ユーザーアイコン
作者:人形 ジャンル:結城友奈は勇者である お題:重い排泄 制限時間:1時間 読者:217 人 文字数:1120字 お気に入り:0人
味噌汁の香りが、鼻をくすぐる。落ち着く匂い。 茶碗が一種の宝石箱であるかのように見紛う程、お米の一粒一粒が、輝いている。 和食は、最高だ。 洋食が食べれないと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ニニム ジャンル:結城友奈は勇者である お題:重い排泄 制限時間:1時間 読者:245 人 文字数:1671字 お気に入り:0人
誰かの手が、自分に触れるということが、あんなに気まずいものだと感じられたのは、私にとって生まれてはじめての経験だった。 お風呂に入れてもらう、だけならそうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
本好きの後輩 ※未完
作者:ふたつみね ジャンル:結城友奈は勇者である お題:純粋な秀才 必須要素:ガン保険 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:1118字 お気に入り:0人
夜の、丸亀城の食堂。 注文したうどんの器を抱えて振り返り、郡千景は席を見回した。 食堂は空いていた。大赦の職員たちが数人固まって一角に陣取り、空の食器を挟んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:人形 ジャンル:結城友奈は勇者である お題:苦い女の子 制限時間:1時間 読者:768 人 文字数:1584字 お気に入り:1人
「こんにちはー! 結城友奈です!」 今日も元気よく部室に入ってくる友奈。いつもとちょっと違うのは、その隣に誰もいないこと。車椅子生活も終わってある程度時間が経ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
no title ※未完
作者:山羊 ジャンル:結城友奈は勇者である お題:俺は姫君 制限時間:1時間 読者:410 人 文字数:1571字 お気に入り:0人
「お、おれはー。一国の姫であるぞー。ひかえーい」 ある日の勇者部部室にて、犬吠埼風による熱烈演技指導が行われていた。 全く感情の込もっていない声で姫役を演じてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ニニム ジャンル:結城友奈は勇者である お題:俺は姫君 制限時間:1時間 読者:598 人 文字数:2492字 お気に入り:1人
「アアー! これは毒林檎だァァアー!」 友奈ちゃんが喉の奥から絞り出すような、野太い声を出しながら床に倒れた。 友奈ちゃんのやりすぎなくらい転倒のすぐあと、こじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Pt@SHT勇者07 ジャンル:結城友奈は勇者である お題:俺は姫君 制限時間:1時間 読者:485 人 文字数:2796字 お気に入り:1人
【姉の心、妹知らず?】 誰だって一度は、お姫様というものに憧れるものなのだろう。女の子だから当然だ。 そろそろ太陽も傾いてきた夕暮れ時の樹はぼんやりとそう考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
愛別離苦 ※未完
作者:ニニム ジャンル:結城友奈は勇者である お題:男の豪雨 制限時間:1時間 読者:422 人 文字数:1585字 お気に入り:0人
「お空にわっしーが浮かんでるよ~」 乃木園子が、そんなことを東郷美森――あの頃は、鷲尾須美だった少女に言ったのは、今から約三年ほど前のことだった。その日は、ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:人形 ジャンル:結城友奈は勇者である お題:彼女の税理士 制限時間:1時間 読者:460 人 文字数:1579字 お気に入り:1人
いつものようにかめやの中心のテーブルで、勇者部六人はうどんを食べていた。二杯目の大盛り肉ぶっかけうどんを幸せ一杯の表情で完食すると、風は満足気に言った。「うど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ニニム ジャンル:結城友奈は勇者である お題:彼女の税理士 制限時間:1時間 読者:531 人 文字数:2357字 お気に入り:1人
犬吠埼家のリビング。休日の蒸し暑い昼下がり。窓を閉め切り、冷房の効いた室内で、テーブルの上に本を広げ、風は縦書きでつらつらと綴られる文章を目で追っていた。彼女 〈続きを読む〉