ジャンル:戦国BASARA お題:ロシア式のお尻 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:199 人 文字数:999字 お気に入り:0人
[削除]

露天風呂ショウダウン【学園BASARA】

「修学旅行、露天風呂、女湯と男湯の間は柵一つ。こういう時は女の裸を覗くのが、まあ王道なわけだろ?」

露天風呂。隣から聞こえる黄色いはしゃぎ声。頭のタオルを畳み直して乗せながら、佐助は冷めた眼差しを慶次に向けた。
今はこういう顔をしなければならない。最初から乗り気な感じを出すと、最悪の場合ノゾキの首謀者にされてしまう。
駆け引きは、すでに始まっているのだ。
慶次が悪だくみの笑みを浮かべ、湯の中から立てた指を出す。

「逆の方向で行くのはどうかなと思う訳さ。聞いたことないかい?ソビエトロシアでは……ってジョーク」

「『ソビエトロシアでは、車があなたを運転する』みたいなやつだっけ」

予想外の切り口だった。思わずまともに返してしまう。
慶次の目がらんと輝く。佐助は言わんとするところを悟りつつ、賢い沈黙を選んだ。

「そう!BASARA学園では、女の裸が俺たちを覗くという訳さ!」

「ハイハイ……言いたいことは分かるよ。なんか騒ぎを起こそうって魂胆ね」

しかし、裸の女子たちが隣に慌てて駆け付けるような事態を起こして、自分たちが無事でいられるとも思えない。無事というのは、つまり世間体的にだ。
佐助は幾つかの「騒ぎ」の内容を脳内でシミュレートする。爆弾。急病。暴れ猪。ああ、竹中先輩が風呂ん中で一夜城立ててるよ!というのまで含めて。
すべての想像は、同じオチに帰結してしまう。つまり、真面目極まりない金髪の幼馴染の冷え切った眼差しと、握った拳――

「痛いんだよなあ、かすがのパンチ」

遠い記憶の中の痛みを思い出した側頭部に触れて、唸る。
慶次を見る。どこまで本気なのか、その眼差しは恐ろしいほどに清くまっすぐだ。

「あの柵の向こうに魅惑のお尻があるっていうのに、何を迷ってるんだい」

「もうやめようよこのノリ……まさか本気じゃないよね」

わざと冷めきった声で言って肩を落とし、湯に肩までつかる。
どうしたところで損をする流れだ。なんとか鎮火させる方向に進めなければならない。
またまた、と言わんばかりの眼差しが横顔を刺している。佐助は溜息をついて天を仰ぎ、唸るように言った。

「戦国の世では、忍びが覗きをして……平和な世の中では、覗きを忍んでやるって訳か」

「おっ、ロシア式ジョークだね」

上手いとは、言って貰えなかった。佐助は誤魔化すように笑い、温泉の湯を掌にすくった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:君とセリフ 制限時間:15分 読者:118 人 文字数:464字 お気に入り:0人
(瀬戸内トリオ。オリキャラ居ます)【ことばづかい】「ずばっ、とやっちゃいますよー」「どーんと破壊しちまうか!」利害の一致と言うことで毛利軍、伊予河野軍、長曾我部 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:軽い宗教 制限時間:15分 読者:142 人 文字数:469字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよ)【信仰とは】「正直なところね、宗教というのは信仰あってのものであって、信仰というのは何だと問われたら想うことであり、そう定義してしまえば無宗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:思い出の高給取り 必須要素:インドカレー 制限時間:15分 読者:172 人 文字数:639字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【おかねのもんだい】厳島、十六夜燐火は毛利元就と昼食を食べることにした。この人は毛利軍の主で一番偉い人で燐火にとっても重要な人だ。いんどか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:スポーツの夕方 制限時間:15分 読者:195 人 文字数:516字 お気に入り:0人
(オリキャラいるよー)【いつくしまのゆうがた】「もうそろそろでよるになりそうなのに」十六夜燐火は遠くにいる主とその好敵手を眺めた。彼等は争っている。厳島神社の本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:赤い足 制限時間:15分 読者:237 人 文字数:216字 お気に入り:0人
【とある戦の終わり】べっとりと。赤い。神聖な島を一つ囮にして、毛利元就はこの戦いに勝利した。戦いというのはそれまでに何を準備するかにかかっている。そう想っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:軽い駄作 制限時間:15分 読者:328 人 文字数:434字 お気に入り:0人
(オリキャラ居ます)【駄作だらけの日】厳島神社、安芸の国主である毛利元就は一室で手紙を書いていた。「元就様ー飯ですー」右手に皿を抱えた毛利の護衛である世鬼政定が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:女同士の帝王 制限時間:15分 読者:293 人 文字数:683字 お気に入り:0人
(オリキャラ視点)【加賀温泉にて】「……幸せというのは何だと想う? 孫市殿」「幸せと想うことが幸せなのだろう」加賀温泉にて、あたし、毛利水軍厳島守護隊所属の村上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:失敗の内側 必須要素:映画 制限時間:15分 読者:360 人 文字数:783字 お気に入り:0人
(オリキャラ居ます)【世鬼忍軍次期後継者の苦労】厳島が竹中半兵衛と黒田官兵衛と後藤又兵衛と彼等が率いている軍に支配されていた。清神社の方に毛利家当主である毛利元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:緩やかなヒロイン 必須要素: 制限時間:15分 読者:370 人 文字数:935字 お気に入り:0人
(オリキャラ居ます)【大阪でのある日の話】水揚げしたばかりの鯖を手に入れた。速攻で血抜きして処理をして御巫椿は神社へと戻る。敷地内にある台所で鯖の味噌煮を作り出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さと ジャンル:戦国BASARA お題:灰色のヒロイン 制限時間:15分 読者:367 人 文字数:517字 お気に入り:0人
【三左注意】 「今日はですねー、いや、俺ってばめちゃめちゃ活躍したんっすよ!」そうか、と答えてやることもせず、三成は細々と呟く従者の横顔を見た。いつもと変わらぬ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:求めていたのは嵐 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1035字 お気に入り:0人
(不健全のような……そんなことはないような)乱れる息に思考を散らされながら、ふと思った。これは、さながら荒天に漕ぎ出す小舟のようだと。遮光のカーテンを掻い潜る月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:楽しかった草 必須要素:映画 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2794字 お気に入り:0人
水曜日の寝床はルーシー。赤茶けた髪とそばかすの散った頬、大ぶりの眼鏡ばかりがよく目立つ。出会った当初はこんな混沌の街に不似合いの田舎娘だった。仕事さぼって腹減っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:プリパラ お題:限りなく透明に近いうどん 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:608字 お気に入り:0人
「ねえねえ、みれぃ!今日、このコーデでおそろライブしよ!」「良いっぷりよ~☆」コーデの数だけマイチケをスキャンしてね。お友達のトモチケもスキャンできるよ。きらき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:彼と夕方 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:786字 お気に入り:0人
行きと違って帰りは足取りが重い。学校に向かう時は、あの子に会える喜びでいっぱいだ。家に帰る時には、あの子と一旦お別れをしなければならない。また明日ね、彼はそう言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:勇敢な体 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
槍弓「ヘマすんじゃねーぞ」「君に言われたくはないな。あの魔獣と違わないその猪突猛進ぶりには驚かされる。…ああ、君は猪ではなくフリスビーに飛びつく犬だったかね?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:意外!それは沈黙 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1474字 お気に入り:0人
意外!それは沈黙雲雀×夢ヒロインテーブルの上には今朝郵便受けに入れられていた手紙が並べられている。私はその中で、一際可愛らしい装飾がなされたハガキを手にとって、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:小説の魔法使い 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1117字 お気に入り:0人
青ざめた指先の向こう。あまりにも頼りなく薄い刃物。今にも折れそうな不銹鋼だが、僅かに引くだけで的確に肉を削ぐ。寸分の狂いもない腕前。苦痛に喘いでいた大男から鉛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ!ー お題:鳥の雨 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1424字 お気に入り:0人
雨がちな日に生まれたんだなあって思ってた。私は、子供の頃から、あの《キラキラドキドキ》を見つけた日から、星空を見るのが大好きで。大好きなお友達。お父さん。お母さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:呪術廻戦 お題:ちっちゃな大地 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:428字 お気に入り:0人
眼下の光景は、何もかもがミニチュアで出来たおもちゃの街のようで、ビルや人に埋め尽くされて地面なんて米粒くらいの大きさだ。そんな巨人の視点は、地面を這う人間たち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:許されざる猫 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2537字 お気に入り:0人
もしも私が本当の人間だったら、貴方の歯止めとなるのだろうか。私は私であって、私でない。存在しているというのは間違いなく、姿かたちがいわゆる人間であることも間違い 〈続きを読む〉