ジャンル:おそ松さん お題:黒い消しゴム 必須要素:コショウ 制限時間:1時間 読者:302 人 文字数:717字 お気に入り:0人
[削除]

カラ松が文具を買う話 ※未完

「ちょっとー、ニートたちー、誰かいるー?」
兄弟6人、各々、二階でくつろいでいたところ、階下からマミーの呼ぶ声がした。あれは何か頼みごとがあるときの言い方だな。少なくとも梨が剥けたとかではないだろう。身を固くし、息を潜める。
「いるんでしょ~! さっき話し声が聞こえてたわよ~! ちょっとおつかいに行ってきてちょうだい~~!」
先程より大きな声で呼びかけられると、ブラザーたちが一斉に俺を見た。なんで俺。
「カラ松、お前行ってこいよ」「僕いま手が離せないからさ」「クソ松」「カラ松にーさんオナシャス!」「鏡なんか見てないで、ホラ」

「キャベツ1玉、牛乳1本、鶏胸肉1キロ、と」
あそこのスーパーで全部そろうから、と渡されたメモを見ながら、食材をかごに放り込んでいく。成人男性6人分の食材を用意するのは大変だな。
「さて、あとは、筆ペンか」
悠々自適のニート生活では筆記具を使う機会もそうそうなく、したがって久しぶりの文具コーナーは、学生時代には見かけなかった新製品がたくさん並んでいてちょっとわくわくした。針の要らないホッチキス、ペンタイプのハサミ、キラキラしたホログラムの折り紙、いろんな模様のラインマーカー。学生時代に使用していたメーカーの、真っ黒でシックな消しゴムとノートに目がとまる。
「今はこんな色があるのか。漆黒の消しゴム……を、使う、俺! 漆黒のノート……を、使う、俺!」
そうだ、これに歌詞を書き綴っていこう。消しゴムとノートに合う、漆黒のシャープペンシルとサインペンを一緒に購入し、帰り道で考える。おれのだいすきなものについてうたをうたおう。ぶらざーたち、むつごの歌。肉。唐揚げ。

『ペッパーステーキ』




同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:へせ ジャンル:おそ松さん お題:去年の馬鹿 制限時間:1時間 読者:79 人 文字数:1324字 お気に入り:0人
すっごい美人、と助手席の彼女が言う。童貞でもわかる、あからさまな地雷原。しかし、その危惧を上回るほどカーテレビに映る女は魅力的だった。オードリー・ヘップバーンを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:反逆の男の子 制限時間:1時間 読者:177 人 文字数:1829字 お気に入り:1人
幼い頃の行いを今になって後悔した。俺達が子供だった時、沼の噂が赤塚の街で広まっていた。噂の内容は、町外れの林にある沼には人魚がいるらしい、というものだった。今と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へせ ジャンル:おそ松さん お題:ドイツ式の町 必須要素:小指の爪 制限時間:1時間 読者:160 人 文字数:1508字 お気に入り:0人
なぜ今日に限って寒さが身に沁みるのかは外に出てわかった。三日ぶりに会社から抜け出して、替えのパンツとシャツを買いにコンビニに入ったところでわかった。新年なのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:記録にない排泄 制限時間:1時間 読者:193 人 文字数:2135字 お気に入り:0人
白髪に染まっていく頭に不思議と底知れぬ恐怖を感じていた。弟達は何一つ変わってないのに、俺だけ白くなっていくのはまるで違う人間だと言われているようで怖くて怖くて俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす ジャンル:おそ松さん お題:打算的な排泄 制限時間:1時間 読者:196 人 文字数:1402字 お気に入り:0人
俺には赤色というものがどんなものかが分からない。ほかの色はちゃんと認識出来るのに赤色と言われている色が橙色に見えてしまうのだ。 だから、俺は橙色の林檎、橙色のポ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆー。 ジャンル:おそ松さん お題:それいけ恋愛 制限時間:1時間 読者:260 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
「ごめん、もう一回言ってくれる?」正直、聞き直したくもなかったが、放たれた言葉を無視してそのまま会話を続けられるほど、チョロ松は器用には出来ていなかった。目の前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:進撃のダイエット 制限時間:1時間 読者:758 人 文字数:2156字 お気に入り:0人
今日の夕飯はエビフライだった。そのまま食べても、特製タルタルソースをかけても美味しくてがばがば食べる。「いっぱい食べる兄弟が好き」だなんて、CMのような言葉さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:マイナーな時計 制限時間:1時間 読者:374 人 文字数:1860字 お気に入り:0人
始まる直前に身体を強く打っていた鼓動は引っ込んだ。照明に驚かされたのだろう。なんと都合の良いやつだ。だが、そいつはいつでも俺を裏切らず、胸に嵌まっていてくれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のん@課題皆殺し中 ジャンル:おそ松さん お題:どうあがいても殺人 制限時間:1時間 読者:359 人 文字数:876字 お気に入り:0人
はっと我に返った頃には誰が見ても明確なほど全てが手遅れだった。俺は何をしていたんだろう。確か、憎かった。そうだ。俺から弟を奪ったあいつがとんでもなく憎かったのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槇名有 ジャンル:おそ松さん お題:昨日食べた道のり 必須要素:群像劇 制限時間:1時間 読者:319 人 文字数:564字 お気に入り:0人
にゃーちゃんのライブの帰り道。熱気あふれる会場で思い切り叫びまくったおかげで喉が乾いたので、何か飲みながら帰ろうとコンビニへ寄った。ペットボトルは持ち運びに便 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:26 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉