん過去最高にきっぱりとした覚醒をした。うっかりうたた寝をしてしまったソファからガバリと身を起こし、瞬間的に時計を見る。——19時半。カラスマがやってくると言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:ドイツ式の夕日 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:1482字 お気に入り:1人
「……もしもし」「ミスター・カラスマだな。きさまの大事な人は預かった」「ほう。おかしいな、娘は数時間前にもう夢の中のはずなんだが」「……娘じゃなくて」「じゃあ元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:10の朝飯 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1519字 お気に入り:0人
「……なんだ、これは」「シリアルだけど。日本のシリアル、いろいろ種類が豊富でおいしいわよね。栄養価も高いし、手軽だし。いろいろ食べ比べてみたんだけど、このシリー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:群馬の囚人 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1236字 お気に入り:0人
「——これで、本当に終わったのかしらね」「さあな」元はと言えばあの超生物の暗殺計画に端を発した、今回の鷹岡——黒幕である組織は「被験者T」と呼んでいたらしいが— 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:興奮した暴走 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:1059字 お気に入り:1人
「ちょ、カラスマっ、待ってまって!」イリーナの焦った声に烏間がふと我にかえると、やけに静まり返った応接室にイリーナの声がうわん、と響いたような気がした。昼間とは 〈続きを読む〉