ジャンル:アイドリッシュセブン お題:裏切りの能力者 制限時間:4時間 読者:450 人 文字数:4133字 お気に入り:0人
[削除]

Egoistic romanticist

1回目。
「もう生きていたくない」
薄暗い一人暮らし用の小さなアパートの一室。カーペットの上に座り込んで、ユキさんはそう言った。ひいたカーテンの隙間から昼下がりの明かりが一条。床の上にはハサミに包丁、ドライバーからコルク抜きまで、荘厳な輝きを放って彼を取り囲んでいた。この家の中にある人を傷つけられるあらゆる刃物が、彼の白い首を抉るのを待ち望んでいる。
その時俺は、生まれて初めて人の死というものを目の当たりにした。小学校で飼っていたメダカが死んだ。中学校でほとんど会話をしたこともなく寝たきりだった母方の祖父が死んだ。高校の地元の駅で殺傷事件が起きた。そんな記憶はただの文字で、本当の人間の死からずっと遠くにあった。初めて見た人の死はあまりにも美しくて、だから俺は怖かった。
一生のお願いです。この人を連れて行かないで。
仕方がないなぁと神様が言ったのが聞こえた。その人はまだ早すぎるから、と。その代わり、お前に呪いを掛けてあげよう。
俺は花畑に踏み込む農家のように、その絵画のような情景に無遠慮に踏み込んで、そっとユキさんの肩に手を置いた。
「ユキさん、よく聞いて。それから俺の言葉を繰り返してください」
彼は俯いたまま、その言葉になんの反応も示さなかった。
「ユキさんはまだ、自殺なんかしちゃ駄目だ」
その言葉は彼に届かなかったように思えた。けれどもたっぷり時間をかけて、その言葉を含んだ空気は彼に重くのしかかり、薄い唇が震えた。
「僕はまだ、自殺なんかしちゃ駄目だ」
彼の腕に、冷たい金属の手枷を押し付ける。最初に右。最後に左。随分大層な音がした。細い腕にその大仰な輪は大分手余りだった。ユキさんは抵抗一つしない。落胆している刃物達を片付け始める。手枷をつけても、すぐ側にある自分の手首でも切られたらそれまでだ。
神様。俺は空に旅立とうとするこの人を小さな部屋に閉じ込めました。家族でも友人でもなんでもない赤の他人の俺が、この人の生を左右する権利なんてない。それでも生きていて欲しいだなんて、我儘だってわかっています。





103回目。
「無理だ、もう歌えないよ。だってここにはバンがいない」
中々起きてこないユキの様子を見に行くと、毛布に包まったまま部屋の隅で泣いていた。部屋と言っても、ここはあのアパートの一室ではない。おんぼろで、クーラーもなく、窓から見える景色もよくない。それでも夢みたいな六畳一間。ユキとの二人暮らし。
頭の中でカレンダーを捲って考えてみると、前回は隣町の工事現場のバイト前に慌ててかけたわけだから、つまり火曜日。今回は随分保ったなと思う。一緒に暮らし始めてすぐの頃は一日三回かけても間に合わなかったのだから。
「でもユキ、最近は曲も作り始めてたでしょ」
「もう無理だ」
「この前の曲、俺すごく好きだったよ」
「無理だ」
俺がいても?なんて大それた台詞を飲み込む。どうせ飾り気のない俺の言葉なんて届かないのだから、言うだけ無駄だ。時計を見ると、今日の出勤時間までは大分余裕がある。これなら大丈夫そうだ。
「ユキ、俺の目を見て、よく聞いて。それから繰り返して」
突然毛布を引き剥がされて、肩に手をおかれたユキは不審そうにこちらを見上げる。構うことない。
「ユキは歌わなきゃ。Re:valeを続けなきゃ。そうしないとバンさんも見つけられないよ」
彼の青い瞳が一瞬、毒々しいマゼンタを映す気がする。多分それは錯覚だ。でもその錯覚に俺は酔っている。
「僕は歌わないと。Re:valeを続けないと。そうしないとバンも見つけられない」
神様。俺はこの人の考えを捻じ曲げて無理に歌わせようとしています。ただのファンが聞きたいから歌い続けてくださいだなんて、横暴すぎる我儘だってわかっています。





627回目。
「皆、ありがとう!Re:valeでした!」
俺の挨拶を皮切りに、ドームをつんざくような歓声がステージを満たす。振られる蛍光色の軌跡が、瞬きの間も目の裏に焼き付いて離れない。
「モモ!」
呼ばれて振り向くと、ユキに腰を抱き寄せられた。歓声が色を帯びてまた音量を上げる。サッカーをやっていた頃から慣れ親しんだ汗の匂いが立ち上る。こういう時に、この人も男で生き物なんだなと思う。
そっと足元を伺うと、いつも通り白い細身のパンツには似合わない無骨な金属の枷が嵌っていた。そこから伸びた鎖は、ステージのマイクにしっかり結び付けられている。
もう一度ユキの顔を見上げる。視線があって、目尻にキスされた。また上がる悲鳴のような歓声。
神様。俺は結局この人を縛り付けて、時間と数字に囚われたこの世界から離してあげられません。この人自身も喜んでくれているだなんて、言い訳がましい我儘だってわかっています。





1100回目。
「今日、これだけのお客さんの前で歌えなかったら、俺、もう終わりだよね。」
こけら落としのコンサートまであと三時間。二人きりの廊下で静かにそう言った。
歌うための声が出ない。ユキには何も言っていないけれど、多分これは罰なんだと思う。自分の我儘でこの人を振り回した罰。
人魚姫になりたかった。でも俺は多分、魔法が解けたシンデレラだった。刻限が過ぎて魔法が解ければ、本当は何の取り柄もないただの凡庸な女の子だ。顔は多少よかったかもしれないけれど。
「そしたら、新しい相方探していいからね?」
「馬鹿なこと言うな」
優しい彼が、こんな提案に頷く訳がないとわかっていた。それでもその即答が、俺には酷く嬉しかった。けれどももう、決めている。ガラスの靴は置いていかないし、王子様は迎えに来なくていい。ユキの肩に手を掛けて、目を覗き込む。
「ユキ、復誦して」
「え?」
「俺が歌えなくなっても、次の相方を探して、ユキはずっと歌い続けてね」
泥々と濁る目。こちらの呪いはまだ解けていなくてよかった。けれどもこれが、きっと最後だ。
「モモが歌えなくなっても、次の相方を探して、僕は、ずっと、歌い続ける……?」
「うん」
神様。俺はこの人が歌い続けてくれるなら、声だって顔だって惜しくない。勝手にこんな世界に引っ張り上げて、最後に自分だけ舞踏会を降りるだなんて、無様で、無責任で、心の底から我儘だってわかっています。だけど最後にこれだけ。本当にこれだけ。お願いします、神様。





1101回目。
「引っ越したいな」
何の前触れもなくユキがそう言った。
波乱万丈のこけら落としも何とか成功に終わり、仕事のリズムもようやっと落ち着きを取り戻したある日のことだった。仕事帰りに、久々に飲んでいかないかと誘われて、高層マンション最上階のユキの家に上がる。チリワインのライトボディ。おつまみは珍しくストックがなかったので、ちぐはぐだけれど下のコンビニのチーかま。つまり全く重要な話をする空気なんかじゃない。
「作曲活動に集中したいんだよね」
「どうしたの急に。別に引っ越さなくてもいいじゃない」
貧乏暮らしをしていたあの頃の家を引き払って以来、ユキはもう四年程ここに住み続けていた。
「そうなんだけど、この部屋、隣が空きじゃなくなっちゃったから」
作曲活動をするのに隣人に気を使う、ということだろうか。
「ここの防音対策、結構しっかりしてなかったっけ。それで選んだんじゃなかった?」
ユキはちょっと困ったように笑った。
「モモはよく引っ越すよね」
俺は特に何の理由があるわけでもないけれど、一年に一回程度の頻度で引っ越しを繰り返している。新しい街に住むのは楽しい。一年も住むとその街に飽きるとも言う。
「僕、ずっと待ってるんだよ」
ユキが小さく呟いたけれど、ゆっくりアルコールが回り始めた俺は、発言の意図がわからずに聞き流してしまった。
「できれば芸能活動も、しばらく縮小できないかな」
弛緩していた心臓が、きゅっと止まるかと思った。
Re:valeの作詞作曲はユキの担当で、俺には正直才能がない。それでもユキは必ず作詞作のクレジットをRe:valeの名義にする。ユキの名前にすればいいと何度も主張しているけれど、これに関してユキは絶対に譲らないと宣言している。しかしながら実際の所、作詞作曲に集中するのはユキ一人で十分であり、俺は活動を続けるべきなんだろう。
元々俺達は別々の仕事が多くて、最近では俺がバラエティ。ユキは俳優業。ミュージシャンとしての活動を知らない人には、そもそもどうして組んでいるのだとよく聞かれる。事情を知らない人間に何を言われても構わないとユキは言うけれど、こんな状況で片方が活動を縮小なんてしたらどうなるだろう。解散の二文字が頭の中でゆっくり点灯する。早急すぎだ。考えすぎだ。わかっている。酔っているんだ。
ワイングラスの首をつまんだユキの右腕をそろそろとさする。何?と聞かれるけれど、構わずそのまま、白い腕に手枷を嵌め込んでみる。鎖を伸ばして、もう片方は俺の左腕に。この手錠も五年で随分ぼろぼろになった。表面に錆が浮いていて、見えていないにしてもこんなものを着けさせるのも申し訳なくなってしまう。
神様。歌い続けてくれるならなんだってするって言ったのに、それ以上を望んでしまってごめんなさい。俺じゃこの人の隣にいるのに十分じゃない。我儘だってわかっています。
神様。この我儘はきっと聞いてもらえない。俺はもういいんです。





「モモ、寝ちゃったの?」
机に突っ伏したまま、相方の髪をそっと掻き回す。白と黒の境界をみつけて、頭皮を丁寧になぞってみても起きる気配はない。先細右腕に嵌められた手錠が静かに関節までずれ落ちて、橙の鉄粉がテーブルに落ちる。
「見えていないと思ってた?」
この鎖が死の淵に立っていた自分を引っ張り上げてくれたこと。歌にもう一度命を吹き込んでくれたこと。正直柄じゃない、アイドルなんて職業を一緒に続けてくれたこと。それからずっと隣にいてくれたこと。全部知ってる。
「監禁して洗脳して、言うこと聞かせたいんだっけ」
蹲る後頭部にそっと頬をすり寄せた。
「ねぇ、いじらしいじゃないか」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:限りなく透明に近い部屋 制限時間:30分 読者:89 人 文字数:1199字 お気に入り:0人
「えー!コラボ!?」驚きの声が各所で上がる。番組の企画ではなく、コラボなんて初めての事だ。その驚きには当然、喜びも含まれている。「したら、リスポん時みてーにミツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:許されざる汗 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:1347字 お気に入り:0人
恐れを知らないってことは、本当に怖いことだ。そんな当然のことにすら気づかないまま、日々を過ごしていた。ある日目の前にドンと置かれた恐怖に、立ちすくむまでは。「さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:日本略奪 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1388字 お気に入り:0人
こんなに、魅力的なものをいくつも持っていながら、ひけらかすこともせず、ただ自然にあろうとする。それを捻じ曲げてしまったことを知っているから、後ろめたさがあった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:真実の豪雪 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:1485字 お気に入り:0人
幼い頃の、希望の光。きらきらと光っていたのは、憧れの思い。そして、輝かせてくれたのは。「…えへへ。」「どうしたの、いきなり。」「いや、つい。嬉しくって。」オレの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:スポーツの場所 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1452字 お気に入り:0人
気づけばいつも、身体を縮こませて、自分を小さくしていた気がする。僕の色々な後ろめたさがそうさせるのだろうけれど。でも、それではいけないと、奮い立たせてくれたのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:禁断のお尻 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:1672字 お気に入り:0人
人より劣っている、と思っていたから。全力で取り組んだし、それを言い訳にしたくなかった。だから、それは今でも変えちゃいけないスタンスだと思うし、全力で、一生懸命頑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:真紅の怒りをまといし小説トレーニング 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
いい加減に見えて、その実、誰よりも人のことを見ている。それは当初、自己防衛のためだったのかもしれないけれど、今となっては、あの人の最大の武器になっているのかもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:トカゲの儀式 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:1341字 お気に入り:0人
きっとこの人は、恵まれていたんだろうと、勝手に思っていた。オレは、そういう人が羨ましくて、それから、自分を振り返って悔しくて。何も知らないってことは、自分を嫌な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:最後の真実 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:1707字 お気に入り:0人
どうしても、隠しておきたいこともある。それは、何のためなんだろうか。誰かのためと嘘をついた、自分のために。「一織くん、それは。」「っ、何でもない、ですから。」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:部屋とYシャツと錬金術 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1540字 お気に入り:0人
「なにこれ。」俺の部屋に入ってきた相手の第一声はこれだった。そんでもって、次の瞬間すっげー眉間にしわを寄せて、大声を出そうと思ってとどまって、噛み締めるようなし 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
untitled ※未完
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:思い出の蟻 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:316字 お気に入り:0人
蟻の巣穴に水を流し込む。残酷といえば残酷な遊びだが、それが面白く思える年頃というのは確かにある。当時の俺は、まさにそういう年頃だった。――そうか。きみはそうやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:楽観的な土 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:227字 お気に入り:0人
ひでりのときはなみだをながし。さむさのなつはおろおろあるき。そんな神さまでは、ありたくなかったのだけれど。涸れた田んぼと、枯れた稲たちの前で。私は村のひとたちに 〈続きを読む〉