ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:悔しい男 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1553字 お気に入り:0人
持ち帰りの仕事がようやくひと段落ついて、烏間がようやくベッドにやってきた時。彼の恋人であるイリーナ・イェラビッチは、いつもの「この衣服には一体どこを保護する目的 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:真実の血液 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:1504字 お気に入り:0人
「——時々不思議になるのよねえ」熱心に砂場で「おしろ」を作り続ける娘をぼんやりと眺めながら、木陰でイリーナは呟く。「なにがだ」吹き抜ける風の心地よさに目をつぶり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:早すぎた失踪 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:1828字 お気に入り:0人
『すまない、分かってしまったんだが』 ジークがそう言うと、みんなが一斉にジークを見ました。それこそ、新体操なら満点が出るくらいに。小次郎はジークの肩をぐいっと掴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:小説家の夜中 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1721字 お気に入り:0人
「オリガ、オリガ。ちょっとこの文章、チェックしてくれんか」「どうしたのロヴロ。あなたがパソコンでなく、万年筆を取り出して書き物をするなんて珍しいわね」ナイトガウ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:とびだせ魚 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1283字 お気に入り:0人
まるで生まれてからこのかたずっと空気の上澄みだけを吸って生きてきたかのような顔をして、イリーナはそこかしこでさざめく笑い声に合わせて実に上品に笑う。「上流社会の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:君の雲 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1404字 お気に入り:0人
「ねえ。台風が来るらしいわよ」台風由来らしい強い風が吹き込んできていた窓を閉め、カーテンも一緒に閉めながらイリーナがつぶやいた。「——ああ、たしかに夕方の雲の流 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:平和と弁当 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1588字 お気に入り:0人
だし巻き卵はスミレに教わった。彼女の、まるでマジシャンみたいな手つきにはまだ遠く及ばないけれども、回数を重ねて練習をした結果、それなりに綺麗に巻けるようになった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:誰かは母 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:1507字 お気に入り:0人
毎年恒例の、旧校舎の清掃日。デッキブラシでがしがしと外壁を掃除している千葉は、ふとこちらをじっとみつめる小さな瞳に気がついた。「……?」視線のほうに目をやると、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:今日の妹 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1878字 お気に入り:0人
「あーつーいーつかーれーたー。もう授業とかやめてプール行きましょカラスマー」「行くなら一人で行け。仕事を終わらせてからな」「なによぉ。プライベートビーチ行きまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
狸寝入りの朝 ※未完
作者:からいりくじら ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:自分の中の狸 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:1323字 お気に入り:0人
同棲を始めてからまず真っ先に覚えたもの。それはもしかしたら「狸寝入り」かもしれないと、烏間はふと考えた。自分が、人の心の動きの機微とかを汲み取ることがあまり得意 〈続きを読む〉