ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:もしかして喜劇 制限時間:30分 読者:287 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
[削除]

ここにいるよね?

 手入れをしても傷が消えない。
 抜け落ちた表情をそのままに、鶴丸は重傷の短刀を抱えて言い放った。
 白い衣装も白い肌も血と泥で汚した鶴丸だったが、金色の目だけはとても綺麗だった。綺麗に綺麗に審神者を映す目は、なんらかの返答を求めていた。ただ素直に、何故こうなっているのか、と問うていた。
 審神者は無言で抱えられている短刀に駆け寄ると、その状態をじっくりと観察した。
 戦いのさなかで傷ついたのであろう怪我、破れた服、なくなっている装飾品、あるはずなのに、ない、刀。
 刀がなかった。手入れすべき刀身が見当たらない。
 一体どこへ、とすぐさま鶴丸に視線を動かし、審神者は目を見張った。
 茫然としている鶴丸の向こうに、廊下が見えたのだ。いつもよく磨かれて綺麗な廊下に、鶴丸が歩いた跡が、落とした土と血の跡があった。
 あれ、と鶴丸が呟いた。
 短刀を持っていた手は確かにそこにあるのに、その次の瞬間その小さな体がすっ、と落ちた。鶴丸が声をあげるよりも前に審神者が動いたが、それは無意味だった。小さな体は床にぶつかるよりも前に消失してしまったからだった。
 煙が消えたように消えた。もう最初からそこには何もなかったかのように。どうして、などと口にするにはその最悪の答えしか浮かばなくて、だから声は出なかった。息を吐くことすら忘れてしまった。
「鶴丸、あなたの刀は」
 さっきまでそこにあったはずの小さな体を確かめるように、しかしないことに困惑して口をぱくぱくさせている鶴丸に聞いた。彼の体のどこにも、その白い拵えはなかった。彼の本体はなかった。彼がいなかった。
 戦場に置いてきてしまったのだ。そう確信して審神者が声をあげようとしたとき、自身の手を見つめていた鶴丸は、はは、と笑った。
 そういえば俺は刀であったと。そういえば俺は道具であったと。静物であったと。生物たりえない体で、ここにいるのはおかしかったのだと。すまない。俺は人ではなかった。君と生きることは無理だった。
 そう言って、審神者の顔に顔を近づけ、唇が触れるその直前で彼の姿が消え――







「君、おい!」
 はっと目を開けると、そこには焦った顔で私を見る鶴丸がいた。あらあらどうしてそんな顔をしているのかしらと少し考えてから、私は私のこめかみやひたいに流れる自分の汗に気がついた。
 相当うなされていたらしい。鶴丸が揺さぶって起こしてくれた。
「鶴丸……鶴丸?」
 何かとても悪い夢を見ていた気がする。無性に、無性にこの目の前にいる愛しい人の存在を確かめたかった。その体が、その顔が、その声が確かにあると。そこに確かに鶴丸国永という刀がいると。
 刀? そう、刀。彼は刀剣男士。刀剣の付喪神。今は、人の体をもって、私に使えてくれている、忠臣であり、私の、恋人。
 鶴丸は少しほっとした表情でそっと私を抱き寄せ、背中をゆっくりと撫でてくれた。
「俺はここにいるぜ。どうしたんだい、ずいぶんうなされていたぜ。悪い夢でも見たか」
 悪い夢。そう、きっと悪い夢を見た。だからこうしてなぐさめられて、とっても安心する。
 なのにどうしてだろう。
 このぬくもりが、とても、とても、悲しくて。でもだからこそよりいっそう愛おしく思えてしまうのはどうしてだろう。
 何故だか笑ってしまって、涙が一粒こぼれた。
 なんだかとってもおかしいね。

 
 
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:蓋然性のある母 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:792字 お気に入り:0人
某本丸にて、離れに引きこもる審神者は珍しく刀剣男士たちが暮らす母屋の方へ顔を出していた。それというのは、審神者の腕の中に抱かれている赤子が理由である。先に断って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:冷静と情熱の間にあるのは行動 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1137字 お気に入り:0人
某本丸の書庫にて、山姥切国広は本を読んでいた。兵法に関する本である。書庫には彼のみ。一切の物音を排除した静まり返った知識の園で何かにとりつかれたかのような熱に浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:許せない汁 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
これは某本丸の昼前のことであった。審神者は台所に立って目の前のそれを前に腕組みをしていた。目の前には大きな鍋。リクエストを受けて豚汁を作ったのだが、どうにも納得 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:消えた奈落 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:756字 お気に入り:0人
奈落、という言葉は地獄という意味に等しい。それを知ったのはいつの頃だったでしょうか。もうかなり昔のことだったように思われます。こんなことを考えるのは、今読んでい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:同性愛の冒険 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:797字 お気に入り:0人
某本丸にて。今日の畑当番は陸奥守吉行と和泉守兼定だった。陸奥守は太陽の下でぐんぐんと育つ緑の根元に水をやっていた。和泉守は育った作物の収穫をしている。ふと陸奥守 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九珠/kz ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:遅い空想 制限時間:30分 読者:230 人 文字数:1637字 お気に入り:0人
刀が、折れた。そして身体を失って消えていく彼らの最期に、私の手は届かない。 ゴウゴウと炎は燃え盛り、ああ……私はもうすぐ死ぬんだなって。自分の死に対してはどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:男同士の作家デビュー 制限時間:30分 読者:702 人 文字数:2065字 お気に入り:0人
何が楽しくて、官能小説家がサシで飲まなければいけないのか。 詰まってもうネタが出ない、とごねたら編集が、じゃあ同期の作家さんと食事でもしませんか、と誘ってきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:経験のない天才 制限時間:30分 読者:309 人 文字数:1393字 お気に入り:0人
ごろごろする。ここ最近の胸の辺りだ。 目を閉じて、息を吸って、はいた。 何度もこうしているはずなのに、いつものように落ち着かず、胸の奥底で絡まった糸が、ひたす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:うへへ、おっさん 制限時間:30分 読者:801 人 文字数:1328字 お気に入り:0人
「うへへ、」 よく創作にはあっても、現実には存在しがたいというものがある。 それは人物や能力に限らず、言動もしかり。 私はいま、本当にこんな気持ちの悪い笑い方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななし/闇ミツハ/全方位褒められたい ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:ダイナミックな牢屋 制限時間:30分 読者:343 人 文字数:1053字 お気に入り:0人
夏はあっという間に過ぎてしまう。それはきっと、四季の夏も、人生の夏も。「うん、夏はあっという間だ」「何を言ってるんだ、あんたは。向こう二月ばかりもずっと、暑いま 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:炎の蜃気楼 お題:ありきたりな四肢切断 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:310字 お気に入り:0人
怨霊を調伏しようとして、へまをしただめだ、猛烈な反発で、1人では抑えきれない?直江はまだか?千秋でもいい、もうもちこたえれそうにない、、。 瓦礫に足をとられ高耶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キラッとプリ☆チャン お題:12月の裏切り 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:138字 お気に入り:0人
Qw月と言えばクリスマスだと思う。私の名前は桃山みらい。中学二年生だ。今年のクリスマスはミラクル☆キラッツのメンバーと虹の咲さんと過ごす予定だ。今日はクリスマス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス 太中 お題:明日の町 必須要素:生理痛 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1211字 お気に入り:0人
橋の手摺から下を見下ろす。遥か下では、先程迄の豪雨で水かさも流れる激しさも増した川が流れている。微笑み、手摺に上る。そして、両腕を広げ、寒々とした夜風を細身の躰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハンター×ハンター お題:トカゲの事故 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:575字 お気に入り:0人
突然ぶつんと電源が抜けた様に画面が暗くなった。画面といっても脳内にある画面の事で、ぶつんと切れたのは電源ではなく、念能力の効果だ。小動物を自在に操り、一時的にカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:苦い復讐 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:3546字 お気に入り:0人
アニメ56話を基にしました。クルーガーとクサヴァーが、ヒィズルの為に働く諜報員のような存在だったら・・・という妄想と捏造甚だしい拙作でございます。アニメ56話 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:くじら お題:戦争と木 必須要素:200字以内 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:199字 お気に入り:0人
幼い頃私の胸に植わった木は、いつの間にか憧れに変わり、枯らせぬまま御歳三十を迎えようとしている。 ただその世話をし続けた私は純粋な心持ばかりでは無い。より熱心に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
踊る ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:強い踊り 必須要素:佐々木 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1028字 お気に入り:0人
とんとんかたんとんとんかたん。目を閉じれば聞こえてくるそれは、鍛冶場の音だという。ある短刀は、人間の心臓の鼓動の音のようですね、と言った。産まれた時のその記憶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:漆黒の闇に包まれし流刑地 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:964字 お気に入り:0人
楽屋に備え付けのソファで武智は眠っている。その顔に疲労と焦燥を見てとって、田中は(まだ、そうなのか)と思った。M-1グランプリ──芸人であれば誰もが望んでやま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:炎の蜃気楼 お題:小説家の床 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:209字 お気に入り:0人
廊下と和室を仕切る襖を開けた途端、何も書かれていない原稿用紙が滑り落ちてきた。和室の床じゅう、手付かずの原稿用紙が散乱している。高耶は溜め息をこらえつつ、大股で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゴールデンカムイ お題:同性愛の潮風 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:616字 お気に入り:0人
鯉登は海が苦手だ。認めたくない辛い記憶が呼び起こされるからだ。なるべく海に近寄らないように生きてきたが、それでもこの度、敬愛する鶴見中尉からの命令で樺太へ渡るた 〈続きを読む〉