ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:もしかして喜劇 制限時間:30分 読者:265 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
[削除]

ここにいるよね?

 手入れをしても傷が消えない。
 抜け落ちた表情をそのままに、鶴丸は重傷の短刀を抱えて言い放った。
 白い衣装も白い肌も血と泥で汚した鶴丸だったが、金色の目だけはとても綺麗だった。綺麗に綺麗に審神者を映す目は、なんらかの返答を求めていた。ただ素直に、何故こうなっているのか、と問うていた。
 審神者は無言で抱えられている短刀に駆け寄ると、その状態をじっくりと観察した。
 戦いのさなかで傷ついたのであろう怪我、破れた服、なくなっている装飾品、あるはずなのに、ない、刀。
 刀がなかった。手入れすべき刀身が見当たらない。
 一体どこへ、とすぐさま鶴丸に視線を動かし、審神者は目を見張った。
 茫然としている鶴丸の向こうに、廊下が見えたのだ。いつもよく磨かれて綺麗な廊下に、鶴丸が歩いた跡が、落とした土と血の跡があった。
 あれ、と鶴丸が呟いた。
 短刀を持っていた手は確かにそこにあるのに、その次の瞬間その小さな体がすっ、と落ちた。鶴丸が声をあげるよりも前に審神者が動いたが、それは無意味だった。小さな体は床にぶつかるよりも前に消失してしまったからだった。
 煙が消えたように消えた。もう最初からそこには何もなかったかのように。どうして、などと口にするにはその最悪の答えしか浮かばなくて、だから声は出なかった。息を吐くことすら忘れてしまった。
「鶴丸、あなたの刀は」
 さっきまでそこにあったはずの小さな体を確かめるように、しかしないことに困惑して口をぱくぱくさせている鶴丸に聞いた。彼の体のどこにも、その白い拵えはなかった。彼の本体はなかった。彼がいなかった。
 戦場に置いてきてしまったのだ。そう確信して審神者が声をあげようとしたとき、自身の手を見つめていた鶴丸は、はは、と笑った。
 そういえば俺は刀であったと。そういえば俺は道具であったと。静物であったと。生物たりえない体で、ここにいるのはおかしかったのだと。すまない。俺は人ではなかった。君と生きることは無理だった。
 そう言って、審神者の顔に顔を近づけ、唇が触れるその直前で彼の姿が消え――







「君、おい!」
 はっと目を開けると、そこには焦った顔で私を見る鶴丸がいた。あらあらどうしてそんな顔をしているのかしらと少し考えてから、私は私のこめかみやひたいに流れる自分の汗に気がついた。
 相当うなされていたらしい。鶴丸が揺さぶって起こしてくれた。
「鶴丸……鶴丸?」
 何かとても悪い夢を見ていた気がする。無性に、無性にこの目の前にいる愛しい人の存在を確かめたかった。その体が、その顔が、その声が確かにあると。そこに確かに鶴丸国永という刀がいると。
 刀? そう、刀。彼は刀剣男士。刀剣の付喪神。今は、人の体をもって、私に使えてくれている、忠臣であり、私の、恋人。
 鶴丸は少しほっとした表情でそっと私を抱き寄せ、背中をゆっくりと撫でてくれた。
「俺はここにいるぜ。どうしたんだい、ずいぶんうなされていたぜ。悪い夢でも見たか」
 悪い夢。そう、きっと悪い夢を見た。だからこうしてなぐさめられて、とっても安心する。
 なのにどうしてだろう。
 このぬくもりが、とても、とても、悲しくて。でもだからこそよりいっそう愛おしく思えてしまうのはどうしてだろう。
 何故だか笑ってしまって、涙が一粒こぼれた。
 なんだかとってもおかしいね。

 
 
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:九珠/kz ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:遅い空想 制限時間:30分 読者:183 人 文字数:1637字 お気に入り:0人
刀が、折れた。そして身体を失って消えていく彼らの最期に、私の手は届かない。 ゴウゴウと炎は燃え盛り、ああ……私はもうすぐ死ぬんだなって。自分の死に対してはどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:男同士の作家デビュー 制限時間:30分 読者:606 人 文字数:2065字 お気に入り:0人
何が楽しくて、官能小説家がサシで飲まなければいけないのか。 詰まってもうネタが出ない、とごねたら編集が、じゃあ同期の作家さんと食事でもしませんか、と誘ってきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:経験のない天才 制限時間:30分 読者:273 人 文字数:1393字 お気に入り:0人
ごろごろする。ここ最近の胸の辺りだ。 目を閉じて、息を吸って、はいた。 何度もこうしているはずなのに、いつものように落ち着かず、胸の奥底で絡まった糸が、ひたす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:うへへ、おっさん 制限時間:30分 読者:692 人 文字数:1328字 お気に入り:0人
「うへへ、」 よく創作にはあっても、現実には存在しがたいというものがある。 それは人物や能力に限らず、言動もしかり。 私はいま、本当にこんな気持ちの悪い笑い方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななし/闇ミツハ/全方位褒められたい ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:ダイナミックな牢屋 制限時間:30分 読者:322 人 文字数:1053字 お気に入り:0人
夏はあっという間に過ぎてしまう。それはきっと、四季の夏も、人生の夏も。「うん、夏はあっという間だ」「何を言ってるんだ、あんたは。向こう二月ばかりもずっと、暑いま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なめたけ@創作とかいろいろ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:馬鹿な口 制限時間:30分 読者:328 人 文字数:1700字 お気に入り:0人
鍛刀してすぐに本丸について説明を受けた。初期刀が加州でなにかわからないことはすべて彼に聞けばわかるようだね。じゃあ君のスリーサイズも知ってるのかな?と聞くとだん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おちない ※未完
作者:いよ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:闇の血痕 制限時間:30分 読者:264 人 文字数:819字 お気に入り:0人
付着して落ちない血がある。洗えども洗えども、いくら石鹸で擦ろうとも左腕にこびり付いた赤黒い模様は姿を消す気配がない。特段痛むわけでも痒いわけでもなかったので、し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななし/闇ミツハ/全方位褒められたい ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:見知らぬ血 制限時間:30分 読者:391 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
姥さに現代パロ・「コメダのご飯は美味しいぜー♪」「あんたは、朝からよく食べるな……」何が起きたかよくわからないが、未来に転身して審神者などやっていた記憶はそのま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななし/闇ミツハ/全方位褒められたい ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:生きている外側 制限時間:30分 読者:451 人 文字数:1062字 お気に入り:0人
「バレンタインデー? ないヨ?」ぐり、と首を傾げた狐面の審神者に、乱藤四郎と愛染国俊に今剣は、目に見えてしょげたそぶりを見せた。付き従ってきた山姥切国広に前田藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななし/闇ミツハ/全方位褒められたい ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:緩やかな民話 制限時間:30分 読者:427 人 文字数:988字 お気に入り:0人
さにわんらい参加作品君の温度で溶けてゆく「ねえみて、切国。冬の景趣にしてみたの」「……小判、調達できたのか」「ええ。みんなが遠征で稼いでくれるおかげでね。随分余 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:間違った夕日 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:3009字 お気に入り:0人
「──夕日をお前に見せたかったんだ」オレンジの太陽の光を背にして、男がそう言った。男の纏う黒の鎧、表情は見えない。けれど己には──パーシヴァルには、男が決して険 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉