ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説の宿命 制限時間:15分 読者:277 人 文字数:466字 お気に入り:0人

【雨クリ】無題【プロット状態】 ※未完

【雨クリ】

机に置き去りにされた本は見覚えのないタイトルだったが古論のものだろうと推察するには難くないものだった。
海の本だと一目でわかるタイトル。

暇つぶしにちょうどいいと、俺はその本を手に取った。


******


「私はその本が好きなのですが、どうも周囲に共感を得られず」

「小説の宿命さ。どんどん新しいものに埋もれ、いずれ読まれなくなり忘れられる」

「ですが、私は覚えています。この本に出合ったことを。この本の感動を」
「それに貴方がこうして手に取ってくれた。完全に忘れられることなどないのです。いつか誰かが手に取ってくれる。存在に気付いてくれる」
「そう考えると、人間もまた、小説のようなものなのでしょうね」
「私という小説を貴方が開いてくれた」
「私は、この本のように貴方になにかを伝えられるでしょうか」
「私はこれから貴方との物語を紡ぎましょう。雨彦。貴方も紡いでくださいますね?」

「俺の小説は完結したものだとばかり思っていたが、どうやらそうじゃあなかったらしい。いいぜ、紡ごう。共に。新たな物語を」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:tironu@ミラフェスI25bサインライト翔太 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:猫の潮風 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:722字 お気に入り:0人
ミャーミャーと空に猫が鳴く声が響く。はてさてここは、と周りを見渡すと、なんのことはない、港に着いただけである。タラップを降りる足音は軽く、パッと開いた日傘は朝顔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:誰かの雑踏 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:775字 お気に入り:0人
翔太は人混みが嫌いだ。そもそも好きなものなんか僕にあったっけ? という中学二年生的そもそも論は横に置いておいて、人混みとか繁華街とか雑踏とか、そう言ったものが嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雑踏(冬北) ※未完
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:誰かの雑踏 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1168字 お気に入り:0人
電気くらいつけろよ、と言った天ヶ瀬冬馬が部屋の電気をつければ。真っ暗な部屋のソファの上で目を瞑っていた北斗は、ゆっくりとその瞳を開き、「よく俺が居るってわかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:白い雑草 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:1208字 お気に入り:0人
アタシは正直、彼のことをどういう風な好きなのか、自分自身よく分からなかったけど。女とか男とかそういうのを抜きにして、本当に好きだったから。多分これは、間違いなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
花火(冬北) ※未完
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:愛の計画 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1342字 お気に入り:0人
花火が見えるのだと言う北斗の部屋で、去年の約束を守って二人で花火を見ている状況は、少なからず冬馬には不思議なものであった。「どうしたの?」風の通りが気持ちの良い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:ゆるふわな、と彼は言った 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:968字 お気に入り:0人
とんでもないことになっているという自覚はあるが、じゃあこれを止める、打ち切りにできるかといえばそれはまた別問題だ、と。自分を壁際に追いやって見下すように眺める伊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターsideM お題:簡単な哀れみ 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:1449字 お気に入り:0人
好きだ、と言った瞬間、ついに僕は楽になるのだと思い、僕の気分は間違いなく晴れた。テーブルのを挟んだ向こう側にいる天道が驚いて目を見開くのを見ながら僕は、ようやく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターsideM お題:少女のライオン 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:418字 お気に入り:0人
※ハイジョ※春名と四季とみんなとドーナツ※少女…?いや〜、ライオンみたいだよな。事務所の近くにあるドーナツ屋で買ってきた、モチモチした丸っこいのが連なって輪っか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターsideM お題:箱の中のホテル 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:572字 お気に入り:0人
ここはまるで箱庭だ、と思うことがある。 行きつけのドーナツ屋さんでセールしてたもんだから、買わなきゃ損だよな、とひとりごちて人数分プラスちょっとのドーナツをトレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:軋み柚子 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:煙草とホテル 制限時間:15分 読者:198 人 文字数:239字 お気に入り:0人
医者の不養生とはよく言ったもので、当時の桜庭薫は煙草を辞められずにいた。今は気まぐれに月一で吸うか吸わないかの頻度である。ただ、たまに吸う煙の中に浮かび上がるよ 〈続きを読む〉

みりんPはレジェという深海に沈むの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:走る失敗 制限時間:30分 読者:341 人 文字数:536字 お気に入り:0人
【雨クリ】満天の星々を見上げながら葛之葉は小さく息を吐く。溜息と呼ぶには軽く、呼吸と呼ぶには重い息が一瞬視界の端を白く染めて消えた。何か起きたら星を見上げるのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説の宿命 制限時間:15分 読者:277 人 文字数:466字 お気に入り:0人
【雨クリ】机に置き去りにされた本は見覚えのないタイトルだったが古論のものだろうと推察するには難くないものだった。海の本だと一目でわかるタイトル。暇つぶしにちょう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:黄金の海辺 制限時間:2時間 読者:322 人 文字数:527字 お気に入り:0人
【雨クリ】「雨彦は、海の色は何色だとお考えですか?」コートを着るには暑く、Tシャツ一枚で動くには寒い季節だった。薄手のシャツの裾とループタイを風に躍らせながら古 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:明るい修道女 制限時間:15分 読者:559 人 文字数:289字 お気に入り:0人
【せむ】「HEY!ミスターやました、ミスターはざま!見てよこれ!So Cuteじゃない!?」白と黒で作られたシンプルな服の裾をくるりと回ることで翻す。それは所謂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:SOULCATCHER(S) お題:忘れたい扉 制限時間:15分 読者:702 人 文字数:547字 お気に入り:0人
【音奏】屋上への扉はどうしても開けるのに勇気が居る。できることならばもう二度とあそこには行きたくないくらいだ。忘れたくて忘れたくて仕方が無いのに錆びついた扉もひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:SOULCATCHER(S) お題:ありきたりな儀式 制限時間:15分 読者:685 人 文字数:732字 お気に入り:0人
【音奏】儀式としてはずいぶんありきたりなものだと思う。眠ったまま目覚めない、愛しい愛しいお姫様。彼女を起こす、目覚めのキス。「・・・奏馬」相手は女ではないけれど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:SOULCATCHER(S) お題:腐った暴力 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:15分 読者:1187 人 文字数:958字 お気に入り:0人
【奏音】床に叩き付けられた。後頭部と背中がひどく傷む。「どうして、」とつぶやいた彼は泣きそうな顔をしていた。それはこっちのセリフだ。いきなり背負い投げという理不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:ダンガンロンパ お題:近い情事 必須要素:《算数のたかし》 制限時間:15分 読者:832 人 文字数:773字 お気に入り:0人
【十セレ】彼と私はよく似ている。それは考え方や生き方などもそうだが、なんだろう、根本的な何かが似ているのだ。それは何かと問われたらうまく言葉にできないのだが。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:SOULCATCHER(S) お題:部屋とYシャツと探偵 必須要素:首相 制限時間:15分 読者:1031 人 文字数:987字 お気に入り:0人
【天才組】とある日曜日。部屋のテレビから流れる音声はどこかの首相がどこぞの国に訪問したことを告げている。別に興味なんてなかったがこの際気が紛れるならなんだってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:ダンガンロンパ お題:暴かれた動機 制限時間:15分 読者:1036 人 文字数:674字 お気に入り:0人
【十セレ】「十神家のため・・・ですわね?」左隣から聞こえる凛とした声が死刑を宣告する。殺害方法は暴かれた。自分が加害者だと見抜かれた。そして、その動機すら暴かれ 〈続きを読む〉