ジャンル:おそ松さん お題:黒い消しゴム 必須要素:コショウ 制限時間:1時間 読者:253 人 文字数:717字 お気に入り:0人
[削除]

カラ松が文具を買う話 ※未完

「ちょっとー、ニートたちー、誰かいるー?」
兄弟6人、各々、二階でくつろいでいたところ、階下からマミーの呼ぶ声がした。あれは何か頼みごとがあるときの言い方だな。少なくとも梨が剥けたとかではないだろう。身を固くし、息を潜める。
「いるんでしょ~! さっき話し声が聞こえてたわよ~! ちょっとおつかいに行ってきてちょうだい~~!」
先程より大きな声で呼びかけられると、ブラザーたちが一斉に俺を見た。なんで俺。
「カラ松、お前行ってこいよ」「僕いま手が離せないからさ」「クソ松」「カラ松にーさんオナシャス!」「鏡なんか見てないで、ホラ」

「キャベツ1玉、牛乳1本、鶏胸肉1キロ、と」
あそこのスーパーで全部そろうから、と渡されたメモを見ながら、食材をかごに放り込んでいく。成人男性6人分の食材を用意するのは大変だな。
「さて、あとは、筆ペンか」
悠々自適のニート生活では筆記具を使う機会もそうそうなく、したがって久しぶりの文具コーナーは、学生時代には見かけなかった新製品がたくさん並んでいてちょっとわくわくした。針の要らないホッチキス、ペンタイプのハサミ、キラキラしたホログラムの折り紙、いろんな模様のラインマーカー。学生時代に使用していたメーカーの、真っ黒でシックな消しゴムとノートに目がとまる。
「今はこんな色があるのか。漆黒の消しゴム……を、使う、俺! 漆黒のノート……を、使う、俺!」
そうだ、これに歌詞を書き綴っていこう。消しゴムとノートに合う、漆黒のシャープペンシルとサインペンを一緒に購入し、帰り道で考える。おれのだいすきなものについてうたをうたおう。ぶらざーたち、むつごの歌。肉。唐揚げ。

『ペッパーステーキ』




同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:hese ジャンル:おそ松さん お題:去年の馬鹿 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:1324字 お気に入り:0人
すっごい美人、と助手席の彼女が言う。童貞でもわかる、あからさまな地雷原。しかし、その危惧を上回るほどカーテレビに映る女は魅力的だった。オードリー・ヘップバーンを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:反逆の男の子 制限時間:1時間 読者:96 人 文字数:1829字 お気に入り:1人
幼い頃の行いを今になって後悔した。俺達が子供だった時、沼の噂が赤塚の街で広まっていた。噂の内容は、町外れの林にある沼には人魚がいるらしい、というものだった。今と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hese ジャンル:おそ松さん お題:ドイツ式の町 必須要素:小指の爪 制限時間:1時間 読者:114 人 文字数:1508字 お気に入り:0人
なぜ今日に限って寒さが身に沁みるのかは外に出てわかった。三日ぶりに会社から抜け出して、替えのパンツとシャツを買いにコンビニに入ったところでわかった。新年なのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:記録にない排泄 制限時間:1時間 読者:117 人 文字数:2135字 お気に入り:0人
白髪に染まっていく頭に不思議と底知れぬ恐怖を感じていた。弟達は何一つ変わってないのに、俺だけ白くなっていくのはまるで違う人間だと言われているようで怖くて怖くて俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたか そャーす ジャンル:おそ松さん お題:打算的な排泄 制限時間:1時間 読者:151 人 文字数:1402字 お気に入り:0人
俺には赤色というものがどんなものかが分からない。ほかの色はちゃんと認識出来るのに赤色と言われている色が橙色に見えてしまうのだ。 だから、俺は橙色の林檎、橙色のポ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆー。 ジャンル:おそ松さん お題:それいけ恋愛 制限時間:1時間 読者:203 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
「ごめん、もう一回言ってくれる?」正直、聞き直したくもなかったが、放たれた言葉を無視してそのまま会話を続けられるほど、チョロ松は器用には出来ていなかった。目の前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:進撃のダイエット 制限時間:1時間 読者:580 人 文字数:2156字 お気に入り:0人
今日の夕飯はエビフライだった。そのまま食べても、特製タルタルソースをかけても美味しくてがばがば食べる。「いっぱい食べる兄弟が好き」だなんて、CMのような言葉さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:マイナーな時計 制限時間:1時間 読者:317 人 文字数:1860字 お気に入り:0人
始まる直前に身体を強く打っていた鼓動は引っ込んだ。照明に驚かされたのだろう。なんと都合の良いやつだ。だが、そいつはいつでも俺を裏切らず、胸に嵌まっていてくれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のん@課題皆殺し中 ジャンル:おそ松さん お題:どうあがいても殺人 制限時間:1時間 読者:327 人 文字数:876字 お気に入り:0人
はっと我に返った頃には誰が見ても明確なほど全てが手遅れだった。俺は何をしていたんだろう。確か、憎かった。そうだ。俺から弟を奪ったあいつがとんでもなく憎かったのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槇名有 ジャンル:おそ松さん お題:昨日食べた道のり 必須要素:群像劇 制限時間:1時間 読者:283 人 文字数:564字 お気に入り:0人
にゃーちゃんのライブの帰り道。熱気あふれる会場で思い切り叫びまくったおかげで喉が乾いたので、何か飲みながら帰ろうとコンビニへ寄った。ペットボトルは持ち運びに便 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:小林さんちのメイドラゴン お題:早い錬金術 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「小林さん小林さん!見てくださいよ!」トールがなにやら声を弾ませてリビングへとやってきた。こういう時は大抵わけのわからんものを持ってくるのだ。この前はダレダカに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:きちんとした旅行 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:309字 お気に入り:0人
「寒い…。」思わず呟かずにはいられなかった。寒さを誤魔化すように走ると溶けかかった雪がぴしゃぴしゃと不快な音をたててきた。 空を仰げば雨と雪が混ざったようなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:初めての消しゴム 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:816字 お気に入り:0人
「ペコ、これ、消しゴムかけてくれる?」「……はい」私はダージリン様から原稿を受け取り、こしこしとその上に消しゴムを転がして行きます。この『ネリケシ』というのは初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:大人のボーイズ 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:2454字 お気に入り:0人
「大人の雰囲気って、憧れるな…」国木田、太宰、乱歩が事件の調査に出かけ、与謝野、鏡花が買い物に出かけたのどかな昼下がり。全ては、敦のこの独り言から始まった。「ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:メルクストーリア お題:幸福な場所 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:702字 お気に入り:0人
「そういえば、昨日の件は?」「昨日?」「ほら、エルバスの街で変てこな音がって」「ああ、あれね。いひひ」「無事に解決っていうかー。なんともなかったっていうかー」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ! お題:消えた流刑地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:972字 お気に入り:0人
日菜のことを避け続けてきた。いつからだっただろうか。彼女が言うように、昔は、ほんの小さな頃は仲良く遊んでいた気がする。だけど、年の近いきょうだいだったら、多く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:残念な動揺 必須要素:口臭 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:543字 お気に入り:0人
※未完第一部隊が出陣から帰ってきた時、本丸は仲間の声で賑やかだったことにすぐに気づいた。それが剣戟の音もせず、緊迫したものでもなかったから彼らは緊張をほぐして中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:銀魂 お題:商業的な年賀状 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:252字 お気に入り:0人
(学パロ)「今年もよろしくお願いアル!」神楽が挨拶してきた。そうだ、もう今年が終わってしまうのかとふと思う。 神楽と恋仲になり、キスをしてこれ以上のこともしたい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:銀魂 お題:危ない汁 必須要素:ギター 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:209字 お気に入り:0人
私は沖田と付き合っている。今、キスされている。キスされるたびに、どれらとも知れない唾液が口元に垂れる、厭らしい。「んっ…///」思わず甘い声が漏れた。ちらりと目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:せつない作品 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1516字 お気に入り:0人
「はぁ……はぁ……」ここまでくれば大丈夫。たった数分走っただけなのにこんなに息が切れるなんて、ちょっと運動不足でしょうか?装填のために腕立て伏せは欠かしていない 〈続きを読む〉