ジャンル:バッテリー お題:わたしの好きな感覚 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:335 人 文字数:685字 お気に入り:0人
[削除]

駄菓子の食感



「あつい〜〜冷えたゼリーとか食いたいわ」
「ええなぁ〜」

部活が終わった後ダラダラ着替えながら食べ物の話になった。
冷えたゼリー、アイス、ジャンクフードそして、駄菓子。

「なあ、原田お前好きな駄菓子とかあるわけ?」
「…あんまり食べたことないな」
「はぁ?まじで!?」
「うそじゃろ!」
「なんでこんなことで嘘つかなきゃいけないんだよ。青波が体弱かったから駄菓子があるより母さんが作ったお菓子が家に常備してあって買う必要なかったんだよ。母さんいやがってたしな。」
「おばさんのお菓子おいしいもんな…嫌でも損してるで原田!」
「そうじゃ!そうじゃ!」
「なぁ、今から駄菓子買いに行かん?」
「吉!珍しくいい事言った!」
「珍しくって何じゃ!いつでもいい事いうわ!」


吉貞の一言から豪、沢口、東谷、吉貞と学校の近くにある小さな駄菓子屋にいくことになった。

歩いていても話す事は今から買いに行く駄菓子のこと

「俺、あれ好きじゃ
うまい棒!あのサクサクな食感がうまいよな!」
「えーそうか〜サクサクな食感じゃったらキャベツ太郎じゃろ!
あのしょっぱさがうまいよな!」
「いやいや、駄菓子じゃったらあのゼリーじゃろ、名前わかんないけど変な形したあれ!!」
「あれじゃわかんねーよ!」
「え〜豪ならわかるじゃろ?」
「おう!沢が言ってるのなんとなくわかるわ
うまいよな。冷えた感覚とかうまい」
「じゃろ〜〜!」
「おれは、裂きイカとか好きじゃけん」
「永倉おっさんwww」

と、止まることなく続く駄菓子の食感、味
俺は食べたことがない駄菓子に少し興味を持った。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉