ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:青春鉄道 お題:愛すべき絶望 制限時間:15分 読者:556 人 文字数:669字 お気に入り:0人
終電も終わり、酔いつぶれた乗客や駅員すらいなくなったホームで、彼は一人佇んでいた。その瞳には暗く沈んだ澱みも無かったが、かといって眩しい閃光も見つけられなかった 〈続きを読む〉