ジャンル:おそ松さん お題:黒い消しゴム 必須要素:コショウ 制限時間:1時間 読者:231 人 文字数:717字 お気に入り:0人
[削除]

カラ松が文具を買う話 ※未完

「ちょっとー、ニートたちー、誰かいるー?」
兄弟6人、各々、二階でくつろいでいたところ、階下からマミーの呼ぶ声がした。あれは何か頼みごとがあるときの言い方だな。少なくとも梨が剥けたとかではないだろう。身を固くし、息を潜める。
「いるんでしょ~! さっき話し声が聞こえてたわよ~! ちょっとおつかいに行ってきてちょうだい~~!」
先程より大きな声で呼びかけられると、ブラザーたちが一斉に俺を見た。なんで俺。
「カラ松、お前行ってこいよ」「僕いま手が離せないからさ」「クソ松」「カラ松にーさんオナシャス!」「鏡なんか見てないで、ホラ」

「キャベツ1玉、牛乳1本、鶏胸肉1キロ、と」
あそこのスーパーで全部そろうから、と渡されたメモを見ながら、食材をかごに放り込んでいく。成人男性6人分の食材を用意するのは大変だな。
「さて、あとは、筆ペンか」
悠々自適のニート生活では筆記具を使う機会もそうそうなく、したがって久しぶりの文具コーナーは、学生時代には見かけなかった新製品がたくさん並んでいてちょっとわくわくした。針の要らないホッチキス、ペンタイプのハサミ、キラキラしたホログラムの折り紙、いろんな模様のラインマーカー。学生時代に使用していたメーカーの、真っ黒でシックな消しゴムとノートに目がとまる。
「今はこんな色があるのか。漆黒の消しゴム……を、使う、俺! 漆黒のノート……を、使う、俺!」
そうだ、これに歌詞を書き綴っていこう。消しゴムとノートに合う、漆黒のシャープペンシルとサインペンを一緒に購入し、帰り道で考える。おれのだいすきなものについてうたをうたおう。ぶらざーたち、むつごの歌。肉。唐揚げ。

『ペッパーステーキ』




同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:hese ジャンル:おそ松さん お題:ドイツ式の町 必須要素:小指の爪 制限時間:1時間 読者:51 人 文字数:1508字 お気に入り:0人
なぜ今日に限って寒さが身に沁みるのかは外に出てわかった。三日ぶりに会社から抜け出して、替えのパンツとシャツを買いにコンビニに入ったところでわかった。新年なのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす低浮上気味ってる ジャンル:おそ松さん お題:記録にない排泄 制限時間:1時間 読者:41 人 文字数:2135字 お気に入り:0人
白髪に染まっていく頭に不思議と底知れぬ恐怖を感じていた。弟達は何一つ変わってないのに、俺だけ白くなっていくのはまるで違う人間だと言われているようで怖くて怖くて俺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はたかそャーす低浮上気味ってる ジャンル:おそ松さん お題:打算的な排泄 制限時間:1時間 読者:108 人 文字数:1402字 お気に入り:0人
俺には赤色というものがどんなものかが分からない。ほかの色はちゃんと認識出来るのに赤色と言われている色が橙色に見えてしまうのだ。 だから、俺は橙色の林檎、橙色のポ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆー。 ジャンル:おそ松さん お題:それいけ恋愛 制限時間:1時間 読者:163 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
「ごめん、もう一回言ってくれる?」正直、聞き直したくもなかったが、放たれた言葉を無視してそのまま会話を続けられるほど、チョロ松は器用には出来ていなかった。目の前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:進撃のダイエット 制限時間:1時間 読者:482 人 文字数:2156字 お気に入り:0人
今日の夕飯はエビフライだった。そのまま食べても、特製タルタルソースをかけても美味しくてがばがば食べる。「いっぱい食べる兄弟が好き」だなんて、CMのような言葉さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ストロー ジャンル:おそ松さん お題:マイナーな時計 制限時間:1時間 読者:276 人 文字数:1860字 お気に入り:0人
始まる直前に身体を強く打っていた鼓動は引っ込んだ。照明に驚かされたのだろう。なんと都合の良いやつだ。だが、そいつはいつでも俺を裏切らず、胸に嵌まっていてくれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のん@課題皆殺し中 ジャンル:おそ松さん お題:どうあがいても殺人 制限時間:1時間 読者:293 人 文字数:876字 お気に入り:0人
はっと我に返った頃には誰が見ても明確なほど全てが手遅れだった。俺は何をしていたんだろう。確か、憎かった。そうだ。俺から弟を奪ったあいつがとんでもなく憎かったのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槇名有 ジャンル:おそ松さん お題:昨日食べた道のり 必須要素:群像劇 制限時間:1時間 読者:256 人 文字数:564字 お気に入り:0人
にゃーちゃんのライブの帰り道。熱気あふれる会場で思い切り叫びまくったおかげで喉が乾いたので、何か飲みながら帰ろうとコンビニへ寄った。ペットボトルは持ち運びに便 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てとん ジャンル:おそ松さん お題:孤独な小説トレーニング 必須要素:ドン引きするような描写 制限時間:1時間 読者:313 人 文字数:3121字 お気に入り:0人
「あれ、チョロ松は?」 いつものような日常、お天道様がニコニコと笑う平日でもニートたちは今日とて居間でゴロゴロしていた。その数五つ。六つ子のニートにしては一人足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:新緑のみゃーと@ATR両国2日目参戦 ジャンル:おそ松さん お題:孤独な動機 制限時間:1時間 読者:300 人 文字数:1822字 お気に入り:0人
___本当は、こんなつもりじゃなかった。目の前でどんどん広がっていく紅を呆然と見つめながら、思考が言い訳と後悔の波の中に飲まれていくのを感じる。もう、どうするこ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
盤上の花園 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:コードギアス反逆のルルーシュ お題:茶色い敗北 必須要素:子供 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:3807字 お気に入り:0人
最初、この遊戯をシュナイゼルに誘われて、その駒の細工の細かさを指で感じているうちにルルーシュには何故か駒の声が聞こえた。飛びたい、勝ちたい、難攻不落と名高い城ほ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:たった一つの悪魔 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:491字 お気に入り:0人
頬杖をつき、ぼんやりと窓の外を眺めていた。風に花が揺られている。白い花の中に、ひとつだけ真っ黒な花を見つけた。ふわふわと揺れる花の中で、その黒い花だけは凛と咲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:冷静と情熱の間にあるのは心 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:696字 お気に入り:0人
僕が覚えていることを、ここに記しておこうと思う。 今年は麻が貴重だから、無駄にするなとペリドットに釘を刺されているけれど。それでも今から記す内容が、きっと無駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
氷のこえ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:絵描きの食堂 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:552字 お気に入り:0人
「さぼってるんじゃないよ」 手袋をした冷たい指が、こつりと僕の頭を叩く。 本当に冷たいのかどうかはしらない。直に触れたことなんてないもの。触れればたちまち細かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真夏の夜の淫夢 お題:3月のコウモリ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「オオン、アオオ」「先輩!何してんです!」「遠野ー、俺、コウモリになっちまった」哺乳類レイ○! コウモリになった先輩う○こみたいなステロイドハゲが羽をバサバサさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お題:イギリス式の終身刑 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:512字 お気に入り:0人
「イギリスだって?」「ええ」雪ノ下が俺のつぶやきに答える。何がイギリスかというとこの紅茶がイギリス製だと言うことだ。やはりうまいと思う。「でさ、ゆきのん、私の作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:かっこ悪い孤独 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:406字 お気に入り:0人
小さい頃の話だ。 小さい頃は、里を縦横無尽に遊び回っていた。里には子供がたくさんいて、当たり前だが色んなやつがいた。だから、たくさんの子供と、色んな関係があっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:春のあいつ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:360字 お気に入り:0人
ざくざくと、表面が固まった雪を踏み割りながら山道を進む。「お、シンア、見てみろ」 道中で下を指して声を掛ければ、あいつは素直に振り向いた。俺が示したのは溶けか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:589字 お気に入り:0人
電車とは…?なんだ?私、霧雨魔理沙は思った。この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:同性愛の反逆 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:390字 お気に入り:0人
反逆の狼煙をあげろ。「なぁ、エクボ。俺がお前の事好きだって言ったらどうする」 詐欺師らしく読めない表情で放たれた言葉に顔を顰める。暇つぶしの冗談にしては悪質で 〈続きを読む〉