ジャンル:サモンナイト お題:子供の熱帯魚 必須要素:スマホ 制限時間:15分 読者:547 人 文字数:771字 お気に入り:0人

熱に浮かされる ※未完


「アルカも何かペットでも買ってみたら?」

「ペット?」



 いつもカゲロウがいていたから考えなかったけど、そうか、ペットかぁ。
 学生時代の友人と久しくあって話したらペットを飼うことを勧められた。犬とか、猫とか。買いにくいなら魚とかそういうのもいいと思う、なんて親切な言葉も告げて。

 仕事が忙しい身だし、なかなかしっかりとは世話してやれないかも、と思ったがこういう機会じゃないと買えないのも確かだ。
 今なら余分なお金も手にあるし、友人に勧められた通り魚を飼ってみた。
 名前はわからない。いや、お店の人に聞いたけど忘れたんだけども、忘れてしまった。カタカナだったのは覚えてる。

 大家さんにもらった水槽(あの人本当に何でも持ってる)に水を張った後に魚を入れてぼんやり眺める。
 きらきら。特に光っているわけではないのに、この魚は輝いているように見える。とてもきれいだ。
 品種名は忘れたけど、どうやら熱帯魚の部類らしいことは覚えていた。いろいろ見たけど、熱帯魚は基本鮮やかで、私よりもなんだか着飾っているように見えた。この子は特にその中でもきれいだったけ。だから、ついつい買ってしまったのだけど。
 まだまだ小さな体でのんびりと泳ぐ。店員さん曰く、まだ子供らしい。私たちとは成長速度が違うから、すぐに大きくなるだろうけど。


「あれ、姉貴なにやってんだ?」

「カゲロウ」

 がさり、買い出し袋をソファに置いてこちらに近づく私の弟分はどうやらやっと買い物から帰宅したらしい。
 私が昔の友人に会うから、と遠慮して一人で買い物にいってくれたのだ。まったくもって頼もしい。


「熱帯魚買ってみたの。かわいいでしょ?」

「熱帯魚?」


 私の後ろに水槽があるときづいて




 傍らには子供の熱帯魚が軽やかに泳いでいた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
皆同じ空の下 ※未完
作者:シンリ ジャンル:サモンナイト お題:暑い小説訓練 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:161字 お気に入り:0人
「あ、暑い……」 これはなにかの拷問なのだろうか。 頭を、肌をギラギラと眩しい太陽の光がじわじわと焦がしていくのを感じる。 雲一つない今日の空模様では自然に光が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ナツキハルナ ジャンル:サモンナイト お題:メジャーな湖 制限時間:15分 読者:524 人 文字数:775字 お気に入り:0人
「兄貴ー、朝だってば。兄貴ー」 ゆさゆさと体を揺さぶられて、フォルスは閉じていた目を開けた。 それは、フォルスにしてみればいつものことだった。 フォルスは、なぜ 〈続きを読む〉

鮒粥はサモナイ5のアルカにムチューダ!の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:鮒粥はサモナイ5のアルカにムチューダ! ジャンル:サモンナイト お題:子供の熱帯魚 必須要素:スマホ 制限時間:15分 読者:547 人 文字数:771字 お気に入り:0人
「アルカも何かペットでも買ってみたら?」「ペット?」 いつもカゲ○ウがいていたから考えなかったけど、そうか、ペットかぁ。 学生時代の友人と久しくあって話したらペ 〈続きを読む〉