ジャンル:戦国BASARA お題:ロシア式のお尻 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:999字 お気に入り:0人
[削除]

露天風呂ショウダウン【学園BASARA】

「修学旅行、露天風呂、女湯と男湯の間は柵一つ。こういう時は女の裸を覗くのが、まあ王道なわけだろ?」

露天風呂。隣から聞こえる黄色いはしゃぎ声。頭のタオルを畳み直して乗せながら、佐助は冷めた眼差しを慶次に向けた。
今はこういう顔をしなければならない。最初から乗り気な感じを出すと、最悪の場合ノゾキの首謀者にされてしまう。
駆け引きは、すでに始まっているのだ。
慶次が悪だくみの笑みを浮かべ、湯の中から立てた指を出す。

「逆の方向で行くのはどうかなと思う訳さ。聞いたことないかい?ソビエトロシアでは……ってジョーク」

「『ソビエトロシアでは、車があなたを運転する』みたいなやつだっけ」

予想外の切り口だった。思わずまともに返してしまう。
慶次の目がらんと輝く。佐助は言わんとするところを悟りつつ、賢い沈黙を選んだ。

「そう!BASARA学園では、女の裸が俺たちを覗くという訳さ!」

「ハイハイ……言いたいことは分かるよ。なんか騒ぎを起こそうって魂胆ね」

しかし、裸の女子たちが隣に慌てて駆け付けるような事態を起こして、自分たちが無事でいられるとも思えない。無事というのは、つまり世間体的にだ。
佐助は幾つかの「騒ぎ」の内容を脳内でシミュレートする。爆弾。急病。暴れ猪。ああ、竹中先輩が風呂ん中で一夜城立ててるよ!というのまで含めて。
すべての想像は、同じオチに帰結してしまう。つまり、真面目極まりない金髪の幼馴染の冷え切った眼差しと、握った拳――

「痛いんだよなあ、かすがのパンチ」

遠い記憶の中の痛みを思い出した側頭部に触れて、唸る。
慶次を見る。どこまで本気なのか、その眼差しは恐ろしいほどに清くまっすぐだ。

「あの柵の向こうに魅惑のお尻があるっていうのに、何を迷ってるんだい」

「もうやめようよこのノリ……まさか本気じゃないよね」

わざと冷めきった声で言って肩を落とし、湯に肩までつかる。
どうしたところで損をする流れだ。なんとか鎮火させる方向に進めなければならない。
またまた、と言わんばかりの眼差しが横顔を刺している。佐助は溜息をついて天を仰ぎ、唸るように言った。

「戦国の世では、忍びが覗きをして……平和な世の中では、覗きを忍んでやるって訳か」

「おっ、ロシア式ジョークだね」

上手いとは、言って貰えなかった。佐助は誤魔化すように笑い、温泉の湯を掌にすくった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:戦国BASARA お題:君とセリフ 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:464字 お気に入り:0人
(瀬戸内トリオ。オリキャラ居ます)【ことばづかい】「ずばっ、とやっちゃいますよー」「どーんと破壊しちまうか!」利害の一致と言うことで毛利軍、伊予河野軍、長曾我部 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:戦国BASARA お題:軽い宗教 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:469字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよ)【信仰とは】「正直なところね、宗教というのは信仰あってのものであって、信仰というのは何だと問われたら想うことであり、そう定義してしまえば無宗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:戦国BASARA お題:思い出の高給取り 必須要素:インドカレー 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:639字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【おかねのもんだい】厳島、十六夜燐火は毛利元就と昼食を食べることにした。この人は毛利軍の主で一番偉い人で燐火にとっても重要な人だ。いんどか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:戦国BASARA お題:スポーツの夕方 制限時間:15分 読者:167 人 文字数:516字 お気に入り:0人
(オリキャラいるよー)【いつくしまのゆうがた】「もうそろそろでよるになりそうなのに」十六夜燐火は遠くにいる主とその好敵手を眺めた。彼等は争っている。厳島神社の本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:戦国BASARA お題:赤い足 制限時間:15分 読者:184 人 文字数:216字 お気に入り:0人
【とある戦の終わり】べっとりと。赤い。神聖な島を一つ囮にして、毛利元就はこの戦いに勝利した。戦いというのはそれまでに何を準備するかにかかっている。そう想っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:戦国BASARA お題:軽い駄作 制限時間:15分 読者:267 人 文字数:434字 お気に入り:0人
(オリキャラ居ます)【駄作だらけの日】厳島神社、安芸の国主である毛利元就は一室で手紙を書いていた。「元就様ー飯ですー」右手に皿を抱えた毛利の護衛である世鬼政定が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:戦国BASARA お題:女同士の帝王 制限時間:15分 読者:248 人 文字数:683字 お気に入り:0人
(オリキャラ視点)【加賀温泉にて】「……幸せというのは何だと想う? 孫市殿」「幸せと想うことが幸せなのだろう」加賀温泉にて、あたし、毛利水軍厳島守護隊所属の村上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:戦国BASARA お題:失敗の内側 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:317 人 文字数:783字 お気に入り:0人
(オリキャラ居ます)【世鬼忍軍次期後継者の苦労】厳島が竹中半兵衛と黒田官兵衛と後藤又兵衛と彼等が率いている軍に支配されていた。清神社の方に毛利家当主である毛利元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:戦国BASARA お題:緩やかなヒロイン 必須要素: 制限時間:15分 読者:350 人 文字数:935字 お気に入り:0人
(オリキャラ居ます)【大阪でのある日の話】水揚げしたばかりの鯖を手に入れた。速攻で血抜きして処理をして御巫椿は神社へと戻る。敷地内にある台所で鯖の味噌煮を作り出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さと ジャンル:戦国BASARA お題:灰色のヒロイン 制限時間:15分 読者:341 人 文字数:517字 お気に入り:0人
【三左注意】 「今日はですねー、いや、俺ってばめちゃめちゃ活躍したんっすよ!」そうか、と答えてやることもせず、三成は細々と呟く従者の横顔を見た。いつもと変わらぬ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:冷静と情熱の間にあるのは心 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:696字 お気に入り:0人
僕が覚えていることを、ここに記しておこうと思う。 今年は麻が貴重だから、無駄にするなとペリドットに釘を刺されているけれど。それでも今から記す内容が、きっと無駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
氷のこえ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:絵描きの食堂 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:552字 お気に入り:0人
「さぼってるんじゃないよ」 手袋をした冷たい指が、こつりと僕の頭を叩く。 本当に冷たいのかどうかはしらない。直に触れたことなんてないもの。触れればたちまち細かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真夏の夜の淫夢 お題:3月のコウモリ 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「オオン、アオオ」「先輩!何してんです!」「遠野ー、俺、コウモリになっちまった」哺乳類レイ○! コウモリになった先輩う○こみたいなステロイドハゲが羽をバサバサさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お題:イギリス式の終身刑 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:512字 お気に入り:0人
「イギリスだって?」「ええ」雪ノ下が俺のつぶやきに答える。何がイギリスかというとこの紅茶がイギリス製だと言うことだ。やはりうまいと思う。「でさ、ゆきのん、私の作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:かっこ悪い孤独 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:406字 お気に入り:0人
小さい頃の話だ。 小さい頃は、里を縦横無尽に遊び回っていた。里には子供がたくさんいて、当たり前だが色んなやつがいた。だから、たくさんの子供と、色んな関係があっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:春のあいつ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:360字 お気に入り:0人
ざくざくと、表面が固まった雪を踏み割りながら山道を進む。「お、シンア、見てみろ」 道中で下を指して声を掛ければ、あいつは素直に振り向いた。俺が示したのは溶けか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:589字 お気に入り:0人
電車とは…?なんだ?私、霧雨魔理沙は思った。この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:同性愛の反逆 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:390字 お気に入り:0人
反逆の狼煙をあげろ。「なぁ、エクボ。俺がお前の事好きだって言ったらどうする」 詐欺師らしく読めない表情で放たれた言葉に顔を顰める。暇つぶしの冗談にしては悪質で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夫婦漫才 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:来年の夫 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1061字 お気に入り:0人
「浮気かっ!死なすど!」「もー。心配せんでも、アタシにはユウくんだ・け・よ」「小春ぅ!」お決まりのセリフが部室に響く。今日は小春が金ちゃんにたこ焼きを食わせたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:俺と幻想 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:528字 お気に入り:0人
幻が想う、と書いて「幻想」それなら俺がいま抱いている思いは幻想なのかもしれない。と、加州清光は思った。だってそうだろう。「沖田総司に使われたという刀」という逸話 〈続きを読む〉